« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

クロックス公式オンラインショップ バースデーセール

クロックス公式オンラインショップ バースデーセール

クロックスというのは値引きしない価格で有名だったはずなのだが‥‥
7月1日≪24時間限定 15%オフ≫バースデーセール開催と言う話が舞い込んできた。

●対象商品
  2011年新作モデル、定番サンダルなど、普段は定価販売のシューズ 
  ウィメンズ、メンズ、キッズ、全92スタイル!!
    ※2011年7月1日(金)0:00am ~12:59pmの
   ご注文分が対象となります。
  ※ジビッツチャーム・セール対象商品・アクセサリは対象外となります。

しかし調べてみるとsanta cruz hemp というのは、6月30日現在でも15%OFF。
これ「モーニングバード・放映後話題沸騰!クールビズスタイルの足元に」と言ってもモーニングバードも余りよく見ていないので分からない。
取りあえずの情報だが、サンタクルーズヘンプというは楽天などでは完売状態。
クロックス公式オンラインショップだけ残っているにような感じである。

「モーニングバード」放映後話題沸騰!クールビズスタイルの足元に♪
    サンタクルーズヘンプ    1色展開(サイズ25cm~29cm)
    バースデーセール価格 4,790円    通常販売価格 5,980円

【正規代理店限定モデル】CROCS最新作2011モデル★レビューを書くと送料無料!★【Crocs】【ク...
「モーニングバード」放映後話題沸騰の客室乗務員が開発に参加したパンプス
    オーキッド        1色展開(サイズ21cm~26cm)
    バースデーセール価格 6,790円    通常販売価格 7,980円

クロックスの定番サンダル
    クロックバンド 13色展開(サイズ22cm~29cm ユニセックスサイズ)
    バースデーセール価格 3,400円    通常販売価格 3,990円

人気No1 履くだけ美脚効果が期待できると話題沸騰
    クロックストーンスカイラーフラット 5色展開(サイズ20~25cm)
     バースデーセール価格 4,660円    通常販売価格 5,480

ポップな色とかわいいデザインが夏にぴったり♪
    カーリーフラット    6色展開(サイズ20cm~25cm)
    バースデーセール価格 4,660円    通常販売価格 5,480円
 
こんなので、以前調べてみた靴はどうなっているのか、しかし、送料が掛かりそうなのがちょっと問題か。

楽天は売り切れなので参考。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

さっぱり何を言っているのか分からない加藤陽子東京大教授の言論

さっぱり何を言っているのか分からない加藤陽子東京大教授の言論

多少古い話になるのだが、「毎日新聞 2011年6月12日 東京朝刊」に
「時代の風:原発事故、失敗生かすには=東京大教授・加藤陽子」というコラムがある。
この記事・コラムは、原発事故「検証委員会」の件についてであって、冒頭「委員長が畑村洋太郎氏だと聞いて、少しだけ明るい気分になった。」とある。
我々庶民から見れば、またも東大名誉教授という言わば政治とは関係ない学究の人たちばかり菅総理は選ぶのだなと思う。
ついでに言えば、またしても70歳の老人だ。
加藤教授から見れば、自分たちの「お仲間」が委員長だからある意味「ほっとする」というのは言われなくとも分かるものである。
そこで「お仲間」と言ってしまえばそこで終わりだから、「畑村氏は知る人ぞ知る『失敗学』の創始者」でと擁護する。
その擁護する前段で「(畑村洋太郎)氏が『原因究明を優先するため責任追及はしない』と語ったことで、早くも不安を抱いた方もいるかもしれない。」との話からである。

まあその「失敗学」を否定するものではないが、実際の話は失敗学とは全く関係ないところにあるのではないかと言うことである。
実は、この原発事故に関してはナポレオン三世の普仏戦争におけるナポレオン三世と、ナポレオン三世が捕虜になったあと、その皇后であるウジェニー皇后の戦争指導によく似ているのである。
要するに、原発事故の検討委員会というのは本来政治検証であると言うことなのである。
政治とその政策であるから失敗と共に責任という物がついて回る。
しかし、その責任追及というのは戦前のノモンハン事件以降、まともにやられてないというのは動かさざる事実である。

何度も書くように、あのバブル潰しによる経済衰退の検討だけでなく責任追及も当然されていない。分かりやすく言えば「みんなほおかむりして」しらばっくれてしまったのである。
なぜしらを切ったのかと言えば、NHKから経済評論家、経済紙、経済学者、日刊紙、官僚、政治家まで全て、バブル潰しを良しとした言論を流布したからである。
分かりやすく言えば、政治、経済の中枢がバブル潰しが日本にとって正しい選択である判断したからである。
我々から見ればそれこそ責任者出でこいなのだが、時の橋本蔵相は責任追及さえされずに総理になり、第2の消費税増税という失敗を繰り返す。
正に、昭和の陸海軍の生き残った将軍そのままの構造というのは、変わっていない。

丁度、今消費税増税とか復興増税とか散々推奨する日刊紙や政府の委員会など。
かれらはその通りに実行して、日本がそれこそ経済的廃墟になったとしても全く知らぬ存ぜぬで責任すら取らないと言うのは知れたことである。

こんな風に書いてくると、加藤教授が延々と畑村洋太郎東大名誉教授の「失敗学」を説明しても無意味であると言う事がよく分かる。
そういう観点から言うと、
そこには人間の関与と、入力と出力をつなぐ仕組みやカラクリがあったはずなのだ。要因と結果をつなぐカラクリ。それを浮かび上がらせる失敗学は、タフで優れた手法だといえるだろう。」というのは、今追及されている原発事故とは直接関係ないことが分かる。

なぜなら、一番の問題点として原発事故に関して政治が絡み、そしてそもそもその原因が「核アレルギー」から来た安全神話を崩さないための不用心にあることである。
そして安全に原発を運用しようとしたら、より安全を強固にしなければならない。しかし、安全を強固にする工事をすれば「安全神話」が崩れるというジレンマが生じるというものである。
少なくともあの福井県知事の原発再開を認めないと言う態度を見ても「核アレルギー」が如何に強いのか明白である。
そして「原発事故は起こらない」ということを主張すれば起こらないと思い込む一種の狂信的考え方と言うものにも警告をしなければならないはずだ。

ところがこの加藤教授は「原因究明の前には責任追及も後回しにされるゆえんを説明してきた。それは、最も有効に知識化しうるよう情報を取り出すためだった。」と書くのだが、どうも視点がずれている。
それは、原発事故に対する純粋な作業にのみ係わる事ならばその通りだろうが、実際そんなことは追及されていない。
現場は、出てきた状況に対するモグラ叩き、トライアンドエラー(試行錯誤)で延々と作業をしているだけである。
そして最後に「主観的な情報こそが、実のところ将来起こりうる事故や失敗を未然に防ぐワクチンとなりうる。失敗学の勘所は、実のところ歴史学のめざすところと同じだ。」と言い放つのだが「嘘つくな」である。
なぜなら、加藤先生が延々と実際の現場とは関係のない失敗学を述べているのは単に菅総理の擁護論でしかない。
そして、「歴史学」の失敗は政治による失敗で有り、責任追及をされない限りその失敗というのは明らかにされないというのは文字通り歴史が証明している。

前出のナポレオン3世とウジェニー皇后はイギリスに亡命し、3世は二年後に死去。
英国の士官学校にいたその息子ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト(ナポレオン4世)は、ウジェニー皇后の反対を押し切ってアフリカの植民地に渡り、簡単なパトロールで現地人に殺された。
要するに、ナポレオン3世一族は歴史によって、十分責任をとらされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

ウッドコーンスピーカー・ビクターEX-BR3とバナナプラグ

ウッドコーンスピーカー・ビクターEX-BR3とバナナプラグ

ビクターEX-BR3のセットのウッドコーンスピーカーというのは、一般の紙で出来たスピーカーに比べてエージングがかなり長引き、音の変化が激しいことは以前のエントリーで述べた。

その1・ACの不買運動に反発して経済復興・ビクターEX-BR3を買う
ウッドコーンスピーカー・ビクターEX-BR3を聴く
ビクターEX-BR3ウッドコーンのエージング10日
動画で見る 大井美津江展 その他SPエージング経過

その音の変化というものも2ヶ月も経てばその後の変化などあまりないから、あとはスピーカーケーブルを取り替えてみるかというくらいしかない。

1308413448

1302194283

只、Kenwood・Kseries・LS-K711の時のように音質に我慢出来なくて、BELDEN 8470やモンスターケーブルに取り替えたら、よりマシな音になるのか‥‥ということも余り考える事もない。
しかし、これは興味があることなのだが他のセットのBELDEN 8470スピーカーケーブルを外して、EX-BR3付け替え元に戻すと言うのは結構厄介なのである。
そうであるから、その前段階として全ての端子をバナナプラグに交換して付け替えを簡単にできるようにしようと考え少しずつバナナプラグを買ってみている。
このバナナプラグというのはケーブル1本だと4個必要で、1セットであると8個必要である。
だから、4種類のケーブルを試すとなると32個。
アンプ側だけ付けるとしても16個必要になる。このバナナプラグと言うのもピンからきりまであって、プロ(?)オーディオになるとどんなものになるのかは良く分からない。
~と言うものの、取りあえず取り付けてみた。

1308413439

1308413443

取り合えずの問題点は、EX-BR3などの高級機でないアンプ部スピーカー端子(スズメッキ仕上げ)というのは、赤と黒のプラスチックで出来ている。
ここにSPケーブル(BR3の場合、18番線)を接続するのだが、この「赤と黒のプラスチック」の端子が単に巻き付けるだけの場合があって結構使いにくい。
もう少し上級だと、スピーカー出力端子が透明にプラになって、端子に穴があいていて、そこに刺すだけで済む。
Kenwood・Kseries・LS-K711は全てそうなのだが、ビクターはそうではない。
それはバナナプラグを刺すしかないという解決策になる。
それで、種々考えてみたところ「スピーカーのセッティングが手軽に行なえる。サイド接続タイプ:ネジ締め方式のバナナプラグ」と言う方法があった。
これならアンプ側にこのバナナプラグを設置さえすれば、ある程度のセットで済む。
こんなことを気がついたのが、買ってからである。

1308413452

1302194305

いずれにせよEX-BR3にリア接続タイプ:ネジ締め方式のバナナプラグを取り付けて見た。
普通バナナプラグに取り替えて音は変わらないはずなのだが、音量が違った。
前の取付方が良くなかったのかなと思える新発見だった。
1308413455 1277056613_2 1308444393

いずれにせよ、赤と黒のプラで出来たスピーカー端子というのは要注意なのではないかと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

第64回書道芸術院展表彰式ダイジェスト

第64回書道芸術院展表彰式ダイジェスト

平成23年2月に行われた第64回書道芸術院・中央展。この中央展に付随して表彰式、祝賀会が2月5日に行われた。
今年は、東日本大震災で仙台の東北展が中止になり、結果陳列されない作品などが多く出ている。それで少なくとも、表彰式の一部でも公開してその雰囲気を味わって貰えればと思っている。
尚、表彰式中の尾形先生は仙台在住である。
書道展というのも千差万別で、国立新美術館で展覧会が行われるという書展もあった。しかし、その表彰式となると帝国ホテルで大々的に行う表彰式というのは圧巻である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

パソコンの節電対策・ワットメーター付き電源タップで節電

パソコンの節電対策・ワットメーター付き電源タップで節電

今回「ワットメーター付き電源タップ icon」という「サンワダイレクト icon」の製品を買ってみた。これは、パソコンはどれだけ電気を食っているのかと言うことを確かめたかったからでもあり、ある意味節電をも狙ったと言うところである。
そのパソコンがどのくらい電気を使っているのかと言うのを重視すると言うのは、過去にタワー型デスクトップパソコンが「たこ足配線電源タップ」で起動しなかったと言う経験があるからでもある。
電源というのは、普通最大15Aのコンセントから電源ケーブルを引いてきてパソコンに繋ぐ。
そこで「たこ足配線」でなくとも7個口の電源タップとして、そこにめいっぱい周辺器機を繋ぐとパソコンを起動させたときに電圧降下で起動しないと言うことがある。
ここでどのくらいの電源余裕が必要なのかと言うことも興味があることである。

実際は、15Aのコンセントグループというのがあって、そこで他の電気器機が使われていれば全体に繋げるのは制限を受けることになるだけでなく電圧降下の原因にもなる。
それで、コンセントからデスクトップパソコン一台に対して一つの「電源タップ」を使うと言うのが無難というものである。
そんなことはともかくも、「ワットメーター付き電源タップ」を使って見た。

その状況は動画を見て貰えれば明らかだか、500W(ピーク560W・560W電源と言うこともある。)のPC電源を使ってデスクトップパソコン(Win7・32Bit)を起動、そしてシャットダウンまでを撮影している。
ここでWin7・32Bitパソコンなので、64bitPCに比べ起動、シャットダウンともに若干遅いのはご容赦願いたい。
言葉で言うと

約8Wというのは電源の待機電力で、これは外付けHDDドライブを常時起動しているのと同じである。

これは、今回初めて分かった結果。
それから起動の最盛期は約130W弱まで上昇し、起動し終わると約87~107W位になる。その起動後の電力の差というのはPC上で動いているアプリのための差である。
実際、瞬間的に125W位にもなるがこんなものは大した影響は出ない。
ここで、パソコンが起動するときに約130Wの電力が供給出来ないと起動しないと言う事になる。
いずれにせよ、ディスプレーや周辺器機は別としてパソコンのみでも100Wの白熱電球程度の電力を喰うからつけっぱなしというのは甚だ節電にはならない。

ほんと、これからは頻繁に電源を切ろうと言う気になる。(スリープは不可)
そして、たまにある事務所に出かけるとパソコンは切れているのだが、電源は入ったままと言うのがある。モニターは入力がないから真っ黒でも、電源の待機電力やモニターの待機電力など結構バカにならない。

実際細かい電力を測るのには、ワットモニター(検電器) iconとか、ワットチェッカーPlus(検電器) iconとかOEM品をサンワサプライで出している。
但し、この機器は結構高価である。
そして、一回使って測定すれば、取り外して戸棚の奥にしまってしまう気がする。

一方、「ワットメーター付き電源タップ」というのは、精度的にはある程度アバウトのところがあるとはいうものの少し良い電源タップの2倍位で収まるというのが買いやすい。
icon icon
計画停電対策に!使用電力が一目で分かる
ワットメーターで節電&節約!【WEB限定商品】
icon
販売価格¥2,980(税込) 送料無料

実はこの「ワットメーター付き電源タップ」というのはどこかのOEM品であることは間違いないのだが、取りあえずは「サンワダイレクト(サンワサプライ直営ショップ)」と「サンワダイレクト楽天店」とがある。
共に10%ポイント又は、10%楽天ポイントというセールがあり、2000円以上で送料無料なのだが、実は「サンワダイレクト」直営店の方がダントツに安いことが多い。

ここで例を出してみると、余り使わないかもしれないプリンター「詰め替えインク」。

【プリンタインクセール】詰め替えインク BCI-9・7eシリーズ用4色セット 各約4回分(各30ml) icon

「サンワダイレクト」直営店
品番 INK-C79S30S4  セール価格¥1,782(税込) icon
特別ポイント:     356ポイント(20%還元)

「サンワダイレクト」楽天店
商品番号  INK-C79S30S4  販売価格1,980円 (税込) 送料別
全品ポイント10倍!

こんな風にいろいろ探してみると直営店方が驚くほど安いことが多い。
(但し、2011/06/09現在週末特価)
これなら、楽天店を使う意味が薄れるというのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

新井祥碩、新井三喜親子展の動画配信

新井祥碩、新井三喜親子展の動画配信

今年の梅雨は早々と始まったために、随分長い梅雨になるかと思ったら何か空梅雨気味の気がする。空梅雨であると、梅雨明けがはっきりしなかったりして季節の区切りという物が判らない。
その昔は、こんな空梅雨気味が8月まで続いてその後の台風で一挙に秋が来てしまったという時もあった。ここのところ世の中が不安定で増税議論ばかりするのだが、富というものは少しも地方に廻ってこない。これで増税されたらそれこそみんな何も買わなくなって日本もこれで終わりだろうと思ったりもする。
なぜなら、この大震災の影響で計画停電があり今まで過度の電気を使っていたと言う事が分かった気がするからである。但し、電気が余っている夜中に電気を消しても東電の収入が減るだけで、かえって復興には良くないと言うことは余り言う人はいない。
明るすぎる道というのも考えものだが、真っ暗な道というのも余り感心しない。
いずれにせよ、家電、電化製品やカメラなどの性能は既にある水準に達した。それはどう言う事かというと、今新しく新製品を買わなくても数年は我慢出来ると言うことである。少なくとも、消費税増税の直前の駆け込み需要で高性能のものを買ってしまえば以後買う必要はなくなるかもしれないと言うことである。
結果の平等を重視して、税を掛ければ税収が上がると勘違いしている経済音痴の人たち。彼らに共通するのは、バブル潰しを良しとした感覚でしかない。そのバブルが良くないから潰すという感覚と財政均衡主義とは同じ穴の狢である。
中国がバブル潰しをせずにバブルを潰さないよう努力するというのは、中国人というのが元々資本主義的感覚を持っている証拠である。
日本人と同じ感覚であったとしたら長谷川慶太郎氏の言うとおり、とっくの昔に中国バブルは崩壊して日本と同じデフレ経済になっていた。
以前から主張している「良い子ブリッ子」が日本を潰すというのは、非現実的な理想経済に日本経済を合わせるという馬鹿げたことである。
そして、現在の原発アレルギーの爆発というのは、菅総理というのは元々理詰めの理系頭は持ち合わせていないと言うことを暴露したと共に、マスコミの左傾化というものをより鮮明にした感がある。

そんなことは兎も角、新井祥碩、新井三喜親子展の動画を配信した。
休日高速道路代1,500円その他を負担出来ない人、行く時間がない人は、この動画を見て行った気分になってはどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

新井祥碩・新井三喜・親子展 をみる

01_1307299174

6月3日から12日まで安中市の妙義山美術館で親子展が行われている

新井祥碩先生の息子さんが漫画家とは知らなかったものの、案内状をいただいたので行ってみると中々面白いものである。
祥碩先生の作品は、大方こんなものと予測がつくものの漫画の方は中々よく分からなかった。

02_1307299211

ここでは、漫画の原画が飾られていて本来写真を撮っては良くないものの、祥碩先生と懇意なために撮らせていただいた。
実際、「東北の被災地応援イラスト用」という「肉まん」などはWebサイトに掲載されている。

03_1307299179

どちらかというと、萌え系の漫画というのも書展と一緒にすると妙なものであった。

05_1307299198

04_1307299184

それにしてもこういう「絵」というのはある程度若くないとやる気にならないと言う気がする。
その昔毎週先生のところに通って、花のスケッチをしていたことがあった。
花のスケッチも約2時間のうちに描き上げるということをしていたから、かなりの集中力が必要だった。
その後、先生が亡くなってしまったために絵を描くのを止め、たまに昔のように絵を描こうと思ったら集中力が続かなかった。
やはり年を取れば取れほど、集中力が落ちるというのは困りものである。

06_1307299189


07_1307299205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

近年のデジタルカメラ動向に関しての一考

近年のデジタルカメラ動向に関しての一考

ここのところ毎日デジタルカメラの値段を調査していると、中々値段が下がらない様に感じる。正確には毎週少し高めの値段がついて、週末になるか週の半ばで一旦値段が下がったところで売れる。
毎週そういう繰り返しでと言うものだが、ここで東日本大震災が大きく影響している。それはデジタルカメラでも高性能の部類に入る新製品というのは大方、日本製で東北地方の工場の稼働率が影響している。これが初期の不具合などが解消されて量産体制になると海外工場へ移されたりするのだがそこまで行っていない。
逆に言えば、初めから海外生産で部品も確保出来ているカメラは商品が豊富だから値下がり率は早いようなのである。
それにしても平成15年にKonica Revio KD-510Zを買ったときは59,800円もしたし、製品末期の平成16年9月の買ったPentax *istDボディは105,000円。
そんなことから考えれば、高性能デジカメが2-3万円以下で買えるというのは脅威である。
但し問題なのは、こんな風に安いから今まで購入して3-4年経ってから新型カメラを買うと言うのではなく、毎年カメラを買ってしまうことである。
それは、ドッグイヤーの如きの早さで進歩するデジカメであるために、買いますごとに性能があがり圧倒的に使いやすいからである。
それでもここに来て、静止画という部分ではある程度行き着いてきた感がある。
デジ一眼では、PentaxK20Dが出た頃からだから2008年くらいからである。
どういう事かというと、Pentax*istDの初期型は写真を撮っても真っ暗に写りそのままでは写真にならなかったと言うことである。
この真っ暗に写った映像をデジカメソフトで明るく修正して印刷する。それでそういう印刷ソフトが数多く発売されていた。
要は、CCDの性能が悪くて白飛びし易く、まともな写真が撮れなかったという理由である。
デジタルカメラの初期は補色フィルターの頃があり、まともな色さえ出せなかった時もあった。
それが2008年前後を境にして、高性能のCMOSやCCDが開発されて明るく今のようなカメラに近づいたと言うものである。
暗所性能では現在では銀塩カメラを遙かに凌駕して、コンパクトカメラでもISO3200が使えるようになった。
コンパクトカメラでもISO800が使えるようになってきたのが2008年発売のFuji FinePix F100fd だが、多少薄暗く写るというのはまだ従来のカメラの傾向を出でいない。
2009年のFinePix F200fdに至っては未だに現役として実用になるものの、今のカメラのように見たまま明るく写るところまで行っていない。

1300574951


そんなわけで、今ほとんどのWebで使われる写真はRICOH CX4で撮っている。
このCX4の特徴というのは、マクロ(1cm)に強く物取りに適することと、露出補正がし易く多少暗くてもノンストロボで撮れることである。
そして、Webフラウジングして、コンパクトカメラの個人的レビューを見ることがある。デジ一眼レフだと、レビューを見るまでも無く間違いなく良く撮れているから見ても仕方がないと言う部分が多いし、その操作性というものはカメラ屋で何となく分かってしまうと言うところがある。
実際は、それ以前にどのメーカーのレンズを持っているかによって、買う買わないという選択枝が出来てしまうこともある。
それでサイクルの早いコンパクトカメラばかりのレビューを見るのだが、良く分からないものが不思議と多い。
なぜなら、撮影例として提示されている写真のExif情報が削除されているものが多いからである。このExif情報がないと、間違いなくレビューのカメラで撮影したことが証明出来ないだけでなくその撮影条件も判らない。
そしてそれ以前に、撮影者がExif情報が消えてしまう程度のレベルの低いソフトしか使っていないということも良く分かるからである。
そういう人物のレビューがどれだけ信用出来るのか、と言うのは別問題としても読んでみれば核心を突かない記事であることはほぼ間違いない。
但し、GPS情報をExifに書き込むカメラの場合、小生なども敢えて消すということもある。
実際は、そんな写真はカメラレビューに使わないか、GPS情報が判っても支障がない写真を使うと言うのが良いのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »