« 日本海海戦100年目の真実・バルチック艦隊かくて敗れたり | トップページ | 「日本の改革」の第一歩は、北岡先生などに退陣してもらうこと »

2011年1月 5日 (水)

ブルーレイお試しパック『パットン大戦車軍団』を買う

ブルーレイお試しパック『パットン大戦車軍団』を買う

ブルーレイお試しパック『パットン大戦車軍団』(初回生産限定) [Blu-ray]

新年も5日になってしまった。
朝TVを見ると初売りの福袋の映像が飛び込んできたが、地方都市だと福袋を売るデパートそれ自体が存在しなくなっていたりする。
映像には、リズリザ(LIZ LISA)の福袋を買いに茨城から朝5時に出てきたという映像があった。ふぅ~む。
1月1日、高崎イオンに夕方6時頃行ったらLIZ LISAの福袋は若干余っていたけどな!
昨年は、お昼頃行ったら未だ沢山あったから、こういうのは結構地方の方が狙い目なのかも知れない。
そういう福袋というのは娘が小さかった頃、2日の朝6時半からデパートの前に並んだ。
それが娘が大きくなるに連れ、買いに行かなくなったと共に、そういうデパートのテナントのブランドショップが撤退して福袋自体がなくなってしまった。
特に前橋は、イトーヨーカドーもイオン・サティも昨年の秋に撤退してどこにも買いに行くところがない。ユニーグループのアピタだと商品が二ランクぐらい下がって、ベイシアの所属不明の衣料品と同じようなもの。
結局ユニクロしかないのかというと、今は年寄り向けはなくて若者向けのスリム系だから買いようがない。

1294243457

1294243464

そんなこんなで、今年も始まってしまったのだが「パットン大戦車軍団」のブルーレイが992円だったから購入してみた。
「ブルーレイお試しパック『パットン大戦車軍団』(初回生産限定)」は、DVDを買えばブルーレイが付いてくると言うのではなく、ブルーレイにおまけのDVDが付いてくるというものだった。


1294243469


なぜなら、DVDはドルビー対応の「ニューマスター版」ではなくて昔の映像、音も悪い普通のDVDだった。
ケースを開けて見たら、びっくり昔のDVDと同じ版が出てきたから~~~そうだと思ったら同じものだった。
こんなものは見ないだろうという昔のDVDはさておいて、ブルーレイ版は映像もなめらかで色も鮮明。
ついつい見入ってしまうほどである。
それならば、結構値段の高かった「ニューマスター版」の二枚組アルティメット・エディション(究極版)。
これと比べてみたら、DVDでは最高の映像というわけでブルーレイの色とほとんど同じ。但し、DVDだから絹のようななめらかさはない。
そんなことで、992円で買ったブルーレイ版「パットン大戦車軍団」はなかなかよろしい。

1294243490


1294243476


但し、このDVDもブルーレイ版も劇場公開そのままではない。
どういうことがと言うと、意図的にあるシーンを全てカットしてある代物である。
こういう風に1970年代の戦争映画は、劇場公開した作品がDVDになるときに明らかに意図的なカットがあるものが時々ある。
それが特に1970年アカデミー賞 作品賞を取ったこの作品やら、特に同年のカンヌ映画祭「グランプリ」を取った「ズタズタにされた」MASHなど、作品自体の主題を不明確にするほどのものまである。
このDVD版「パットン大戦車軍団」では、このカットによってパットン将軍は単なる猛将という印象しか得られないようになっている。
しかし、劇場版ではもう一つの一面として、強烈な反共主義者として描かれている。
それは要所要所に「反ソ連」の言動があふれ、それによってアイク(Eisenhower)に呼ばれ譴責された上、罷免されそうになる(2回)。
ソ連は同盟国だから批判するなと!
当然そういうシーンは全てカットされているからDVDにはない。

ちなみに、カットされたシーンを再掲してみると
○新たな筆頭(主席)副官が着任する。(中佐 後大佐)
この副官は、パットン将軍の失言を防ぐために特別に目付役としてアイク(アイゼンハワー)から派遣された人物である。…この辺の事情カット
○アイクは冷戦について明確な判断は示していないが、パットン将軍は映画の中でもそれに対抗しようとした。
○管轄内のドイツ軍捕虜の待遇を改善しその上軍事教練を課し、自前(パットン専属)の反共軍団を作り上げていた。
○後半に冷戦体制が決まりつつあった場面では全て「反共政策」に傾倒していったパットン将軍の姿のシーンは一切カット。
こんな具合である。

尚、コメディの「反戦映画」でもあるMASH(移動野戦病院もの)では、朝鮮戦争なのに韓国がらみの事柄は全てカットされている。
1966年制作のロスト・コマンド「名誉と栄光のためでなく」は、残虐シーン以外ほとんどカットされていない。
だから「パットン大戦車軍団」や「MASH」などは異常としか思えないだけでなく、全てが見られないのが残念でならない。

ブルーレイお試しパック『パットン大戦車軍団』(初回生産限定) [Blu-ray]

|

« 日本海海戦100年目の真実・バルチック艦隊かくて敗れたり | トップページ | 「日本の改革」の第一歩は、北岡先生などに退陣してもらうこと »

本 書評など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーレイお試しパック『パットン大戦車軍団』を買う:

« 日本海海戦100年目の真実・バルチック艦隊かくて敗れたり | トップページ | 「日本の改革」の第一歩は、北岡先生などに退陣してもらうこと »