« 「世の中意外に科学的」櫻井よしこ著の妙な部分 | トップページ | NHK版「坂の上の雲」第2部やはり日本軽視だった »

2010年12月 4日 (土)

影法師 百田尚樹 (著)の読み始め・時代考証無視?

影法師 百田尚樹 (著)の読み始め・時代考証無視?

最近時代劇映画が流行って、多少時代劇の小説でも読んでみようかと思ったのがこの小説。‥‥と種々調べてみると 藤沢周平の「風の果て」のパクリ本、リメイク版との書評もある。
そこで少し読んで行くと妙な部分が出て来る。
江戸時代に北陸の小さな茅島藩8万石ということなのだが、上士に出合うと下士は草履を脱いで土下座するという風習だという。
それで、主人公に関わりのある人物が槍で殺されてしまうのだが、これは悪い冗談だろう。江戸時代に参勤交代の行列にあっても、町民は道を空けることはあっても土下座などはしない。「下に~、下に~」と言って参勤交代に出たのは御三家だけだし、江戸中期以降はそれもしなくなった。
そして例え上士だとしても、下士を含めた武士にたいして刀を抜いたら、切腹を覚悟しなければならないのが江戸時代の話。
そういう風にしなければ、たかが8万石の小藩は持ちこたえられぬはずがない。
そして、そんな風習があれば間違いなくお取りつぶしになる。
しかし、作者はなぜ8万石という中途半端なものにしたのかよく分からない。江戸時代の藩というのは、石数によって大きな区別があった。
それこそ、駕籠に乗れるかどうかから、駕籠の装飾、江戸城のどこまで駕籠で行けるかなど。その区切りはまず5万石。次は10万石、15万石と格式が上がって行く。
そういう区別から言えば、8万石というのは10万石に満たないために妙に背伸びしたがるような藩があったことがある。
さて、相手に刀を抜かれて斬り殺された方は、刀の柄に手を置いて抜くそぶりで殺されていなければお家断絶もあり得た。そして刀を抜いた方は、理由を問わず切腹というのが常識。
そういう時代考証から言うと、小説冒頭から疑問符が付いた小説である。
しかも、下士だったものが城代家老まで大出世するというのだから、少し読んだだけで益々おかしい。
なぜなら、下士というのはどんなに優秀で出世しても「与力」止まり。
要するに、奉行所の次官までである。
それならば、下士が上士に入り婿でなれるのかと言うと、まず難しい。
それは、藩長の許可が降りないためである。
養子、縁組みというのは、基本的に格が同格でなければ許可されなかったから格違いというものはあり得ない。
こんな感じでの時代考証無視の小説、この先が読めるのかと心配になっている。
元の 藤沢周平の「風の果て」‥‥、こういう「昔は机を並べていたのに」晩年になったら、月とすっぽんになっていたという小説は結構山とある。
渡辺淳一の直木賞受賞作「光と影」では、西南戦争の田原坂の激戦の後、病院で同じ負傷を負った将校の対比を描く。
その一方は寺内寿三郎(正毅)、後の日清日露戦争時代の陸軍大臣・大将、総理大臣。
こういう小説なら結構種にはつきないと言うものかも知れない。

|

« 「世の中意外に科学的」櫻井よしこ著の妙な部分 | トップページ | NHK版「坂の上の雲」第2部やはり日本軽視だった »

本 書評など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 影法師 百田尚樹 (著)の読み始め・時代考証無視?:

« 「世の中意外に科学的」櫻井よしこ著の妙な部分 | トップページ | NHK版「坂の上の雲」第2部やはり日本軽視だった »