« A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-J6710CDW長期使用レポート2 | トップページ | SONY α77 SLT-A77VQ 実写レポート・高画素* レポート・その2 »

2012年5月31日 (木)

SONYα77(SLT-A77VQ)実写レポート・その1

SONYα77(SLT-A77VQ)実写レポート・その1

01_1338390151

●SONYα77 レンズキット (SLT-A77VQ) を買って、ようやくその全貌がつかめてきたので徐々にその使用感を考えてみたい。
SONYα77というのは、元々のミノルタα7D、そしてSONYα-700という系譜になり、その操作性というのは大凡踏襲している感じがする。
従って、SONYα700を持っているSyuunとしてはその操作性を踏襲するのでボタンが多くても何ら違和感がない。もう一台持っているSONYα55というのは、ミノルタαSweetDの操作性を踏襲していて、αSweetDを思い浮かべると何やら安っぽさを否めない。
いずれにせよ、SONYの中級機のSONYα77の質感というものはある意味所有感を満足させるものである。
02_1338390166

SONYα77の仕様の主なものというのは

■高精度なフォーカスを実現する新開発11点クロス19点AFセンサー、
*最高約12枚/秒の高速連写
■有効画素約2430万画素APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)、原色フィルター付"Exmor"APS HD CMOSセンサー
■高精度なフォーカスを実現する新開発11点クロス19点AFセンサー
■有機ELファインダー「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」搭載
■ソニー独自の透過ミラー採用「トランスルーセントミラー・テクノロジー」
■ファインダーでのピント確認を容易にする「ピーキング」機能
■進化したフルハイビジョン動画撮影機能(AVCHDプログレッシブ対応の60p動画記録)*アクティブモード対応動画撮影時の手ブレを軽減する電子式手ブレ補正機能
■ワンプッシュでズームするスマートテレコンバーター
■高速SDバス規格UHS-Iにも対応
03_1338390155

こういう事で入門機とは多少違うというものである。
それでいわゆるJPEG(DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.3、MPF Baseline 準拠)で撮って出しという「高度に進化した画像処理エンジンBIONZ(ビオンズ)」を使って、写真を撮ると何か満足出来ないという掲示板の書き込みが多い。
その理由というのも徐々に考えて行くのだが、基本的に入門機というのはCMOSセンサーの情報をなるべく加工して見栄えの良い写真が得られるようになっている。
従って、同じセンサーを使うSONYミラーレスカメラα NEX-7では、画像の不満というのはあまり聞かれない。
いずれにせよAPSサイズというフルサイズに比べて小さいセンサーに、約2430万画素という銀塩カメラ時代のフィルムに匹敵するぐらいの画素を搭載したので薄暗いところに弱いと言う評価になっている。
しかし、SONYα700(DSLR-A700)は1220万画素CMOSセンサーでISO800が限度であったから間違いなく進歩している。
銀塩時代では、そもそもISO800のカラーネガフィルムというのは特殊なものであり、画像もそれなりに粗かったものである。
04_1338390159

●このSONYα77の操作性とかの直接的な話は、カメラ屋で実機を触ってもらうとかで考えてもらうとして、実写ではどうなのか?
その答えを出す前に、RAW+JPEGで撮影してみてその画質を比べる。
ここでこのRAW画像とJPEG画像を見比べられるSONYの付属ハンドルソフトPlayMemories Homeで見てみると実を言えばほとんど分からないくらい変わらない。

05_1338147804
カメラメーカー: SONY
カメラモデル: SLT-A77V
レンズ: DT 16-50mm F2.8 SSM
焦点距離: 20mm (35mm 換算焦点距離: 30mm)
絞り値: f/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 4.0 (Windows)
によるRAW現像

要するにα77は、CMOSセンサーから入った映像を単にJPEGに変換しているだけの様に見える。
数年前のCMOSセンサーは、白飛びを押さえるためにかなりアンダー気味の映像であった。(ミノルタα7Dではほとんど真っ暗)
それを正常に見る又は、印刷するために必ずRAWで撮ったり、又は画像編集ソフトが必要であった。
それが最近ではどちらかと言うと、見たままに撮れる様になったのであるからCMOSセンサーが進歩したと言うわけであろう。
06_1338147809

Adobe Photoshop Lightroom 4.0 (Windows)
によるRAW現像
オリジナルホワイトバランス補正
のみ実施

07_1338147826
カメラメーカー: SONY
カメラモデル: SLT-A77V
レンズ: DT 16-50mm F2.8 SSM
焦点距離: 35mm (35mm 換算焦点距離: 52mm)
絞り値: f/4.5
露出時間: 0.013 秒 (1/80)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 4.0 (Windows)

によるJPEG現像・オリジナルホワイトバランス補正
08_1338390171

ここで問題になってくるのが、実際の写っている画像と記憶画像というものが違っていることである。実のところは、入門機では記憶画像より見栄えの良い写真が撮れ、中級機では記憶画像そのままのパットしない画像が出で来ると言うものである。

そしてつくづく考えさせられるのは、このSONYα77クラスでは撮影者の腕前が失敗をリカバリーすることなくある程度そのまま出ることである。
09_1338147851

実際撮るのを失敗したら画像編集ソフトで現像し直せば良いというのは、実のところ中級機では必須かも知れない。

|

« A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-J6710CDW長期使用レポート2 | トップページ | SONY α77 SLT-A77VQ 実写レポート・高画素* レポート・その2 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONYα77(SLT-A77VQ)実写レポート・その1:

« A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-J6710CDW長期使用レポート2 | トップページ | SONY α77 SLT-A77VQ 実写レポート・高画素* レポート・その2 »