« 漁船衝突:中国人船長を釈放・隠れた指揮権発動か? | トップページ | CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その4 »

2010年9月25日 (土)

漁船衝突・盗人に追銭・交渉手段を失った菅政権

漁船衝突・盗人に追銭・交渉手段を失った菅政権

処分保留のまま釈放された中国人船長は、英雄気取りで福建省の福州空港に到着。
なんと手回しが良くて早すぎる釈放に国民は唖然としたことだろう。
しかし、打って出るのは中国外務省の「感謝」の言葉ではなく、「中国外務省は25日未明、尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件について、日本側に謝罪と賠償を求める声明を発表した。(日経新聞Web)」。それで、この釈放によって中国側の制裁措置が解除されたかどうかと言うのは報道されていない。
逆に、今度は「日本側に謝罪と賠償を求め」制裁措置は長引くという観測もあるし、多分そうであろう。
それは、中国政府としては新たな日本に対する「懲罰」という武器を手にしたことで、共産党としては安泰を意味するからである。しかも、その懲罰は長引かせれば長引かせるほど都合がよいと来ているから始末が悪い。
そして、中国政府としては制裁口実として始めたことは中止もしないし、中止されたものは復活は中々ままならないと言うより時期が過ぎしまう。
ここで日本と中国との損得勘定を見れみれば、日本は大損の上に追い銭を課せられるのに対して中国は取ったもの勝ちと大笑いであろう。
それにしても今回の問題では驚くべきほど早く、船員も船体も返還して妙だなと思っていた。その上、本来日本の正当性などを国際アピールするための「ビデオ」も非公開になっていたのは妙だと思っていたら、国土交通省の三役(民主党)が非公開としたという。

菅総理が国連で演説をしていた映像を見ればほとんど空席ばかりで誰も聞いていない。
そして、菅総理は何を期待して、何を目的として国連で演説をしたのか疑問に思ってしまうのではないか。
単に日本の総理として国連で演説をしたいだけだったのかとしか思えない。
菅総理も、前原外務相も日本に帰ってきてどういう状況になっているのかを考えているのだろうか。
それにしても、ノーテンキだったのか「フジタ」社員4人。
開いた口がふさがらないとはこのことだろう。

|

« 漁船衝突:中国人船長を釈放・隠れた指揮権発動か? | トップページ | CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その4 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漁船衝突・盗人に追銭・交渉手段を失った菅政権:

« 漁船衝突:中国人船長を釈放・隠れた指揮権発動か? | トップページ | CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その4 »