« マクロレンズで撮影SONYα7、NEX-6、PENTAX K-5 | トップページ | 富士フイルムのデジタルカメラの勘違いと機能説明省略の粗雑カタログ »

2014年5月17日 (土)

SONY・α77 II ILCA-77M2発表・FUJIFILM X-A1+F XF60mmF2.4 R Macroで花を撮る

Xa163

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XF60mmF2.4 R Macro
焦点距離: 60mm (35mm 換算焦点距離: 90mm)
絞り値: f/4.0
露出時間: 0.0067 秒 (1/150)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

*************************************
SONY・α77 II ILCA-77M2と旧α77
*************************************

SONY・α77 II ILCA-77M2やα7S ILCE-7S、DSC-RX100M3が発表になった。
SONY・α77は、いつ頃買ったのかと思っていたら2年以上経過していた。このα77を最近買ったNEX-6にILCA-77M2(マウンドアダプター経由)でもキットレンズになっているDT16-50mm F2.8 SSM SAL1650を付けて撮ってみたことがある。
デジタルカメラでは後発の方が画質が良いことになっているので、当然写真や動画ではNEX-6の方が良かった。
α7との違いは、「飛びものは別として」条件が厳しくなってくれば来るほどα7(ILCE-7)の優位性は目立つ。
しかし、α77をそのままにしていたのは、高速AFのためである。
*****************
Xa161
カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XF60mmF2.4 R Macro
焦点距離: 60mm (35mm 換算焦点距離: 90mm)
絞り値: f/4.5
露出時間: 0.0071 秒 (1/140)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)


それでα77 II ILCA-77M2はどこが違うかと言えば、
(主な部分)
「高速連写関係AF」
○新開発の位相差AFセンサー79点のフォーカスポイント
○最高約12コマ/秒のAF追随高速連写
○-2EVの低輝度環境にも対応する高精度なAF
○79点の多点センサーをさらに生かす「拡張フレキシブルスポット」
○各フォーカスエリアに対応した「ロックオンAF」

その他「AF関連」

○構図や被写体に合わせて選べる、6種類のフォーカスエリア設定
○緻密(ちみつ)なピント合わせを可能にする「瞳AF」
○AF動作範囲を任意設定する「AFレンジコントロール」
○5段階のAF追従感度設定
○撮影シーンに応じて使い分けられるフォーカスモード・追加部分
「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」に対応(AFでピントを合わせた後に、手動でピントを調節できる)
○臨機応変にシャッターが切れる「バランス重視」設定

その他、α7 ILCE-7に入っている新機能が満載になっている。
要するにSONY・α77 II ILCA-77M2は、「飛びもの」を撮るための高速AFを強化し、最近進化したSONYのデジ一眼の主要部分全てを入れたようなものである。
これならコンパクト性を別にすればNEX-6やSONY α6000 ILCE-6000などは全く必要ない。
特に、今回マクロレンズを使うに当たってはDMFがありがたい気がする。
SONY ショップでは「ゴールド」ステージなので10%クーポンが来ているから多少安く買える。又、α77 の下取りが最高で36,000円。
航空ショウなどを主に撮っているわけでないので、暫く様子見ということになるだろう。


Xa162
カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XF60mmF2.4 R Macro
焦点距離: 60mm (35mm 換算焦点距離: 90mm)
絞り値: f/5.6
露出時間: 0.0063 秒 (1/160)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

Xa166
カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XF60mmF2.4 R Macro
焦点距離: 60mm (35mm 換算焦点距離: 90mm)
絞り値: f/2.4
露出時間: 0.0003 秒 (1/3500)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

******************
FUJIFILM X-A1+F XF60mmF2.4 R Macroで花を撮る
******************

5月の連休中にFUJIFILM X-A1レンズキット(FUJIFILM X-A1 プレミアムホワイトボックス)が安く手に入った。
これは「春のキャッシュバックキャンペーン」に乗ったわけで、併せて「美しいボケ味と高精細な描写を両立するレンズ」というF XF60mmF2.4 R Macroを買ってしまった。
それで、FUJIFILM X-A1のテストを散々繰り返している。

この散々繰り返しているというのは、NEX-6やα7 ILCE-7などの時のように気軽に撮っても、どんな条件でも良く撮れるという分野に入らないからである。
単純に言えば、旧型のFUJIFILM X-E1の機能をいくつか差し引いて入れ、少し最新の機能を追加したという妙なものである。
この妙なもの、ところ、とはFWを作るときに上位機よりも勝ったりしたところがあったりする(???)ことで、新機種も方が常に良いという法則は多少ある。

このFUJIFILM X-A1は、発売されて半年も経たない製品であるためにWi-Fi内蔵で、それなりの水準は示している。しかし、AFに関しては多分現状のミラーレスカメラの中で最遅速を争うのではないかと思われる。(シャッタータイムラグ0.05秒・カタログデータ)
但し、他のメーカーの新機種と実測で比べてみての話。

一番遅かったのはFWが新しくなったとはいえCanon EOS M。
(評判が悪かった旧型製品・新型のM2は高速AFを実現)

このEOS Mより少し早い感じなのがFUJIFILM X-A1であろう。

Xa167 カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XF60mmF2.4 R Macro
焦点距離: 60mm (35mm 換算焦点距離: 90mm)
絞り値: f/5.6
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)


Xa165
カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: 50mm F2.8 Macro
焦点距離: 50mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: f/4.5
露出時間: 0.0063 秒 (1/160)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

このFUJIFILM X-A1を使っていらいらさせられるのがF XF60mmF2.4 R Macroを使ったマクロ撮影である。有機ELファインダーなどがないのでマクロはかなり支障があるのは当然としてもAFが合わない。
しかも、SONYの様に「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」が付いているわけではなく、AFからMFに切り替えるのも面倒。
やはりFUJIFILM X-A1では、マクロ撮影はお荷物のようである。

Xa164
カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XF60mmF2.4 R Macro
焦点距離: 60mm (35mm 換算焦点距離: 90mm)
絞り値: f/2.8
露出時間: 0.0033 秒 (1/300)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

しかし、出て来る画像は綺麗で、特にF XF60mmF2.4 R Macroレンズのボケが綺麗である。
SONYの50mm F2.8 Macro SAL50M28という古い設計のマクロレンズより微妙にボケが良いかなと言うところだが、ボケだけで見分けることは出来ない。

Xa169
カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XF60mmF2.4 R Macro
焦点距離: 60mm (35mm 換算焦点距離: 90mm)
絞り値: f/9.0
露出時間: 0.0029 秒 (1/350)
ISO 感度: 400
露出補正値: -0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)


Xa168

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: 50mm F2.8 Macro
焦点距離: 50mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: f/6.3
露出時間: 0.0050 秒 (1/200)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

|

« マクロレンズで撮影SONYα7、NEX-6、PENTAX K-5 | トップページ | 富士フイルムのデジタルカメラの勘違いと機能説明省略の粗雑カタログ »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY・α77 II ILCA-77M2発表・FUJIFILM X-A1+F XF60mmF2.4 R Macroで花を撮る:

« マクロレンズで撮影SONYα7、NEX-6、PENTAX K-5 | トップページ | 富士フイルムのデジタルカメラの勘違いと機能説明省略の粗雑カタログ »