« 終盤・小沢支持で馬脚を現した左派マスコミの惨状 | トップページ | CASIO OVERLAND OVW-110DJ-1AJF その3 夜間の視認性 »

2010年9月15日 (水)

CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その3 YouTubeに簡単アップロードC

CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その3 YouTubeに簡単アップロード

CyberLink MediaEspresso 6の3回目。
このソフトは「MediaEspressoを使うのに、ファイル変換についての高度な知識は必要ありません。」と題しているとおりMediaEspressoを使用してYouTubeに簡単にアップロードすることが出来るものという解釈でよいかも知れない。
但し、それだけでタイトルを入れたりすることは出来ないから「撮って出し」という撮影したものをそのままYouTubeにアップロードする。
そして、PowerDirector 8 Ultra というソフトなどで加工してという作業は(Amazonの様に)ソフトが提供されているわけでもなく、又要請も受けていないからここでは一切触れない。
ただ注意するのは、いつもの通りエンコードに相当のマシンパワーが必要なことである。このCyberLink MediaEspresso 6では、
「さらなる高速化~2010 Intel Core プロセッサーファミリーに最適化」
「MediaEspresso 6 はCore i3、i5、i7(エクストリームエディションを含む) のインテルハイパースレッディング・テクノロジーによって、CPUのリソースを効率的に使用します。最大で12のスレッドを並列して実行が可能で、特に動画の変換作業において大きな効果を発揮します。」
というように、最新のCPUほど高速に稼働する。

だから、ここで使用している Intel Core2Quad Q6600は、一応QuadCoreなので何とか使えているという状況である。
32bitでメモリーは4GB(一部のみ認識)にしてあるのだが、実際の使用量は48%。
従って、このエンコードはCPUとGPUに関わる。
RADEON HD4670を使っているから、Avivo Video Converterのアップデートをしておいたが、この辺は多少ハードルが高い部分がある。
さて、簡単YouTubeにアップロード。
いつもの通りに取り込み、アップロードYouTubeを選ぶ。

「メディア形式のプロファイル」は、おまかせの「スマートフィット」。
192MbのM2TSファイルはMP4に変換される。時間は7分55秒。
この「スマートフィット」では、どのくらいのファイルに変換されるかというと、MP4・1280×720で35.5Mbであった。

「アップロード」→「YouTubeにアカウントにサインイン」→「認証」→「アップロード」→「動画再生」。
こういう風に簡単であるCyberLink MediaEspresso 6というのは、ほとんど自動的にYouTubeに撮った動画を上げられるソフトである。

その他種々の形式や大きさに変換できるということもあるものの、どこまで使うのか又環境に依存する部分が多い。




CyberLink MediaEspresso 6製品概要

サイバーリンク お客様大感謝SALE』開催中!2010年9月22日(水)まで

CyberLink MediaEspresso 6体験版ソフト

PowerDirector8 Ultra 製品概要

CyberLink PowerDirector 8 体験版ソフトをダウンロード


PowerDirector 8 Ultra

映像は、違いますが少し綺麗な映像に差し替えました。

|

« 終盤・小沢支持で馬脚を現した左派マスコミの惨状 | トップページ | CASIO OVERLAND OVW-110DJ-1AJF その3 夜間の視認性 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その3 YouTubeに簡単アップロードC:

« 終盤・小沢支持で馬脚を現した左派マスコミの惨状 | トップページ | CASIO OVERLAND OVW-110DJ-1AJF その3 夜間の視認性 »