« デフレというのに高価デジカメが飛ぶように売れる日本 | トップページ | 罹災しない地方も大パニックの日曜日から »

2011年3月11日 (金)

三陸沖、茨城沖2011年3月11日の大地震

三陸沖、茨城沖2011年3月11日の大地震

今日の地震は、今までに無く大揺れだった。
初期微動が長くこれは結構遠いなと思ったものの、その初期微動も結構大きく、その後かなり長く感じた大きな揺れが来た。
場所は、前橋市の中心の小規模商業ビルの中。
1階では、棚の上のあった不安定なものがゾロゾロと崩れ落ちてきたというものの、東西方向の揺れが大きかった。建物は、数年前の新耐震設計の建物だったのだが、元々の設計思想がある程度揺れて、建物全体で地震力を吸収するようになっている柔構造。
こんなものだから揺れるというのは分かりきっていたが、普通の地震でも下階(1階)では不安定なものでさえ何一つずれることがない。
それが今回下階でこれだけ揺れたから、上階ではどうなのかと思って2階へ上がったら棚の上の空き箱が散乱していた。
空き箱だから大したことはないし、多少壊れたものがあってもガラクタだったからどうということはない状態。
3階の会議室(ホール)に上がってみると、消化器が倒れているくらいしか目につかない。
しかし、よく見たら東の壁に掛かっていた電波時計が落ちていた。時間午後2時47分。
書棚の本が多少散乱しているくらいなもので、その他は大きな影響はなさそうであった。前橋市の震度をみると結構ばらつきがある。
強い方から
震度6弱~
群馬県南部 桐生市 桐生市元宿町
震度5強~
群馬県北部 沼田市 前橋市 高崎市 渋川市 群馬明和町 群馬千代田町 大泉町邑楽町 沼田市白沢町 前橋市富士見町 高崎市高松町 桐生市新里町 渋川市赤城町 群馬明和町新里 群馬千代田町赤岩 大泉町日の出 邑楽町中野
震度5弱~
中之条町 伊勢崎市 太田市 館林市 安中市 吉岡町 板倉町みどり市 沼田市西倉内町 沼田市下久屋町 沼田市利根町 中之条町小雨 前橋市堀越町 前橋市粕川町 桐生市織姫町 桐生市黒保根町 伊勢崎市西久保町 伊勢崎市東町 伊勢崎市境 太田市浜町太田市粕川町 太田市新田金井町 太田市大原町 館林市美園町 館林市城町 渋川市吹屋 渋川市伊香保町 安中市安中 吉岡町下野田 板倉町板倉 みどり市笠懸町
震度4~
前橋市昭和町 前橋市大手町 高崎市倉渕町 高崎市箕郷町 高崎市足門町 高崎市下室田 高崎市吉井町吉井川 太田市西本町 渋川市八木原 渋川市北橘町 渋川市村 以下多いので略
震度3~
以下略。 
前橋市で見ると、震度5強なのだが、「前橋市大手町」で震度4。これは多分県庁の地震計かもしれない。
群馬県庁というのは、最新の高層ビルだからそんなものだろうと言うものだ。
「前橋市昭和町」‥‥これは群大病院当たりか?前橋気象台(群馬県前橋市昭和町3-20-12)
すると前橋市 震度5強というのはどこなのか分からないと言うことになる。
いずれにせよ、今回は強くはないが長かった。そして、強い余震が何回もあった。
そんなことでニュースを見たら、とんでもないことになっていた。
ついこの前NZ地震の話で持ちきりだったが、今度は北半球で関東大震災をしのぐ大きな地震が起きた。
何か南半球と北半球で連動しているのかと思わせるものだった。
それにしても一部電話が通じなかったようだった。

|

« デフレというのに高価デジカメが飛ぶように売れる日本 | トップページ | 罹災しない地方も大パニックの日曜日から »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三陸沖、茨城沖2011年3月11日の大地震:

« デフレというのに高価デジカメが飛ぶように売れる日本 | トップページ | 罹災しない地方も大パニックの日曜日から »