« Adobe Premiere Elements 9のチュートリアル動画 1 | トップページ | net.USB機器 IODATA ETG-DS/USの「ワケあり品」 »

2010年11月 5日 (金)

日本の国益を守ったYouTube尖閣漁船衝突ビデオ

日本の国益を守ったYouTube尖閣漁船衝突ビデオ

今朝からYouTubeの「尖閣衝突ビデオ」流出で大騒ぎだったが、朝7時半くらいのところではほとんど削除されて、丁度衝突している部分1つだけが残っていた。
あとの部分は、TVで全部公開されていたし何回もコピーされて今でも残っている。
このビデオ映像を見ると国会に提出された6分のビデオというのは、TVで再現された構成から見れば、作為的に編集されたものであることが良く分かる。
やはり検察と民主党内閣というのは不祥事で「手打ち」をしたのだと明らかに疑われるものである。そして、それは憲法を無視して自らを守るために民主党の軍門に下ったと、国民から見ての検察の国民不在の不信でもある。

この国会でのビデオを見て、社民党党首の福島瑞穂氏などは懐疑的な見方をしていた。
これは案の定、従来からの「社会党的」な親中国、親北朝鮮、「拉致問題を無視していた」という反日姿勢が変わっていないことを如述に表すなど踏み絵であった。
こんどのビデオを見れば誰が見ても「中国漁船が突っ込んできた」ということは明らかだが、
なんと中国は
「録画と言われるものは真相を変えることも、日本側の行為の不法性を覆い隠すこともできない」「日本側が釣魚島(尖閣諸島の中国名)海域で中国漁船を妨害、駆逐、包囲しようとしたことで衝突が起きた」というように白を黒という。(朝日新聞 他)
しかも中国漁船の実像が明らかになるにつれ、中国漁船が単なる民間の船でない「工作船」であることぐらい誰でも良く分かる。
だから仙谷官房長官などが、船員と船体を早々と中国に還した理由の説明が付く。
船員と船体をよく調べれば何かボロが出るのか出たのか、今となれば何が不都合だったに違いない。
それにしても今日のビデオ流出によって、今の菅、仙谷内閣という民主党政権は国民の意識から完全に浮いた末期症状の政権になりつつあるとは誰でも思ったろう。
国民の過半が「尖閣衝突ビデオ一般公開」の世論になっているときに、「中国を配慮して」と世論を無視する。
こういう世論を無視するというのは民主党では今や当たり前になって、世論を無視するから「密室政治」、「非公開」で事を進める。
「朝鮮学校無償化問題」では、反対論を無視して「非公開の場で各朝鮮学校が審査され、無償化が適用される方向。反日教育はどうなるのかはっきりないまま、『密室』で無償化が決まろうとしている。」(産経新聞)という具合である。
こういう「朝鮮学校無償化問題」というのは、朝のワイドショーでは余り取りあげられない。
しかし、2010/11/05の「尖閣衝突ビデオ」というのは映像ある上に、政府民主党は「中国を刺激しない」という理由で「柳腰!!!」で拒んできたものである。
国民にとって衝撃的な映像であったし、国民が知りたいという願望のものだった。
それを国民に見せないようにしたというのは、的確に今の菅、仙谷内閣というのが日本国民を保護する見方ではなく「敵である」といことを証明して見せた。
その上、その恥の上塗りを重ねるという「この人達は日本人ではないという異質さ」を感じさせた。
本来ならこのビデオ流出を奇貨として、日本の領土問題や中国関係を再検討すべきなのに新聞各社の報道に寄れば流出ビデオを犯人捜しに忙しい有様である。

朝日新聞Web‥‥尖閣ビデオ「故意の流出なら国家公務員法違反」官房長官
毎日新聞Web‥‥尖閣ビデオ:守秘義務違反で刑事訴追も 政府方針
日経新聞Web‥‥官房長官「調査から捜査に、数日で判断」尖閣映像流出
この報道が何を表すのかというと、菅、仙谷内閣は「犯人」を捕まえて「悪うございました」と中国に付き出そうという浅ましい魂胆が見え見えだからである。
ここまで菅、仙谷内閣というのは中国の走狗となってご機嫌取りをすると言うのは実に解せないものの、APECというのがキーワードだと「ばれて」しまっている。
事実として、APECに中国が出て来て何がありがたいのか既に中国はレアアースの輸出制限などをしているわけだから、どうでも良いことだろう。
単にAPECという事実上無意味なお祭りに無事に菅、仙谷内閣が参加したいという福田康夫元総理のような「馬鹿根性」。
こういう馬鹿根性で「河野談話」から「近隣諸国条項」‥‥‥どれだけ国益が損なわれてきたかである。

|

« Adobe Premiere Elements 9のチュートリアル動画 1 | トップページ | net.USB機器 IODATA ETG-DS/USの「ワケあり品」 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

尖閣ビデオを見た人の中に、率直に反中感情を抱いた人が多数いたとしても不思議ではない。
それほど、中国船の行動は悪質であった。国民に対して隠蔽し続けてきた菅・仙谷政権は信用できない。
違法のようではあるが尖閣ビデオを国民に公開した関係者(?)に感謝したい。

投稿: 盗っ人・メドベージェフ | 2010年11月 6日 (土) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の国益を守ったYouTube尖閣漁船衝突ビデオ:

« Adobe Premiere Elements 9のチュートリアル動画 1 | トップページ | net.USB機器 IODATA ETG-DS/USの「ワケあり品」 »