« 今年の夏の新Haswellパソコン始動・ルーター、パソコンの不具合 | トップページ | 第16回 妍墨会展を観覧する・前橋市民文化会館 »

2013年8月16日 (金)

Intel Core™ i7-3970X-EE(Extreme Edition)搭載HP ENVY Phoenix 800-090jp/HP最高峰ゲーミングPCレビュー

1376672522_2

HP ENVY Phoenix 800 Desktop PCは、HPのゲーミングPCのハイエンドモデルである。
今回は、ハイエンドとしてカスタマイズ(BTO)されている、Intel Core™ i7-3970X-EE(Extreme Edition)とNVIDIA® GeForce® GTX 680を実機で検証する。
HPのDesktopモデルPCには、ハイエンド夏モデルとしてENVY 700-060jp/CT、ENVY Phoenix 800-080jp/CT、ENVY Phoenix 800-090jp/CTがある。
このうちの「Phoenix」と名が付くモデルがゲーミングモデルの高性能パソコンである。
(春モデルには付かないものもある。)
又、「Pavilion」と名前に付くデスクトップパソコンは、事務用と考えられるシンプル設計になっている。

 

今回借り出したHP ENVY Phoenix 800-090jpは、Intel ® X79 Express チップセットでSandy Bridge-Eという種類のCPUを使っている。
最新CPUのHaswellを使うシリーズは、HP ENVY Phoenix 800-080jpである。
今回Ivy Bridge、Haswellなどの「殻」問題(CPUの放熱)とも無縁で、ほぼゲーミングマシンとして確立されている高性能のSandy Bridge-Eはどれだけ違うのかを検討する。

 

実機BTOでは相当にカスタマイズされていて、以下に述べる構成例のように地デジチューナー(W録画)まで選択されている。
但し、「地デジチューナー」に関しては、本意ではないので検証していない。


************************************************************
HP ENVY Phoenix 800-090jp BTOによる実機の構成概略
(品番などは、この実機の場合、生産時に変更のこともある。)
*************************************************************

●OS--Windows 8  Pro 64ビット
■CPU--Intel Core™ i7-3970X-EE(Extreme Edition)3.5GHz(ターボブースト時4.0GHz)6コア12スレット(Hyper Threading Technology)
■マザーボード-インテル® X79 Express ・Sandy Bridge-E
●メモリ-32GB(8GB×4)(PC3-12800 DDR3 SDRAM)(実機はMicron製)
■SSD-128GB(実機Micron製・MTFDDAK128)
●HDD-1TB(7200rpm)(実機Seagate ST1000DM003)
●CPUクーラー水冷式クーリングシステム(レッドイルミネーション付)
●ドライブ--ブルーレイディスクドライブ(実機hp BD-RE BH40N)
●グラフィックカード-NVIDIA® GeForce®GTX680
●カードリーダー : 15in1メディアスロット
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
■電源・600W電源 【ATX電源、Active PFC搭載】
*************
■ワイヤレス日本語(109A)キーボード & ワイヤレス光学スクロールマウス
■TVチューナーカード・ピクセラ製 地デジ/BS/110度CS対応 ダブルチューナー・2番組同時にAVC録画を実現。 (専用リモコン付)(設定 未確認)
***************************************
★「HP Pavilion 27xi 27インチIPS光沢モニター」も一緒に借用。

1376672568

1376672489

1376595481

1376672542

使われている筐体は、下位モデルでは変更されたがこの最上モデルでは変更はない。
従って、一見しては春モデルと外見からは区別できない。
春モデルのレビューは以前のエントリを参照。
HP ENVY Phoenix h9-1490jp水冷CPUクーラー搭載ゲーミングマシン実機レビュー
http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4796447

HP ENVY h8-1560jp東京生産フルカスタマイズモデル実機レビュー
http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=4819058

1376672498

1376672506

1376595570


1376672469
1376595529

1376595449


1376595345

1376595322

1376595328_2


1376672455

1376595427

1376595436

**************************************************************
起動時間・BIOSの検証・HP ENVY Phoenix 800-090jp BTO版
Microsoft Assessment Console Analyzer
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
**************************************************************

1376595546

起動時間は、何回か試してみて14.7秒というこういうデスクトップ型パソコンとしてはかなり高速であった。
実際の起動時間はそのときの状況によって多少変化するのである程度の目安である。
グラフィックスもオンボードではないし、各種のドライブもあるのでSSDを使ったとしても15秒を切るのが難しいのが現状である。

1376672442 

起動時間・14.7秒
「Boot performance--6.036秒Fast Startup・Microsoft Assessment Console」

「Startup and Shutdown Experience」のBoot performanceが大幅に改善され起動の速さに繋がっている。

1376595539
**********************
参考(本ブログでの測定結果)
HP ENVY h8-1560jpカスタマイズモデルの場合
起動時間・22.4秒
「Boot performance--14.79秒Fast Startup・Microsoft Assessment Console」

HP ENVY Phoenix h9-1490jpカスタマイズモデルの場合
起動時間・20秒
「Boot performance--11.327秒Fast Startup・Microsoft Assessment Console」
***********************

1376595563

1376595554

このように春モデルのCore™ i7-3770(Ivy Bridge)などに比べて、Boot performanceが改善されて大幅な性能アップになっている。

*******************************************
グラフィックスカード性能検証
*******************************************

1376595458

グラフィックカードには、NVIDIA® GeForce®GTX680というハイパフォーマンスのものが使われている。
このグラフィックカードでは「最新のPCゲームを快適に楽しむ」というのは充分すぎるくらいの性能である。
HeavenBenchmarkVer4.0、DirectX11のベンチマークでは、 他のNVIDIA® GeForce®GTX680に比べて「Score:1177」は変わらないものの「FPS:44.3」と多少低めになった。

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
****************************************************
*

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

 

(神の世界****)
40*****


30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)

15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)

10
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)



1376672435

*******************************************************
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼアのBenchmark
*******************************************************



1376595381

1376595418

1376595409

ファイナルファンタジーというのは、CPUの影響を受けるソフトの一つである。
特に最高品質などの負荷かがかかる時は顕著である。
NVIDIA® GeForce®GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・7,610
高品質・・・・9,888
標準品質・・14,436


***********************
過去の当サイトで測定したデーターによると
参考(CPUの影響もあるので参考値)
NVIDIA® GeForce®GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・7,480
高品質・・・・9,832
標準品質
NVIDIA® GeForce® GTX770(1,980×1,080)(別)
最高品質・・・7,315
高品質・・・10,280
標準品質

***********************************************
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク
キャラクター編(【7000~】 非常に快適)
***********************************************


1376672420


キャラクター編では、多少Benchmarkの数値が違ってくるので参考
NVIDIA® GeForce®GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・11,006
高品質・・・・11,469
標準品質・・・19,704

1376595387

1376595395

1376595400

****************************************************
バイオハザード6
****************************************************

1376672413

******************************************************
★「水冷CPUクーラー」の実力と高負荷テストの結果検証
OCCT-4・4・0
*******************************************************

1376595492
1376672529

1376595356

1376595503

温度は大方78℃で安定して、発熱の多いSandy Bridge-Eを水冷CPUクーラーは押さえ込んでいる。
Sandy Bridge-Eはハイパフォーマンスであるために、TDP「熱設計電力(Thermal Design Power)」が150Wと高く(発熱が多い)高性能CPUクーラーが必須になっている。
特に使われているCPU「Intel Core™ i7-3970X-EE」は約100,000円位する高価なCPUである。
********
最近のOCCTバージョンでは自動的にターボブーストしないようなので、4.0GHzになったときは分からない。
又、HPのHP ENVY Phoenix 800-090jpではOC(オーバークロック)出来ないので詳細は不明。

1376595317
1376595309
1376595303

1376672551

**************************************
★メディアカードスロット(15in1)
**************************************

従来と変わらず低速でSDHC UHS-1にも対応していないようである。

1376595510

1376595334

1376672514

****************************************************
HP ENVY Phoenix 800-090jpの検証結果の結論
****************************************************

1376595295

HP ENVY Phoenix 800-090jpのBTOモデルは、筐体が従来モデルと同じなのでエアフローなどは変わっていない。
そして、高価なCPUやグラフィックスカードを用いている。
それだけでなく、BIOSなどもリフレッシュしているようでSSD搭載モデルは、起動も速く快適である。
又、水冷CPUクーラーを使うためにマザーボードの冷却やエアフローに影響が出る。それで今回からチップセットクーラーを着装している。
又ゲームサウンドを堪能するための「Beats Audio™」はいつも通り。

そして、ノート型パソコンでは遅くて使えないと思った「HP Quick Start」も、HP ENVY Phoenix 800-090jpでは結構ストレスがない。

1376595520_2

1376595467


1376672560

HP ENVY Phoenix 800-090jpは、HPが他社には負けられないと「力コブ」をつけてBTOするものであるだけに、これだけは譲れないというゲーマーには最適化もしれない。

icon icon icon icon

|

« 今年の夏の新Haswellパソコン始動・ルーター、パソコンの不具合 | トップページ | 第16回 妍墨会展を観覧する・前橋市民文化会館 »

01.HPパソコン実機レビュー・ノート・デスク他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Intel Core™ i7-3970X-EE(Extreme Edition)搭載HP ENVY Phoenix 800-090jp/HP最高峰ゲーミングPCレビュー:

« 今年の夏の新Haswellパソコン始動・ルーター、パソコンの不具合 | トップページ | 第16回 妍墨会展を観覧する・前橋市民文化会館 »