« EOS M EF-M18-55 IS STM とSONYα7 ILCEなどと比べて分かったその魅力 | トップページ | 一太郎2014徹スーパープレミアム・2014/02/07発売・買った »

2014年2月 6日 (木)

2014・えとの現代書展「牛」・群れる馬****を観覧する

Uma3

例年恒例の「2014・えとの現代書展「牛」」がライフアップスクエアアイズ(群馬セキスイハイム株・本社)で開催されている。(2014年2月2日~11日)

Uma1
Uma2
カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2014-02-02
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: f/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)

初日の2時より行われたトークショーに参加してきた。
会場のライフアップスクエアアイズは、群馬セキスイハイム株・本社の2階でオープンスペースになっている。
そして、展示としては会議室や廊下などにさりげなく置かれる「アート」としての書の形式を取っている。

Uma4
Uma5
今回は、EOS Mのところで述べた様に撮影はEOS MとSONYα7を使って行った。
作品は、大作からはがきサイズまでの全部で60点ほどあるという。ところがどこにあるのか分からないほど。
それは、アートとしての書なので部屋の中にさりげなく置かれているからでもある。
それなので写真を撮るのが難しい。以前にその辺に置いてあったPENTAX K100を持っていったらよく写らなかったということがあった。

Uma6
Uma9
最新のカメラはそういうことはないが、あちこちに点光源があるのでストロボもなかなか効きにくいのでますます難しいところである。

又、作品を見てみると、異論のあるものもあるようだが、会場に行ってのお楽しみである。

Uma11
Uma7
Uma8

|

« EOS M EF-M18-55 IS STM とSONYα7 ILCEなどと比べて分かったその魅力 | トップページ | 一太郎2014徹スーパープレミアム・2014/02/07発売・買った »

保存用美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014・えとの現代書展「牛」・群れる馬****を観覧する:

« EOS M EF-M18-55 IS STM とSONYα7 ILCEなどと比べて分かったその魅力 | トップページ | 一太郎2014徹スーパープレミアム・2014/02/07発売・買った »