« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

国難の正体――日本が生き残るための「世界史」馬渕睦夫・著を読む

1377630376

「国難の正体」の本は、昨年の12月発刊のものである。この本がなかなか買えなくてやっと買ったら3刷になっていた。
この著者の馬渕睦夫氏は元外交官で、その外交官経験と公開されている書簡、回顧録というものを読み解いて本書を書いているという。
従って、
第一章・戦後「世界史」の正体

第二章・超大国「アメリカ」の正体

のここまでは秀逸で、
○冷戦、○中華人民共和国建国の謎、○朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争等の裏というものを当時の為政者の回顧録などから明らかにしている。
特に中華人民共和国建国の謎などを読むと憤懣もので、中共がよくも蒋介石軍に勝って建国したと言うものである。

日本が降伏したあと、米国のマーシャル参謀総長が蒋介石軍に武器援助をせず停戦させ、八路軍(共産党軍)が満州に攻め込んで立て直すまで待たせた。
そこに米国が武器援助して蒋介石軍が負けたのだという。
朝鮮戦争にしても、当時国務長官だったマーシャル元参謀総長は、マッカーサーが連隊長にするのにも使い物にならなくてお払い箱にした大佐だったという。
それが何十人抜きで参謀総長、元帥にまでなった。

歴史(朝鮮戦争の映画も)を見て制空権を握っているのに、勝てないというのはおかしなものだったと思っていた。
この「国難の正体」を見れば、なるほどと納得するものがある。
それはベトナム戦争もそうである。北ベトナム軍が降伏する寸前まで追い込まれてあと一息と言うところで、米軍が撤退したというのはよく覚えていることである。
これにも当然裏があったと読み解いている。



国難の正体――日本が生き残るための「世界史」

こんなふうにして、第1章、2章は本を置くことができないくらい面白い。
しかし、第三章の「日本」の国難の正体に来ると何だか徐々に論点がぼけてくる。
日本人には「回顧録」を書くという習慣がないからだろうか。
この回顧録を書くというのは、後年になって歴史の闇を明らかにしておく為政者の義務であるという。
だから、あのマリーアントワネットの首飾り事件でさえ、首謀者の一人である伯爵夫人は回顧録を書いて英国で出版しているほどである。

それで日本では戦後の闇というのがなかなか分からない。
そのときの為政者が回顧録を書いて、戦後政治の闇を明らかにしておけば今大分違ったろうが、あの英国人のようだった白洲次郎にしても回顧録を残したという話は聞いていない。


それで第三章の<「日本」の国難の正体> は歯切れが悪い。

そうであるならばどこから「国難の正体」を引くかといえば、西尾幹二著の「憂国のリアリズム 」のほうであろう。

この「国難の正体」では、日本国難の正体の一部として、日本の戦後利得者を示している。
この戦後利得者は、いわゆる言論検閲を行った人達であった。
これが戦争直後の日給で1,000円、月給に直すと30,000円という途方もない給与で5,000人もいたという。しかもすべて国民からの税金でまかなっていた。
(馬渕氏によると、月額1,000万円に相当するという・・・1年で億万長者)
この人たちが日本の中枢に入り込んで、独立後も戦後体制を維持したという。

昔の欧州の映画を見ると、占領されてそのときの占領軍に協力した人達というのはフランスのビシー政権のように独立後は徹底的に排除された。
ところが日本では、そういうことが全くなかったと言うのが不思議だと子供の頃に歴史教科書を読んで思っていた。

考えてみれば、占領憲法である日本国憲法をそのままに、占領体制を維持してきたと言うのが戦後利得者であった。

要するに国民を延々と騙し続けてきたのが彼らだということである。
この部分は、本書「国難の正体」でも田母神問題として馬脚を現したと書かれている。
以前に映画「マトリックス」を見て、全く日本そっくりだと驚いたことがあった。
主人公「ネオ」が覚醒したのと同じように国民はネット情報によって、覚醒しつつある。
もう後戻りはできないが、このことから日本の「国難の正体」とは日本の政府官僚機構、政界、マスコミという日本人そのものになってしまっていることが分かる。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

CoolerMaster・CM Storm Scout 2 Gun Metalで組む自作パソコン

01_1377456993_2

第4世代CoreプロセッサーHaswellで今年の自作パソコンを作ることになった。それでこれから自作パソコンの作り方の一例を紹介してゆきたい。
自作パソコンの作り方の雑誌を見ると、第一にマザーボードにCPUを載せCPUクーラーを取り付けるというところから始まる。
これはパソコンケースを買ってきて、そのまま使うという前提であって、実のところ余り実用的ではない。


*******************************
今回のCM Storm Scout 2 Gun Metalというゲーマー向けのPCケースは、9個のクーラーファンが取り付けられることになっている。しかし、実際には120mmのファン・フロント1、リア1というCoolerMaster製としてはかなりシンプルである。
これは買った人が「好きなケースファンを取り付けてくれ」と言う意味合いであると推測する。
しかし、ケースファンというのは多少見栄えの良いものは結構高価で、4基ぐらい追加するとPCケースが買えてしまいそうな金額になる。
それで多大な出費がないときに、細々と質の良さそうなファンを買い溜めて置く。

それで今回はケースファンをCPUクーラーを除いて6基搭載することにした。
要するに赤色LEDのケースファンを4基追加した。
過去の実験から見てみると、フロントの追加ファンの効果はあまりないと思われる。
そして、天井のファンも思ったほど効果は期待できない。
しかし、赤いLEDの色が見えるのがPCが動いている証拠と設置したまで。
一番効果があるというのがサイドのケースファンで、グラフィックスを冷却する効果がある。


02_1377602736_2
**********************************
それで今回Storm Scout 2 Gun Metalを使った理由は、単純に赤色LEDケースファンを使いたかったという理由のみである。
5インチベイは、3基分でDVDドライブ、ファンコントローラーを当面考えている。
ASUSの場合、Fan Xpert 2と言うものがあって「Dual Intelligent Processors 4 with 4-Way Optimization」に統合され、ファンコントロールが出来る。
それで最近はファンコントローラーと言うものを使わなくなってきている。

そんなわけでCoolerMaster・CM Storm Scout 2 Gun Metalでは外せる部品は全部外して枠だけにする。
そこにクーラーファンを設置して、その後電源やマザーボード用のスペーサーを取り付けておく。
マザーボードに取り付けるネジ類というのは、安いケースを買っても全て付いてくる。
ネジの種類は、インチネジ(二種)とミリネジの3種類になっている。
インチネジには、ケース自体や電源を取り付けるネジがあり、PCの組み立てでは普通はこれをインチネジとは呼んでいないようだ。
ミリネジというのがドライブ類を取り付けたりする細かいネジで、マザーボード類に関するところはこれ
マザーボードは、「スペーサー」の種類による。
インチネジは太く長めのものでHDDなどを取り付けるが、最近のPCケースではアダプターで簡単脱着になっているから使わないことが多い。


03_1377456973_2

★左の部品は、ケースファン取り付けでまだ使っていない部品。

★CMの部品のうち、電源固定に6本ネジを使用。(普通は4カ所)

**********************************************
CoolerMaster・CM Storm Scout 2 Gun Metalの仕様
***********************************************

■本体カラー;ガンメタル、ブラック
■材質 :めっき鋼板、合成素材
■対応フォームファクター:ATX、microATX
■5.25インチベイ オープン *3(DVDドライブ、ファンコンなど)
■3.5インチベイ シャドー*7(内4つは取り外し可能)HDDなどを着装
■2.5インチベイ シャドー*2--SSDなどを着装
(付属の2台対応アダプターを3.5インチベイx1に取り付けて使用)
■背面拡張スロット*7+1(+1は縦配置のスロット・ケーブル等保護用)
■上面インターフェイス     USB3.0x2、USB2.0x2、ヘッドホンx1、マイクx1
■ファン前部:120mmファン(レッドLED)x1--LED消灯スイッチ付。
(120mmファンx2または140mmファンx1に換装可能)
★追加・120mm赤色LEDファン追加。(AeroCool Shark120)
★ケース付属のフロントファン専用ネジを使用。

AeroCool Shark 120mm 冷却ファン12cm レッド EN55437

■後部:120mmファンx1(黒色の静音ファン)
■上部:120mmファンx2(OP)★120mm赤色LEDファンx2追加(AeroCool Shark120)
■底部:120mmファンx1(OP)**ナシ
■左側面:120mmファンx2(OP)
**120mm赤色LEDファンx1追加(ENERMAX PCケースファン TBアポリッシュ)


ENERMAX PCケースファン TBアポリッシュ12cm レッド UCTA12N-R

■3.5インチシャドーベイ:120mmファンx1(OP)**ナシ
■電源;EPS12V、ATX電源に対応
■サイズ(W x D x H)230mm x 517.5mm x 513.5mm
付属品
CM特有のミリネジ、インチネジのネジ類、フロントファン専用ネジ8本、ビープ音用スピーカなど写真のとおり。


04_1377456978

05_1377456986

CoolerMaster CM Storm Scout 2 Gun Metal ゲーマー向けATXミドルタワー ガンメタリックカラー SGC2100GWN2JP

06_1377456999


**********************************************************
CM Storm Scout 2 Gun Metalに関する感想
****************************

07_1377457006

CM Storm Scout 2 Gun Metalの特徴は、ケース持ち運び用の取ってがあることである。
それで最近の傾向である薄型を意識してケースのサイド部分を膨らませて多少薄いように見せている。
PCケースは、買値10,000円以上のものとなるとかなり使い勝手が良く、後悔すると言うことが少ない。
従って、種々の部分を取り外すというときにも簡単に分解で生きる。そして、何ら必要な部品も揃っていると言うことにつきる。
但し、従来のCoolerMasterに比べれば上部の120mmファンx2ぐらい付けておいてくれても良かったのではないかと思う。

ビックカメラ.com

ビックカメラ.com

ソフマップ・ドットコム




NEC Direct(NECダイレクト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

この残酷な世界で日本経済だけがなぜ復活できるのか/渡邉哲也(著)を読む

1377114517

渡邉氏の著書は、「儲(もうけ)」、「新聞の経済記事は読むな、バカになる」(共著)、「これからすごいことになる日本経済」という本を読んでいた。
本の中身は、渡邉氏の話を聞いていると大体話したことが多く書かれている。但し、話したことと文章になっていることとでは話している「毒」が違うのは当たり前である。

今、NHKなどのTV、新聞という報道があまり信用できないということが分かってきた。それは全てのメディアが一次資料をそのまま報道するというのではなく、ある種のフィルターをかけて報道しているということである。
時には、話の文章を切り貼りして報道したり、重要な前提を省いたりその報道機関の趣旨にそって一次資料がねじ曲げられるということも分かってきた。
その分かってきたというのは、今や情報というのは報道機関の独占ではないということである。
従って、新聞などの報道でつじつまが合わないような内容は、一次資料によって直ぐに論破される時代になった。
かって情報を独占していた時代は、NHKや新聞社などが、自分たちに都合の良い世論を作ることが出来た。しかし、今はその報道しないという不誠実も含めて、信用できないと思われている。
従って、この著書に書かれていることは100%新聞には書かれないことである。

本を読むとき、その中から何か一つでも「はっと思いつくこと」があれば良いと考えている。
渡邉氏の過去の著書からでは、ポジショントークである。
アベノミックスが始まる前のいわゆる経済評論家やエコノミストは、全てポジショントークで日本経済を論じていたということが分かると本当に馬鹿馬鹿しくなるものである。
要するに、そういうことの意見を聞いている方がお人良しであった。
証券マンエコノミストは、○○証券という看板を背負って、その証券会社が儲かる方向でしか話をしない。
株安になるとポジショントークして株が売られれば、その安くなった株を買って儲けるという次第である。

それでこの人は、どういう立場でこういうことを言っているのかという背景が分かると、面白いように言葉の真意が分かったりするようになるから不思議である。

要するに、ものごとの裏読みが出来るようになる。
そして、当然新聞者もNHKを含めた放送局も全てポジショントークであって、そのバックに何があるのかと思う(ほとんどばれている)と末恐ろしくなる。
その新聞その他の裏読みには、本書が非常に寄与する。

「新聞の経済記事は読むな、バカになる」日下公人・渡邉哲也を読む
http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4790066

「これからすごいことになる日本経済」渡邉哲也著を読む
http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4771949


この残酷な世界で日本経済だけがなぜ復活できるのか: グローバルマネーの大逆流が始まる (一般書)

この本の第一章では、これから世界の状況がどう変わるのかということを示唆している。
「世界金融の大変化が始まった」
ここで「アメリカの出口戦略」ということが書かれている。
この出口戦略とは、アメリカがリーマン・ショック以降大量にドル札を刷ってきた量的緩和の縮小に向かうということである。(2014年半ばに終了)
この出口戦略の話は少し前に報道されたことがあり、一時期株価が大幅に下がったことがある。
そしてそのドルの引き上げというのは、世界中に投資されているたとえば50倍にもレバレッジ(てこの原理で仮想的にふくれあがる)されたドルがなくなると言うことである。
単純に言えば、新興国(自国通貨が国際通貨でない)からドルが消えてなくなることである。

こんなことを見れば、今景気減速で危ない中国、韓国などは間違いなくクラッシュすることが明白である。中国のハードランディングはグローバル金融資本が困るというので潰さないようだが、韓国はわからない。
それでアベノミックスで東南アジア諸国を歴訪して、日本が債務を保証(通貨スワップなど)しようという政策に出ていることは報道されているとおり。
こういう視点から考えると、種々の政策というものの良否が分かってくる。

それは、当然中国に投資したり、韓国と合弁事業を行うというのは火中の栗を拾うどころか火だるまになる。
渡邉氏はいう。
いくら中国が発展するからと言って、中国に工場を作り中国製の日本車を売っても誰も買わない。---という。
なぜなら雇用が増えないからである。車というのは現地生産である。

ここで面白い項目がある。
「『中国に内需がある』という嘘をつき続ける理由」P180
それは、先に述べたように「中国から先進国への輸出が激減した」からだという。
車にしても、現在ナンバープレートは登録制限になっていて、車が欲しくてもナンバープレートがないという。(渡邉氏などの話)
考えてみれば、少し前に悪さをした中国での話。高級車に乗った若者の犯罪だったがナンバープレートは付いていなかったと報道されていた。

最後の章の5章は、日本の経済評論家の内弁慶を笑う。
日本円は「1ドル50円になる」とか「日本は破綻する」という議論は、日本のうちだけに向けて主張されていて、決して国際社会には発信されない。

そして、もしそういう発信をしたならば、国際金融社会では相手にされなくなるであろうという。それでいて、「海外ではこう言っている」と言うべきでないだろうと述べる。

実際には、「海外ではこう言っている」と言いながら、歪曲した報道や発信をしているワケである。

日頃ネットを見ていると、物事の裏読みができてそれこそ自己防衛ができる。
そして、この本もそういうネット言論を多少まとめたものであり、ネットを見ていなくともこの本だけで何となく現状が見えてくると言うものである。

韓流時代劇と朝鮮史の真実  朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏

ソフマップ・ドットコム




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

2013年下谷東雲生誕100年・書泉会創立50周年記念展を観覧

1377195341

平成25年8月22日~25日まで、前橋市民文化会館大展示ホールと第2会場として小展示ホールで開催されている。
下谷東雲先生の遺墨は13点。書泉会の記念展では下谷洋子先生外、142人が出品している。
2013年8月22日の初日の午前中にお邪魔したのだが、すでに沢山の観覧者がみられた。又、作品の数が多くて中々写真を撮っていられなかったので今回はそのエッセンスのみ。

1377195348

1377195353

1377195358

1377195366

1377195445

1377195471

1377195393

1377195383

1377195375

東雲先生の遺作は、いつの頃の作なのかは分からなかった。しかし、非常にバラエティの富む作品であった。
東雲先生健在のころは、実のところ「かな文字」というのが余り理解できなかった頃で、本当のところほとんど印象に残っていない。
しかし、改めて東雲先生の作品を見ると、本当にすばらしくて昔よく見ておけば良かったと後悔するものであった。

1377195401

1377195411

1377195419

1377195435

1377195427

1377200062

1377200070

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 V1
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2013-08-22
焦点距離: 11mm (35mm 換算焦点距離: 29mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.0 (Windows)

1377195458

1377195451

1377195464

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 V1
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2013-08-22
焦点距離: 27.5mm (35mm 換算焦点距離: 74mm)
絞り値: f/5.6
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.0 (Windows)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

今年もASUSで組む2013年自作パソコンの構成と部品

01_1377026667

自作パソコンもようやく部品全部を買いそろえた。今年は、少しずつ買いそろえたので例年になく豪華仕様になった。
そもそもCPUもマザーボードもその他の部品も上がり、メモリーに至っては昨年と同じものを購入したのに値段は倍になっていた。
そして、今年のエイャーと飛び込む気分というのは、512GBのSSD。

02_1377026675

シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 512GB CSSD-S6T512NHG5Q

これだけは一時期に比べれば随分と安くなった。
この自作機の部品は、例年お盆のときに部品を買い回るという年中行事になっている。
それは、この時期に特別バーゲンをやったりするからである。
実を言えば今年は多少異変があった。
その一つは、日経新聞に「激化するアマゾンvs家電量販、『最安値』つかむワザ 」(2013/08/20 Web版)にあるように、購入した「ソフマップ」やビックカメラはAmazonの価格連動になっていたからである。
そんなわけで、ソフマップでは18日までキャンペーンと謳(うた)っているのに20日になっても継続中。
しかもAmazonの価格が下がったので、買ったときより1,000円以上下がっている。

03_1377026685

今年の自作パソコンの予定は、低予算にするか又は、ゲーマー向けにするかと迷った。
以前に書いたとおりCPUのオーバークロックが「K」付きでないと出来ないために結局
CPU は、Core i7-4770K BOX品になった。

Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz 8Mキャッシュ LGA1150 Haswell UnLocked BX80646I74770K 【BOX】

マザーボードは、ASRockの予定が安いものだと買値が高くなる現象なのでASUS Z87-PROになった。
これはいつの間にか2013年8月20日現在で、価格コム人気第2位になっていた。
マザーボードのZ87-PLUSは値下がりしてPROとは値段差が開いている。

ASUSTeK Intel Z87チップセット搭載マザーボード Z87-PRO 【ATX】

ここでASUS Z87-PROの方は、ヒートシンクなどが上位機と同じになっているのに、PLUSは価格差の割りに簡略化されている。
使ってみれば、無線LANがあるかどうかとPCIスロットがあるかどうかくらいしかない。

04_1377026680

GIGABYTE グラフィックボード Geforce GTX660 2GB PCI-E GV-N660OC-2GD/A

あと今回はSSDを買ったので、見合わせようと思っていたのがグラフィックスカード。
しかし、ゲーマーパソコンをテストしているのに「SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION」でもないだろうである。
いずれにせよ現在では、コストパフォーマンスが良いNVIDIA GeForce GTX 660OCにしてみた。
今にして思えば、6月6日に安く売っていたGeForce GTX 660Tiを買っておけば良かったかと思ったが後の祭り。

05_1377026703

そして、電源はHaswell対応のオールテックから出ている「FSP RAIDER RA-750」というSilver750Wの割安電源にしてみた。
これは将来SLIなどに備えるというものである。

オウルテック 【80PLUS SILVER取得】オリジナルICによる高効率・低ノイズを実現ATX電源ユニット FSP RAIDER 750W RA-750

FSPといえば、マウスコンピューターはFSPを使っているが大方Platinum電源。

06_1377026691

その他の部品は、取りあえずあるものを使うことにしている。
パソコンケースも4台在庫があるので、実際は何を使うかはそのとき気分。

そのうちにだんだん組み立てる・・・というか始めれば直ぐ終わってしまう。

DT01ACA300 ※土日限定特価


ビックカメラ.com

ソフマップ・ドットコム



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

お盆特売???・やっと買ったLUMIX G X VARIO PZ 45-175mm

1376846983

LUMIX DMC-GX1X レンズキットを昨年の10月に買ったのだが、もう随分前に買ったような気がする。もう既に後継機と思われるLUMIX DMC-GX7が発表されているので、GX1は今やコンデジ並に買える時期になった。
このLUMIX DMC-GX1を買うきっかけとなったのは、Panasonicのブロガーミーティングだが交通費を10,000円もかけて参加した割りには実りがなかった。
そのときにLUMIX DMC-GX1の欠点-手ぶれ補正について質問した。その問題はどうもGX7で解決しているようなので、ある意味図星だったのかもしれない。
カメラというのは、大方こんなふうに撮れると予測してシャッターを切る。それが思ったように撮れないというのがダメなカメラだと思っている。
それは、ある意味LUMIX DMC-GX1というのは割り切りが悪い。例にたとえれば、Micro4/3のミラーレス一眼カメラなのに、Canonの中級機並の背伸びをしようとしていることであった。
そんなことで、コンデジ、デジ一眼など約10台ぐらい撮り比べて、持っているカメラの中では頼りにならないカメラという評価になった。
「撮りたいときに撮れていない」カメラであり、どうでも良いときには良く撮れたりするカメラであった。悪条件に弱いものでこれ一台持ってはどこにも出かけられないというミラーレス一眼カメラである。
しかし、動画は手ぶれ補正を除けばかなり良い方であった。

1376846975

・・・というわけで、キットレンズのLUMIX G X VARIO PZ 14-42mmだけでは力不足で、標記のLUMIX G X VARIO PZ 45-175mmをやっと購入した。
このレンズは、今年の春あたりから参考価格の4割引以上になっていて一種の在庫処分。
このMicro4/3などの小さめなレンズというのは、既に高倍率ズームに中心は移っているのでこういう価格にならざる終えないのだろう。

いずれにせよ、買える値段になったら買おうというのが小生の主義。但し、マウンドはなるべく増やさない方針。

それでLUMIX G X VARIO PZ 45-175mmを買おうと--キャンセル済みだが「ヤマダモール」で買ったという話は前エントリー。

1376846970

ビックカメラでは***

【マイクロフォーサーズ】LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.(ブラック) icon icon icon
ヤマダ電機のWeb店は、今まで価格コムに参入してこなかったのに、ここのところ調べてみるとやたらと「在庫なし」なのに上位に食い込んでいる。
ヤマダ電機は赤字になったので、「売り上げを上げろ」ということなのかもしれない。

そしてヤマダ電機の時は、ヤマダポイントを使おうと思っていた。

1376846963

今回ビックカメラがビックポイント対象外(期間限定?)になったので、ビックのポイントを使うことで購入。
全額ポイントというほど貯(た)めていなかったが、10年近く使っていなかったポイントが捌(さば)けたのにはすっきりした感じである。
あとはヨドバシカメラのポイントを何とか使う算段をするのだが、なかなかそういう機会はない。


ビックカメラ.com

ビックカメラ.com

ソフマップ・ドットコム



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

第16回 妍墨会展を観覧する・前橋市民文化会館

1376759007

平成25年8月17日~19日まで、前橋市民文化会館・大展示ホールで第16回 妍墨会展が開催されている。(代表・大井美津江)
妍墨会は、大東文化大学の書道関係教師などを中心とした大東文化大学OB・OGの書道団体であるという。
今回の出品者は、群馬、埼玉在住の在校生1名を含めた24名で80点あまりを陳列している。

1376758964

1376758984

1376759086

1376758970

1376758989

1376758898

1376759043

1376758996

1376759018

1376759036

1376759071

1376759051

1376759061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

Intel Core™ i7-3970X-EE(Extreme Edition)搭載HP ENVY Phoenix 800-090jp/HP最高峰ゲーミングPCレビュー

1376672522_2

HP ENVY Phoenix 800 Desktop PCは、HPのゲーミングPCのハイエンドモデルである。
今回は、ハイエンドとしてカスタマイズ(BTO)されている、Intel Core™ i7-3970X-EE(Extreme Edition)とNVIDIA® GeForce® GTX 680を実機で検証する。
HPのDesktopモデルPCには、ハイエンド夏モデルとしてENVY 700-060jp/CT、ENVY Phoenix 800-080jp/CT、ENVY Phoenix 800-090jp/CTがある。
このうちの「Phoenix」と名が付くモデルがゲーミングモデルの高性能パソコンである。
(春モデルには付かないものもある。)
又、「Pavilion」と名前に付くデスクトップパソコンは、事務用と考えられるシンプル設計になっている。

 

今回借り出したHP ENVY Phoenix 800-090jpは、Intel ® X79 Express チップセットでSandy Bridge-Eという種類のCPUを使っている。
最新CPUのHaswellを使うシリーズは、HP ENVY Phoenix 800-080jpである。
今回Ivy Bridge、Haswellなどの「殻」問題(CPUの放熱)とも無縁で、ほぼゲーミングマシンとして確立されている高性能のSandy Bridge-Eはどれだけ違うのかを検討する。

 

実機BTOでは相当にカスタマイズされていて、以下に述べる構成例のように地デジチューナー(W録画)まで選択されている。
但し、「地デジチューナー」に関しては、本意ではないので検証していない。


************************************************************
HP ENVY Phoenix 800-090jp BTOによる実機の構成概略
(品番などは、この実機の場合、生産時に変更のこともある。)
*************************************************************

●OS--Windows 8  Pro 64ビット
■CPU--Intel Core™ i7-3970X-EE(Extreme Edition)3.5GHz(ターボブースト時4.0GHz)6コア12スレット(Hyper Threading Technology)
■マザーボード-インテル® X79 Express ・Sandy Bridge-E
●メモリ-32GB(8GB×4)(PC3-12800 DDR3 SDRAM)(実機はMicron製)
■SSD-128GB(実機Micron製・MTFDDAK128)
●HDD-1TB(7200rpm)(実機Seagate ST1000DM003)
●CPUクーラー水冷式クーリングシステム(レッドイルミネーション付)
●ドライブ--ブルーレイディスクドライブ(実機hp BD-RE BH40N)
●グラフィックカード-NVIDIA® GeForce®GTX680
●カードリーダー : 15in1メディアスロット
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
■電源・600W電源 【ATX電源、Active PFC搭載】
*************
■ワイヤレス日本語(109A)キーボード & ワイヤレス光学スクロールマウス
■TVチューナーカード・ピクセラ製 地デジ/BS/110度CS対応 ダブルチューナー・2番組同時にAVC録画を実現。 (専用リモコン付)(設定 未確認)
***************************************
★「HP Pavilion 27xi 27インチIPS光沢モニター」も一緒に借用。

1376672568

1376672489

1376595481

1376672542

使われている筐体は、下位モデルでは変更されたがこの最上モデルでは変更はない。
従って、一見しては春モデルと外見からは区別できない。
春モデルのレビューは以前のエントリを参照。
HP ENVY Phoenix h9-1490jp水冷CPUクーラー搭載ゲーミングマシン実機レビュー
http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4796447

HP ENVY h8-1560jp東京生産フルカスタマイズモデル実機レビュー
http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4819058

1376672498

1376672506

1376595570


1376672469
1376595529

1376595449


1376595345

1376595322

1376595328_2


1376672455

1376595427

1376595436

**************************************************************
起動時間・BIOSの検証・HP ENVY Phoenix 800-090jp BTO版
Microsoft Assessment Console Analyzer
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
**************************************************************

1376595546

起動時間は、何回か試してみて14.7秒というこういうデスクトップ型パソコンとしてはかなり高速であった。
実際の起動時間はそのときの状況によって多少変化するのである程度の目安である。
グラフィックスもオンボードではないし、各種のドライブもあるのでSSDを使ったとしても15秒を切るのが難しいのが現状である。

1376672442 

起動時間・14.7秒
「Boot performance--6.036秒Fast Startup・Microsoft Assessment Console」

「Startup and Shutdown Experience」のBoot performanceが大幅に改善され起動の速さに繋がっている。

1376595539
**********************
参考(本ブログでの測定結果)
HP ENVY h8-1560jpカスタマイズモデルの場合
起動時間・22.4秒
「Boot performance--14.79秒Fast Startup・Microsoft Assessment Console」

HP ENVY Phoenix h9-1490jpカスタマイズモデルの場合
起動時間・20秒
「Boot performance--11.327秒Fast Startup・Microsoft Assessment Console」
***********************

1376595563

1376595554

このように春モデルのCore™ i7-3770(Ivy Bridge)などに比べて、Boot performanceが改善されて大幅な性能アップになっている。

*******************************************
グラフィックスカード性能検証
*******************************************

1376595458

グラフィックカードには、NVIDIA® GeForce®GTX680というハイパフォーマンスのものが使われている。
このグラフィックカードでは「最新のPCゲームを快適に楽しむ」というのは充分すぎるくらいの性能である。
HeavenBenchmarkVer4.0、DirectX11のベンチマークでは、 他のNVIDIA® GeForce®GTX680に比べて「Score:1177」は変わらないものの「FPS:44.3」と多少低めになった。

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
****************************************************
*

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

 

(神の世界****)
40*****


30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)

15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)

10
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)



1376672435

*******************************************************
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼアのBenchmark
*******************************************************



1376595381

1376595418

1376595409

ファイナルファンタジーというのは、CPUの影響を受けるソフトの一つである。
特に最高品質などの負荷かがかかる時は顕著である。
NVIDIA® GeForce®GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・7,610
高品質・・・・9,888
標準品質・・14,436


***********************
過去の当サイトで測定したデーターによると
参考(CPUの影響もあるので参考値)
NVIDIA® GeForce®GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・7,480
高品質・・・・9,832
標準品質
NVIDIA® GeForce® GTX770(1,980×1,080)(別)
最高品質・・・7,315
高品質・・・10,280
標準品質

***********************************************
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク
キャラクター編(【7000~】 非常に快適)
***********************************************


1376672420


キャラクター編では、多少Benchmarkの数値が違ってくるので参考
NVIDIA® GeForce®GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・11,006
高品質・・・・11,469
標準品質・・・19,704

1376595387

1376595395

1376595400

****************************************************
バイオハザード6
****************************************************

1376672413

******************************************************
★「水冷CPUクーラー」の実力と高負荷テストの結果検証
OCCT-4・4・0
*******************************************************

1376595492
1376672529

1376595356

1376595503

温度は大方78℃で安定して、発熱の多いSandy Bridge-Eを水冷CPUクーラーは押さえ込んでいる。
Sandy Bridge-Eはハイパフォーマンスであるために、TDP「熱設計電力(Thermal Design Power)」が150Wと高く(発熱が多い)高性能CPUクーラーが必須になっている。
特に使われているCPU「Intel Core™ i7-3970X-EE」は約100,000円位する高価なCPUである。
********
最近のOCCTバージョンでは自動的にターボブーストしないようなので、4.0GHzになったときは分からない。
又、HPのHP ENVY Phoenix 800-090jpではOC(オーバークロック)出来ないので詳細は不明。

1376595317
1376595309
1376595303

1376672551

**************************************
★メディアカードスロット(15in1)
**************************************

従来と変わらず低速でSDHC UHS-1にも対応していないようである。

1376595510

1376595334

1376672514

****************************************************
HP ENVY Phoenix 800-090jpの検証結果の結論
****************************************************

1376595295

HP ENVY Phoenix 800-090jpのBTOモデルは、筐体が従来モデルと同じなのでエアフローなどは変わっていない。
そして、高価なCPUやグラフィックスカードを用いている。
それだけでなく、BIOSなどもリフレッシュしているようでSSD搭載モデルは、起動も速く快適である。
又、水冷CPUクーラーを使うためにマザーボードの冷却やエアフローに影響が出る。それで今回からチップセットクーラーを着装している。
又ゲームサウンドを堪能するための「Beats Audio™」はいつも通り。

そして、ノート型パソコンでは遅くて使えないと思った「HP Quick Start」も、HP ENVY Phoenix 800-090jpでは結構ストレスがない。

1376595520_2

1376595467


1376672560

HP ENVY Phoenix 800-090jpは、HPが他社には負けられないと「力コブ」をつけてBTOするものであるだけに、これだけは譲れないというゲーマーには最適化もしれない。

icon icon icon icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

今年の夏の新Haswellパソコン始動・ルーター、パソコンの不具合

01_1363389718

今年もお盆が来てしまった。それで何かといえば元々地元に住んでいるから帰省すると言うこともないし、どこかへ遊びに行くという気力もない。
それどころか宿題をいっぱい抱えて、右往左往している中学生という感じである。但し学生なら宿題を終わらせればそれで終わりだが、こっちはますます増えて行く。
それにしても今年の夏は非常に妙なことがあった。それは、7月上旬にヒカリ電話ブローバンドルーターが停止してヒカリ電話のルーターをそっくり交換。
その次にアクセスポイントのルーターが故障。事務所のルーターも具合が悪くなり共に予備のルーターに交換。
ついでにいえば、事務所のヒカリ電話ルーターが一時的に使用不能になった。
これは、元々アクセスポイントのルーターが古くなっていたこともあって、寿命と判断したが、自宅のヒカリ電話ルーターは昨年の10月に交換したばかりだった。

そして8月になって今度はAcer Aspire M5802 -A48というデスクトップパソコンが起動しなくなった。
4月14日のエントリーを見たら「Acer Aspire M5802 -A48」は2010年製で4年目だった。いろいろ考えると寿命は3年だったのかもしれない。

その一方で「ASUS P5Q-E」のマザーボードを使った方は、メンテナンスはしているとはいえ7年目になるのに妙なところからは全く問題は出ていない。
これでダメだったらAcerは廃棄処分と思って、予備のパソコンを持ち込んだ途端に何ともなく起動して使えている。

7月の段階では今ほど暑くなっていなかったのに、何か磁場でも変わったのか妙なものだった。
そしてこのお盆というのは新しい自作パソコンを作るとき。
今年はどういう傾向にしようかと考えていたのだが、少しずつ部品を買い集めていたのでマザーボードとCPU、メモリー、ストレージだけで済む予定。
ビデオカードは、取りあえずあるもので代用して出物がでて来るまで待つかと言う次第。

昨年はASUS P8Z77-V+Intel Core i7-3770Kにしてみた。しかし、オーバークロック耐性が良くなかったのでK付きにする必要はなかった。
要するにIntel Core i7-3770というKなしでも4段階ぐらいは、オーバークロック出来たのでKなしでも問題はなかった。
しかし、今年のHaswellは、「K」付きでないとオーバークロック出来ないようになっているという。それでIntel Core i7-4770Kを買わざるおえず5,000円の追加出費になった。
ことしは、多少安くてコストパフォーマンスの高いASRockにしようと思ったのだが事実上安くならなかった。
CPUと同時購入だと各社の割引セットがあって、「ASRock Z87 Extreme4」を買うより「ASRock Z87 Extreme6 」を買った方が安くなるという珍現象であった。
今現在の出費はそれほど多くはならない予定だが、総じて昨年より2-3万円は値段が高くなる予定。
確かにパソコンの性能は上がり、昨年のような多少チープなところはなくすつもりなのでビデオカード以外そこそこの設定になる予定。

新Haswellパソコンは、そのうちに公開。
今度は製作過程でも公開してみるかとも思ったが・・・
パソコン雑誌のようになるかも・・・で考え中。

シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 4GB 2枚組 ヒートシンク付 W3U1600HQ-4G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】


シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 512GB CSSD-S6T512NHG5Q

icon icon
ソフマップ・ドットコム ソフマップ・ドットコム



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

席上揮毫をPowerDirector 11 Ultraで編集・第65回毎日書道展

01_1376075423

第65回毎日書道展の席上揮毫会が平成25年7月27日、国立新美術館の講堂で開催された。この揮毫会は後半で「近代詩文書、かな、前衛書」になっている。
揮毫会は、最初に前衛書の中尾瑤香、近代詩文書の赤富士北祭、栃木郁子先生などの揮毫が行われた。
かな部門は、次回の席上揮毫のエントリーに記載するので省略****

02_1376075419

撮影は、13時から行われた。
しかし、撮影場所が確保されているわけではなく、後ろの方だったので270mm相当の望遠レンズをしてもうまく撮れなかった部分がある。
特に前衛書は、動画を公開するほどの撮影ができていない。
又、今回公開した栃木郁子先生の席上揮毫も1枚目は撮影できていない。

03_1376075414

04_1376075403

実を言うと毎日書道展の席上揮毫会をPowerDirector 11 Ultraで編集して公開したことがない。それで多少今までの席上揮毫会の構成とは異なっている部分が多い。
そして、栃木郁子先生は2作品を書かれたのが、1作品しか収録できなかったので「オマケ映像」を入れてみたのが今回の「おもしろみ」である。

05_1376075390

動画編集というのは、必要ないと思った写真や動画でもたくさん撮っておいてその中から使えそうなものを使うということが多い。
それで今回もそういう、ふとしたことから撮影したものを入れてみた。

06_1376075398

07_1376075408

サイバーリンク Media Suite

次回のかな部門の先生の時にはどの様になるのかは、残っている映像次第である。

又、映像使用(肖像権)の承諾を得ていない先生の席上揮毫は公開しない予定である。

サイバーリンク

サイバーリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

第22回群馬篆刻協会展開催される

1376070642

群馬篆刻協会展が例年のように、読売書法展の開催時期に開催されている。
例年の暑い中なので、又篆刻協会展の頃になったと思うものである。
会期は、平成25年8月9日~11日まで。会場は、前橋市民文化会館小展示ホールである。今年は、会長が阿部裕幸先生から計良袖石先生に代わっての初めての展覧会になる。

1376070636

いつも通り、人気の印を彫るコーナーもあり印材も上がっていることから何かとお得な気がしないでもない。
課題印は、「千字文」を分刻して展示している。

1376070613

1376070619

1376070625

1376070646

1376070670

1376070630

1376070604

1376070657

1376070664




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

実機で研究FMV LIFEBOOK WU1/L(UH90/L)を使ってみる

1375904831

FMV LIFEBOOK WU1/Lは、店頭モデルFMV LIFEBOOK UH90/Lのカスタムメイドのモデルで、富士通のWebでしか買えないノートブックパソコンである。
このカスタムメイドのモデルの特徴の一部は、OSやCPUのグレードアップ、メモリーの増設、SSDへの変更など店頭モデルUH90/Lからでは絶対に変えられない部分が出来てしまうと言うことにある。(筐体は完全に密閉されている。)
今回は、FMV LIFEBOOK WU1/Lのカスタムメイドしないモデル(FMV LIFEBOOK UH90/Lと同等)を検証して、どんなところをカスタムメイドした方が良いのかも検討したい。(本PCは借用品である。)

***********************************
LIFEBOOK WU1/L(UH90/L)の特徴
***********************************

FMV LIFEBOOK WU1/L(UH90/L)は、次世代「IGZO」ディスプレイ(超高解像度3200×1800ドット)というタッチパネル対応液晶モデルである。
電気屋の店頭で見てみても一目で分かるくらいの色の鮮やかさというのは特出する。
しかし、14型ワイド液晶パネルに超高解像度3200×1800ドットではタッチパネルで操作しようとしても指の方が太くてなかなか難しい。
それで「かんたんサイズ設定」などのアイコンがデスクトップにあったりする。

1375904869

**************************************
外見、筐体の変更点など
**************************************

このFMV LIFEBOOK WU1/L(UH90/L)の筐体は、富士通では「"機能"と"美しさ"、そして"堅牢性"を備えた、日本が誇る工芸品のような存在、刀。」と表現している。
以前にレビューを書いた(以下参照)                  
LIFEBOOK WU1/J(カスタムメイドモデル)(Win8)
http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4687759

LIFEBOOK UH75/HN(カスタムメイドモデル)(Win7)
http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4466478

http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4449227

http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4409105

このような以前のモデルに共通する堅牢さとスタイリッシュなところは受け継ぎながら、よりシェイプアップして以前のUSBやHDMIの入力部分もより明確になっている。

1375904859

1375904875

そして、スリムなケースにも関わらずLANケーブルがそのまま接続できる新しいインターフェースも嬉しいところである。

1375904761

従って、厚みも15.5センチと変わっていない。(このLIFEBOOK UH75/HNのときはカタログ数値15.6mmだったが、実測では15.5mm)
重量は実測1407グラムでカタログデーター1390グラムより誤差範囲ぐらいで上回っている。

1375904739

参考****************************************************************
LIFEBOOK UH75/HNはウルトラブックの場合、カタログ数値約1.44kg。
実測値1.397kg(秤の誤差はあり)であった。
********************************************************************

又、スティック形状ACアダプタなどは、238グラムでUH75/HNの時の221グラムを上回っていた。

1375904743


***************************************
WU1/Lのカスタムメイド可能部分
***************************************

カスタムメイド出来る部分を列記すると
(右部がカスタマイズ可能部分)

■OS:Windows8--→Windows8 pro
■CPU:Core i5-4200U(1.6GB)--→Core i7-4500U(1.8GB)
■メモリ:4Gb---→8GB
■Storage:500GBハイブリッドHDD(Laptop Thin SSHD・Seagate)--→256、128SSD
■Office--Office Home&Business2013---→選択なし

■(追加オプション1)ポートリプリケータ(2013年8月6日現在未発売)
■(追加オプション2)スティック形状ACアダプタ (軽量タイプ)
■(追加オプション3)VGA変換ケーブル

ここで注目するのは、500GBハイブリッドHDD(ST500UM000)で現在Seagateから発売されている特殊なハードディスクである。
シーゲートのカタログによると
・5400-RPM spindle speed
64MB buffer.
32GB NAND flash(NAND flash Commercial Multilevel Cell (cMLC))

と書かれている。(日本仕様とは異なる)
それでこの500GBハイブリッドHDD(ST500UM000)が種々の動作をするので、いろいろと発生した事柄も考えて行く。

このテスト機は、FMV LIFEBOOK WU1/Lの基本モデルはUH90/Lと同じであるので、その構成を述べてみる。


1375904707


************************************************************
FMV LIFEBOOK WU1/Lの基本モデル・UH90/L
--実機の仕様の概略--(品番などは本機の場合)
仕様は2013年8月6日現在。カスタムメイドモデル
*************************************************************

●OS--Windows(R) 8  64ビット正規版
●CPU--Intel Core i5-4200U (2コア/4スレッド/1.60~2.60GHz)(Haswell)
●メモリ-4GB (4GB×1)DDR3L SDRAM PC3L-12800・SOMIMM(実機はMicron製)
●HDD/SSD-約500GBハイブリッドHDD(ST500UM000・1CV162 )
●グラフィックス・アクセラレーター-Intel® HD Graphics 4400(CPU内蔵)
●ディスプレイ--14型LEDバックライト付、タッチパネル式薄型・軽量、 高輝度・広視野角・高色純度・超高解像度TFTカラーLCD(フルフラットファインパネル)
3200×1800ドット IGZO
●無線通信--Bluetooth v4.0+HS準拠+1000BASE-T / 100BASE-TX / 10BASE-T準拠、Wakeup on LAN機能対応-IEEE 802.11a / b / g / n準拠
●拡張I/F -- HDMI出力×1、USB3.0準拠×2(右側面×1(電源オフ USB 充電機能対応HDMI側プラグマーク)(左側面×1)
●ダイレクト・メモリースロット--SDHC/SDXCメモリーカード対応(高速UHS SPEED Class1対応)
●指紋センサー--スライド方式 指紋センサー内蔵
●Office--Office Home and Business 2013(officeにPowerPoint などを追加したもの)
★★最新カスタムメイドモデルは、送料無料。3年無料保証。
3年無料保証の詳細はWebサイト参照。
******************************************************
1375907384


1375904766

1375904771

1375904776

1375904790

1375904722
1375907422

Windowsエクスペリエンスインデックスは以下のようになっている。
■プロセッサ*********6.9
■メモリ(RAM)******5.9
■グラフィックス****4.3
■ゲーム用G********6.2
■プライマリハードディスク**5.9


1375907374

ここでハイブリッドHDD(Seagate Laptop Thin SSHD)のエクスペリエンスインデックスは、通常のHDDと同じような数値になっている。
しかし、CrystalDiskMarkでその速度を測定してみると、読み込みが500GBレベルのHDDに比べると驚異的に早いことが分かる。
1375907411

1375907415

実測値としては、
LIFEBOOK WU1/J、LIFEBOOK UH75/HNに使われていた500GBのハードディスク「Hitachi HTS545050ATE380」に比べて、52.3%~65%もの読み込み速度が早くなっている。

これはLIFEBOOK WA2/J ・カスタムメイドモデルというハイパフォーマンスモデルに搭載されていた「TOSHIBA MQ01ABD100 1000.2GB」よりも、31.5%も早く驚異的である。

しかし、書き込みという部分ではキャッシュの効果が見られず、一般的な500GBのハードディスクドライブと大差ない。
従って、パソコンやアプリの起動という部分では早く感じる一方、再起動やWindowsアップデート後の起動なとでは対比してかなり遅く感じる。

要するに読み込みはかなり遅い印象になる。
又、新しいアプリをインストールなどの書き込みという部分では、既存のHDDとは違った感じがあって、重いアプリでは極端に遅くなることもある。


参考HDDデーター

1356550969

1356912009


FMV LIFEBOOK WU1/Lの基本モデルの起動時間とMicrosoft Assessment Console Analyzer・Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)



起動時間は、最速で20.5秒程度。
この起動時間は32GB NAND flashの状況によって変わる。


1375904846

特にアプリケーションが満載で、アプリの読み込みなどから起動に30秒を切ることはありないと思われるこのパソコンとしてはかなり頑張っている方である。

1375904837

Microsoft Assessment ConsoleのStartup and Shutdown Experienceでは、ハイブリッドHDD(Seagate Laptop Thin SSHD)とソフトの相性が合わずエラーとなって測定できていない。

1375907390

その一方、Browsing and Windows UI Experienceでは正常に終了しているので、測定では起動時(Boot performance(Fast Startup))のキャッシュに関してエラーが出るようである。

1375907395


***************************************
ゲーム用グラフィックスに関しての検証
Intel® HD Graphics 4400
***************************************

FMV LIFEBOOK WU1/Lの基本モデルの場合、ゲーム用グラフィックスのWindowsエクスペリエンスインデックスは、6.2Intel® HD Graphics 4000と同じ数値になっている。
従って、重いゲームには対応していないと思われる。
ここで、バイオハザード6でBenchmark(1280×720)を取ったところ863「D」で、ゲームは「必要な性能を満たしてません」であった。

1375904734

1375904729

***************************************
14型ワイド液晶、次世代「IGZO」ディスプレイ・超高解像度3200×1800ドット高精細ディスプレイを使いこなす。
*************************************
**


富士通のWebサイトには
Full HDの約2.7倍のきめ細かさなので、高解像度のデジタル写真も人間の見たままに近い美しさで表示されます。
262ppiの高ドットピッチにより、高性能デジタルカメラで撮影した写真を美しく再現。 また、印刷並の高精細なので、電子書籍も本物さながらの解像度で閲覧できます。
さらに、広い画面スペースに複数画面を同時表示できるので、「Webサイトを見ながら文書作成」など、マルチタスクでの作業も快適です。」
と書かれている。

1375904853

しかし、実際にこのパソコンを手に取ってみるといささか当惑するのである。
初期の状態では、「表示解像度が3200×1800ドット、画素密度が約262ppi(pixel per inch)」では、タッチパネルのタッチも指の方が太くて思うように使えない。

文字サイズが「大」に設定されているとはいえ、アプリの文字が拡大されるわけではない。
従って、解像度を3200×1800から2048×1152、1980×1080に変更して使ってみた。

このうちで2048×1152でもかなり小さいが、コントラストが高く精密液晶なので何とか使えるレベルになった。
しかし、タッチパネルは使いづらく、時としてマウスを繋いで使うと言うこともあった。
その一方、1980×1080にすると一般的で多少文字の滲みが強くなる感じがある。

そのほか富士通のソフト「かんたんサイズ設定」がデスクトップにありこの「かんたんサイズ設定」を使うと、解像度の変更と併せてより複雑になったりする。
この「かんたんサイズ設定」には
■「見やすさ優先」・・文字やアイコンが大きめ、タッチし易いサイズ
■「バランス優先」・・文字やアイコンが小さめ、Excelなど情報量を多く表示
■「情報量優先」・・・文字やアイコンが出荷時よりさらに小さく・・・

ということになっている。
★この「かんたんサイズ設定」では、解像度の変更と違ってパソコンをいったんサインアウトする必要があり多少面倒と言えば面倒でもある。(ソフトによって自動で・・)

1375904819

1375904806

1375904825


実際に使って見たところでは、やはり「かんたんサイズ設定」と解像度の変更とを組み合わせて好みの使い方をするのが良いようである。


**************************************
「@メニュー」や「F-Launcher」などの専用アプリ
**************************************

1375907368


パソコンメーカーでは、Windows8登場から専用のランチャーなどを公開している。
富士通では「F-Launcher」というソフトを起動することによって、スタート画面に戻らずともデスクトップから直接アプリにアクセスできるようになっている。
使えるようにするには、スタート画面をクリックすることによってインストールされる。

1375907351

1375904715

**************************************
ダイレクト・メモリースロット
SDHC/SDXCメモリーカード対応(高速UHS SPEED Class1対応)
***************************************

同じSDHCメモリーカードを使ってのテストであるが、メモリースロットのロットの違いで多少速度のむらが出る。
しかし、測定誤差のレベルで高速な書き込み、読み込みであった。

1375907400


******************************************************
FMV LIFEBOOK WU1/L基本モデルの使用結論とカスタムメイド
******************************************************


1375904754_2

1375907404

FMV LIFEBOOK WU1/Lは、従来からあるLIFEBOOK WU1/Jなどの堅牢なシャーシを持つUltrabookをシェイプアップして、超高解像度3200×1800ドットの高精細「IGZO」ディスプレイを搭載したものである。
アダプターナシでLANケーブルをそのまま繋げるようにしたために、USB3.0の端子が従来機に比べて一つ減少している。
CPUは第4世代のHaswellになっているものの、「2コア/4スレッド」のCPUである。

このような感じで「IGZO」の鮮やかで超高解像度を利用して「複数ウィンドウの整列表示」などをするのは良いかもしれない。
ハイブリッドHDD(Seagate Laptop Thin SSHD)は再起動する場合は遅くなるが、既にインストールされている富士通のアプリを使う限り(多分他に必要がない)において全く不都合もないし快適でもある。
そうではなく自分の好みのアプリを沢山入れたいという場合は、カスタムメイドでハイブリッドHDDの代わりにSSDにした方がよりすっきりした物になる感じがする。
その一方でUltrabookでは、重たい動画編集やRAW現像をすることもないと思われるので、上位のCore i7-4500U(1.8GB)にする必要は感じないだろうとおもわれる。

いずれにせよ、高精細「IGZO」ディスプレイが欲しいかどうかである。

それにしても、このFMV LIFEBOOK WU1/Lの「IGZO」ディスプレイと他の最新タッチパネル液晶ディスプレイを見比べると、モノクロとカラーくらいのインパクトがあるから驚きでもあった。

富士通 FMV ESPRIMO UH

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

毎日書道展第65回記念毎日現代書巡回展群馬展 開催される

01_1375382092

「多胡碑のロマン 今ここに」

毎日現代書巡回展群馬展が平成25年8月2日~7日まで、高崎シティギャラリー(全館)で開催される。
出品者は、「全国巡回展作家」、「群馬展出品作家」とあって、巡回展の方は毎日書道展の役員の先生(64点)。群馬展の方は、相談役、実行委員長、審査会員、会員、会友(全185点)になっている。

搬入、陳列は、平成25年8月1日(木)9時30分から行われ、無事終了。

02_1375382099

そして、作品集を見ると事前の告知されていなかった「特別企画」があった。

■ギャラリートーク

平成25年8月3日(土)13時より
(会場・高崎シティギャラリー)
○トーク・船本芳雲、下谷洋子

■席上揮毫

平成25年8月3日(土)14時より
(会場・高崎シティギャラリー)
○揮毫者・仲川恭司、千葉蒼玄

*************

03_1375382120

04_1375382126

荒井柊雲作品***************

カメラメーカー: RICOH
カメラモデル: GR DIGITAL 3
焦点距離: 6mm
絞り値: f/1.9
露出時間: 0.011 秒 (1/90)
ISO 感度: 64
露出補正値: +0.30 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: マニュアル
光源: 白色蛍光灯
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.0 (Windows)

1375712280

1375712329

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 V1
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2013-08-03
焦点距離: 11mm (35mm 換算焦点距離: 29mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.0016 秒 (1/640)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.0 (Windows)

1375712000

1375712334

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 V1
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2013-08-03
焦点距離: 11mm (35mm 換算焦点距離: 29mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.0050 秒 (1/200)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.0 (Windows)


HP Directplus オンラインストア

実を言えば、平成25年8月3日(土)~4日(日)は高崎祭りだという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »