« 「読む年表 中国の歴史」・岡田英弘著を読む | トップページ | マウスコンピューターNEXTGEAR i620PAの実機レビュー1 »

2012年6月10日 (日)

Pentax K-5・デジタル一眼レフを買った6月(2012)

Pentax K-5・デジタル一眼レフを買った2012年6月

01_1339274728

今頃ペンタックスのデジタル一眼レフカメラ・K-5を買った。
買った理由というのは、発売から1年半ぐらい経って中古価格並になったからである。
ついでに言えば、K-01がミラーレスとしては思いのほかAF性能が悪かった感じからである。

6月29日に発売されるK-30ではK-5に搭載されているレンズ収差補正やHDR撮影などほとんど全て入ってしまっている。
従い、いずれ直ぐにこの夏か秋にはK-5の後継機の新型(K-3???)のカメラが発売されるのだろうと思う。
その時には価格として楽々100,000円(ボディ単体)を超えるはずである。

02_1339274722
アウトレット品の中身レンズは入っていない。

●その「K-5の後継機の新型(K-3???)のカメラ」はCanonEOS Kiss X6iの様にタッチパネル(おそらくしない・嫌いな人が多い)になっているかも知れない。
EOS Kiss X6i・EF-S18-135 IS STM キット     EOS Kiss X6iご予約特典!Eye-Fi Mobile X2 8GBプレゼント!

少なくともバリアングル液晶になりライブビュー撮影(Panasonicに笑われた電子水準器表示(バーグラフ)は改善??)は進化し高速になっているはずである。
そして、Pentaxが弱い動画撮影も(モノラル録音ではなくステレオ録音で)高機能フルハイビジョン動画撮影(MPEG–4 AVC/H.264・K-01、K-30に搭載)になるのは当然だろう。
しかし、Pentaxはなぜか「高速規格のSDカードにも対応。[UHS-I SDメモリーカード]」にならない??。

03_1339274747

●それでは、K-30との差別化にならない。
‥‥とすれば高画素化とSONYの詰めが甘かった絵作り改善になるかも知れない。
考えてみれば、SONYもミノルタ色の強かった感があるα700を生産中止して以降、α55くらいからは完全に「ミノルタの絵作り」からSONYになってしまった気がする。

04_1339274758
05_1339274752


K-30は、D-LI109なのだが、K-5は、K-01と同じD-LI109P(充電式リチウムイオンバッテリー )になっている。
但し、K-5でもD-LI109は標準仕様、D-LI109を使っている。
専用リチウムイオンバッテリー D-LI90 です。D-LI90P も使用できます。」
ペンタックスwebsiteから
(初期仕様のカタログ、取り扱い説明書はPなしのD-LI109を使用)
(改正電気用品安全法に適合)

実のところは、Pentax K-7(09/05/21発売)を持っているのだが、これが何か思った「絵」が撮れないという感覚があった。
K-10Dの時は、事実上まだ「真っ暗な絵作り」だったから、ある程度想定して撮って、「凄い写真」が撮れることもあり失敗もありというものだった。
それが今は、「見たままに撮れる」と言うのがデジタルカメラの常識である。
そういう水準から見るとPentax K-7というのはやはり何か違うかなというところがある。


06_1339274769

07_1339274775

●実のところCanonのEOS KissX5などは、「見たままに撮れる」というカメラではない。
「見たままに『以上に』綺麗に撮れる」カメラである。
EOS Kiss X6i・EF-S18-135 IS STM キット     EOS Kiss X6iご予約特典!Eye-Fi Mobile X2 8GBプレゼント!

これがDIGIC 4の特徴で、やはり「見たままに綺麗に撮れる」と改良したのがDIGIC 5でより自然になっている。
そういう点では、SamsonのCMOSを使うと言うPENTAX K-7としては、何か違うカメラである。

よってこのK-7の色調としては派手目で何かもう一つというカメラである。
その何か「もう一つ」と言うところでK-5が発売されて解決されたと考えている。

08_1339274779
初めて起動した時、Ver1.01

●それで買って見たのがPentax K-5のアウトレット品。このアウトレット品とは箱に書いてあるとおり「PENTAX K-5 18-135レンズキット」から18-135レンズを抜いたセット崩れ品。
正直なところ、製品末期になった「PENTAX K-5 18-135レンズキット」では売れないのでバラして価格を下げたという製品。
だからアウトレット品(白箱)で「smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR」が安く出でいるという。(45,000円くらいのものが約40,000円くらい)

09_1339274764
キットは最近組まれたものらしい。

それにしても買って見たらPentax K-5とK-7は細かい部分はあるもののほとんど外観は変わらない。
だから、カメラだけ見ていると何か間違って買ってしまったような印象を受ける。
しかし、いろいろ設定をいじっているとかなりリファインされている。
CMOSはSONY製に戻って約1628万画素(K-30、K-01と同じ)になったので、今風になっていると思っている。

写真を撮るというところでは、Pentax K-5は一つの完成品の頂点になっているから追々写真を撮ってみようと言う気になる。(動画はSONYで‥)




|

« 「読む年表 中国の歴史」・岡田英弘著を読む | トップページ | マウスコンピューターNEXTGEAR i620PAの実機レビュー1 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pentax K-5・デジタル一眼レフを買った6月(2012):

« 「読む年表 中国の歴史」・岡田英弘著を読む | トップページ | マウスコンピューターNEXTGEAR i620PAの実機レビュー1 »