« 群馬県立前橋高校同窓会・書家作品展Syuun作品解説 | トップページ | SONYα55 SLT-A55Vの高速連写で見る高岡駅 »

2011年1月17日 (月)

大寒波の中を行く富山・高岡行き

1295290678
この16日に富山県の高岡に行くことになった。
用事は単純にH先生の文部科学大臣賞受賞記念パーティに招かれたものである。
高岡というと大学時代に高岡出身の友人がいて、高岡というところはどんなところなのか興味を持ったまでである。その友人は、早世して今では何の縁もないものだが種々気になるというのはどういうわけなのか分からない。
そして、単純に「ほくほく線」という列車の旅が何か好きで、この冬の一時(いっとき)の列車の旅を楽しんでみるかという気分もあったからである。

1295290685

それで、何か予感でもしたのかある程度早い便で切符を取ってあった。
かなりの寒波が来ている、大雪という報道から多少心配してはいたが3時間の余裕を取った。
高崎から新幹線でいつも上京する方向とは違う方向に乗る。何か変な気分というものの、突然トンネルに入り出れば全面銀世界である。
但し、天気は青空だからまだまだ水上まで来ていない。その水上の手前の上毛高原駅くらいから何やら怪しくなって、越後湯沢では大雪だった。


1295290693

1295290702
そしてアナウンスが言うのは、指定券を取ってある「はくたか6号」は運休していますと言うのだ。ほくほく線の改札で聞くと、そのまま大幅遅れている4号の自由席に乗って行ってくださいという。
はくたか4号‥‥あまり乗客がついていないなあ、これでよいのかという思いで2両に減っている自由席を探すと不思議と空いている。
「乗車次第発車します」というアナウンスがあるものの、なかなか出発しない。
‥‥すると次第に乗客が増え、後ろを見たら立錐の余地がないほどである。
こののろのろと進む特急は「はくたか6号」と同じ時間に出発した。
各駅停車の様な感じだったから、直江津までが遠かったこと。
そして、直江津あたりが相当の吹雪だった。

1295290711
高岡に着いたのは13時45分。
予定より48分多く掛かったというものの、特急が魚津くらいまで普通列車並に各駅に止まったから仕方がない。
高岡駅で掲示板を見たら、後続の10号、12号も運休と言うことで危なく行き損なうところであった。

1295290664

1295290671

大凡聞くところによると次は、はくたか8号で二時間遅れの13時34分発だったらしい。これだったら16時30分ぐらいの高岡着らしかったので、間に合わなかったと言うものである。
この「ほくほく線」が大混雑だったのは、新潟から金沢へ行く列車が運休して、越後湯沢に回った人がいたという。動いているのは「ほくほく線」だけだったと言うことらしい。
それでも、予定時間を48分オーバーでも充分間に合ったから、3時30分開場というのに3時前には到着していた。
そこで聞いたのは、長野から、東京からなどの参加者が軒並み、間に合わない、行けないという連絡が入って参加を取りやめたことである。

1295290718

越後湯沢ではくたか運休を見て諦めて帰ってしまった先生方。
そして新潟までの新幹線が一部運休したので、越後湯沢どころか新幹線にも乗らなかった先生。
それでも、I先生、A先生は2時間待って、その「はくたか8号」に乗って、4時開会の後宴会が始まった5時には間に合った。
しかし、大阪からのO会長は、雪を心配して早めに出たと言うので4時前に充分到着していたから流石である。
それにして、この冬に日帰りという考えの先生もいたそうだか、いろいろなのである。


|

« 群馬県立前橋高校同窓会・書家作品展Syuun作品解説 | トップページ | SONYα55 SLT-A55Vの高速連写で見る高岡駅 »

お出かけ・旅行・TDL・TDS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大寒波の中を行く富山・高岡行き:

« 群馬県立前橋高校同窓会・書家作品展Syuun作品解説 | トップページ | SONYα55 SLT-A55Vの高速連写で見る高岡駅 »