« 年末年始に掛けての展覧会に思うことと、USB3.0でのマッハUSB | トップページ | シグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM を買ってみた »

2010年12月26日 (日)

NHK版「坂の上の雲」第9回広瀬、死す‥ の妙な部分

NHK版「坂の上の雲」第9回広瀬、死す‥ の妙な部分

NHK版「坂の上の雲」というのは、NHK版日清、日露戦争と名付けてしまった方が良いのではないかと言うほどの改変ぶりである。
特に、「日本では開戦を知った律(菅野美穂)が季子(石原さとみ)を心配して秋山家を訪れる。気丈に振る舞う季子だが、律に用心棒になってほしいと頼む。(あらすじより)」と言う部分は、原作にはないNHKの創作である。
そして、どう考えてもそんな場面は明治という時代としてはあり得るはずもないだろう。
この第9回の冒頭、実際は第8回の最後のシーン。
「1904(明治37)年2月5日、連合艦隊司令長官・東郷平八郎(渡哲也)のもとに封密命令が届けられた。(同)」という部分で、山下(源太郎)軍令部参謀大佐が「封緘命令」を持ってくる。
この時間なのだが原作の第3巻(全8巻)には「東京を夜発ち、佐世保には翌5日の午後6時30分についた。」と書かれている。
そして、この封緘命令の開封日時は「明治37年2月5日午後7時15分」とあるのである。
NHK版では「午後5時」と言うことをわざわざ見せて5時になっているが、どういうワケなのか分からない。
そしてその後の「各隊指揮官、艦長。旗艦に集まれ」は午前1時(6日)である。
そのあと「仁川襲撃」は飛ばされて、駆逐艦群による旅順口奇襲作戦は描かれている。
ここで、巡洋艦パルラーダ(6731t)の当直士官、「任官早々の若い少尉の物語」が駆逐艦攻撃で擱座(かくざ)した戦艦ツェザルレウィッチ配属のポリス・ヴィルキツキー少尉に置き換えられている。
それにしても、本来なら二十歳そこそこの少尉がいい加減年寄りじみて、同じく17歳のアリアズナが30歳前後の熟女(当時でいえば)と言うのも幻滅するものである。
今回は、「旅順口閉塞作戦」だから「旅順口外の海戦」は一切省かれてしまっている。
しかし、そう言う攻防の中で「旅順口閉塞作戦」が展開されるのであるし、後の黄海海戦も起こってくる。
そして、この「旅順口閉塞作戦」のシーンとしては、有馬先任中佐参謀と少佐広瀬武夫の言葉がゴチャゴチャになっているからおかしな部分というのが又出て来てしまう。
有馬中佐は
港口に達することが出来なかった天津丸の後続の閉塞船がやってきたとき
「『右へ、右へ』と有馬は船上から後続船によびかけた。広瀬の報国丸は面舵(おもかじ)をとり‥‥以下略」となっている。
ところが、この「右へ、右へ」の部分でNHK版では広瀬が「右へ、右へ」と言う。
もし言わせるのなら「面舵一杯(英:starboard スターボード・右舷方向に曲げる)」だろう。
船を操艦している訳だから「右へ、右へ」では何だか分からない。
そして、広瀬少佐はカッターボートの右舷最後部にすわっていたのが、「広瀬が消えた、巨砲の砲弾が飛び抜けたとき(原作)」の通り記していたが、後半は原作とは違いソ連崩壊後に情報公開で出て来た事実を映像にしている。
実際、日露戦争の研究書などか公開されると共に、広瀬少佐の遺体とポリス・ヴィルキツキー少尉らしき人物が写っている写真がある。
そして、広瀬少佐はカッターボート上の戦死ではなく閉塞船の甲板での戦死とかかれているも、司馬遼太郎の「坂の上の雲」が書かれた頃はそんな事実は分からなかった。
しかし、この広瀬少佐(中佐)の話というのは、どうも胡散臭い。
軍神になったから妙な事が多いのかも知れないし、「坂の上の雲」でもそれを踏襲している。
特に、アリアズナとの関係が微妙である。
実は、当時の日本海軍では広瀬がハニートラップに掛かったまではないかと疑われて、ロシアから帰国後閑職に置かれたと言うのが真実であると言う説がある。
そして、その汚名をそそぐためにわざと危険な閉塞参戦に参加したらしいのである。もしそれが本当であるとすると、アリアズナとの妙な繋がりは益々妙なものになる。
そして、「坂の上の雲」で描かれている広瀬とは別の人物像というのが浮かび上がる。
但し、昭和の陸軍ではハニートラップに掛かって、ロシア人女性に子供まで作らせた駐在武官(少将)は何のお咎めなしだった。
それにしても、秋山真之が軍艦の甲板上で干し豆を食べてその殻が飛び散るというのは、やはりおかしい。
「坂の上の雲」では、そんなとき秋山真之は昼寝をするのである。

|

« 年末年始に掛けての展覧会に思うことと、USB3.0でのマッハUSB | トップページ | シグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM を買ってみた »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516355/50409759

この記事へのトラックバック一覧です: NHK版「坂の上の雲」第9回広瀬、死す‥ の妙な部分:

« 年末年始に掛けての展覧会に思うことと、USB3.0でのマッハUSB | トップページ | シグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM を買ってみた »