« 日本の国益を守ったYouTube尖閣漁船衝突ビデオ | トップページ | 尖閣漁船衝突ビデオ・媚中度を測る・菅・仙谷政権の自己保身の浅ましさ »

2010年11月 6日 (土)

net.USB機器 IODATA ETG-DS/USの「ワケあり品」

net.USB機器 IODATA ETG-DS/USの「ワケあり品」

net.USBという機器、機能をご存じの人も多かろう。
ブログでは「net.USBを手軽に使うLANDISK Home HDLP-G320その1その2」というエントリーでLANDISKにおまけに付いてきたnet.USBを紹介している。

LANDISK Home HDLP-G320というのは、小型のLANディスクの旧型製品でこれにnet.USBという機能が期間限定でバージョンアップされた。

このnet.USBの部分だけを切り離したのがIODATA ETG-DS/US。
実は、Silexのギガビット対応 USBデバイスサーバSX-3000GB(USB Virtual Link Technology・SX Virtual Link)のOEM品である様である。(仕様、形状、同じ)
但し、アプリケーションソフトウェアの「net.USBクライアント」はIODATAで改変しているようである。
実は今、LANDISK Home HDLP-G320を使っていない。
その理由は、発熱が大きいからである。LANDISK自体が発熱するだけでなく、net.USBもかなり発熱するようなのである。
ETG-DS/USの筐体を見てみれば、USBハブ特有の放熱を考えた作りになっている。
それで、多少本格的に使いたいと言うわけでIODATA ETG-DS/USを「ワケあり品(プレミアムアウトレット)」で購入してみた。

ETG-DS/USというのは、価格コムで見ると5,469円(Amazon・NTT-X)で、SilexSX-3000GBに至っては、10,647円(Amazon)と言う代物である。
使って見れば、普通の外付けHDDが全てLANディスクとなるから、今後LANディスクを買わなくても済むというものである。
又、プリンターサーバーにもなるはずなのだが、プリンターはUSB切り替え機という物理的なもので済ましている。

USBデバイスサーバー 「net.USB」機能搭載 ETG-DS/US 5,469円(税込)

icon icon
ワケあり品・USB機器共有ネットワークETG-DS/US  ¥3,980 icon

|

« 日本の国益を守ったYouTube尖閣漁船衝突ビデオ | トップページ | 尖閣漁船衝突ビデオ・媚中度を測る・菅・仙谷政権の自己保身の浅ましさ »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: net.USB機器 IODATA ETG-DS/USの「ワケあり品」:

« 日本の国益を守ったYouTube尖閣漁船衝突ビデオ | トップページ | 尖閣漁船衝突ビデオ・媚中度を測る・菅・仙谷政権の自己保身の浅ましさ »