« NZ大地震で「九死に一生を得る」幸不幸の不思議さ | トップページ | 激安高性能Acer・Aspire Predator AG5900の問題点を探る »

2011年3月 1日 (火)

ほとんど使い物にならないRockTube(挑戦者)というゲテモノ

ほとんど使い物にならないRockTube(挑戦者)というゲテモノ

昨年から、RockTubeというアイオーデーターの「挑戦者」ブランドの製品に大分揺さぶられた。それはレビュー投稿と言うことをしてみたからで、お陰で3ヶ月もその製品について考えざる終えなかった。
かといって、毎日考えるというほどのものではない。
そして、2回も投稿サイトで袖にされたからこの「挑戦者」RockTubeと言うものの本質に迫ってみたい。
この製品はYouTubeの動画をいまの大画面液晶テレビで見られるネットワークメディアプレーヤーと言うことだか、実は非常に妙な製品なのである。
元々は、他の製品の機能を分離して製品化したものだから簡単になったというのは大きな誤りで「挑戦者」ブランドという「上級者向けPCパーツブランド」になっている。
そのため、「ノンサポート、無保証」なのである。
そもそも商品を発売するとき、どういう購買層を対象にするのかという設定が必ず必要である。
そう言う点から見れば、かなり設定が曖昧、矛盾しているのではないかと言うものだろう。
何故なら、この製品というのは「上級者向けPCパーツブランド」であるかゆえ、ある程度のパソコンの知識を持っている人を対象にしている。
そのある程度パソコンの知識を持っている人、即ちパソコン中毒の人物がパソコンから離れて、わざわざ居間の液晶テレビにまで目を向けるかと言うことにつきる。
液晶テレビは、今や連日HDD録画で休む暇もないと言うのが現実なのである。
端的に言えば、YouTubeを液晶テレビで見ている暇はないというのが本音である。
しかも、上級者であればPCは低性能なノート型パソコンではあり得ない。小生なども動画編集をするくらいだから、一般に使うレベルから言えば半端ではない高性能のパソコンを使っていることになる。
そして当然、液晶モニターはフルハイビジョンモニターと言う事になる。
それでも百歩譲ってノート型パソコンをメインとするのであれば、こういう挑戦者ブランドRockTubeを買うかどうかは疑問である。
そして使い勝手から見て、パソコンを使わずにYouTubeが楽しめると言うのもどうも「眉唾」の言いぐさである。
なぜなら、液晶テレビのフルハイビジョンでYouTubeを見る場合、余程アクセスが少ない時間帯なら兎も角、まともに見られないのは当たり前だからである。
掲示板やブログに「最新のパソコンや光接続にしたらまともに見られました」と言うのも当然嘘である。なぜなら問題は、YouTubeのサーバーのアクセスの都合であるからである。
そういう風に見てくると、単にRockTubeを繋いで液晶テレビで見ると言うのが如何に現実的でないかと言う事がよく分かる。
まともに見るためには、以前のブログエントリーで紹介したとおりHDDを繋いでYouTubeをそのまま「キャッシュ」と言う名の取り込みをするしかない。
そして、動画を探す、検索をするのにもRockTubeは、入力だけでなく検索自体が非力である。
そう言う中々検索に掛からない「いらいら」を我慢して、動画を選ぶというのは昔の低性能のパソコンを操作する以上に「いらつく」ものなのである。
だから、パソコン上級者なら「こんなものは使っていられない」と言う事になる。
事実として、YouTubeをPCにそのままダウンロード出来るフリーソフトはいくらでもある。そう言うフリーソフトを使ってハイビジョンモニターのPCで見ればRockTubeなど全く必要がないというものなのである。

結論を言えば、「上級者向けPCパーツブランド」のRockTubeは、パソコン上級者には必要ない一方で、パソコン初心者には荷が重いだけでなくYouTubeそのものに興味がないと言うものなのである。
但し、何とか活用する方法として、パソコンから遠隔操作してパソコンでダウンロードせず、RockTubeでダウンロードして置くという使い方が選択出来る。
そして、それがパソコン上級者・パソコン中毒患者にとってはとしては唯一の使い方なのではないかと思う。
こんなことであるから、RockTubeに関してそれだけで「有用」とか書かれていることはほとんど眉唾であると考えて良いかも知れない。
たとえば「こんなことをしてます」というのは、事実としてはほとんど使っていないだろうと思われる節があると言うものなのである。
そして、何度も書く様にRockTube本体というのは汎用リモコンの文字を読み替えて操作するという煩雑な操作。(多数の使用者が指摘しているところ)
PC用USBキーボードを使い多少の操作性の向上は望めるとしても、やはり汎用キーボードである以上使い勝手が悪く限界があると言うことである。

再度 結論づけると

「上級者向けPCパーツブランド・挑戦者」RockTube は

上級者には使いにくく必要がない。(PC遠隔操作なら有用の時もある)
初級者には設定すら出来ず、使えない。
そして、パソコン中毒患者は液晶テレビでYouTubeは見ない。

こんなところであろう。

ioPLAZA【ロックチューブ】 ioPLAZA【B級ユーズド・アイテム】 ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

|

« NZ大地震で「九死に一生を得る」幸不幸の不思議さ | トップページ | 激安高性能Acer・Aspire Predator AG5900の問題点を探る »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほとんど使い物にならないRockTube(挑戦者)というゲテモノ:

« NZ大地震で「九死に一生を得る」幸不幸の不思議さ | トップページ | 激安高性能Acer・Aspire Predator AG5900の問題点を探る »