« オーバークロック(OC)で楽しむHP ENVY Phoenix 810-190jp/CT実機レビュー | トップページ | そのカメラ・「回折低減処理」機能など付いていますか?最近のデジカメ事情 »

2014年5月 1日 (木)

マウスコンピューターで知る最新のパソコンのトレンドと新知識

Mouse11

*************************
現在のパソコン事情と概要
*************************

近年新型CPUの話もほとんど聞こえてこない。
昨年は春に新型CPU・Haswellの発表会が秋葉原であってそれに参加してみたりした。
そのHaswellもノート型パソコンでは省電力が効果を発揮して、昼間一日中充電いらずというパソコンも出てきている。
その一方で、デスクトップ型パソコンではマザーボードが進化したとはいえ、CPUに関しては期待外れだった。
それで今年は新型CPUも夏過ぎの秋となれば、これからの半年はどういうことが主流になるのか?
これを探るのが標記のマウスコンピューター・アフィリエイターカンファレンスである。
パソコンメーカーには得意、不得意があって超軽量スリムノートを得意とするところもある一方、高性能パソコンを得意とするマウスコンピューターなどがある。

今回は、その得意とする「G-Tune」ブランドのゲーマーパソコンを中心として近年のパソコン事情を探って見た。


Mouse2

Mouse4
********************************************

マウスコンピューターの【CPU オーバークロック対応】
グラフィックを強化したカスタムモデル

**********************************************

昨年の春にオーバークロックをメーカーの標準仕様にしたパソコンがあった。その他、最近レビュー記事を書いたPCも多少なりともオーバークロックが可能であった。
しかし、「メーカー標準仕様」のものは、Windows上からオーバークロックもできる自作機の「オーバークロック対応ユーティリティ」のようなものであり、他はBIOSからの変更であった。
いずれも設定後に再起動させる必要がある。
それがマウスコンピューターの【CPU オーバークロック】は、再起動も必要なくしかもGPU(グラフィックス)のオーバークロックも同時に行うというもの。
-------リアルタイムOC

Mouse12

方法は、パソコンにもともとそういう仕様だったと思わせる感覚なのだそうな。


詳細は、マウスコンピューターのサイトを参照 icon


Mouse191
Mouse21
************************

Mouse5_2
Mouse6
写真PCは、MASTERPIECE i1440SA1-DOC-CVL
仕様(標準)
■OS : Windows 8.1 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i7-4770K プロセッサー
       (4コア/3.50GHz/TB時最大3.90GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
■CPU FAN : 水冷CPUクーラー Cooler Master Seidon 120XL
■グラフィックス : 【水冷GPUクーラー搭載】 NVIDIA® GeForce® GTX780(3GB)
■メモリ : 16GB PC3-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
■ハードディスク : 2TB SerialATAIII 7200rpm
■チップセット : インテル® Z87 Express
■光学ドライブ : DVDスーパーマルチドライブ
■カードリーダー : マルチカードリーダー
■電源 : 700W 【80PLUS® GOLD】
■保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

これは、CPU オーバークロック対応なのでボタン一つでオーバークロックができる。
スコアは、NVIDIA® GeForce® GTX780(3GB)という強力なグラフィックスのため、1980×1080の最高品質でも13530である。

マウスコンピューター/G-Tune


Mouse11_2

***************************************
ノート型パソコンのOptimus技術の新事情
***************************************

ノート型パソコンでは従来からOptimus技術といって、パソコンが高度なグラフィックス性能を要求されるときにNVIDIAのグラフィックスを使うようになっている。
これは、省電力に有効で電力を多く使うグラフィックスカードをなるべく使わないようになっている。
特に、第三世代では「ルーティングレイヤー」を経由してIntelで出力していた。
従って、ノート型パソコンではPC内容を表示させるソフトを使うとNVIDIAが見えないことがある。
それが第四世代のOptimus技術では、Windows8.1、800番台の NVIDIA® GeForce® GTXを使うことによって、「ルーティングレイヤー」がOSに変わっている。
★「OSが識別してIntelで出力する」という進んだシステムであるとのこと。

Mouse7
Mouse8 Mouse9
Mouse10

写真PCは
NEXTGEAR-NOTE i990BA1-SP
仕様(標準)
■OS : Windows 8.1 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i7-4700MQ プロセッサー
    → 【期間限定】インテル® Core™ i7-4710MQ プロセッサー
(4コア/2.50GHz/TB時最大3.50GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)に無償アップグレード!!
■グラフィックス : NVIDIA® GeForce® GTX870M(6GB)
■メモリ : 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
■mSATA SSD : 128GB mSATA
■ハードディスク : 1TB SerialATAII 5400rpm
■チップセット : インテル® HM87 Express
■光学ドライブ : DVDスーパーマルチドライブ
■ディスプレイ : 17.3型 フルHDノングレア液晶(1,920×1,080/ LEDバックライト)
■無線 : IEEE 802.11 b/g/n ・ Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
■保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

詳細は、マウスコンピューターのサイトを参照 icon

マウスコンピューター/G-Tune

Mouse13

これは「新たにフルカラーのLEDバックライトキーボードを採用」したり、「キーボード面に2 つのスピーカー、本体底面に1 つのサブウーファー」が付いている。

Mouse171
Mouse22
Mouse23
Mouse24
Mouse25
Mouse14
Mouse151
その他、NVIDIA® GeForce® GTX870M(6GB)がどのくらいの性能であるのかをHeaven Benchmarkで測定してみた。
数値を見ると、FPS 28.1であった。
この数値は、デスクトップのグラフィックスカードの大人気機種で、今でも現役のNVIDIA® GeForce® GTX660と同等であった。

Heaven Benchmarkの実測値(柊雲作成)
*****************************************************

NVIDIA® GeForce® GTX770 (2GB)-46.8

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)

15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)

10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M(10)

AMD Radeon™ HD 8570 グラフィックス(7.4)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)


Mouse161
マウスコンピューター/G-Tune


Mouse181

2013年春から始まったノート型パソコンの高性能化は、遂にデスクトップ機に迫るようになったかとあらためて思う。

マウスコンピューター/G-Tune

|

« オーバークロック(OC)で楽しむHP ENVY Phoenix 810-190jp/CT実機レビュー | トップページ | そのカメラ・「回折低減処理」機能など付いていますか?最近のデジカメ事情 »

12マウスコンピューター実機レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マウスコンピューターで知る最新のパソコンのトレンドと新知識:

« オーバークロック(OC)で楽しむHP ENVY Phoenix 810-190jp/CT実機レビュー | トップページ | そのカメラ・「回折低減処理」機能など付いていますか?最近のデジカメ事情 »