« Cyber-shot DSC-HX5Vで本格的に撮るハイビジョン映像AVCHD | トップページ | CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その3 YouTubeに簡単アップロードC »

2010年9月14日 (火)

終盤・小沢支持で馬脚を現した左派マスコミの惨状

終盤・小沢支持で馬脚を現した左派マスコミの惨状

民主党代表選挙、フタを空けてみれば菅総理圧勝という構図だったものの、国会議員だけの投票では僅差だった。
菅首相の獲得ポイントは721。
(国会議員412、地方議員60、党員・サポーター249)。
小沢氏の獲得ポイントは491
(国会議員400、地方議員40、党員・サポーター51)。
(産経新聞Web)
国会議員で言えば、12ポイント。僅か6人の差でしかない。
そのためか、小沢支持の国会議員の発言としては負け惜しみとしか取れないような発言が相次いだ。(発言そのものについては省略)そんな発言というのも所詮小沢氏に投票して、自らが干されないようにという予防線であることぐらい誰だった分かる。
実際のところは、利害関係がある国会議員や地方議員は小沢氏に投票し拮抗したものの、利害関係のない「党員・サポーター」からは菅首相の圧勝である。
これは、石原都知事に言わせるもなく今の国会議員、地方議員が国民の民意を汲んでいないと言う現れであろう。
そう言う民主党代表選挙を控えた14日朝、東京の文化放送では代表選挙の特番でもないだろうが、午後の番組でもこればかりだった。
朝8時30分からの「くにまるワイド ごぜんさま~」では、野村アナがコメンティスト吉崎達彦氏に「菅首相支持か、小沢ではないのか」という様なことを詰め寄るほどヒートアップ。
番組終盤の集計、小沢支持か菅首相支持かという視聴者のFAXアンケートでは、小沢支持で5対1ぐらいで圧勝だったというのは実に笑えるものだった。
なぜなら、既に「党員・サポーター」は投票済みで、「小沢支持か菅首相支持か」と言うことをアンケートしても全く意味がないからである。
これは、国会議員の投票に対するアジであると言えよう。
別の言い方をすれば、「党員・サポーター」という世論に近い得票ポイントが小沢支持を示していると暗に予想させる様な在り方なのである。
これにグラリと来て、態度を決めかねている国会議員は小沢支持に投票するかも知れないと言う期待値というのである。
実際、フタを空けてみれば国会議員の票が小沢支持に多少ずれたとしても影響がなかった。
又、各種の報道では、新聞各社では「小沢支持か菅首相支持か」という明確な答えを出しているのは産経新聞くらいなもので、他社はどちらとも取れる社説の言い回しである。
毎日新聞社説「代表選…財源・景気対策 10年先も考え選択を」と題して、若干小沢支持を臭わせるものの
「両氏とも、積極的に支持したくなる政策に乏しい。マイナスの少ない方を選ぶ選挙かもしれない。それでも、2人の路線を進めた先にある日本は違った姿に見えてこよう。」と逃げを打っている。
まあどちらも「目クソ鼻クソを笑う」類のものだから、他に人材はいないのかと国民は思う。
この文化放送では午後の「大竹まこと ゴールデンラジオ!」を中断して「小沢一郎前幹事長の決意表明全文」を生で放送したとき、やたらとこの「国民」と言う言葉が出て来て非常に違和感があった。
なぜなら、この民主党代表選挙は国民が選ぶのではなく、民主党の議員と外国人を含めた党員・サポーターという人達である。
事実上の首相を選ぶのに、一切国民は関係していない。
そして、国民、国民と言いながら国民と相反する「外国人参政権」を推し進めようと決意表明以外では、今でも言っているから矛盾している。
しかも「国民の生活を守るというその責任」といいながら、散々破壊してきたのは小沢幹事長時代ではなかったか。
どうせ嘘ばかり言う「決意表明」だからとも思うものの、菅首相の方は聞き逃した。

菅首相支持というのは、リベラルと思わせる政治評論家なども主張していることである。
その理由というのが、小沢総理になったら公明党と連立を組んで3年間は安定政権になる。
それは良くないと言うことだった。
別の言い方をすれば小沢政権になったら「独裁国家」になり、そのことはリベラルで通している評論家としても容認出来ないものだと言うことである。
確かに、政治と金の問題が多すぎる人物が世界の常識として首相に選ばれるという民主主義国家はあり得ない。それが故に小沢氏が日本の首相になれば、日本の信用の失墜と言う事になろう。
それにしてもこの文化放送というのは、実に状況が分かりやすい放送局で、小沢氏が劣勢とどこかで情報を掴んで応援をしたのではないかと思わせるふしがある。
夏の参議院選挙の時、民主党劣勢との読みで「ルーピー」事鳩山前首相や小沢幹事長の擁護に奔(はし)り、菅総理誕生で支持率が回復したと見るや政治の話はなくなった。
時として、妙なマスコミの反対というところに正解があるというのは、ある意味ジンクスなのである。

|

« Cyber-shot DSC-HX5Vで本格的に撮るハイビジョン映像AVCHD | トップページ | CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その3 YouTubeに簡単アップロードC »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終盤・小沢支持で馬脚を現した左派マスコミの惨状:

« Cyber-shot DSC-HX5Vで本格的に撮るハイビジョン映像AVCHD | トップページ | CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その3 YouTubeに簡単アップロードC »