« PENTAX K-3とフルサイズセンサー搭載SONYα7 ILCE風景対決 | トップページ | PENTAX K-3で動画撮影をする動画検証・PowerDirector 12 Ultraで編集 »

2013年12月19日 (木)

Haswellプロセッサー搭載・薄く、軽いThinkPad X240sのレビュー

01_lenovo14

********************************
レノボThinkPad X240sの概要
********************************

レノボのThinkPad X240sという12.5型Ultrabook™が第4世代CPUのHaswellになって登場している。
そして、この年末になってUltrabook™「12.5型のThinkPad X240にフルHD液晶を搭載した新パッケージが登場」した。
このThinkPad X240sとsの付かないX240との違いはBTOを別とすればX240sが少し薄く、軽いくらいなものである。

レノボのThinkPadファンは根強い人気があって、ThinkPadファンは延々とThinkPadを使うようである。しかしながら、筆者(Syuun)のようにゲーマー向け(??)自作機をメインに使っていて、当然キーボードが種々あってPCの機種によって違っているとなるとThinkPadに慣れない感じがある。

今回レビューをするThinkPad X240sは、「ハイパフォーマンス・モバイルノート」という部類で重さが1.5kgを切るUltrabook™シリーズである。
Xシリーズでは、過去に二機種のレビューを書いている。
この中でThinkPad X240sは、「約17.7mmの厚さに、約1.34kgの軽量筺体。」とWebサイトに書かれているとおりHD IPS 液晶をおごったり、SSDになっていたりと最近のUltrabook™の要件を満たしている。
従って、クーポンを使う前の価格はUltrabook™の中ではかなり高価で、クーポンを使うことによって最近の高機能モバイルパソコンの激戦区に仲間入りする。

02_002                   
***********************************
ThinkPad X240sのレビュー機仕様
***********************************

■OS : Windows 8 Pro (64bit)
■CPU:第4世代 Intel® Core™ i7-4500U Processor2コア・4スレット
(4M Cache, up to 3.00 GHz)(Launched)プロセッサー(Haswell)
■チップセット:モバイル インテル® QM87 Express チップセット
■メモリ : 8GB(8GBx1)(PC3-12800 DDR3L SDRAM) / 8GB実機はSAMSUNG
■グラフィックス : Intel® HD Graphics 4400(CPUに内蔵)
■SSD :約128GB(Serial ATA)・実機は東芝
■光学ドライブ :なし
■ディスプレイ :LED バックライト付 12.5型HD IPS液晶 (1,366×768ドット、1,677万色)、光沢なし
★外部ディスプレイ:最大 3840×2160ドット、1,677万色(Mini-Displayport接続時)/最大1920x1080ドット、1,677万色(VGA接続時)
■LAN:10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
■Bluetooth® テクノロジー本体内蔵(Ver.4.0)
■ワイヤレスLAN:インテル® Wireless-N 7260 b/g/n
■Webカメラ/マイク:HD720p カメラ
■外部インターフェイス:USB 3.0 x 1, Powered USB 3.0 x 1, アナログ×1、Mini-Displayport×1、RJ-45×1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、電源ジャック
■4 in 1 メディアカード・リーダー(SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリカード、MMCメモリカード)
■サイズ:カタログデータ:約305.5x208.5x17.7mm
重さ:約1.34kg
■バッテリー駆動カタログデータ:約11.8時間

*************************************************
03_lenovo7

04_hwifo64_001

05_ssd

06_ssdlife

07_ssdcystaldiskmm

************************************
ThinkPad X240sの外観とインターフェイス
・キーボード、重量など
************************************

08_lenovo6

09lenovo11

キーボードは、モバイル性が強くなったためにThinkPad Helixと同じように右端のキーボードが小さくなっている。
これはモバイルの構造上キーボードが小さくなったからであろう。
英語版のキーボードを見れば分かるように、日本語版のキーボードのキーが多いことに由来している。過去のレビュー(lenovo ThinkPad X230)から見れば、何やら使いにくくなっているように感じた。但し慣れの問題かもしれない。

10_lenovo9

11lenovo5

12lenovo17

13_lenovo2

14lenovo3

   

15lenovo8
*****************************************
起動(暫定)時間とMicrosoft Assessment Console
*****************************************

16003

ThinkPad X240sのMicrosoft Assessment Console(Startup and Shutdown Experience)のBoot performanceを測定してみると、Fast Startup時間はレビュー機では3.308秒であった。
又、Total Bootは、12.059秒となっている。
この数値は、近年のノート型パソコンが5秒を切るBoot performanceのところUltrabook™なので速いスピードが出ている。
又、起動時間は7.5秒から10秒で完全なコールドスタートは分からない。
しかし、Total Bootは、12.059秒ということから12秒ぐらいと推定される。

17lenovo15

18lenovo16

**************************************
ダイレクト・SDメモリースロット
SDHC/SDXCメモリーカード対応
(高速UHS SPEED Class1対応)
***************************************

19sdhc8gbuhs1

20lenovo10
*****************************************
ThinkPad X240sの感想など
*****************************************

21lenovo13

22speccyall

ThinkPad X240sは、薄く、軽く高速起動する12.5型Ultrabook™である。
しかも近年、薄く軽くしようという試みが先行してインターフェースにUSBポートとHDMIだけしかない例が目立つ。
しかし、ThinkPad X240sには薄いのにアナログ×1(VGAポート)、Mini-Displayport×1、RJ-45×1(有線LAN)などがついていて、無線LAN環境が使えないビジネスホテルなどに有効である。
又、アナログVGAポートは、自宅で液晶モニターを使うときなど非常に便利する。
但し、1,366×768ドットでフルサイズになっていないのが残念である。

しかし、12月に12.5型のThinkPad X240にフルHD液晶を搭載した新パッケージが登場した。サイズ的にはあまり変わらず検討対象になろう。

尚、2013年12月19日現在、ThinkPad X240sはレノボで直売されていないようだ。

23lenovo12


|

« PENTAX K-3とフルサイズセンサー搭載SONYα7 ILCE風景対決 | トップページ | PENTAX K-3で動画撮影をする動画検証・PowerDirector 12 Ultraで編集 »

04.レノボPC実機レビューとLenovoグッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Haswellプロセッサー搭載・薄く、軽いThinkPad X240sのレビュー:

« PENTAX K-3とフルサイズセンサー搭載SONYα7 ILCE風景対決 | トップページ | PENTAX K-3で動画撮影をする動画検証・PowerDirector 12 Ultraで編集 »