« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

リコーRICOH GR DIGITAL IVとII、IIIの見分け方

01_1319661391

RICOH GR DIGITAL IVが発売されたのだが、一見GRD I、II、IIIと外見上どこが違うのか中々分からない。
 

それで実物をよくよく見たら結構妙なところが違っていた。
RICOH GR DIGITAL IIとIIIの大きな違いというのはレンズであって、見たとおり大型化してF2.4からF1.9になっている。そのためにカメラ全体の厚みというのは若干増した。実はそれだけでなくIIとIIIでは工作精度が上がって、部分的に金型修正を加えたのではないかと言う気がしている。

 

元々IIではレンズの収納に難があってと言うより非常に精度を必要としたらしい。それで終了時にレンズが修理出来ない不具合が頻発。SyuunのIIも買って直ぐにレンズ交換という重修理となった。
GRD IIIでは、その不具合の頻発したレンズそのものを新開発して、レンズが収納しないということはなくなった。
GRD IIからIIIへの進化というのは、レンズと共にSONY製高性能CCDに置き換わったことも大きい。IIのCCDは暗部に弱くかつノイズが酷くてGRDの真価を発揮出来なかった。

 

02_1319661412

 

それゆえIVでは同じCCDを使い回している。このGRDというカメラは、基本的に筐体は変わっていないからデザインという部分では減価償却が終わったのではないかと思う。そしてCCDも3年くらい前のものだからかなり値段もこなれているはずである。
そんなことから見れば、GRDの値段というのはレンズの値段と言うことになる。
その昔の銀塩時代、GR1のレンズが単体で売り出されたことがある。このときの値段は、確か10万円を遥かに超えた記憶がある。


03_1319661403

 

写真はGR DIGITAL IIIを利用

 

そして時代はRICOH GR DIGITAL IVになったのだが、カメラマン 2011年 11月号 の特集「最新&人気コンパクト ガチンコ実力検証!! 解像感・発色・対逆光性能、美肌、高ISO感度、HDR、顔認識etc」ではさんざんな結果になった。
要するに、GRDの設計思想と最近のシャッターを押しさえすれば良く写るコンデジの違いである。
GRDというのは、たとえば富士フイルムFinePix F600EXRその他のカメラのようには撮れない。同じCCDを使うCanon PowerShot S95の様に安定して写真も撮れない。
Panasonic LUMIX LX5の様に綺麗で気持ちの良い写真も撮れない。
最近のコンデジがその昔のリバーサルフィルムを思わせる色合いと感覚を持ち合わせているのに対して、未だにネガフィルムだと言うのがGRDなのではないか。
SONYでもα700まではGRDと同じネガフィルム感覚が強く、α7の雰囲気があったもののα55からは正にリバーサルフィルムである。

 

ネガフィルムの感覚というのは、要するに見たままに写真が撮れ難いこともあると言うことで、補色フィルター時代のコンデジの面影も背負うと言うことになる。
但し、上手い人がRICOH GR DIGITAL IVを撮れば、シャッターを押しさえすれば良く写るコンデジとは全く別の世界が出現するというのは間違いない。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

IO DATA アイオーデーターHDJ-UT1.5SAMSUNG・HDDに変わって憂鬱

●アイオーデーター製のハードディスクを長年使っている。この外付けハードディスクの中身は、何が使われているのかはSMART情報で直ぐに分かる。
それで見てみると最近の廉価版のHDDのほとんどはSamsung製になっている。それでも少し前の高級レベルというか空冷ファン内蔵のハードディスクはSeagateだったりWESTERN DIGITALだったりする。
特にUSB3.0という高速書き込みが出来る外付けハードディスクドライブの場合は、Seagateの高速なHDDを使っていた。
●ところが数週間前にアイオーデーターのサポートに電話して聞いてみたところ「三星」(サムスン)に統一したという。
要するに、SeagateやWESTERN DIGITALを使っていないのだという。昨年末アイオーデーター製のHDJ-UT1.5を二台買ってからはIO製は買っていないので、今はどうなっているのか分からない。
Syuunが良く行くベイシヤ電気(笑)には、BUFFALOのHDDしかバーゲン品として目につくところには置いていないのでよく分からない。
そんなのでUSB2.0のHDDは、WESTERN DIGITALを買ったりしている。
そのSAMSUNGも
Samsung ElectronicsおよびSeagate Technologyは4月19日、Samsungが同社のハードディスク・ドライブ事業をSeagateへ13億7,500万ドルで売却すると明らかにした。」 と言うことで来年にはSAMSUNGブランドはなくなりそうだ。
しかし、同じ物がSeagateブランドでアジア向けに復活したらSeagateも怖くて使えないことになる。
●さて、なぜ「SAMSUNG・HDDに変わって憂鬱」なのかというと、USB3.0を使うに当たっては、SAMSUNG製のHDDは恐ろしく低性能で不安定だからである。
それで3~4GB弱のファイルを「読み込み」、「書き込み」のテストをしてみた。
なぜ3~4GBかというと、転送が早くしかも「マッハUSB」などが効いているからそのキャッシュを吐き出す後半の実速度が必要だからである。

実験は、Syuunの環境で行ったものであり、状況が違うとどうだか分からない。

●まずSeagate ST31500341ASのベンチマークはこんなもの。
ここで特徴的なのは、書き込みにおいてのシーケンシャル速度ではなくランダム書き込み速度である。

シーケンシャル速度というのは、データを先頭から順番に読み込み又は書き込みを行なうリニアの方法である。
一方のランダム書き込み速度とは、ディスクにランダムに書き込むもの。それはSDカードやメモリーカードというものは、同じところばかり読み書きしていると極端に劣化するためにランダムに書き込むということが多い。
これはHDドライブにもある程度考えられることで、ランダム書き込み速度が遅いものは全体の書き込みが遅かったり、不安定な状態になることもある。

それでHDJ-UT1.5に入っていたHDDはこんなもの。

Bb1bfa2527e8c91e9f48f5a40fddfd29_2

ベンチマーク・CrystalDiskMarkを取るとこんなもの。

USB3.0接続。

一回目はエラーになったので再度検証。どういうわけか妙な動作が目立つ。

ここで分かる様に、ランダムに書き込みの部分が極端遅い。
そこでUSB2.0で接続しているWESTERN DIGITAL WD ElementsをTurboUSBでベンチを測った。

見ての通り、USB2.0の上限に達していてSAMSUNGの比では無いことが分かる。

次に転送速度を実測してみる。

ここでUSB2.0Turboというのは、最新のマザーボードではUSB3.0にUSB2.0の機器を繋ぐとTurbo機能が働いて高速なるもの。(BIOSで設定する)

読み込みの場合、最新の強力なパソコンだとキャッシュを取ってしまうために正確な数値が出ない。
取りあえず、再起動して読みませたが馬鹿馬鹿しい数値である。

キャッシュを取ってしまっているので、普通のUSB2.0に繋いでもほぼ同じ速度という訳。

これではほとんど意味がないようなもので、Seagateでまだキッシュを取っていない時のデーターはこんなもの。

ベンチマークの数値とほぼ同じ程度の速度が出ている。
SeagateのHDDはいつも安定した速度を出すものである。

それでは、SAMSUNGのHDDにUSB3.0で接続の1回目の書き込み。

なんとUSB3.0の速度がで出いない。
それで再度ベンチマークを取るのだが、キッシュが入っていることを考慮。

それで再起動(電源カットした後に起動)してベンチを測ってみた。

中々安定しないHDDで実際の速度というのはこんなものであろう。
シーケンシャル速度の140MB/secなどはとても考えられる速度ではない。
それでは、Seagateではどんなものか

ベンチマークのシーケンシャル速度には劣るものの充分な速度である。



USB2.0であると、こんなものでTurboUSBだと

WESTERN DIGITAL WD ElementsのUSB2.0Turboの上限にほぼ達している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買って驚いたSONY SF-4N4の台湾製SDHCの性能

 

秋葉原に寄ってみたら、SONY SDHC SF-4N4という4GBのSDHCカードが安く売られていた。今や4GBというのは海外モデルなら有名メーカー製でも1,000円以下で買えるから大して興味は沸かない。ここでSONYの国産純正パッケージのものがあったので4GBを買ってみた。
1319469472

21319469494

 

同じシリーズで16GB、32GBは持っていて、製品は日本製であってテストしたら東芝のOEMらしかった。

 

しかし、4GB、8GBは台湾製だと言うことは良く聞いていて、東芝の関連会社くらいのものを使っているのではないかと勝手に予測していた。

031319469484

 

それで早速CrystalDiscMarkで速度を測ってみた。
中々計測が始まらない感じでこれは調子が悪そうと思ったら、ベンチマークを取るのに恐ろしく時間がかかった。
結果は以下のように散々たるもの。こんな酷いSDHCというのは最近見たことがない。(初期製品は東芝OEMだったという。)

041319469830

 

これは東芝製などではなく一体どこのOEM製品なのか全く不明。SONYの純正CFなど値段ばかり高くて性能はいまいちという製品が数多くあったが、これもその内のようだ。最終的にどのくらいの速度が出るのかとUSB3.0のターボUSB機能を使って再度ベンチマークをとってみた。
(カードリーダーIO-USB2-W33RW)

 

051319469835

 

読み込みは、多少早くなったものの書き込みには大した影響がない。SONYのコンパクトデジカメはSDHCカードに書き込む速度が遅いから、こんなものでも使えるのかも知れない。
しかし、書き込み速度が遅いと転送エラーというものが発生する可能性が高く、これはデジカメ専用のSDHCなのだがカメラには怖くて使えないと言う気がする。
以前買った、SDHC 4GBのPanasonicとSanDiskなどはかなり性能が高かったことから見て、今回は大失敗だった。

 

061306515055

061306435177

071306435139
------------------------

 

買い物の失敗と言えば、パソコンのマザーボード基盤のUSB2.0をパネルの後ろに出すポート。
USBリアスロット 4ポート。

081319406769

 

別に製品が悪かったと言うわけではなく、秋葉で見たら買った値段の半値だったというはなし。こういう「ゾロゾロ品」というのはバルク品として安く売られているのは分かっていたのだが、ここまで違うと少々がっかりであった。

 

091319406777

 

パソコンを組み立てて行くと、毎回なにがしらの部品やネジなどが余って、それが次に作る予備部品、資産となって行く。

101319382610

 

しかし、いつかはそれもなくなるというか、最近のマザーボードも余程の高級品を買わない限り余分な部品はない。

111319382622
121319382640

 

そんなこんなでケーブル類もバルク品を買うと気楽に更新できる気がする。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3組む自作PCトラブル・解決編3 

自作PCトラブル・解決編3
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3組む
自作PC

●自作PCトラブル続発とは書いたものの、大したトラブルは出でいない。
これは先に述べたとおり規格準拠になったり、製造技術が進歩して長年のメーカーでは不具合が一掃されて来ている。
●マザーボードで初期不良が出たのは、7年前のSoltec SL-K8TPro-939(VIA K8T800PRO)というボードを使ったときである。このSoltecというメーカーも今やマザーボード業界から撤退してしまっている。
SL-K8TPro-939というのは、ハズレだったようで先ずLANが不良品で交換し、何年か使っている内にUSB2.0の速度が出なくなったという代物。
ハズレの製品というのは、いずれ壊れて行くものである。

●GIGABYTEのマザーボートとVirtuがらみで多少トラブった。
そして、更新できるドライバーは全て更新してVirtuも再インストールした。
そして起動させてみるとAdobe Premiere Elements 9は認識していないようで、小生の設定が多少レアものと言う事になりそうだ。

●●CPUクーラー サイズTRINITYの評価
1316202099
THERMOLAB CPUクーラー TRINITY サイドフロー・ダイレクトヒートパイプ方式


●取り付ける前(OCなし)
CPUの温度というのはアイドル状態で40℃。
ソフトの起動で大方50℃というところであった。
FF14のベンチマークLOWで精々62℃、HIGHで57-8℃
AdobePremiereElements9でレンダリングをしてみると、直ぐに70℃を超え77℃から79℃をキープ。瞬間的に80℃
AdobePremiereElements9での普通の作業で60℃程度の高負荷であった。

●取り付けての評価1(9月)(CPUはOC済4200MHz・TwinTurbo)
アイドリングでは40℃弱でほとんど変わらす。
FF14(XIV)のベンチマーク、LOWで約49℃程度。
こんな風に取りあえず12℃程度の温度低下が見られた。

●取り付けての評価2(10月)
Adobe Premiere Elements 9でDVDを編集作成。(CPUはOC済・3700MHz・Faster)
気温は25℃以下、Premiere Elementsレンダリングやエンコードを繰り返し。
レンダリングでは、CPU温度は最高(ピーク・瞬間)56℃
エンコードの場合は、もっと低い温度46℃から55℃程度まで。

TRINITYの場合、負荷をかけたときの最高が56℃くらいであることが想像出来る。
これは、簡易水冷クーラー並の性能で空冷であれば上位に位置する性能なのではないかと思う。
(但し、
4200MHz・TwinTurbo・CINE BENCHのビデオエンコードをするベンチマークソフトで検証してみたものは59℃から瞬間的に61℃。)


CPUクーラー TRINITY を買った その1
CPUクーラー サイズTRINITY を買った その2
マウスNEXTGEAR-MICROの水冷クーラー搭載で登場
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC完成とOC
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC仮完成
円高のお陰かBTOパソコン期間限定値下げラッシュ
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC部品到着
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作パソコン
自作パソコン全部品を購入、8月の自作モードに突入
ドスパラ・Prime Galleria DXTの怖い種明かし??
NEXTGEAR-MICRO im500BAxの実機レビュー総決算
実機レビュー5 NEXTGEAR-MICRO im500BAxがやってきた・買う?

ソフマップ
XPG Gaming Series AX3U1600GC4G9-2G (PC3-12800-4GBx2) デスクトップ用/240pin/DDR3-SDRAM/DDR3 1600/PC3 12800/4GBx2セット/デュアルチャンネル対応パッケージ/ヒートスプレッダ標準装備/メーカー保証付 icon
icon icon

玄人志向 USB3.0 USB3.0N4-PCIe 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PCトラブル続発・解決編1-2011年自作

ここのところパソコンの記事が少し遠のいている。そのわけというのは自作機のトラブルを見つけてその後の処理に追われていたからである。
●いずれもGIGABYTEのマザーボード特有なものと、編集ソフトなどのトラブルである。その発端というのが、「IO DATA HDJ-UT1.5のUSB3.0が調子が悪かったことと、その一つが「黄色信号・(代替処理済のセクタ数)Crystal Disk info」が付いたことである。」というのは、以前のエントリーで述べている。
●そして、IO DATAから修理完了として戻ってきたものの、USB3.0は正常でHDDは中古品に入れ替わっていたというのも前回のエントリー。
●この件に関しては、消費者センターに連絡して指示を仰ぐも修理サポートへの連絡と言うことで決着。IOの修理サポートへ電話すると「着払いで送れ」という指示。
但し、担当者は今はSeagateは扱っていなくてSamson製になると言うのだが、修理完了で戻ってこなくては良く分からない。多分今は1.5GBというHDDを生産しているところは無いのではないかと思っている。
●こういう問題の切り分けでGIGABYTEのマザーボートがおかしいと言うことになった。
元々マザーボードのUSB3.0が突然使えなくなるというのは、普通HDD側の故障だと思う。そしてその時、AcerのPCでもUSB3.0が使えなかったから、HDD側も多少妙な事になっていたのかも知れない。
ところが、修理から戻ってきたHDJ-UT1.5はAcerの繋いだIO USB3-PEXでは正常作動。
そこで、Windows 7 Professional 64-bit Japanese DSP版を買ったときに付いてきた玄人志向 インターフェースカード USB3.0 2ポート PCI-E  USB3.0N4-PCIe をGIGABYTEのマザーボートに接続してみた。
当然というか、HDDは拍子抜けするように正常に作動して、GIGABYTEのマザーのUSB3.0が異常であることが分かった。
1301424763

●ここでGIGABYTEマザー(GA-Z68X-UD3H-B3)のUSB3.0は、Etron EJ168 コントローラー2基でこの二つが同時に使えなくなると言うのは「故障」では考えられない。
おおよそUSB3.0ドライバーの不具合と予測が付いたが、何か情報はあるのかと販売元CFDのGigabyte担当サポートに電話してみた。(CFDは、メルコグループ)
●ここでサポートは仕様を聴くのだが、A-DATA DDR3 1600と言うと驚いたことに「DDR1600のメモリーだと起動するのも不思議だ、動いているのが偶然だ」と言い出す始末。

AX3U1600GC4G9-2G (DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組)

GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3は、Webサイトを見ると「対応規格DDR3 2133(O.C)/1866(O.C)/1600(O.C)/1333/1066 」となっていて、OCメモリーであるA-DATA DDR3 1600は保証外だか対応である。
LGA1155の規格はDDR3 1333とはいうもののマザーボートはオーバークロック対応である。
この時点で「CFDのサポートは何も分かっていないし情報もない」と言う事が分かった。言うのは「コスモスクリア」と「最小構成で再起動」だが、そんなものはUSB3.0とは関係ない。そういうのは起動しないときの場合だ。正常に起動して動いているものをコスモスクリアもないだろう。
そして、言う事を聞いて実行したら堂々巡りで解決しない。
その昔のASUSのサポートも同じようなもので、「コスモスクリア」、「OSの再インストール」であった。
実際にそんなことをしていたら、データーと時間は失うだけでなく堂々巡りで解決しない。こういうサポートというのは、昔のソーテックサポートがそうであったように全く役に立たない。

●情報がないのなら探してみると、GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3のUSB3.0のEtron EJ168 コントローラーのドライバーがNEC(ルネサス)のドライバーだったと言う話しがで出来た。
本来、EtronのドライバーのはずがNECのものだったと言う話である。
但し、その場合は初めからUSB3.0 Host Contorollerが「!印」だったようなので、USB3.0としては初めから機能していなかったかもしれない。

1318100259
ドライバー更新後の最終画面

それで、デバイスマネジャーを見てみるとEtronのドライバーらしき表示があり「!印」もなし。プロパティは正常とあった。
取りあえずGIGABYTEのWebサイトから「Etron USB 3.0 Driver」を自動実行させる。
あとから考えたら、単に解凍しただけという顛末。
AMDのVGAドライバーだと自動実行させるだけでソフトが立ち上がってインストールされる。何か最近ドライバーの更新などあまりやらないから、やり方を忘れてしまった感が強い。
結局元のEtron USB 3.0 Driverを削除して、単純に新しい「Etron USB 3.0 Driver」を当ててやると言う対処方法でUSB3.0は単純に復活したと言う次第。
●ことは新しい「Etron USB 3.0 Driver」に入れ替えることだけだったのだが、実に遠回りしてしまった。
OSがUSB3.0をサポートするのであればこんな事にはならないし、GIGABYTEも初めから不具合のあるUSB 3.0 Driverを添付すると言うのも妙なことである。

1301424768
現に、玄人志向 USB3.0 PCI-E  USB3.0N4-PCIe のNECルネサス(μPD720200)コントローラーのドライバーは2010年だった。
玄人志向インターフェースカード / USB3.0 USB3.0N4-PCIe

CPUクーラー TRINITY を買った その1
CPUクーラー サイズTRINITY を買った その2
マウスNEXTGEAR-MICROの水冷クーラー搭載で登場
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC完成とOC
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC仮完成
円高のお陰かBTOパソコン期間限定値下げラッシュ
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作PC部品到着
GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組む自作パソコン
自作パソコン全部品を購入、8月の自作モードに突入
ドスパラ・Prime Galleria DXTの怖い種明かし??
NEXTGEAR-MICRO im500BAxの実機レビュー総決算
実機レビュー5 NEXTGEAR-MICRO im500BAxがやってきた・買う?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »