« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

マカフィー・オールアクセス2014でパソコン、スマホ、タブレットなど多数にインストールする

Mcafee005_3
**************************************
マカフィー・オールアクセス2014への道
**************************************

マカフィー・オールアクセス2014にセキュリティソフトを更新した。
正確には2014年になってからマカフィー・トータルプロテクションだったのを、このほどマカフィー・オールアクセス・トータルプロテクションに変更した。

トータルプロテクションでは3台までのインストールができる。しかしながら、値段は安い一方で、モバイル端末にも使いたいとなるとトータルプロテクションの方が使いやすい。
その上、「セーフキー」や「ファミリープロテクション」が使えるという利点が多い。

Mcafee_3  

Mcafee002_2


************************************
パソコンやモバイル端末への導入方法
************************************

それで今回は、幾つかのパソコンやモバイル端末にどのようにインストールするのかを説明してみる。

マカフィー・オールアクセス2014を購入してマイアカウントを取得すると、専用画面と使われてるPC、スマホ、タブレットなどの情報が出る。
ここで追加するものがパソコンであると

Mcafee006


●トータルプロテクション
●ファミリープロテクション
●セーフキー

などから必要なソフトをダウンロードして使う。
このうちの「ファミリープロテクション」は、子供などに有害なサイトをブロックできるセキュリティソフトである。
小生は、家族と共有のパソコンは持っていないので「トータルプロテクション」をインストールする。
その他セーフキーは、別途インストールする。

それで、セキュリティソフトがインストールされたパソコンは「マイアカウント」にズラリと並ぶ。

Mcafee003


Mcafee007

Mcafee008
Mcafee009
Mcafee010


*********************************
モバイル端末にマカフィー
オールアクセスをインストール
*********************************

ここでモバイル端末はどうするのか??
この「マイアカウント」画面をスマホで開いても実はインストールできない。
要するに、マカフィ アンチウィルスの無料版のアプリをGoogle Playからダウンロードしてマイアカウント登録することで「マカフィー・オールアクセス」に変身する。(Androidの場合)

これはスマホもタブレットも同じ。
同様にモバイル端末のセーフキーもGoogle Playからダウンロードする場合、あらかじめ「ライセンス登録コード」を取得しておく必要があったりする。

Msafee1

Msafee2


Msafee3
*********************************
マカフィー・オールアクセス2014
の雑感
*********************************

マカフィー・オールアクセスというのも中々実感として分かりにくいものである。
パソコン1台しか使わないというのであれば、どんなセキュリティソフトでもいまは大方対応する。
しかし、モバイル端末を含めて複数のデバイスを使うのなら一括管理できて分かりやすい。*****************

近年DellやHPではプリインストールソフトとして、今までのノートンからマカフィーに代えつつあるようだ。
先日レビューをしたInspiron 14 7000シリーズでは、「マカフィー®リブセーフ (12か月間更新サービス)」が標準であった。
「マカフィー®リブセーフ」の60日体験版でレビューを書かないかとの話も昨年にあった。しかし、多機能のサービスを展開してしまっているセキュリティソフトを一時的にアンインストールして試すというのはなかなか面倒でもあった。
それで実施していない。

====================================================
メーカーからの案内
 

※過去にお申込いただいた製品のご契約期間が残っている場合には、
  「同一製品」をご注文いただいた場合のみ期限が引き継がれます。
  「異なる製品」を新たにご注文された場合は期限が引き継がれません。
  (1ユーザ製品⇒3ユーザ製品への変更も期限が引き継がれません。)
  何卒ご了承ください   

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
                 3年版なら、3つのメリット!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 ■メリット その1■ 毎年の面倒な更新手続きが不要!

  3年間そのままご利用いただけるパッケージなので、面倒な更新手続きや、
  更新し忘れを防ぐことができて、とってもらくちん!


 ■メリット その2■ 
複数年版購入で、有効期限を上乗せ

  「同一製品」であれば、複数購入することで、有効期間の上乗せができます。
  現在ご利用中のパッケージの残り有効期限に加算することも可能です。

        ↓↓↓↓ たとえば… ↓↓↓↓

 [例1]「インターネットセキュリティ 1年版」をご利用中。
  |   【有効期間:残り6か月】
  |     ↓  
  |    今回のキャンペーンで
  |    「インターネットセキュリティ 3年版」をご購入
  |     ↓
  |   
有効期間が上乗せされ、【3年6か月】に
  |
  |
 [例2]今回のキャンペーンで、「トータルプロテクション 3年版」をご購入
  |   【有効期間:3年間】
  |     ↓  
  |    その後、再度「トータルプロテクション 3年版」をご購入
  |     ↓
  |   
有効期間が上乗せされ、【6年間】に
  |   
  | ※意図しない重複購入を防止するため、ダウンロード商品は1回の手続きにつき
  |  1本しか購入できません。複数本購入される場合には、
  |  その分だけ購入手続きを繰り返してください。
  | ※「同一製品」をご注文いただいた場合のみ期限が引き継がれます。
  |  「異なる製品」を新たにご注文された場合は期限が引き継がれません。
  |  (1ユーザ製品⇒3ユーザ製品への変更も期限が引き継がれません。)
  |   何卒ご了承ください。
  


 ■メリット その3■ 1年ずつ更新するよりも、ず~っとお得!

  1年版を購入し、毎年更新するのに比べて、
  3年版ならお得な価格でご利用いただけます! 


====================================================


バナーのメーカーサイトと比べてみてください。↓↓↓↓

マカフィー・ストア マカフィー・ストア


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

第67回書道芸術院展を観覧する・荒井柊雲作品公開

Shogei6711

第67回書道芸術院展が上野の東京都美術館で開催された。
(主催・公益財団法人 書道芸術院)
開催期間/平成26年2月16日~21日まで

Shogei672
Shogei671
第67回書道芸術院展は、14-15日の大雪の中で開催されたために会期の末に漸く観覧してきた。前橋市の雪は今でも路肩や歩道にまだまだ残っていて、会期末に行くのが精一杯である。それで見られなかった人達のために今回写真を公開してみた。

Shogei6714
Shogei6716
Shogei678

書道芸術院展は、従来の審査会員対象の「峰雲賞」が全出品者対象の「春華賞」に代わった。今回の艸玄会では、(書道芸術院)参与会員の井田先生が第4室、小生、常任総務の柊雲が第9室であった。
その他、2階までの(艸玄会)会員全部の写真を撮ったために、第1~3室(大部屋)の写真を撮り損なっている。

Shogei6715

Shogei673
Shogei675
Shogei674
Shogei679
Shogei676
Shogei6712
Shogei6713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

HP ENVY 15-j100・高速起動のゲーマーマシンとしても使える秘密を探る

Emvi15j10011



***************************************
HP ENVY 15-j100のレビュー概要と目的
***************************************

HP ENVY 15-j100という最新モデルが「高性能NVIDIA® GeForce® GT 750M グラフィックス」や「1TB SSDアシスト・ハードドライブ」などを新搭載して登場している。
この最新モデルは、外見上は従来のHP ENVY 15シリーズと全く変わらないようにみえる。
今回は、この見た目においても変わらないようにみえる新型の「HP ENVY 15-j100」がこの筐体も含めて大幅に改善されていることを紹介する目的である。
又、廉価版として「CPU、グラフィックス、HDD容量」などのランクを落としたモデルもあり2014/02/23現在では、
●HP ENVY 15-j130TX・パフォーマンス・フルHDモデル
●HP ENVY 15-j131TX・プレミアム・フルHDモデル
という品番になっている。
(尚、レビュー機は販売店からの貸出品である。)


System
**************************************
HP ENVY 15-j100の主要な仕様
●レビュー機は、グラフィックス強化版の
プレミアム・フルHDモデルである。
**************************************

*************************************************
■オペレーティングシステムWindows 8.1 (64bit)
■Core i7-4702MQ(4コア/8スレッド、2.2GHz/Turbo Boost:3.2GHz)(Launched)
■Intel HM87 Express
■15.6インチフルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080/最大1677万色)
■メモリ4GB  PC3-12800 (1600MHz)(●実機はSAMSUNG製)
■1TB ハードドライブ(5400回転)+24GB SSD(mSATA・実機LITEONIT LMS-24L6M)
(●実機はSeagate ST1000LM024 HN-M101MBB)
★HDDは、品番が(Laptop Thin SSHD)に似ているが、元SAMSUNG系のHDD

■NVIDIA® GeForce® GT 750Mグラフィックス
■DVDスーパーマルチドライブ非搭載
■バックライトキーボード(キーピッチ: 約18.7×18.7mm・テンキー付き)
■IDT HighDefinition Audio準拠、Beats Audio™ クアッドスピーカー、サブウーファー、内蔵マイク
■LAN 内蔵Gigabit LAN (10/100/1000)、IEEE802.11b/g/n +Bluetooth
■SDカードスロット(実機・高速UHS-I対応)、HDMI出力端子×1、USB3.0×4 (うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)、ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)、指紋認証
■リチウムイオンバッテリ(6セル)バッテリ駆動時間 約6時間
■マカフィー®リブセーフ (30日版)
■速効!HPパソコンナビ特別版
■Cyberlink YouCam 等
■パソコン保証1年間引き取り修理サービス
■380×250×18(最薄部)-33.0(最厚部)mm約2.3kg
*************************************************
Hddcystalinfo

Hdd


Emvi15j10014_2
**************************************
HP ENVY 15-j100の外観と変更点
**************************************

Emvi15j1002_2

HP ENVY 15-j100は、2013年夏モデルのHP ENVY 15-j0xxと同じような筐体形状をしている。写真で見るとおり同じようにみえる。
ここで違うところは、液晶画面をより倒せることでこれによって光沢液晶の映り込みが劇的に減少する。
比較しているのはタッチパネルなので光沢が強く、比較するとよく分かる。

Emvi15j1003_2

Emvi15j10016_2

従い、キーボードやその他の筐体仕様もほとんど同じである。
パソコンの進歩は早いもので、HPのデスクトップ型パソコンのキーボードではWindows8に対応する「チャーム」キーなどが付いている。
このノート型パソコンの場合、筐体が夏モデルと基本的に変わっていないことから、まだ「Windows8」の特殊キーは付いていない。

Emvi15j1004_2

Emvi15j1005_2

Emvi15j1006_2

Emvi15j1007_2

Emvi15j1008_2

Emvi15j1009_2

Emvi15j10010_2


Emvi15j10012_2
****************************************
HP ENVY 15-j100の基本性能
****************************************

Winscore_2
Winprof_2


001_2
************************************
HP ENVY 15-j100起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
************************************


Emvi15j1001_2

HP ENVY 15-j100 iconの起動時間は、Ultrabook並みに速い。
これは「mSATA」とRAID設定になっていて、SSD並の速度が出る。
ベンチマークソフトのデーターを見ると、HDDと比べて

Hddspeedcystal_2

「4K」15.94-31.87
「4K QD32」140.2-61.98

の部分が異常に速いことがわかる。

ここで参考に同じHDDを使う「HP ENVY17-j100 Leap Motion SE」の測定値を掲載して比較してみる。

Hddcrystal_3

「4K」0.363-0.764
「4K QD32」0.694-0.764

比べてみればSSD並とは言えないがいかに速いかが分かるであろう。

002_2


又、このHP ENVY 15-j100は、Windows8.1に最適化したBIOSにバージョンアップしたようである。
「Boot performance(Fast Startup)」は、従来の5秒前後からUltrabook並みの3.159秒と大幅に性能を上げている。

Bootpaformance_2


***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで購入したPC・レビュー機での実測値
***************************************

(全て初期状態)
HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動17.8~29.5秒
************(レビュー機)
HP ENVY 15-j100・・・・・3.159秒・起動14.94秒


*****************************************
HP ENVY 15-j100の
NVIDIA® GeForce® GT 750M
グラフィックカード性能
*****************************************


Heaven001001_2
■HeavenBenchmark

FPS 9.7
Score 246
以前に
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.4)

NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7)*******
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(10)
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)




*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA® GeForce® GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)


******************************************************
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク
キャラクター編1920x1080
******************************************************

NVIDIA GeForce GT 750M(DDR3)は、基本的に同じなのでBenchmarkの違いは従来の製品と違いない。

Ff19805201_3

Ff19803147_2

Ff19802438_2

Ff1980temp_3
****************************************
★高負荷テストの結果検証
OCCT-4・4・0
****************************************

Occtstart001_2

2014021714h45frequencycpu0_2

本来デスクトップ型の自作機の筐体性能を測定するための負荷テストソフト、OCCTで1時間オートで測定してみた。
この結果は、CPU(Core i7-4702MQ(4コア/8スレッド、2.2GHz/Turbo Boost:3.2GHz))が定格の2.2GHzまで落ちて作動するのではなく、2.8GHzぐらいという最大ブーストから10%程度落としたところで作動した。
結果を見てみれば分かるようにCPUの温度は瞬間80℃を超えることがあっても大まか77℃ぐらいで作動して、平均で70℃程度のCPU温度で終了した。
こればゲーマーパソコン並の優秀な冷却性能であると思われる。
2014021714h45temperaturecore0_2
2014021714h45memoryusagememoryuse_2
Heaven001002_2


Emvi15j10019_2

Emvi15j10018_2

Emvi15j10017_2
*****************************************
SDカードスロット(実機・高速UHS-I対応??)
*****************************************

★「SDHC・SDXCメモリカードの高速転送規格「UHS-I」に対応しておりません。」とHPの仕様書には書かれている。
しかしながら、高速転送規格「UHS-I」に対応しているような速度は出ている。

Sdhc

Speccy001


Emvi15j10015
**************************************************
HP ENVY 15-j100を使ってみての感想
**************************************************

HP ENVY 15-j100 iconは、筐体の形から単にWindows8.1になり、グラフィックスがNVIDIA® GeForce® GT 740Mから750Mに変わったくらいなものと考えていた。
しかし、筐体(きょうたい)も液晶の映り込み対策がなされ、BIOSも大幅なアップグレードをした。
それだけでなく、HDDとmSATAとのRAID設定によってSSD並みの起動を実現している。

HPでは、NVIDIA GeForce GT 750M(DDR3)という多少性能の落ちるグラフィックスカードを用いているために本格的なゲーム用パソコンというわけではない。
しかしながら、こういうスタイリッシュな薄型ノート型パソコンでありながら、かなり負荷をかけてもビクともしない冷却性能をもっている。

起動も動作も速く、多少ゲームも出来る性能は、動画編集からRAW現像までオールマイティに使える性能と言える。
又、「HP パソコンナビ」が附属して、Windows8.1の操作からRecoveryまで説明してくれるのは非常に有り難い。

昨年夏に買った「HP ENVY TouchSmart 15-j000」がかなり霞(かす)んでみえると思われる性能である。
多分、少し前のパソコンから買い換えると劇的な変化に驚くかもしれない。

その他の詳細は・・・・・

↓↓↓↓メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。

icon icon icon icon



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

SanDisk Ultra USB3.0 Flash Driveという安物買いの失敗

Sd_usb2

最近USBのメモリーを買っていなくて、安そうな「SanDisk Ultra USB3.0 Flash Drive」を買ってみた。Amazonで買えば1,500円もしないものだが、よく確認せず店頭(秋葉)で買ったので2,300円ほど。
以前には、Sandisk USB 64GB Extreme USB3.0(旧タイプ)を買ってテストしたものをエントリーしている。(つれづれサイト)
SanDiskの製品は、読み込み80MB/sとあるからそこそこだと思ったのが大間違い。
やはり「Extreme USB3.0 」でないと無理だったようだ。

Sandiskultra001000g

それでSanDisk Ultra USB3.0 Flash Driveのスピードはどんなものかと言えば、安物のPicoDrive T3 GH-UFD3-32GT(グリーンハウス)とほとんど同じ。
やはり安物買いをせずSanDisk Extremeあたりを買っておけば良かったかもしれない。

Picodrivet332gb

但し、SanDisk Extreme32GBあたりだとAmazonで3,800円くらいする。
このSanDisk Extremeは、64GBになるまで倍々で書き込みスピードが速くなる。
最新のモデルはUSBドライブではなく、外付けドライブになるようでより使いやすくなっているような。

近年感じるところでは、秋葉原電気街でのメモリー価格(SD、USBドライブ)が高くなっていることである。

Sd_usb1

Panasonicの高速SDHCである16GB SDHC UHS-Iメモリーカード RP-SDAB16GJKは、ヨドバシカメラでも見かけないが、秋葉原で普通に買うとかなり高い。
しかし、ネットだと2,980円(NTT-Xナイトセール) というお手頃価格。
こういうものは、よく分からない世界である。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

前橋降雪73センチ・5日目・未だに雪の中

Snow22

前橋市での降雪は、今までの記録37センチを大幅に更新して大混乱だった。それが5日目になって漸(ようや)く物流が動き出したようである。
14日に発送された品物も18日の夕方には届き、17日に発送された郵便が18日には届いていた。
そして、17日に発送したヤマトの宅急便が19日に届いた。
19日は、前橋市民展の17日に設定された搬出日の再搬出日になった。
17日の月曜日は、まだ道路の除雪が完全にできていなくて市民展会場の市民文化会館前は写真の通り。
雪でも圧雪してさえあれば、スタッドレスで走れる。しかし、新雪となるとお話にならない。
その70センチを超える雪も徐々に溶けて多少低くなりつつある。
その文化会館では、18日に除雪したようで17日の風景とは19日はまるで違っている。


*************************************
Snow4 カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X10
撮影日時: 2014-02-17
焦点距離: 7.1mm
絞り値: f/5.6
露出時間: 0.0011 秒 (1/900)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)

Snow6 カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X10
撮影日時: 2014-02-17
焦点距離: 7.1mm
絞り値: f/7.1
露出時間: 0.0012 秒 (1/850)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)

Snow3
Snow1 カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X10
撮影日時: 2014-02-17
焦点距離: 7.1mm
絞り値: f/8.0
露出時間: 0.0011 秒 (1/900)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)

Snow2 ************************************************************


Snow21 カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2014-02-19
焦点距離: 22mm
絞り値: f/10.0
露出時間: 0.0050 秒 (1/200)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)

Snow24

そうして19日から本格的に仕事に出てくる人が増え、山積みの駐車場の雪を片付けている。
いつまで続くのか、まだ歩道は雪の下である。

Snow23 カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2014-02-19
焦点距離: 22mm
絞り値: f/11.0
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

Venue 8 Pro・Office Personal付Dellタブレット実機レビュー・

011392583833

************************
概要及びレビューの目的
************************

タブレットには、Android型とWindows型とがあって、Windows8.1などを搭載しているWindows型のタブレットの方が上位機となる。
今回は、その上位機であるWindows8.1を搭載して、しかもOffice Personalが付属するという普通のパソコン並みに使えそうな人気のタブレット。
この「Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド」についてレビューをしてみたい。

尚、タブレットは販売店からの借用品である。

021392583839

031392583845

041392583850


051392583482
**************************************
Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド
の仕様
**************************************

061392584085

071392584280
■OS:Windows 8.1(32ビット)
■CPU:インテル® Atom™ プロセッサー Z3740D(2M Cache, up to 1.83 GHz)(1.33GHz、4コア)
■メモリー:2GB シングルチャネル DDR3L-RS メモリ (1600MHz)
■ハードドライブ:64GB eMMC HDD(実機はSAMSUNG)
■プロセッサー・グラフィックス:Intel® HD Graphics
■ディスプレイ:8.0インチIPSディスプレイ(1280 x 800、10-pt 電容量式タッチ)
■内蔵Webcam: 120万画素 HD ウェブカメラ (フロント) / 500万画素 (バック)
■ワイヤレスLAN:デルワイヤレス 1538 デュアルバンドd 2x2 802.11n WiFi + Bluetooth® 4.0
■プライマリバッテリ:2 セルバッテリ(18Whr、 4830mAh)
■ポートとコネクタ:Micro-AB USB 2.0(トリクル充電およびデータ転送)x 1
ヘッドフォン/マイクロフォンコンボジャック x 1
■最小重量: 395 g/0.87ポンド(カタログデータ)
■サイズ:9.0×216×130mm

081392584288

091392584296




101392583505

111392584267

121392584058

****************************************

Dell Venue 8 Pro (64G)・
Office Personal付・レッドの外観
****************************************

131392583872

141392584093

Dell Venue 8 Proは非常に質感が高く、液晶も見やすい。
しかしながら外部コネクタとしては、Micro-AB USB 2.0しかない。
これは本来充電用に使われている端子。

151392651659

このDell Venue 8 Proはカタログに書かれている通り「USB(microB to A)変換アダプター」を使えばUSBキーボードなどが接続できる。キーボードなどはBluetoothでも接続可。
それが出来ない場合は、スクリーンキーボードなどが使える。

161392583510

171392583516

181392583657

191392583663

201392583862

211392583669

221392583685

231392583692

241392583697

251392583826


261392583881
*************************************
Dell Venue 8 Pro (64G)・
Office Personal付・レッド起動時間測定
*************************************

271392583487

Dell Venue 8 Proのコールドスタートは、約13.8秒と非常に速かった。
又、いつもおこなうMicrosoft Assessment Consoleでのテストは、Atom™ プロセッサーでは無理なのでおこなっていない。


281392583471
*****************************************
Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド
グラフィックカード性能
*****************************************

Dell Venue 8 Proは、プロセッサー・グラフィックスIntel® HD Graphics を使っている。
この性能は、たいしたことはないのだが確かめるために「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のBenchmarkをとってみた。
結果は、キャプチャー写真のようにいずれの設定でも「動作困難」であった。

291392584078

301392584068


311392583496
321392584102
******************************************
Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド
を使ってみての感想
******************************************

Windows8.1搭載のタブレットとなると、Android型とは大幅に感覚が違って、もう仕事に使えそうなパソコン並みの感じが近くなる。
特にこの「Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド」は、Office Personal付とあるようにMicrosoftのOfficeがつく。
この8インチのタブレットでエクセルやワードを使うとなると、オプションのキーボードかBluetooth対応のキーボードが必要になる。
新たにキーボードを新調するのは面倒と思われる場合は、「USB(microB to A)変換アダプター」を購入してUSBキーボードにどを繋ぐことが出来る。

そういう場合には、携帯性が犠牲になるから持ち出す場合は閲覧などに限られるかもしれない。                           
使い心地は、起動も速く液晶画面も8インチのIPS液晶なので非常に見やすい。
インテル® Atom™プロセッサー Z3740D 搭載でサクサク動くので、Android型タブレットではスマホ並みにしか使い道がない・・・と思う場合には最適かもしれない。
*****************************
特にWindows8.1搭載Office Personal付なので、相対的にAndroid型タブレットに比べて激安と言うところがミソでもある。


******** 興味がある場合はDellのサイトで確認のこと*****

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

デル株式会社



デル株式会社 デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

楽天では楽天カード以外使えなくなっている?????

Img_0152

***********************
今日の天気
***********************

平成26年2月15日(土)の大雪は、気象庁の前橋では72センチの積雪と発表になった。
しかし、FM群馬では68センチとしていた。
それで計って見たら68センチが近いようである。いずれにせよこんな積雪は凄い。
前橋高校の時に40センチの積雪があったことがある。そのときスキーを履いてやって来た学生がいた。・・・坂道は速かったぜ!!とのこと。
但し、春の雪で下校時には道路には雪がなかったから帰りは担いでバスで帰っていたような。
しかし、この70センチ近くの雪は雪国でない前橋では大事になった。
まず、駐車場から車が出られないので道作りをしなければならない。これをしておかないと月曜日に車が出られない。
現状では、事実上国道17号が止まっている状態なので16日もどこかに出かけてゆくということは無理だろう。

Img_0149
Snow1
***************************
書道芸術院展の陳列
***************************

15日は、書道芸術院展の陳列で東京都美術館へ行く予定だった。
しかし、朝起きて「さあ行こう」と出たら、目の前の道さえ時としてラッセルしなければならない状態。
これだと車も出せないし、道も止まっているはず。
それで即刻引き返して、TVをつけたら群馬のJR線は新幹線も含めて運休中。
既に買ってあったモバイルSuicaの新幹線切符を即刻キャンセルした。
このキャンセル料はどうするのかはスイカなので不明。
16日の表彰式、祝賀会もJR線が動きそうにないので無理だろう。

Snow2
Img_0150
****************************
楽天のクレジットカード決済
の疑問
****************************

お陰で、マップカメラ楽天店で買ったマクロレンズが何時届くか分からない状態になった。
このマクロレンズは、マップカメラに予約しておいた「取り置き品」で木曜日の午前中に購入したはずだった。
ところが、市民展の会場当番をしていた木曜日の午後にクレジットカードの審査が降りないというメールが来た。
それは、カード決済で「保留」と言うことで、クレジットカード会社に電話して本人確認をしないと「保留解除」にならないと言うことはあとで電話して知った。

そこでクレジットカード会社のオペレーターの言うところに寄ると・・・
「カメラ」「家電」のカード決済ではセキュリティが作動して保留になることがあるとのこと。
クレジットカードによっては、決済すると独自のシステムが働いて「本人確認」のページが出るものもある。
しかし、小生がよく買うNTT-Xではセキュリティコードを入力するのではじかれたと言うことはない。
実は、Amazonも何と言うこともない。
楽天のカード決済にはセキュリティコードを入れる部分がなく、こんなことになるのだろうと思われる。
それで、面倒だったので楽天カード決済に切り替えて決済した。

そんなわけで、木曜発送が金曜発送になってしまった。

ヤマト運輸配送だが、15日夜のステータスはまだ前橋まで届いていない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

第48回前橋市民展覧会・書道部門陳列完了・荒井柊雲作品公開

Light1

前橋市民展の書道部門の陳列が平成26年2月11日に終了した。
期日は、平成26年2月13日~16日まで(午前10時~午後5時30分)
前橋市民文化会館 大・小展示ホール
★運営委員・委員・無鑑査の一部は小展示ホールに展示。
*********************************************
前橋市民展の会場(前橋市民文化会館)の都合で、木曜日から日曜日までというサイクルで美術、写真、書道という順番になっている。
詳しくは、「前橋市のWebサイト」を参照。
今年の陳列は、11日という祝日に当たったために午前中から駐車場が満車だった。
その上に陳列に参加した人が休日だったためか100人以上いたようで、3時のお茶が80しか用意されていなくて小生などはお茶なしだった。
兎に角も、1時から始まった陳列は3時半頃には終わり解散。
書道関係の人達は、散々陳列のお手伝いに動員されるために、いわば陳列のプロのようなのでかなり手際が良い。
・・・・東京都美術館や国立新美術館のように陳列の業者が入るということはない。
但し、公民館から文化会館までは日通の美術専門のプロが運ぶので相当な金額がかかるのだという。

Light3

  • カメラメーカー: Canon
  • カメラモデル: Canon PowerShot S100
  • レンズ: 5.2-26.0 mm
  • 撮影日時: 2014-02-11
  • 焦点距離: 5.2mm
  • 絞り値: f/2.0
  • 露出時間: 0.033 秒 (1/30)
  • ISO 感度: 200
  • 露出補正値: なし
  • 測光方式: マトリックス
  • ホワイトバランス: オート
  • フラッシュ使用: いいえ (強制)
  • ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)

今年の市民展の作品は、額を新調したので大分違った感じになった。

90×45 2014年1月製作

雅号印も今回は、阿部裕幸先生の印を久々に使っている。
印は作品に合わせるものなので、いろいろと使うものである。
だから、来週からの書道芸術院展の作品には同じく久々に大きめの「竹根印」を使った。


Light4

  1. カメラメーカー: Canon
  2. カメラモデル: Canon PowerShot S100
  3. レンズ: 5.2-26.0 mm
  4. 撮影日時: 2014-02-11
  5. 焦点距離: 8.968mm
  6. 絞り値: f/3.5
  7. 露出時間: 0.025 秒 (1/40)
  8. ISO 感度: 100
  9. 露出補正値: なし
  10. 測光方式: マトリックス
  11. ホワイトバランス: オート
  12. フラッシュ使用: いいえ (強制)
  13. 色空間: sRGB
  14. GPS 位置: undefined, undefined
  15. ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

Canon EOS Mで撮る前橋市も大雪30センチ

Img_0133_2

今年の初雪かどうか知らないが、久々の大雪となった。
群馬と言えば「山」、「温泉」と思いがちである。
しかし、前橋、高崎というのは山から下りた裾に位置する。前橋市は、赤城山の麓。高崎市は榛名山の麓である。
それで前橋市の市街地、旧市街地には古墳以外に山というものはない。正確には今赤城山も前橋市になってしまっているので山はある。
当然雪も降らないし、内陸地なので雨も少ない。
だから東京が雨でも前橋は晴れと言うことは珍しいことではない。又、東京に雪が降っても前橋はお湿り程度ということもある。
しかし、一端国道17号線を北上して渋川市近くまで行くと、凍結が凄いため冬はスタッドレスを履いていないと危なっかしい。

そんなわけで12月となると車はスタッドレスタイヤに履き替える。
しかし、スタッドレスタイヤの寿命の内で何回雪に遭遇するかといえば数えるしかない。それで雪が降って、やっとスタッドレスタイヤでよかったと実感する。


テレビ画面を付けると、今日は昨日の東京での雪の道路状況を報道していた。
それはこの群馬では想像できない光景で、タイヤチェーンでは坂道を上がれない。東京のタクシーの運転手の人は時々東北の人がいて、こういうシーンは慣れたものだろう。しかし、雪道を走ったことがない人が雪道を走るのは無理がある。

9日は、良い天気で雪は大分溶ける。
前橋では、車はスタッドレスタイヤに履き替えるとはいうものの先に述べたように雪国ではない。
凍結も山間部、陸橋以外なら大方大丈夫。

ところが明日からが寒い。
道路は所々に氷の塊があるわけで、冷蔵庫に入っているようなものになるかもしれない。

Img_0128_2

写真は、前橋市立図書館方向で市役所、県庁がみえる位置。
ここは、公官庁に向かう裏道も除雪車が出るようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

一太郎2014徹スーパープレミアム・2014/02/07発売・買った

Taroo7

2月7日発売の「一太郎2014徹」。このシリーズの最上位「スーパープレミアム」を予約しておいたので発売日の7日午前中に届いた。
今回珍しくスーパープレミアムにしたのは、キングジムの「マウス型スキャナ」が付いていたからでこのスキャナは単独で買うと結構いい値段がする。

Taroo3
Taroo4

ジャストシステムでは、プラチナ会員なのでそれなりにポイントも持っている。
予約だからポイント3倍だったが、プレゼントキャンペーンや全額ポイントバックキャンペーンとは無縁。こちらの方は、7日から年度末の3月31日Am10時まで。

Taroo8

この一太郎は、近年はパソコン3台にインストール出来ることになっている。
その一方でMicrosoftのOfficeなどは2台。価格も一太郎シリーズの方が安い。
ところが考えてみたら、一太郎は毎年買うのに対してOfficeは2010と2013と毎年買っていない。
特に今回のような「スーパープレミアム」だとハードが付いてくるのでそれなりの価格はする。このハードが使えるのかどうかは今後の考えようである。
ジャストシステムの製品では、昔買った地図製作ソフトは少しも使っていないし、ラベルマイティの最新版もインストールしていない。
前回は、書籍付を買ったのにその書籍もペンも使っていない。
結構使うことが限定しているソフトは余り活用出来ていないと言うのが真実だろう。

Taroo2

ところで「一太郎2014」。買う人はSyuunのように惰性で買うのだろうが最近は見なくなった。
公官庁も配布のファイルは昔は「一太郎」も含まれていたのがPDFかワード、エクセルがほとんどになった。

Taroo9

・・・とはいうものの、毎日文字を打ち込まなければならないと言うことになっているからある程度一太郎の便利機能は有り難い。
但し、使う言葉のいくつかは、Syuun個人の言い回しなのか文字変換されないというのはいぜんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

2014・えとの現代書展「牛」・群れる馬****を観覧する

Uma3

例年恒例の「2014・えとの現代書展「牛」」がライフアップスクエアアイズ(群馬セキスイハイム株・本社)で開催されている。(2014年2月2日~11日)

Uma1
Uma2
カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2014-02-02
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: f/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)

初日の2時より行われたトークショーに参加してきた。
会場のライフアップスクエアアイズは、群馬セキスイハイム株・本社の2階でオープンスペースになっている。
そして、展示としては会議室や廊下などにさりげなく置かれる「アート」としての書の形式を取っている。

Uma4
Uma5
今回は、EOS Mのところで述べた様に撮影はEOS MとSONYα7を使って行った。
作品は、大作からはがきサイズまでの全部で60点ほどあるという。ところがどこにあるのか分からないほど。
それは、アートとしての書なので部屋の中にさりげなく置かれているからでもある。
それなので写真を撮るのが難しい。以前にその辺に置いてあったPENTAX K100を持っていったらよく写らなかったということがあった。

Uma6
Uma9
最新のカメラはそういうことはないが、あちこちに点光源があるのでストロボもなかなか効きにくいのでますます難しいところである。

又、作品を見てみると、異論のあるものもあるようだが、会場に行ってのお楽しみである。

Uma11
Uma7
Uma8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

EOS M EF-M18-55 IS STM とSONYα7 ILCEなどと比べて分かったその魅力

Eosm19 ***************************************
EOS M EF-M18-55 IS STM レンズキットを
買った動機
***************************************


ここ一年で何台カメラを買ったのだろうかと思うほどカメラを買っている。書道展関係のイベントであるレセプションに行くとき、今年に初めて買ったカメラをカメラテストと称して持って行く。だから持って行くカメラはどれを持って行くかと言うことに関して迷いがない。
ところが今年は、そのカメラをどれにしようかと散々迷っている。しかもコンデジを含めてほとんどのカメラは非常によく写る。
要するにデジタルカメラは、デジタル一眼、コンデジを含めてある程度完成の域にある。

それでたくさんカメラを買って散財しているかと言えばそれほどでもない。
なぜならキャッシュバックキャンペーンがあったSONY α7を除いて、ほとんどが発売後1年を経た製品。
中には、カタログ落ちの製品もあっていわば処分品である。しかし、処分品であってもよく写るカメラはあるもので、発売当初、多少ユーザーにコンセプトが合わなかったりしたものが多い。
そういう製品だから、発売時の半値、酷(ひど)いものはレンズを買うとレンズキットが付いてきたという製品もあった。

Eosm1
Eosm2

このEOS Mは、それこそ鳴り物入りで発売されたCanonのAPSサイズミラーレス第1号機である。ところが、AF(オートフォーカス)が遅い、さくさく撮れないという評判が立って不評の製品だったものである。
それも2013年6月27日にFW(ファームウェア)Version 2.0.2が公開されて、かなり改善された。
最安値はEOS M2が発表された当初で、それから今は1割ほど値上がりしている。
今回は、EOS M EF-M18-55 IS STM レンズキットを買った。
Wレンズキットだとかなりお得だが、お試しカメラとして買ったまでである。
これで気に入れば、今度はEOS M2が投げ売りになったらフルセットの「トリプルレンズキット」でも買えば良いと考えたからである。

Eosm3
Eosm4


*************************************
EOS M EF-M18-55 IS STM レンズキット
の使用感
**************************************

実を言えばコンデジは持っているもののCanonのデジ一は初めてである。
特にEOS Mというのは、タッチパネルになっているのでボタン類がかなり省かれている。それならば、OLYMPUSのように設定メニューの中に操作が隠されているかと言えばそうではない。

Eosm18

写真の閲覧、その他の操作はスマホ並みにタッチパネルで行う。
こういうところはOLYMPUSなどよりタッチパネルに特化した部分が大きい。
発売当初はかなり高価であったのに、デザイン全体として何となく安っぽい感じがしないでもない。

購入したままだとまず、AFに関してはFWは2.02になっていない。
この場合、ついその辺にカメラを向けてシャッターを切っても一呼吸置くという昔のデジカメのような感じであった。
元々起動も遅くて、SONYα77が初期のFWの時に「起動が遅いと」たたかれたのから思えばあまり言われてこなかったようである。
(あまり気にならないが・・・最新で起動2秒ほど)

FWは2.02に変更してからは、近距離では他のカメラと大差なくなった。しかし、風景などの場合、時としてなかなかシャッターが切れないこともある。
その他、撮ったあとのブラックアウトという問題点はM2で解消されている。


***************************************
実写ではどうか、各種のカメラとの比較
***************************************

先に述べたように多くのカメラを買ったので、それと比べてみた。
比べたのはミラーレスとコンデジと様々・・・・
●SONYα7(SONY α7 ILCE-7K)
●NIKON 1 V1
●OLYMPUS E-PM2
●OLYMPUS XZ-1
●FUJIFILM X10
●Canon PowerShot S100

まずおおまかな印象は、多少薄暗いところは明るめに撮れるようなもので、全体的に薄味な感じであった。
冬の昼過ぎの日陰から撮った写真は、SONYα7では日陰の青み(青光)が強調され、少し薄いのがFUJIFILM X10。
この日陰の青色を完全に補正してしまうのがOLYMPUS E-PM2。
日陰に露出が引かれて、日の当たる部分が白飛びしてしまうのがNIKON 1 V1。
日陰も日当たり部分も平均化してしまうのがこのEOS Mであった。

夕暮れのビル街の西の空。
これは、OLYMPUS E-PM2、OLYMPUS XZ-1、EOS Mもそっくりでわずかに残る点光源の影響ですべてアンダーで同じよう。
SONYα7は、Dレンジオプティマイザーが効いて全く別の写真と驚き。
その一方で、Canon PowerShot S100は点光源に惑わされずに均一したものであった。

Eosm11


EOS Mの室内での写真は、元々明るく写るカメラらしいので現像してやるとSONYα7と同じようになってしまっている。

********************************
2枚は、同じようになるように Adobe Photoshop Lightroom 5.3で現像したもの

Eosm12 カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
焦点距離: 18mm
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)


Eosm13 カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: f/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 250
露出補正値: +0.70 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)



その一方で、順光で光が強いところではかなりシャープに写っていた。

Eosm14
カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
焦点距離: 18mm
絞り値: f/9.0
露出時間: 0.0050 秒 (1/200)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)



カメラマンの「田中希美男氏」のブログの「光学ローパスフィルターとキヤノン・その2/キヤノン・EOS M2+EF-S18~55mmF3.5~5.6 IS STM 」によると「光学ローパスフィルターを1枚しか使わないカメラ」だそうだ。

要するに、光学ローパスフィルターが薄いと言うことで解像が高いらしい。

EOS M2とEOS Mの光学系は変わっていないのでこれは、EOS Mも当てはまりそうである。

Eosm15
カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
焦点距離: 18mm
絞り値: f/10.0
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.3 (Windows)



********************************************
EOS M EF-M18-55 IS STM レンズキットの印象
********************************************

Canonのカメラとして想像していたとおり、ワクワクしないカメラである。
単純に言えば失敗も少ないかもしれないが、自らのテクニックを使って良い写真が撮れるのではなく誰でも撮れる。
それでいてこのカメラ一台だけもって出かけるかというと何となく不安が残る。
電池は、一メモリ終わったあとの残量は少ないから必ず予備が必要だし、AFなどにまだ不安は残す。
Canonユーザーなら間違いなく、サブカメラとして有効なのではないだろうか。

それでいて、EOS M2の「トリプルレンズキット」が安くなったら買ってみようかとも思わせる妙なものであった。



EOS M・EF-M18-55 IS STM レンズキット シルバー

EOS M・EF-M22 STM レンズキット シルバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

ProLite X2377HS X2377HS-GB1激安液晶モニターを買ってみた

Prolite7
************************
購入にいたる概要
************************

IIYAMAというかマウスコンピューターのカンファレンスや飯山工場見学をしてきたので、今回ProLite X2377HS X2377HS-GB1を買ってみた。
IIYAMAのProLiteシリーズは、マウスコンピューターの展示会では必ずセットになっていて結構良いものだなと思っていた製品である。
それで、昨年は液晶パネルの説明会もあった。
小生Syuunは、モニターといえばナナオ(EIZO)の物しか買わない、又はNECのMultiSyncぐらいなものである。製品にもよるがどちらの製品も結構良いお値段がするものが多い。

Prolite1

今回IIYAMAのProLite X2377HSを買ってみた理由というのは、一つには毎年パソコンを組み立てているので液晶モニターが足りなくなってきているということ。
そして、パソコンのレビューをするのにノート型パソコンから出力させたらどうなるのかと思ったまでである。
もう一つの原因は、重さ(4.1kg)など諸々の件。
たとえばNECのMultiSync(おおまか10kg弱)あたりだと、画面の回転も出来ることからかなりガッチリした脚がついている。それは値段相応で優れたところの一方で重い。

とにかく激安で販売されていたので衝動買いしてしまったのが今回の「ProLite X2377HS X2377HS-GB1」。


*******************************
ProLite X2377HS X2377HS-GB1
の外観
*******************************

Prolite2
箱から出して、組み立てるのだが「本当に泣きたくなるくらい安っぽい」。
付属のケーブルも
「D-SUBミニ15ピンケーブル(1.8m)/DVI-Dケーブル(1.8m)/
HDMIケーブル(1.8m)/電源コード(1.8m)/オーディオケーブル(1.8m)」
と一見豪華そうだが、いわゆるゾロゾロ品というオマケ。
オマケと思えるのは、HDMIケーブルなら安物でも金メッキはしてあるものなのに、そうでないというところからである。

Prolite3
Prolite4
外観としては、ドット抜けはなく又、操作法のマニュアルさえついていない。
この画質調整のマニュアルは、PDFで落としてこいと説明があってこれでないと分からない。

Prolite12

そして、一見してどこに電源スイッチがあるかさえ分からないシンプルさである。

Prolite5


***************************************
ProLite X2377HS X2377HS-GB1の画質
HDMI接続という????
***************************************
Prolite6

今回は手持ちのノート型パソコンと付属のHDMIケーブルで繋いでその状況を見てみた。
ここでどうなるのかというのが問題であった。
一番画質が良いのがDVI-Dケーブル、それより多少落ちるのがアナログのD-SUBミニ15ピンケーブル接続。
D-SUBでもDVI-Dと比べなければ、分からないレベルで許容範囲である。
今回は、最新(2013年夏モデル)のHP ENVY TouchSmart 15-j000でHDMI接続をした。
今回感心したのは、以前にHDMIケーブル接続をしたときは文字などがギラギラしてDVD鑑賞ぐらいしか使えなかった。

Prolite13

それが今回は、全く問題なく文字もすっきりである。
液晶モニターの進歩というものには、やはり目を見張るものがある。
ここで「Inspiron 17 7000」のレビューでアナログのD-SUBミニ15ピンが必要だと書いたことは訂正しよう。
最新のパソコン、モニターだとHDMIでも使える。

このモニターには、HDMIだとパソコンの音声はモニタースピーカーから出る。
乾いたカラカラとした音質で、簡易的に使う程度であろう。
HDMIの音声の代わりにスピーカーを使う場合、モニターとパソコンの設定が必要である。

Prolite8


*******************************************
ProLite X2377HS X2377HS-GB1の画質調整
*******************************************

今回敢えて、購入したばかりの状態で使って見た。(6500K)
これは「やや赤みがかったホワイト」ということになっている。
用途としては、ExcelなどのOffice製品を使うときであろう。

Prolite9

動画だと暗すぎて使えないので9300Kぐらいまであげる必要があるだろう。

手前にあるノート型パソコンの液晶がかなり青く見えるというのは、やはり比較すると面白い。

Prolite11


********************************************
ProLite X2377HS X2377HS-GB1の印象など
********************************************


Prolite10

ProLite X2377HS X2377HS-GB1は、福沢さんと樋口一葉、野口英世で買えてしまうお財布に優しい液晶モニターである。
画質調整がPDFマニュアルをみないと分からないという欠点があるも、価格相応である。

画像編集をするのならカラーマッチングモニターが必要である。しかし、そこまで必要なければこれで充分かもしれない。
安く売られているモニターはTN液晶が多い、その中でIPS液晶という視野角が広いものが使われている。

このモニターは、最近多くなってきた1920×1080液晶のノート型パソコンを使いやすくするにの最適だろう。
やはり、モニターは大きい方が使いやすい。

23型ワイド液晶ディスプレイ ProLite X2377HS(IPS、LED) X2377HS-GB1<ナイトセールでさらにお得>

マウスコンピューター/G-Tune

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

Dell Graphic Pro・ Inspiron 17 7000レビューとゲームも出来る省エネ型(超低電圧版のCPU) の秘密

Dellgraphicproinspiron17700015


************************
概要及びレビューの目的
************************

レビューをするDell Graphic Pro のInspiron 17 7000シリーズ(プラチナ・タッチパネル)とは、どういう性格のパソコンなのか。今回はこのスタイリッシュなパソコンの特性を種々の検証ソフトで調べてみた。
このInspiron 17 7000は、「Dell Graphic Pro」であるから、NVIDIA® GeForce® GT 750M 2GB DDR5というグラフィックカードが使われている。
このGeForce® GT 750Mというのは、ゲームをするには最低限の要素を持つと言われてそこそこゲームが出来てしまう。
その一方で、Core™ i7-4500Uという省エネ型(超低電圧版のCPU)のためにどういう挙動をするのかをOCCTで検証する。
又、この超低電圧版のCPUは、バッテリーの持ちが良くなるはずでこのバッテリが使える長さを「Microsoft Assessment Console Battery run down with energy efficiency diagnostics」で検証した。
尚、レビュー機は販売店からの貸出品で、貸し出されたときに前の使用者によってインストールされたソフト、ファイルなどがあり、PC設定もオリジナルと違っていた。
それでWindows 8の機能であるPCリフレッシュを使い、インストールされたソフトや設定をオリジナルに戻して検証した。
(PCのRecoveryはしないというのが大方の約束なので・・・)


Dellgraphicproinspiron1770009
**************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)
17インチ大画面高性能ノート(タッチパネル対応)の仕様
**************************************

Hwinfo64001


●OS--Windows 8 64ビット
■CPU--第4世代インテル® Core™ i7-4500U プロセッサー (4M キャッシュ,動作周波数1.8 GHz ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.0 GHz・ 2コア/4スレッド)(Launched)Haswell(最大メモリーサイズ16GB)
■マザーボード-:
●メモリ-16GB(8GBx2) 2 DIMM DDR3L メモリ (1600Mhz)(実機はMicron製)
■HDD-1TB SATA HDD (5400回転)(WD)
●ドライブ--トレイロード式 内蔵DVDスーパーマルチドライブ
●グラフィックカード;NVIDIA® GeForce® GT 750M 2GB DDR5
■ディスプレイ;17.3 インチ Truelife フルHD タッチパネル ディスプレイ (LEDバックライト採用、1920 x 1080)
●カードリーダー : マルチメディアカードリーダーデジタル(SD)メモリカード
セキュアデジタルカードHigh Capacity(SDHC)、SD拡張容量(SDXC)、UHS(50 MB/秒)対応
●LAN;インテル® デュアルバンドワイヤレス-N 7260 2x2 AGN + Bluetooth 4.0
■電源;58 WHr, 4 セルバッテリ (内蔵)
●マカフィー® リブセーフ (12ヶ月間更新サービス)、12ヶ月間マカフィー® アンチセフト付き
■USB 3.0×4(1個はPowerShare対応)、HDMI(v1.4a)出力×1、ヘッドフォン/マイク入力ジャックコンビネーション、ケンジントンセキュリティロック、AC電源入力、1.0 MPワイドスクリーンHD Webカメラ
■Adobe® Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 11, デジタルデリバリー
(Web掲載モデルは。最新版Ver12に更新されている。)
*************
■Aluminum液晶バックカバー (シルバー, 非タッチ構成用)
●寸法(仕様書による)412.4×27.7×269.4mm
※タッチディスプレイを含めた最小重量(3.29 kg)

*********************************************************
その他の詳しい情報はこちらりPDF(Dell Webサイト)を参照。

Photo_2

Hdd001

Hddspeed


Dellgraphicproinspiron17700017
*********************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズの外観
(プラチナ・タッチパネル)
*********************************************

Inspiron 17 7000シリーズは、タッチパネルであって非常に輝度が高く綺麗な液晶である。
又、筐体(きょうたい)もアルミ素材を多用したいわゆる「銀パソ」である。
筐体の厚みは、カタログデーターだと27.7mmとある。突起物がない部分を計ったところ写真の通り約25mmであった。

Dellgraphicproinspiron17700012

ノート型パソコンとしては、大きく重いものであるので、部屋から部屋へ持って行くのは可能としてもいわゆる据え置き型である。

Dellgraphicproinspiron1770004

Dell_graphic_pro_inspiron_17_700010

Dellgraphicproinspiron17700014

Dell_graphic_pro_inspiron_17_700011

キーボードは、Inspironシリーズ共通と思われる仕様でバックライトにもなっている。
以前のInspironシリーズでも述べたように英語版から日本語キーボードになったために、右端の「Enter」「Back space」が小さくなりキーボードには慣れが必要である。
かつテンキーボードと隣接しているために、「NumLock」キーを押してしまうことがある。

Dellgraphicproinspiron17700013

又、日本語キーボードで多用するFキーはFnキーを同時に使わなければならず、直接入力をするためにはBIOS設定が必要である。
その他多少気になったのは、据え置き型と言うことで液晶モニターをつなげることも多い。その場合、筐体の都合もあるがHDMI端子だけなのが惜しい。

その他、大型ノートなので過不足というものはほとんどない。

Dell_graphic_pro_inspiron_17_70005

Dell_graphic_pro_inspiron_17_70006

Dell_graphic_pro_inspiron_17_70007

Dellgraphicproinspiron1770008

Dellgraphicproinspiron17700019


Systemnew
****************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズの
基本性能(プラチナ・タッチパネル)
****************************************

001
Inspiron 17 7000シリーズのCPUには、Core™ i7-4500Uという省エネ型(超低電圧版のCPU)が使われている。
■この影響については、バッテリーの駆動時間に関しては概論で述べた様に「Microsoft Assessment Console Battery run down with energy efficiency diagnostics」で述べている。
■Core™ i7-4500Uの挙動に関してはOCCTで検証して、Adobe® Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 11がどれだけ有効に使えるかを検証している。

■起動時間に関しては、「Microsoft Assessment Console Boot performance(Fast Startup)」によって検証して、おおよその起動時間を想定して検証している。

グラフィックカード;NVIDIA® GeForce® GT 750M 2GB DDR5
■このグラフィックカードに関しては、ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のBenchmarkその他で検証している。

Sdhcspeed001


All
*************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*************************************

Dellgraphicproinspiron1770003

Inspiron 17 7000シリーズの起動時間は、コールドスタートで18.581秒だった。

Startup

Microsoft Assessment ConsoleによるBoot performance(Fast Startup)では、5.289秒であったので起動に18秒というのは妥当であろう。
又、グラフィックカードを搭載するこの手のノート型パソコンとしてはBoot performance5.289秒というのは一般的な数値である。

001_2

■Suspend継続時間は、2.928秒で立ち上がりは早い方である。


**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
( エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************

Batt002

Battery run down with energy efficiency diagnosticsは、ソフトが満充電になったのを確認してから実行される。
そして、電池残量が5%になったところで終了する。
今回は、5%到達後に直ぐに電源が切れたようで次のタスクが始まっていない。
従い、Battery run down with energy efficiency diagnosticsの数値だけで予測した。
これによると連続約6時間の起動が可能で、省エネ型(超低電圧版のCPU)の効果が現れている。

Batt003


デル株式会社
**********************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)
NVIDIA® GeForce® GT 750M 2GB DDR5
グラフィックカード性能
**********************************************

Heaven

■HeavenBenchmark
FPS 12.4
Score 311
以前に
NVIDIA GeForce GT 750M(10)
NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)
という数値が検証した数値がこんなものなので、かなり性能が上がっている。


■ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のBenchmark

Ff19201080

Ff19201080_2

Ff19201080_3

標準品質(ノートPC1980*1080)・6647・・・とても快適
高品質(ノートPC1980*1080)・4622・・ 快適
最高品質(1980*1080)・・・3395・・・やや快適

HeavenBenchmarkが思ったより高かったのと呼応して、FF14のBenchmarkも多少高かった。
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズのNVIDIA® GeForce® GT 750M 2GB DDR5は割合性能が良いようだ。

Dell_graphic_pro_inspiron_17_70002

Dell_graphic_pro_inspiron_17_70001


*****************************************************
OCCTによるDell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)
筐体冷却性能とインテル® Core™ i7-4500U プロセッサーの動作
*****************************************************

Occtstart001
2014012722h02frequencycpu0

■OCCTによる検証は、筐体性能とCPU動作を確認するために1時間オートで検証したものと約30秒(28秒)間動作したものの結果を見てみた。

28秒作動させたものは、ターボブーストにより急激にCPUのクロック数が上がっていることが分かる。
これに伴い、CPUの温度上昇とメモリー使用量が上昇している。
そして、30秒で一挙にCPUのクロック数が定格の1.8 GHzに戻りそのまま稼働している。

2014012722h02memoryusagememoryused
2014012722h02temperaturecore0

そのために、CPUの温度はあまり上がらず放熱効果が弱いと思われるようなInspiron 17 7000シリーズの筐体でも充分であることが分かる。

2014012723h02frequencycpu0
2014012723h02memoryusagememoryused
2014012723h02temperaturecore0
Occtstartend



Dellgraphicproinspiron17700016
******************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)を使ってみての感想
******************************************

2014_01_30_2
Speccy001

Inspiron 17 7000シリーズは、思ったよりグラフィックカード性能(NVIDIA® GeForce® GT 750M 2GB DDR5)がよい。しかしながらデスクトップ用のNVIDIA® GeForce®GTX650に及ばない。従って、ゲーマーパソコンとしては力不足である。
このパソコンには、Adobe® Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 11がインストールされて使える仕様になっている。(デジタルデリバリー)

Photo

ここでAdobe® Photoshop ElementsでRAW現像するのには過不足ないとしても、Adobe Premiere Elementsで高度な動画編集(レンダリング)は荷が重いかもしれない。
その理由は、2コア/4スレッドであり超低電圧版のCPUであるために負荷が大きくなると定格の1.8GHzでしか機能しないからである。
このことは、OCCTの結果で分かるように、長時間ハードな作業でも発熱は低いが性能的には落ちることになる。
又、ハードウェアエンコードはNVIDIA® GeForce® GT 750Mぐらいでは事実上使えない。

但し、近年のAdobe Premiere Elements 11は詳細編集を主に行う設定ではなく、インスタントムービーやクイック編集(簡易編集)をしやすい設定になっているのでこの程度ならストレスなく可能かもしれない。

*******************
このクラスのタッチパネルは快適で、Windows8に慣れない人でも使いこなすことができる。重作業にはあまり向かないかもしれないが、簡単な画像編集などを含め、液晶も綺麗なのでDVDを見たりするのには良いかもしれない。


デル株式会社 デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »