« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

激安情報と半期決算のBTOパソコンメーカー

☆古い過去記事なので参考です。

リンクは切れている場合があります。

●この9月のシルバーウィークの最終日までに種々の激安情報があったりして、今まで手に入らなかったような商品が安く買えるというようなことがあった。
このブログでは、種々のメルマガやら各種の情報を集めてなるべく安い物が買えるような紹介をしている。しかもそれは自分としては、既に他のものを高値で買ってしまって悔し紛れに書いていたりといろいろな場合がある。
誰とてもそうであるが、欲しいものだからと何でも買うわけにも行かないし、興味本位で取りあえず買って見るということも出来ない。
買うものは長年思っていて買うチャンスを狙っていたものや毎年更新するパソコンソフト。そしてどうしても必要なものなどである。

●長年買えなかった商品というのは、GRD IV発表の約一ヶ月前にRICHO GRD IIIの大在庫処分がデジカメオンラインであって、発売当初の半値以下で買った人も多かった。小生もその1人。
同じくデジカメでは、パナソニックLUMIX DMC-LX5-K DMW-VF1付をマップカメラで限定で売っていて、本店、楽天店合計約100点(???)。

限定20台で再開。
<>※Panasonic LX5-k 外部光学ファインダー DMW-VF1付【送料無料!・代引き手数料無料!】《新品》

●パソコンのBTOでは、ドスパラでメモリー倍増セールが25日で終了。
の場合---標準構成価格:¥92,980(税込)
ツクモは元々BTOでは大したセールはやっていない。
G-GEAR GA7J-C35/ZS----標準構成価格¥92,980(税込)---4,000円安くなった。

マウスコンピューターNEXTGEAR-MICRO ・ インテル H61 チップセット搭載モデル iconは何時も安売りなので、種々の割引きセールはあったものの売れ筋のPCでは、CPUの水冷クーラーを激安で提供しているくらい。
何とかセール継続しているのがパソコン工房とツートップ。

●パソコン工房では、Amphis BTO GS7020iCi7G iconはそのままで5,000円引きから10,000円引きへ拡大。
これなら上位のAmphis BTO GS7020iCi7G TYPE-SRX iconまで狙える。10,000円の差でGeForce GTX 570 1280MBが付いてくる。(BTOだと差額20,000円)
但し、高性能パソコンになれば精神安定剤として「静音CPUクーラー」くらいはつけておいた方が良い。(静音CPUクーラー [ +5,980円 ])
こんなことも10月になればどうなるか分からないが、8月中旬の盆明けから今まででPC部品の価格はほとんど変わっていない。

Adobe Photoshop Elements & Premiere Elements 10
日本語版 乗換え・アップグレード版 Windows/Macintosh版
2011/09/28最安値 更新 Amazon
Adobe Photoshop Elements & Premiere Elements 10 日本語版 乗換え・アップグレード版

購入したソフトウェアは何台までのコンピュータにインストールできますか
「1つの製品につき、2台のコンピュータでのインストール(ライセンス認証)を完了できる仕様になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WESTERN DIGITAL WD Elements デスクトップ WDBAAU0020HBKを買った

01_1317124312

●WESTERN DIGITAL WD Elementsの2TB。Amazonで買うと不思議と翌日から値が下がると言うジンクスの通り製品が届いた時には100円近く値下がりしていた。
そんなことは仕方が無いものだが、AmazonではHDDは必ずクロネコで送ってくる。Amazonの箱から出すと小さな、そしてペナペナな箱が出てきた。
Western Digital WD Elements Desktop 2TB USB2.0対応 外付けハードディスク WDBAAU0020HBK

IOプラザでHDDを買うと、HDDの箱に送り状をベッタリと貼り付けて佐川急便で送っている神経とはだいぶ違う。もっとも、WDの箱で送るとなると余程プチプチで巻かないと怖くて遅れない感じはある。
中身は簡単シンプルで、IOデーターやBuffaloのように詳細な説明書があるわけでもなく、当然専用のソフトがついていると言うわけでもない。

02_1317120570

単にUSBケーブルを繋いで認識させるだけというもの。HDDはNTFSでフォーマット済み。(最近は、IOデーターやBuffaloも同じ)

03_1317120575

●取りあえず最新の自作機(Windows7 Pro SP1 64bit)に繋いでみると、ボコという音と共にコントローラーは認識したが、白色LEDは点滅せず。HDDとしては認識されていない
HDDを持ってみると動いていない。

04_1317120586

それではとAcerAspire M5802 ASM5802-A48(Windows7 HP SP1 64bit)に繋いでみても全く同じ反応。
そこでWin7Hm・32bitの古いパソコンに繋いでみると、ブルブルという振動があってHDDが起動した。

05_1317120590

●この後は、GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3のマザーボードでも、AcerAspire M5802でも問題無く繋がってめでたしめでたしである。しかもなぜか認識も早い???

06_1317124290

そこで転送スピードをCrystalDiscMarkで測ってみた。
USB2.0の端子に繋ぐと一般的な数値。

07_1317124301

そこでUSB3.0の端子に繋いでみると取りあえずのマッハUSB、TurboUSB並の数値が出た。

08_1317124296

このWESTERN DIGITAL WD ElementsにはIOデーターやBuffaloなどと違い何のソフトもついてこないから、USB3.0の端子につけて高速化しないと単なる普通の外付けHDDと言うことになる。
特にパソコンに繋ぐときは注意が必要である。

09_1317120580
Western Digital WD Elements Desktop 2TB USB2.0対応 外付けハードディスク


●放熱は密閉式だから、半日で45℃まで上昇して密閉式のHDDとしてはますまずかもしれない。
IO DATA HDJ-UT1.5などの多少価格が高いものは、空冷ファンが着装されているので42℃までしか上昇しない。
いずれにせよ長時間の接続には従来通りの注意が必要だろう。

ちなみに、空気循環、放熱が良いPCケースに中のHDDは、31-2℃程度というものが多い。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

WESTERN DIGITAL WD Elements デスクトップ WDBAAU0020HBKを買った

●WESTERN DIGITAL WD Elementsの2TB。Amazonで買うと不思議と翌日から値が下がると言うジンクスの通り製品が届いた時には100円近く値下がりしていた。
そんなことは仕方が無いものだが、AmazonではHDDは必ずクロネコで送ってくる。Amazonの箱から出すと小さな、そしてペナペナな箱が出てきた。
Western Digital WD Elements Desktop 2TB USB2.0対応 外付けハードディスク WDBAAU0020HBK

IOプラザでHDDを買うと、HDDの箱に送り状をベッタリと貼り付けて佐川急便で送っている神経とはだいぶ違う。もっとも、WDの箱で送るとなると余程プチプチで巻かないと怖くて遅れない感じはある。
中身は簡単シンプルで、IOデーターやBuffaloのように詳細な説明書があるわけでもなく、当然専用のソフトがついていると言うわけでもない。

単にUSBケーブルを繋いで認識させるだけというもの。HDDはNTFSでフォーマット済み。(最近は、IOデーターやBuffaloも同じ)

●取りあえず最新の自作機(Windows7 Pro SP1 64bit)に繋いでみると、ボコという音と共にコントローラーは認識したが、白色LEDは点滅せず。HDDとしては認識されていない
HDDを持ってみると動いていない。

それではとAcerAspire M5802 ASM5802-A48(Windows7 HP SP1 64bit)に繋いでみても全く同じ反応。
そこでWin7Hm・32bitの古いパソコンに繋いでみると、ブルブルという振動があってHDDが起動した。

●この後は、GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3のマザーボードでも、AcerAspire M5802でも問題無く繋がってめでたしめでたしである。しかもなぜか認識も早い???

そこで転送スピードをCrystalDiscMarkで測ってみた。
USB2.0の端子に繋ぐと一般的な数値。

そこでUSB3.0の端子に繋いでみると取りあえずのマッハUSB、TurboUSB並の数値が出た。

このWESTERN DIGITAL WD ElementsにはIOデーターやBuffaloなどと違い何のソフトもついてこないから、USB3.0の端子につけて高速化しないと単なる普通の外付けHDDと言うことになる。
特にパソコンに繋ぐときは注意が必要である。


Western Digital WD Elements Desktop 2TB USB2.0対応 外付けハードディスク

●放熱は密閉式だから、半日で45℃まで上昇して密閉式のHDDとしてはますまずかもしれない。
IO DATA HDJ-UT1.5などの多少価格が高いものは、空冷ファンが着装されているので42℃までしか上昇しない。
いずれにせよ長時間の接続には従来通りの注意が必要だろう。

ちなみに、空気循環、放熱が良いPCケースに中のHDDは、31-2℃程度というものが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

IO DATA HDJ-UT1.5 USB3.0が全部故障で買ってしまったWD2TB

ここのところブログ更新の質が落ちている。 秋の書道シーズンに入ってきて群馬県展の作品作りなどにも時間を割くというと言うこともある。しかし、それは作品を作ってしまえば表具屋に持って行くだけであとは展覧会を待つのみ。
今年は、パソコンを新調したり、多少古いパソコンを更新したりしている途上で古いデジカメデーターを再びパソコンのHDDに取り込む作業も始めた。
そんな過程でOLYMPUS CAMEDIA C-3040(300万画素)という初期のデジカメに入っていた過去の作品の展覧会写真が気になった。
10年近く前はこんな作品を書いていたのかと初心に戻る作業の一つが県展作品となった気がする。(後日ヒマがあれば解説と公開)

I-O DATA USB3.0/2.0対応 外付型ハードディスク 1.5TB HDJ-UT1.5

こんなことは実際いつでも良い事で、さしあたって忙しく仕事をしなければならないと言うことではない。
●問題は、使い始めて約8ヶ月のIO DATAの外付けハードディスクHDJ-UT1.5の健康状態に「黄色信号・(代替処理済のセクタ数)Crystal Disk info」が付いたことである。
中身はSeagateの1.5GBであるものの近年Crystal Disk infoでエラーが出るということはない。「代替処理済のセクタ数」のエラーとは「読み書きが不能で代替セクタに置換されたセクタ」ということで、HDDが何かの影響で壊れかけていると言うことである。
これが使用時間50時間に満たないHDDであれば不良品であるだろう。

●そこで、同時期に買っておいた同じIO DATA HDJ-UT1.5にデーターを移すことにした。これは互いにUSB3.0であるので、内蔵でHDDからHDDに移すような具合で転送出来るはずで快適に転送。Crystal Disk infoでHDDの温度を確かめながらと言うものの、HDJ-UTは空冷ファンが付いているから42℃程度にしか温度は上昇しない。
これは何日も掛かって断続的に転送して450GB転送したところで、新しく繋いだばかりのハードディスクのUSB3.0が故障。転送速度4.5KB/Sというスピードで当然PCは処理出来ず止まった状態になる。ACER(Windows7 HP SP1 64bit)+USB3-PEX2でも同じ。
このHDJ-UTはUSB2.0でも使えるので、手元にあったバッファローの1TBのUSB2.0のHDDに転送。
これも何日もかかったのだが元の外付けハードディスクHDJ-UT1.5のデーターが残っている。容量を見れば全部を移し替えることは不可。

アイ・オー・データ機器USB2.0/1.1対応 外付型ハイセキュリティハードディスク 1.5TB HDJ-HSU1.5


●それでというかもう一つ同時期(2010年12月のクリスマス)に買っておいたIO DATA HDJ-HSU1.5という「USB2.0/1.1対応 セキュリティハードディスク」を接続。
ところが「セキュリティTOOL」がハングアップして1台目のPC(Windows7 pro SP1 64bit)では、HDDが起動できず。それでACER(Windows7 HP SP1 64bit)に繋ぐと「セキュリティTOOL」が起動するものの終了できずHDDにアクセス出来ない
使い始めて何も設定していないのに使えないと言うのは、3年保証というもののクソ外付けハードディスクであった。

●そんなわけで、買っておいたHDD三台が全て使用不可になったため、急遽外付けHDDを買う羽目になった。
それでも、多少残っているバッファローの1TBのHDDにHDJ-UT1.5からUSB3.0で転送しようと思って繋げたら転送できず。
HDJ-UT1.5は、二台とも同じようにUSB3.0が使えなくなった。
それで、新しいHDDが来たらデーターを移し替えて、三台ともにIOの修理を出すことにする。ところが、送料はユーサー持ちだから結構高い買い物になってしまった感がある。

こんな感じでは、今後IOのHDDは怖くて買えないのではと言う気がするものの、特殊な用途出なければ今まで問題が出たことはなかった。

●それでAmazonで購入したのが「Western Digital WD Elements Desktop 2TB USB2.0対応 外付けハードディスク WDBAAU0020HBK 」。

これは、ロジテックのLHD-EN2000U2W   4992072026575 WEB限定USB 2.0外付型HD   2TB 「GreenPower」  (当然外装は違っている)によく似た製品で、同じようなWD GreenPowerを使っている。

楽天ロジテックのシークレットセールで7,680円位???だっが

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

(社)群馬県書道協会研修会 源川彦峰先生の講演を聴いて(再)

(社)群馬県書道協会研修会 源川彦峰先生の講演を聴いて

平成23年9月11日前橋商工会議所において、二松学舎大学教授・源川彦峰先生の講演が行われた。演題は「詞、書、画、印、表具の新しい提案」
この演目を見て講演の前は何を講演するのかと漠然な思いもあって参加した。
尚、この感想は、源川彦峰先生が話さなかったことも書いてある。

参加者は、前掲のように主催者側発表で200人超であった。
この講演の冒頭は、高崎市(旧吉井町)のある多胡碑に言及して、多胡という地名が万葉集に二首出でいることを示した。

我が恋は まさかもかなし 草枕 多胡の入野の 奥もかなしも
                         東歌・上野国歌(巻14・3403)
     (私の恋は今もかなしい 草を枕の 多胡の入野の行く末もかなしい)

多胡の嶺に寄せ綱延へて寄すれどもあにくやしづしその顔よきに
                             東歌・上野国歌(巻14・3411)
ここのところまでは、多胡碑記念館の学芸員の研究者も知っていたと言うのだが、先生はこのほかに多胡に関してもう一首あると新たなる歌を示した。

鈴が音の早馬駅家の堤井の水を給へな妹が直手よ
                             東歌・上野国歌(巻14・3439)

この辺のことは、多胡碑記念館に行って「羊」に関するパンフを見た事があったと記憶するものの興味がなかったのか全く覚えていない。
ここで源川彦峰先生が万葉集の説明で駅制について多少触れたので、説明してみる。
詳細その他の考察は、「多胡碑の推論2」に書く予定であるのでそちらに譲る。

この当時、大宝元年(701)の大宝律令によって駅制が引かれ、馬による情報伝達兼軍事道路というのが整備された。多胡碑に関わるものとしては「東山道駅路」である。
この駅路というのには、約30里・16キロごとに駅という中継所が設けられている。東山道駅路の多胡郡周辺では、「坂本駅」、「野後駅」、「群馬駅」、「佐位駅」、「新田駅」と言うように群馬県を縦断するような駅が設けられていた。

ここで「鈴が音」(馬駅の鈴)に関しては源川先生が「駅鈴」の現物と思われるもの見せてくれてなるほどと思わせるものがあった。又、先生は、「馬に乗れるのは国司だけ」と言われた。
そして、「羊」(多胡碑を作らせた主)は一日で京都まで往復したと述べられた。
実際、この歌の馬の乗り手が「羊」であるかどうかは分からないが、何やら「羊」である様な感じがする。

歌の内容は、よく知られているように
「鈴の音が高らかに響く(官)馬に乗って、駅につくと綺麗なお姉さんがいたので、水を手ずから頂けませんか」と言うような意味。
馬の主は、高貴な貴族かお役人なので、何やら後年の太閤秀吉と石田三成の出会いの逸話に似ていなくもない。(筆者解説)

こんなふうな前段で源川彦峰先生の講演は進んでゆくものの、種々「目から鱗」とは先生は言わず「目からコンタクト」と言っても「シジ・ババ」が聴衆なので誰も笑わずという具合と思えば会場の雰囲気は良く分かると言うものである。

先生の講演では、「現代の作品に思う」と言う項目を一番に書かれている。
現代の書芸術は単なるカーボンコピーの展覧会となり果て、平成時代の現代から遊離していると主張する。
以後、伝統書を継承する人たち、又師匠の書のみしか見ない書家たちなどには耳の痛い話ばかり続き、最後に源川彦峰先生自身の作品解説とその意図。

そして、最後にYouTube動画のような席上揮毫。
このうち3点は、講習会資料の番号による抽選が行われた。

多摩大学情報社会学研究所所長・公文俊平先生は、書道の伝統書というのは「過去準拠型の中国宗教文明」であると言い切ってしまっている。

この講演において、非漢字圏での展覧会でのこと。
「書道展の作品をそのままに海外に持ち出して、そこに狩り出された外交官の奥様方に『ワンダフル』と評価されたと言うお話」
この「ワンダフル」とは、「わかりません」というのが本当であるという。
「Happiness」とか「lovely」とか‥というのが本当の評だそうである。
常識的には、ここで「大笑い」と言うのが話の筋だが、誰も反応せずというものであった。
>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

CPUクーラー サイズTRINITY を買った その2--2011年自作PC

1316203691

サイズから発売されているCPUクーラートリニティ。これは「THERMOLABブランドのサイドフロー型CPUクーラー」である。

こういうCPUクーラーの取付は、マザーボードを取り外してもう一度パソコンを組み直すと言うのが基本である。

1316202099_2

使っているケースは、COOLER MASTER HAF 912 Advancedといういろいろなところで見かける人気商品である。
この使い勝手の良いケースの場合、取り付けるマザーボードのCPUあたりが大きくくり貫かれている。それで、ケースに入れたままCPUクーラーの交換が出来そうに見える。しかし、バックプレートの端が引っかかって写真通り取り付けることが出来ない。

1316202074

ここで上手くバックプレートを差し込めたとしても、今度はケース内が狭くて手回しネジだと手が入らない。

1316202084

TRINITYというCPUクーラーが偏心している様子

サイズTRINITYというCPUクーラーは、多少小ぶりになっているものの重さは735グラム(カタログ数値)(中型CPUクーラーとしては一般的)もある。それで組み込み後は周辺部で細かい作業をすると言うのは手に負えない。

1316203699

そんな関係で、マザーボードを外して一から始めるということをする。
このCPUクーラートリニティの取付では、本体側にSMARTクリップを4本取り付ける方法とメモリーと反対側の2つ分をEasyクリップ(LGA1155、1156)に代用してしまう方法がある。
実際に予備的に組んでみたところ、SMARTクリップを4本にしてみると中々ネジと穴が上手く合わない。
一方、Easyクリップを利用すると1回ですんなり入る。

1316202069

それで今回はEasyクリップを利用して、メモリーの反対側のヒートシンク取付ネジに引っかけるようにして装着した。
この場合、Easyクリップの方はクリップの突起がない分なのか、かなり締め付けの余裕があった。
こんな風に装着自体は、写真入りの説明書を見ればなんなく出来る。

1316202103
但し、
「バックプレート本体は絶縁処理を行っていないため、バックプレートの表裏の取り付けを間違ええるとマザーボード側とバックプレートの接触でショートする可能性がございます。」(メーカー説明)
と言うものがあり、これも説明書に書かれているので問題はない。
実際には、再度パソコンを組み立てることになるので種々の配線などの見直しなどを行うと言う点では中々よろしい。
1316202090

又、写真のようにヒートスプレッタの付いたメモリーにも全く干渉しない。

AX3U1600GC4G9-2G (DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組)

1316203683

そして使って見てなのだが、アイドリングでは40℃弱でほとんど変わらす。
FF14(XIV)のベンチマークを取るとLOWで62℃まで上昇したのが、約49℃程度。
こんな風に取りあえず12℃程度の温度低下が見られた。
その後にレンダリングなどをしてみて、どの程度の冷却効果があるのはその内に検証する。


XPG Gaming Series AX3U1600GC4G9-2G (PC3-12800-4GBx2) デスクトップ用/240pin/DDR3-SDRAM/DDR3 1600/PC3 12800/4GBx2セット/デュアルチャンネル対応パッケージ/ヒートスプレッダ標準装備/メーカー保証付 icon

CPUクーラー TRINITY を買った その1
CPUクーラー サイズTRINITY を買った その2
マウスNEXTGEAR-MICROの水冷クーラー搭載で登場
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC完成とOC
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC仮完成
円高のお陰かBTOパソコン期間限定値下げラッシュ
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC部品到着
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作パソコン
自作パソコン全部品を購入、8月の自作モードに突入
ドスパラ・Prime Galleria DXTの怖い種明かし??
NEXTGEAR-MICRO im500BAxの実機レビュー総決算
実機レビュー5 NEXTGEAR-MICRO im500BAxがやってきた・買う?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

CPUクーラー TRINITY を買った その1--2011年自作PC

1316202037

1始めに
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC完成とOC===のエントリーで述べたように自作機で少しずつ仕事をさせ始めている。
ここのところは、使えるようにするために他のPCからソフトを入れ替えたり、追加したりバージョンアップしたりという作業に追われていた。

一方で、膨大なデーターの保存用にと外付けHDDドライブI-O DATA USB3.0/2.0対応 外付型ハードディスク 1.5TB HDJ-UT1.5 に保存しておいたのだが、中身のSeagateのHDDが黄色点灯
まだいくらも使っていないものなので、無償修理をすることで同じ外付けHDDドライブの新品1.5TB HDJ-UT1.5にUSB3.0で転送。
ところが、データーの半分を転送し終わったところUSB3.0接続で3.82MB/sに落ちてしまった。要するにUSB3.0の故障
点検したところUSB2.0では使えたために、今度はこのデーターをまた、他の外付けHDDドライブに移すという気の長くなる作業と言うことになった。
ここで、今度組んだ自作機GIGABYTEと少し前のAcerでは転送速度が大幅に違う。
このHDDは、TurboCopyとTurboUSBというバファローのソフトを使うのだが自作機の方が不思議とメーカーの言う速度が出ていた。

そんなゴタゴタの中で、CPUの温度というのはアイドル状態で40℃。ソフトの起動で大方50℃というところであった。
FF14のベンチマークLOWで精々62℃、HIGHで57-8℃と言うことで、大した事は無いと思っていた。
ところがAdobePremiereElements9でレンダリングをしてみると、直ぐに70℃を超え77℃から79℃をキープ。瞬間的に80℃になる始末。AdobePremiereElements9での普通の作業で60℃程度の高負荷であった。

こんなものでAdobePremiereElementsを快適に扱うというのは、甚だ気分が悪いのでCPUクーラーを取り替えることにした。

1316202030

2、CPUクーラー選定
CPUクーラーに関しては「マウスNEXTGEAR-MICROの水冷クーラー搭載で登場」のエントリーで多少書いて置いた。
安くてCPの高いKABUTOクーラー。これは、Intelのリテールクーラーと同じプッシュピン方式を採用していて、押さえつけてはめ込めば着装完了。

1316202043

これが頼りがないと言うので「バックプレート固定タイプ」、「リテンション組立タイプ」などかある。
実際、リテールクーラーを取り付けるのに関してもあまり良い感じではなかったところ、 巨大なクーラーをプッシュピン方式で取り付けるには取付部がひ弱である。
事実今回取り付けたCPUクーラーでもその重さによってマザーボードがひよるほどである。
従って、「バックプレート固定タイプ」、「リテンション組立タイプ」の方を選択。
簡易水冷ではPCケースの上部ファンを取り外すことになる。
折角のエフアローを犠牲にしたくなかったので、簡易水冷は却下。
次に、CPUに接するところのヒートパイプは多い方が良く、かつ直接CPUにヒートパイプが接している方が温度が2-3℃下がるほど効率が良いらしい。
又、ヒートスプレッダの付いたメモリーは多少背が高く、CPUクーラーと接触し易いためにオフセットになっているもの。

1316202063

そんなわけで選んだのがTRINITYと言う製品。
これは純粋に韓国製のようで説明書の半分はハングル文字。それでも詳細な写真と簡単な英語くらいは読めるので何とか装着出来たと言うわけである。

1316202055

その様子、結果は次回。


1316202099_3



CPUクーラー TRINITY を買った その1
CPUクーラー サイズTRINITY を買った その2
マウスNEXTGEAR-MICROの水冷クーラー搭載で登場
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC完成とOC
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC仮完成
円高のお陰かBTOパソコン期間限定値下げラッシュ
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC部品到着
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作パソコン
自作パソコン全部品を購入、8月の自作モードに突入
ドスパラ・Prime Galleria DXTの怖い種明かし??
NEXTGEAR-MICRO im500BAxの実機レビュー総決算
実機レビュー5 NEXTGEAR-MICRO im500BAxがやってきた・買う?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

源川彦峰先生・二松学舎大学教授・の席上揮毫風景・速報

2011/09/11、(社)群馬県書道協会の研修会が前橋市の商工会議所で行われました。
主催者側の発表で参加者は、200名を超えるとのことでした。
軽妙洒脱なしゃべり口の源川先生の講義は、午前中、午後と続き最後に席上揮毫が行われました。
講義の内容その他は、次回にします。
この席上揮毫に対して大勢の参加者のため、先生の揮毫が見えなかったという人もいて速報版として揮毫風景を紹介します。
尚、同じ動画が編集上二種類あってフルハイビジョン版を紹介します。(ハイビジョン版は、確認のあと削除予定。)
又、YouTube上で単に検索したところ、源川先生の動画は他にありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC完成とOC-2011年自作

1316203683_2

最新のマザーボードで組む自作パソコンというのは、組み上げるのは簡単でもその後のBIOS設定やらその他種々の設定ツールを使いこなすのがかなり面倒である。
この9月の声を聞いてやっとエージングが終了した感じで、ベンチマークを取るまでになった。

GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3
付属ソフトのTouchBIOSなどは問題ないのだが、VirtuになるとWebサイトから落としてきたうえで、BIOS設定を変えないと起動画面すら出で来ない。
EasyTune6に至っては、まだ正式な画面にであっていない。
いずれにせよ、メモリーはDDR3 PC3-12800でヒートスプレッダまで付いている代物。
AX3U1600GC4G9-2G (DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組)

これを1600で使わない手はないと言うことで、1333を1600MHzに上げることにした。
ASUSだと割合とオーバークロックし易くて、分かりやすいのだがGIGABYTEだとTimingの設定しかないように思える。
1314912145
しかし、A-DATA AX3U1600GC4G9-2Gであるとオーバークロックの設定が簡単にできるXMPに対応していてBIOSでXMPを指定すれば800MHzになって1600で動く。(1333の時は、666.7MHz)
--XMP(Extreme Memory Profile)
1314912153

CPUのOC(オーバークロック)は、Smart6から呼び出せるSMART QuickBoostを用いて、取りあえずFaster--3.7GHz(基本3.4GHz)に設定してみた。
結果のエクスペリエンスインデックスは、7.6~7.7へCPUもメモリーも上昇した。

1314912186

総合結果はこんなもの
1314912166

それでファイナルファンタジーXIVのベンチマークを取ってみた。
LOW---SCORE 7108

HIGH---SCORE 4632(自作機)

1314912199

1314912210
丁度一ヶ月前の7月末NEXTGEAR-MICRO im500BA4(GeForceGTX550Ti)で取ったベンチマークというのが、正に「子どもだまし」に見えてくるから不思議である。

LOW‥ 1280×720‥3457
HIGH‥1920×1080‥2220(NEXTGEAR-MICRO im500BAx icon

FF XIVでHIGH 4632というのは、Radeon HD6870シリーズの中でも高い方でやはりOCが効いている。(RH6870-E1GHW/DP/OC (玄人志向))
そして実際のゲームというのはパソコンの総合力というもので、OCのCPUと16GBのOCメモリーが効いている感じがある。

又、Virtuの設定による動画編集、エンコードは又そのうちと言うところである。


PCDEPOT WEB本店/OZZIO

CPUクーラー TRINITY を買った その1
CPUクーラー サイズTRINITY を買った その2
マウスNEXTGEAR-MICROの水冷クーラー搭載で登場
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC完成とOC
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC仮完成
円高のお陰かBTOパソコン期間限定値下げラッシュ
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC部品到着
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作パソコン
自作パソコン全部品を購入、8月の自作モードに突入
ドスパラ・Prime Galleria DXTの怖い種明かし??
NEXTGEAR-MICRO im500BAxの実機レビュー総決算
実機レビュー5 NEXTGEAR-MICRO im500BAxがやってきた・買う?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »