« SONY・α77 II ILCA-77M2発表・FUJIFILM X-A1+F XF60mmF2.4 R Macroで花を撮る | トップページ | SONYαNEX-6で動画を撮ってPowerDirector 12 Ultraで編集する »

2014年5月18日 (日)

富士フイルムのデジタルカメラの勘違いと機能説明省略の粗雑カタログ

Fujica1

ここのところ毎月なにがしらのカメラ、カメラ用品を購入している。
ここでよく注目しているのがカメラの商品カタログである。この商品カタログを読むというのは購入前には当然としても、実は購入後も頻繁に見たりする。
なぜかと言えばカメラを買って取扱説明暑では分からないことや、時にはこの「取説」に載っていないことが商品カタログで分かったりすることも多い。
要するに、カメラのカタログというのは第三の取扱説明書と呼ばれるものと小生は解釈している。
事実として、SONYのNEX-6なども「商品カタログ」を再度見直して使い方を確認するとか、又は使い方の再発見をすることがある。
SONYだけでなく、PanasonicのLUMIX DMC-G6でも使える機能を確認するときや操作方法を知ることもある。


****************************************
撮影した写真と単なるカメラの写真だけの
富士フイルムのデジタルカメラのカタログ
****************************************

今回富士フイルムのFUJIFILM X-A1のカタログを調べて見た。ところが「女性用」のカメラというイメージしか載っておらず全く理解できなかった。
それでFUJIFILM X-T1、X-E2、X-E1、X-M1、X-Pro1のカタログを点検してみたところ、富士フイルムのデジタルカメラのカタログの作り方は、他のカメラメーカーとは違うことがわかった。
初期のX-Pro1(X-E1)のカタログは、カメラよりもレンズについての説明が多くカメラの機能説明よりカメライメージであった。
その後のFUJIFILM X-T1、X-E2、X-M1も基本的にカメライメージであってカメラの操作法や「こんなことも出来る」という説明は少ない。

カメラの写真はカタログに載っていれば良いだけで、撮影例は単なる例にしか過ぎない。

本来ならカメラのカタログには、アピールとしてカメラの新機能や特徴などが書かれている。そして、前述のようにカタログに書かれていないことは「出来ない」、「機能がない」とみることが出来る。
しかし、「富士フイルムのデジタルカメラのカタログ」は撮った写真ばかりである。
写真は、プロが最善の条件と使いたいレンズそして、技量を駆使して撮ったもの。
こんな写真が撮れるはずがない。

Fujica2

**********************

もの、物には性別があるといわれている。
フランス語には、この性別を表現するらしいが大学ではドイツ語とロシア語しか習わなかったので(今ではほとんど忘れた!!!)よく分からない。

この性別からいえば、カメラは「男」と思われる。
クルマも「男」であると言われている。

だから車を女性がデザインに参加すると何か変なことになったりすることがある。
以前にシルビア(初代1800CCのスペシャリティーカー)というクルマが日産から発売されて、大ベストセラーになったことがある。
このときに女性のデザイナーがクルマのカラーを決めて、ツートン(緑、クリーム色)のデザインが発表された。
このクルマが曲線を多用した最近のクルマに似ているデザインで、このツートンのデザイン色が全く似合わなかった。
このデザインカラーは不評で、初代しか採用されず以後ブラックと初代から続く濃紺メタリックが実際は主流になった。

それでカメラはと言うと、富士フイルムでFUJIFILM X-A1を女性向けカメラと規定して、「FUJIFILM X-A1 プレミアムホワイトボックス」というものも発売した。

しかし、カメラは「男」と言う観点から見れば、「女性向けカメラ」というのは、男性が女装をしているようなもので余り感心しない。

よくよく見てみれば、「カメラ女子」というのは結構無骨で(高性能な)カメラを持っているものである。
カラバリのあるカメラを求める人は、ミラーレスカメラなどを買うと言う関心はないことが多い。

今時女性だからと言って、女性用にアレンジした低レベルのミラーレスカメラやデジ一眼カメラを買うことは少ない。

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)  FUJIFILM X-T1

**************************************
そうして「FUJIFILM X-A1 プレミアムホワイトボックス」を買った。
理由は安かったからである。
FUJIFILMの最近のカメラは、X10であった。

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

このX10は、非常に良く出来たカメラでミラーレスカメラに劣らない。要するにデジ一のサブ機になるし、動画は彩度が低いもののも何とかなるレベル。
その延長線上でX-A1を買ったわけである。
このX-A1とX10を比べると暗部の階調が絶対的に違い、さすがミラーレスであった。
FUJIFILM X-A1は、マクロや飛行機、鳥などの飛びものは苦手だが普通の写真は今の水準に達している。
しかし、動画性能や操作性、AFスピードなどは他社に比べて周回遅れ以下である。
ミラーレスカメラなどは、1年周期だから1年前のカメラとX-A1を比べてどうかと言えば、1年前ぐらいから大幅にカメラがバージョンアップした時期。
だから、2年前ぐらいならどうかというレベルと言える。

ソニーストア

|

« SONY・α77 II ILCA-77M2発表・FUJIFILM X-A1+F XF60mmF2.4 R Macroで花を撮る | トップページ | SONYαNEX-6で動画を撮ってPowerDirector 12 Ultraで編集する »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士フイルムのデジタルカメラの勘違いと機能説明省略の粗雑カタログ:

« SONY・α77 II ILCA-77M2発表・FUJIFILM X-A1+F XF60mmF2.4 R Macroで花を撮る | トップページ | SONYαNEX-6で動画を撮ってPowerDirector 12 Ultraで編集する »