« 下谷洋子かな書展-沈潜-動画完全版 | トップページ | 民主主義を否定して国民不信に落ちている菅、仙谷内閣 »

2010年10月17日 (日)

中国漁船衝突事件ビデオの公開の時期が来た

中国漁船衝突事件ビデオの公開の時期が来た

中国各地では「大規模反日デモ」という報道が流れてきている
こういう中国の「反日デモ」と聞いてまたかという事と共に、その意図が透けて見えてしまうのは苦笑すると言うよりあきれてしまうものである。
民主主義も言論の自由も存在しないのは、ノーベル平和賞の受賞者が投獄されている事でも明らかである。だから、言論の発露というべき「デモ」などは官製デモしか成立し得ない。事実として、チベットのなどのデモなどは武装警察という事実上の軍隊が制圧している。
しかもそのデモの参加者が学生という点も見逃せないところである。世界の常識として、その国内でデモをするのに自国の政府を批判するデモというのは日本でもあったし、今でも世界各地で起こっている。
ところが、中国のデモというのは「反日デモ」という不思議なものである。これが言論の自由を訴えての反政府デモなら「天安門事件」のような完全制圧になる。
そう言うデモにならないように「反日デモ」にしてガス抜きをするというのなら、日本政府というのは「腑抜けの御し易い馬鹿」、「弱虫」というものである。
脅せば何歩でも引く、反論はしないし、金も出すし、領土も出すというのなら中国人なら何度手も、何百回でも脅すはずである。
そう言う脅しに、「ことなかれ」とばかりに直ぐに屈する。
その時の日本政府の首相だかの一時的な「握手のレセプション」を演出するために何度も、国益を損じて妙な謝罪や金のバラ捲きをする。
国の情報がある一定のところで公開されなかった頃は、国民を欺しても知られないからそれで済んだ。
だから、笑い話だが‥‥読売新聞が米国の情報公開で日本国憲法がGHQ製の占領政策憲法であると暴露する前、大々的に日本国憲法が自主憲法だという事を大阪の大学教授が正々堂々と述べた。この時朝日新聞などが代表する護憲派は、同じく百も承知であったはずのマッカーサー憲法を自主憲法と擁護した。
確かに、GHQは言論統制というプレスコードで米国製の占領憲法であることを隠した。
憲法学会は、その占領憲法を「革命」だと言って擁護した。
日本国憲法がマッカーサー憲法だとは、古い政治家は常識だったはずなのだがあの大勲位の中曽根氏も不思議とマッカーサー憲法だとは広言しなかった。
しかし、こういう占領期とそれ以降に続いた日本の言論統制というものはもはや成立しない。
この中国の「反日デモ」は、「中国外務省、反日デモに理解と談話(読売新聞)」とある様に、官製デモの一つであることを暴露した。‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
中国外務省の馬朝旭(まちょうきょく)・報道局長は16日深夜(日本時間17日未明)、同日国内中国各地で発生した反日デモについて、「一部の群衆が日本側の一連の誤った言行に義憤を示すことは理解できる」との談話を発表した。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
これは何を示しているのかというと「中国漁船衝突事件ビデオの公開」ということである。
中国はこういうデモを利用して、日本の経済界に揺さぶりをかけ尖閣諸島を放棄させるという手段の第一歩に違いない。
そして、それでも放棄しないときはいずれ、この官製デモは日本企業の追い出しにかかる。
今は平静でもいずれ牙をむくというのは、先の戦争での教訓でもあったはずである。
そう言う教訓も、戦争をしたという遺産も何も無にしたというのが、事なかれ主義でGHQの洗脳にドップリと浸かった今までのリベラルの政治屋。
その系統を受け継ぐのが民主党であるというのは、政権交代になったのに政府や役人の世界の膿が全然出てこないというところに何も変わっていないと言う事がよく分かる。

そして、中国という国のやり方というのは、一般市民の振りをして政府の息のかかっている人達というのが多くいると言うことである。
あの尖閣諸島で活動していたのは、多くの中国漁船だったことを見れば、その行為が南沙諸島その他で島を実行占領した要領が良く分かると言うものである。

|

« 下谷洋子かな書展-沈潜-動画完全版 | トップページ | 民主主義を否定して国民不信に落ちている菅、仙谷内閣 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国漁船衝突事件ビデオの公開の時期が来た:

« 下谷洋子かな書展-沈潜-動画完全版 | トップページ | 民主主義を否定して国民不信に落ちている菅、仙谷内閣 »