« PowerDVD 14 Ultra・動画再生ソフトウェアを使ってみる3 | トップページ | SONY・α77 II ILCA-77M2発表・FUJIFILM X-A1+F XF60mmF2.4 R Macroで花を撮る »

2014年5月15日 (木)

マクロレンズで撮影SONYα7、NEX-6、PENTAX K-5

M_a77


5 月の良い天気が続き、マクロレンズで花を撮影する時期がやって来た。
表題でマクロレンズを使うと書いたが、実を言えばマクロで花を撮影したことはほとんどない。
本来、もの撮り用として購入したマクロレンズはSONY用、PENTAX用(シグマ)などがある。
これは、小物を撮影する予定だったのだが「初めてレンズ」の「DT 30mm F2.8 Macro SAM SAL30M28」ではPCの撮影には向かず、結局マクロもお得意のOLYMPUS STYLUS XZ-2を使っている。
こんな風に随分と寝かしているマクロレンズを再び現役復帰させる気になったのは、60mmのマクロレンズを買ったからである。
その副産物で比較テストとしてSONYα7、α77、NEX-6、PENTAX K-5などを使ってマクロレンズを使用することになった。

そうは言うものの、ミラーレスカメラにマクロレンズを付けて小さな花を撮るというのはかなり面倒である。
なんと言ってもPENTAX K-5のガラスペンタプリズムを使ったファインダーに勝てるものはなく、多少AFが遅くモーター音がうるさい「シグマMACRO 50mmF2.8 EX DG」でも問題なし。
今回公開するのはこのPENTAX K-5+シグマと、SONYα7、NEX-6+マウンドアダプターLA-EA4 +50mm F2.8 Macro SAL50M28。

M_a74

SONYα7、NEX-6は、マウンドアダプターを使用したときのDMFモード(ダイレクトマニュアルフォーカス)の「MFアシスト」挙動が理解できず結構手こずってしまった。
ここでSONYα7は、さすが最新の製品だけにNEX-6ほど分かりにくいことはなくて、単なるMFの「MFアシスト」と同じであった。
ただし、操作ボタンの順序を間違えると「エラー??表示」がでるのがわかりにくさを助長している。

M_a71

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: 50mm F2.8 Macro
焦点距離: 50mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: f/2.8
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 50
露出補正値: +1.00 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

M_a73

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: 50mm F2.8 Macro
焦点距離: 50mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: f/4.5
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 64
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

M_a72

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: 50mm F2.8 Macro
焦点距離: 50mm (35mm 換算焦点距離: 50mm)
絞り値: f/2.8
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 50
露出補正値: +1.00 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

M_a75

マクロ撮影では、対象物の焦点を1mmの違いで分ける。
そのためミラーレスカメラでは、「MFアシスト」による拡大表示とピーキングがないとかなりマクロ撮影では難しい。

M_a76

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: 50mm F2.8 Macro
焦点距離: 50mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: f/4.5
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

特に、屋外で背面液晶がよく見えるわけではないので電子ビューファインダーは欠かせないことになる。

M_a77_2

カメラメーカー: PENTAX
カメラモデル: PENTAX K-5
レンズ: smc PENTAX-F MACRO 50mm F2.8
撮影日時: 2014-05-13
焦点距離: 50mm (35mm 換算焦点距離: 75mm)
絞り値: f/5.6
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.4 (Windows)

|

« PowerDVD 14 Ultra・動画再生ソフトウェアを使ってみる3 | トップページ | SONY・α77 II ILCA-77M2発表・FUJIFILM X-A1+F XF60mmF2.4 R Macroで花を撮る »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロレンズで撮影SONYα7、NEX-6、PENTAX K-5:

« PowerDVD 14 Ultra・動画再生ソフトウェアを使ってみる3 | トップページ | SONY・α77 II ILCA-77M2発表・FUJIFILM X-A1+F XF60mmF2.4 R Macroで花を撮る »