« 日米戦争に招いた「幣原喜重郎」とそのエリート意識 | トップページ | 世はどこもブルーレイ(BD)時代・Pioneer製BDR-206JBK »

2011年5月 3日 (火)

ブラウザFirefox 4.0.1の更新と乗り換えをしてみた

ブラウザFirefox 4.0.1の更新と乗り換えをしてみた

Firefoxの3.6を使っていて何気なくFirefoxを見たらFirefox 4が出ていた。

(Firefox 4 は前バージョンより 7 倍以上の高速化を実現。起動から、静的なページの読み込み、動的な Web アプリケーションの実行に至るまで、あらゆる動作が素早く快適になりました。)
Internet Explorer 9 も出でいるが、これはVista以降にのみ対応する。
Firefox3.6というのは、使っていて実に使いにくいブラウザであった。
特に3.5からの改悪と共に、3.5と3.6の差というものが余りはっきりしなかった。それどころか3.5で使えたプラグインが3.6で使えない物が多くて困ったものであった。
Windows7 32bitの場合、順調に使えていた3.5から3.6にアップして、なぜと言うくらいにハングアップしたり、再起動しないとカーソールも動かないほどになった。
WindowsXPの場合は、3.5から3.6への更新で更に酷く起動か遅く「固まる」、終了しないなどは当たり前で非常に重いブラウザーになった。
何かの設定でもあるのかと言えば見つからないので仕方なくSlepnirというIEの親戚のようなものを使っている。
但し、このSlepnirは、WindowsXPのノート型パソコンでは、突然落ちる(突然終了して、ブラウザの再起動も出来ない)ことが時々ある。
その上、妙なお助け右クリックメニューがあるのが邪魔である。
現状WindowsXPではInternet Explorer 8かSlepnir2.9.7を使うしかないのだが、Slepnir2.9.7を使う理由というのは、Internet Explorer 8、Fierfox3.6より速く、軽量、タブブラウザが使いやすいことからである。
このスピードの速さというのは、GoogleChromeがダントツで次にSlepnirだったのだが、今度のFirefox 4では、Slepnirと比べて見たところWindowsXPでもかなり速い。
動画編集が出来るくらいの高性能のPC・Windows7だと元々処理速度が速いのでほとんど分からないレベルになっている。
それが64bit版になると余計に速いので余計に分からないかも知れない。
さて、Windows7 32bit版でも不具合が大きかったFierfox3.6だったから、4.0に即刻バージョンアップしてみた。
ところがバージョンアップしてみて、使っているスキンによってVer4.0用に変更されるためにまったく操作が分からないということもあって、Windows7版では考え込んでしまった。
一方、WindowsXPに導入したFierfox4.0.1はまったくそういうことはない。但し、問題点は「IFRAME」が表示されないという不具合である。
これは、今解決しなければならないことで、「Why isn't iframe working in Firefox?」というヘルプで「なぁ~んだ」と言うことで解決した。
それは、「It's possible that you are having a problem with some Firefox add-on that is hindering your Firefox's normal behavior. Have you tried disabling all add-ons (just to check), to see if Firefox goes back to normal? 」と言うことで、不要なアドオンが入っていないかと言うことなのである。
そう言われれば、思い付くこともあって疑わしいアドオンを二つ削除した
そして、再起動して無事Fierfox4.0.1が使えるようになった。
尚、スピードに関しては、高性能のWindows7のPCでは分からないので、WindowsXPのノート型PCで試したところGoogleChromeと同じ程度の速度は出でいる。
従来のInternet Explorer 8やSlepnir2.9.7などはまったく問題にならない。
但し、Internet Explorer 9となるとどうなのか、Windows7で試してみる必要はあるかも知れない。
いずれにせよ、Internet Explorer 9はWindowsXPに対応しないのでFierfox4が最速というわけだ。

|

« 日米戦争に招いた「幣原喜重郎」とそのエリート意識 | トップページ | 世はどこもブルーレイ(BD)時代・Pioneer製BDR-206JBK »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラウザFirefox 4.0.1の更新と乗り換えをしてみた:

« 日米戦争に招いた「幣原喜重郎」とそのエリート意識 | トップページ | 世はどこもブルーレイ(BD)時代・Pioneer製BDR-206JBK »