« CASIO OVERLAND OVW-110DJ-1AJF その3 夜間の視認性 | トップページ | 手島右卿賞の大書家先生も公募展なら見事落選 »

2010年9月16日 (木)

ロワジャパン製NP-FG1 モバイルチャージャーを使ってみる

1284664530
ロワジャパン製NP-FG1 モバイルチャージャーを使ってみる

Cyber-shot DSC-HX5Vで本格的にハイビジョン映像を撮ってみたところ、3個のバッテリーが空になってしまった。
これでは家に帰ってからカメラ接続でPCに動画を取り込めない。
カードリーダーを使えばよいもののDSC-HX5Vから直接繋いだ方と思えばなおさらである。そうでなくとも、TVに繋いで映すこともままならない。
やはり直ぐに満充電にしたいというのが心境だろう。
ところが、カメラに付属の純正のBC-CSGD(250mAh)では、空の状態では7~8時間ほどかかる。特に旅先では一晩充電に要するようでは使い物にならない。しかも、「満充電は、ランプが消えてから約1時間後になります」と書かれているようにランプが消えたからと言っても90%としている。
急速充電器純正品は、BC-TRN(定価5,880円)で「本体に付属のチャージャーに比べ、約2倍の急速充電が可能」、「カメラに付属のチャージャー使用時、約3時間5分(実用充電での撮影/ 再生時間は満充電の約90%です)」というもの。
SONY バッテリーチャージャー BC-TRN
これなら約3時間で充電が出来るものの高価なものである。
これは、ある程度マルチ(サイバーショット用バッテリー各タイプ(N、G、D、T、Rタイプ))に使えるもののAmazonでも4,815円もする。(2010/09/16)

1284664535

そこで、今回ロワジャパン製NP-FG1 モバイルチャージャーを買ってみた。
値段は、送料(郵便定形外)込みで1,090円。
NP-FG1 の モバイルチャージャー
その昔、ロワでVictorのビデオのバッテリー充電器を買ったことがあったが、これは不良品だった。(充電が直ぐに止まる、充電不可)
不良品と気がついたのが保証期間90日ギリギリで、メールをして返品交換をしたことがあった。良品と交換と同時に郵送料も返金されたと記憶する。
それで届いたものは、いつもの通りの台湾製(RW-KP29)。
こういうものを見ると秋葉の秋月電子の台湾製のジャンク品並の製品を思い起こすものの、最近ではそんなものかと思うのは困ったものなのである。

1284664540

性能は、600mAhとあるので付属品の250Ahの約二倍以上である。
大きさは、純正より多少小さくてとはいうものの大した差ではない。
説明書は付属していなくて漢字が「表意文字」であることで、充電中は「赤」、充電完了は「緑」であることが分かる。

1284664544

1284664552


充電するNP-FG1互換バッテリーは、純正と同じ3.6V/3.4Wh(960mAh)であるので計算上満充電には、3時間10分程度であるはずである。
純正のBC-TRNでは、3時間5分で90%というので500mAhの充電能力は無いかも知れない。多分450mAhくらいである気がする。

1284664557


そんな推測は兎も角、充電してみる。
「赤点灯」から2時間45分程度で「オレンジ色」変化、その5分後には「緑点灯」で充電が完了した。
充電時間2時間50分。(理論上の計算値だと10%残っていたらしい)

1284664561


これは動画撮影では電池マークが点滅するものの、多少電池残量があったからである。
いずれにせよこれなら、純正のBC-TRNと遜色なく使えると実感する。

1284664565_2


尚、前回AVCHD動画を撮影中不安定だったロワジャパン製NP-FG1互換バッテリーの一つは、ロワジャパンの説明通り、充放電を繰り返したことによって、眠っていたのが復活した。


1284664569


|

« CASIO OVERLAND OVW-110DJ-1AJF その3 夜間の視認性 | トップページ | 手島右卿賞の大書家先生も公募展なら見事落選 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロワジャパン製NP-FG1 モバイルチャージャーを使ってみる:

« CASIO OVERLAND OVW-110DJ-1AJF その3 夜間の視認性 | トップページ | 手島右卿賞の大書家先生も公募展なら見事落選 »