« I-O DATA USB3.0/2.0・ USB3-PEXを導入 | トップページ | I-O DATA わけありビッグバン 目玉商品 »

2010年12月16日 (木)

I-O DATA USB3.0/2.0・ USB3-PEXのCystalDiskMark 検証

I-O DATA USB3.0/2.0・ USB3-PEXのCystalDiskMark 検証

USB3.0を導入してみたところ、メーカーでは5Gbpsと書かれているのだが実はこの数値は規格値。
BUFFALOの場合「USB3.0対応外付けHDD『HD-HU3シリーズ』の場合、USB3.0接続時の実効値は、123.4MB/sです。」とある。
それでベンチマークを測ってみたら124.4MB/sと言うことで、BUFFALOのHDDと同じようになった。

Acer・Aspire M5802 ASM5802-A48の場合、チップセットが一世代又は、二世代古いマザーボードなので当然PCI-E1.0×1だから2.5Gbps。
調べてみると「PCI Express 1.1で1レーンあたり250MB/s、PCI Express 2.0でその倍の500MB/s」と言うことで250MB/sと言うことになる。
しかし実用として、HDDが200MB/sのスピードが出るわけではなく当然400MB/sと言うのもあり得ない。
だから、現状の数値で正常と言うことになる。

今回、数度IODATA HDJ-UT1.5を接続してみたが、USB3.0接続をさせる場合は認識に多少時間がかかる様である。

|

« I-O DATA USB3.0/2.0・ USB3-PEXを導入 | トップページ | I-O DATA わけありビッグバン 目玉商品 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I-O DATA USB3.0/2.0・ USB3-PEXのCystalDiskMark 検証:

« I-O DATA USB3.0/2.0・ USB3-PEXを導入 | トップページ | I-O DATA わけありビッグバン 目玉商品 »