« 真実の中国史【1840-1949】宮脇淳子・著を読む | トップページ | SONYα77(SLT-A77VQ)実写レポート・その1 »

2012年5月23日 (水)

A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-J6710CDW長期使用レポート2

A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-J6710CDW長期使用レポート2

01_1337688012

JUSTIO MFC-J6710CDWというブラザー製複合機を使って、半年ぐらいになった。
それでこの半年間に感じた使用レポートをしてみたい。
icon icon
このJUSTIO MFC-J6710CDWというのは、A3インクジェットFAX複合機である。
接続の仕方は、「USB2.0ハイスピード、有線LAN(10/100BASE-TX)、無線LAN(IEEE802.11b/ g/ n)」とある。
そこで、普通はあまり問題のない有線LANでネットワークに参加させて、ネットワークプリンターとして使うのが基本である。そもそも複合機をUSBで繋ぐと言う人も余りいないと思う。
古いネットワークプリンターだと新しいプリンタードライバーを使ってもファイヤーウォールで弾かれて繋げないと言うこともある。これはそもそもそんなことは無くて、無線LANでネットワークに参加していたノート型パソコンもすんなり使える。
03_1337687959
●FAX編
FAXは、自作機にモデムを追加して結構高価なFAX専用ソフトを導入しPC・FAXとして使っていた。このPC・FAXは市販の専用ソフトであるからかなり使いやすい物である。
但しその問題は、
1)複数のパソコンからFAXが出来ない。(実際にはその必要はないが、使っているPCが故障したときなど。)
2)パソコンが起動していないとPC・FAXが使えない。
3)受信したFAXのデーターがFAXソフト専用ファイルなので、FAXソフトが入ったパソコンでしか見られない、保存できない。

こう言う部分においては、JUSTIO MFC-J6710CDWは全て解決である。
1)、2)は、PCに依存しない独立した物なので影響なし。
3)は、PrestoPageManager・FAX画像はjpg画像なのでソフトに依存しない。

04_1337687964

その他、A3までの送受信が出来、送られてきたFAXを液晶画面で確認してから印刷とかの有無を決める事が出来る。
「みるだけ受信」
「PCファックス受信」、「本体でも印刷する」ON/OFF
「ファクス転送」
などいろいろある。
以前は「PCファックス受信」で「本体でも印刷する」にしていたところ、宣伝のFAXが多いので、PC・FAXでは当たり前の「本体では印刷しない」に設定にしている。

★問題点は、PC・FAXに関してPCからFAXをすると市販の専用ソフトに比べて「非常に分かりにくい」というところである。
ある意味多機能の部分と、そうでないところなどが混在してこれなら本体からFAXした方が簡単と思わせる部分がある。

05_1337687950
06_1337687974
07_1337687997

●A3スキャナーとコピー機能
A3をスキャンできる安いフラットスキャナーというものは無いので、新聞のスクラップやカタログなどをスキャンして保存するというのは便利である。
コピー機能では、単に用紙の大きさ、カラー、モノクロを選んで、コピーすれば良くコンビニのコピーと全く変わらない。
それで簡易的なコピー機としては充分に使えるレベルになっている。

★ところがより使い込むには、「ブックコピー」や「原稿の傾き補正」、「スタック・ソートコピー」、「両面コピー」、「裏移り軽減コピー」とか多機能な部分がある。
実のところこれはマニュアルを読まないと実は使えないレベルである。

★パソコンからのA3スキャナーというのは、新聞のスクラップや特に画像を気にしないレベルでは問題がない。
しかし、写真の取り込み、コピーというとお話にならないレベルである。
その上、PrestoPageManagerというソフトは非常に簡易的なものであまり微調整が出来ずおまかせ取り込みである。
従って、写真や細かいものをスキャンする場合は、A4の写真専用にもなるフラットスキャナーが必要になる。
08_1337687964

ブラザーダイレクトクラブ

●印刷機能
印刷機能は、キャノンip8900の様な写真専用に特化したモデルに比べると、その1で述べたように色が薄く、彩度が低い。
従って、写真印刷というところでは期待できない。
09_1328266449

印刷機としては、パソコンから多少離すことが出来、印刷の振動もないので両面印刷などの多用が出来る。
ビジネス用としては、インクが多少滲むのでレーザープリンター(ページプリンター)に比べ大分性能が落ち、それほど精度を望まないレベルであれば問題はない。

10_1337688003

●★総括
JUSTIO MFC-J6710CDWは、備わっているそれぞれの機能という部分では、単独のFAX    機としては合格である。
しかし、PC-FAXにしてはソフトの詰めが甘く使いにくい。

コピー機能は、簡易コピーとしては充分で、元がインクジェット出力レベルだと時として分からないレベル。
11_1337688007

スキャナーは、簡易ビジネス用止まりでプロ、写真には通用しない。
そして、最後に印刷という部分では、写真など彩度の高いものは無理で、モノクロはレーザープリンターには全く及ばないだけでなく、顔料インクを使ったA4プリンターにも全く及ばないレベル。

こういう風に、JUSTIO MFC-J6710CDWは専用機にはほとんど及ばない。
しかし、全ての印刷やスキャン、コピーが最良のものである必要がないことの方が多い。

写真のスキャン、印刷その他レーベル印刷などの細かいものは、専用機に任せて取りあえずビジネスライクに使うと言う点では、価格からいってCPが高いと考えられる。

ブラザーダイレクトクラブ

|

« 真実の中国史【1840-1949】宮脇淳子・著を読む | トップページ | SONYα77(SLT-A77VQ)実写レポート・その1 »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-J6710CDW長期使用レポート2:

« 真実の中国史【1840-1949】宮脇淳子・著を読む | トップページ | SONYα77(SLT-A77VQ)実写レポート・その1 »