« ASUS P8Z77-Vの自作パソコンから分かる最近のBTOパソコン -2012年自作 | トップページ | ASUS P8Z77-Vで作るRAIO0高速パソコン・完成-2012年PC製作 »

2012年8月29日 (水)

ASUS P8Z77-V LKのTSUKUMO G-GEARとSyuun自作パソコンを比べる-2012年自作

1346256179

前エントリーではマウスコンピュータで今年作った自作パソコンに似せた構成を考えてみた。
この場合は単に価格を似せたのであって、マザーボードもECSとASUSでは大違いだから構成が似ているというわけではない。
それでTSUKUMO G-GEARというBTOパソコンを選択して、SSD-RAID ストライピング構成でBTO例を考えてみた。

BTOの他社が「SSD-RAID ストライピング」を勧めていないのは、ツクモでも述べているとおり

「eX.Backupはご使用になれません。」
「一部のバックアップソフトなど特殊なディスクアクセスを行うソフトは正常に動作しない場合があります。」

と言うところである。
それではリカバリーと言っても、市販のマザーを使っているから単にOSを再インストールすれば良いだけなのだが---
1346256895
付属品は、新しいケースのG-GEAR neo ケース採用モデル(CoolerMaster CM 690 II Plus rev2)の場合--

eX.computer ガイドブック クイックセットアップガイド Windows®7 クイックスタートガイド、 オペレーティングシステムディスク(OS)、 ドライバディスク、 5インチ→3.5インチ変換アダプター

とASUSのドライバーが付いてくるようなのでどうということはない。
(なければASUSのWebからダウンロード)
1346256900

1346256868

G-GEAR neo GA7J-K42/ZS の構成例
*****************************************
●OS-【64bit版】 Windows 7 Professional 64-bit 正規版 with Service Pack 1
●CPU--Intel Core i7-3770K プロセッサー
●マザーボード-- Intel Z77 Express (ASUS製 P8Z77-V LK)
●メモリ-8GB (4GB x2枚) DDR3-1600 (PC3-12800) DDR3 SDRAM SanMax製
●HDD/SSD-
SSD-RAID ストライピング240GB(120*2) インテル(R) 520 シリーズ(6Gb/s対応)
(OSはSSDにインストール)
HDD--Seagate ST2000DM001  (2TB/SATA)
●CPUクーラーZALMAN CNPS-9900 MAX (CNPS9900MAX BLUE LED)
●ドライブ--DL対応 DVDスーパーマルチ(LG電子製 GH24NS90)
●グラフィックカード-NVIDIA GeForce GTX 560 Ti / 1024MB
●電源【80PLUS BRONZE認証】 Topower製 TOP-500D-B (最大550W、定格500W)
●PCケースCoolerMaster製 CM 690 II Plus rev2 (RC-692P-KKN5-JP)
************************************************
******小計 162,379円

--送料2,100円込み


******合計164,479円

1346256879

ここで、syuun自作機とは違うのは、マザーボードは一ランク下。
その一方で、SSDはIntel520シリーズという高速なもの、CPUクーラーはプッシュピン式でないのがこれしかなかったので上位機種。
CoolerMaster CM 690 II Plus rev2は今大人気の充実機種。
NVIDIA GeForce GTX 560 Ti / 1024MBは、旧型とはいえ中の上クラスで今ではCPの高いものになっている。

1346256168

ここでメモリーを8GBで押さえてあるのは、SSDを起動ドライブにしてあるためである。
それはマウスコンピュータのSSDのところに説明がある。

【第3世代 Core i7-3770K搭載】NEXTGEAR i600シリーズ

大容量メモリを搭載した場合、仮想メモリや休止時のデータ退避用としてSSD内の一部領域を確保するため、SSDの空き容量が少なくなります。 大容量メモリを搭載する場合は、120GB以上のSSDをおすすめします。」
それで不必要なメモリーを省いた結果である。
又、Intel520シリーズというのは高速で、これを使ってSSD-RAID ストライピングで爆速にしても不必要ではないかと言うところ。
少なくともReadで1,000Mb/sは出る。

これと同じような構成でマザーボードを除いて自作機と比べてみると、12,000円強自作機に足さなければならない。
それで概算126,856円(マザーボードASUS P8Z77-Vの差異は含まず)


普通の組み立て料というかギブアップ券が10,000円位で、SSD-RAID ストライピング、CPUクーラーの取り付けなどを含めると20,000円位になる。
それで概算150,000円位という感じなのだが、部品価格の変動と価格は価格com最安値、送料無料を選択しているので地方のPCショップで揃えればツクモくらいの価格にはなるかなと言う気がする。


しかし、ここまで来ればサイコムでもいいかなというのが実は本音。

1346256888

サイコムで組むとASUS P8Z77-Vになり、電源が850W・SILVERSTONE SST-ST85F-Pになり、HDDにSeagateが選択できない又SSD-RAID ストライピングは出来ない。

それでも 158,530円 という妥当な金額になった。







13456571781

|

« ASUS P8Z77-Vの自作パソコンから分かる最近のBTOパソコン -2012年自作 | トップページ | ASUS P8Z77-Vで作るRAIO0高速パソコン・完成-2012年PC製作 »

06.自作パソコンを作る・問題点を探る?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASUS P8Z77-V LKのTSUKUMO G-GEARとSyuun自作パソコンを比べる-2012年自作:

« ASUS P8Z77-Vの自作パソコンから分かる最近のBTOパソコン -2012年自作 | トップページ | ASUS P8Z77-Vで作るRAIO0高速パソコン・完成-2012年PC製作 »