« KENWOOD Kseries R-K711 CDレシーバー未だ現役衰えず | トップページ | BRANDS for FRIENDSでお買い物・ペティチューリップ ペアマグなど »

2014年6月16日 (月)

HP Pavilion 500-340jp/CT実機レビュー・動画編集も出来るコストパフォーマンスマシン

Hp5009
********************************************
HP Pavilion 500-340jp/CT実機レビューの概要
(東京生産Core i7 カスタムモデル)
(東京生産i5 GT640搭載モデル)
********************************************

デスクトップ型パソコンと言えば、高性能ゲーマーパソコンと思いがちである。高性能ゲーマーパソコンは、高性能グラフィックカードやCPUと共に全体として電源などの足下部分も強化されている。
従って、PCゲームで遊ぶ以外普段使う分には過剰なものである。
それで、PCゲームなどをしない人が動画編集などにも使いたいし、長持ちするPCを使いたいということもある。
今回実機レビューするHP Pavilion 500-340jp/CTは、東京生産Core i7 カスタムモデル、又はi5 GT640搭載モデルをカスタマイズして高性能にしたものである。
これはHPで「高い基本性能をそなえた、抜群のコストパフォーマンス・ミニタワー」と称しているとおり、高性能CPUを積む代わりに無理のかからない最小限の構成を実現したものである。

今回の目的は、この必要な最小限の構成でどれだけの性能が出るのかを検証してみる。


Hwinfo64summary

***************************************************
HP Pavilion 500-340jp/CTによる実機の構成概略
(品番などは、この実機の場合、生産時に変更のこともある。)
OPは変更(可能)部分で性能を上げたもの
***************************************************

●OS--Windows 8.1 (64bit)※Windows 8.1 Update適用
■CPU--インテル® Core™ i7-4790プロセッサー(3.60GHz-4.00GHz,インテル®スマート・キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー
2.0(Hyper Threading Technology)Haswell(OP)
■マザーボード-:HP-2AF7・インテル® Z87 Express チップセット
●メモリ-4GB(PC3-12800 DDR3 SDRAM)(実機はSAMSUNG製)
■HDD-1TB(7200rpm)(実機WDC WD10EZEX-60ZF5A0)(OP)
●ドライブ--DVDスーパーマルチドライブ
●グラフィックカード-NVIDIA® GeForce® GTX640 (HP original)(OP)
●カードリーダー : 15in1メディアスロット
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
■電源・300W電源 【ATX電源】
●マカフィー® リブセーフ (30日版)
●【15倍W録画対応】地上・BS・110度CS対応ダブルチューナー(専用リモコン付)
(実機のオプション16,000円・税抜)
*************
■ワイヤレス日本語(109A)キーボード & ワイヤレス光学スクロールマウス
●縦置き:約175×390×368mm/約7.0kg



*********************************************************
その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。

http://h50146.www5.hp.com/lib/products/desktops/personal/spec_pdf/pavilion_500-340jp_dp.pdf icon

****************************************************************

System01
Winscoreshare5 Winscoreshare002
Hddinfo
Hddspeed1tb
Hdd


Hp5008
*******************************
HP Pavilion 500-340jp/CT外観と構造など
*******************************

HP Pavilion 500-340jp/CTは、「HP Pavilion」で ENVYと名前のつく高性能モデルより多少ローコストに仕上がっていて不必要なものはない。
しかし、自作パソコンのケースなどはこういうもので大方必要最小限である。
従い、ケースの中を見てみるとしてもENVYが手回しも出来るネジを使っているのにドライバーなどが必要になる。

Hp50017
Hp5006
Hp5004

●ケースの中は、シンプルで、HP特有のマザーボードが市販のケースに見られる位置とは逆に付けられている。
これは、ケースの空冷性能を高めるためであると認識している。
従い、ケースの冷却性能を調べるOCCT-4・4・0のテストで実証されている。

Hp50018

●今回のHP Pavilion 500-340jp/CTでは、CTOで地上・BS・110度CS対応ダブルチューナーが付けられていた。
しかし、B-CASカードの関係から使用していない。

Hp50011
Hp50012
Hp50020


Hp5005

*****************************************
HP Pavilion 500-340jp/CTグラフィックカード
NVIDIA® GeForce® GTX640 によるBenchmark
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア
ベンチマーク
*****************************************

NVIDIA® GeForce® GTX640 は、ローエンドのグラフィックカードで簡単なゲームしか出来ない様なものである。
しかし、CPU内蔵グラフィックカードとは大違いである。
それは、オプションで設定してある「写真編集ソフトの決定版 Adobe® Photoshop® Elements 12+動画編集が自在に楽しめるAdobe® Premiere® Elements® 12(オプション)」も動かすことが出来る。
もう少し上のグラフィックカードへのCTOは、出来ないことになっている。
従い、より高度なグラフィックカードが必要ならば上位機のENVYシリーズを選択する必要がある。
その理由は、電源が300Wしかないことによる。
しかし、敢えて交換するとすれば予備電源を不要とする省エネ型のNVIDIA® GeForce® GTX650ぐらいなら動くかもしれない。但し自己責任。

4430
2161
2115
12807207968


****************
NVIDIA® GeForce®GTX640(1,980×1,080)
最高品質・・・2,115普通
高品質・・・・2,161普通
標準品質・・・4,430 快適
************************
1280×720(標準)--7,968非常に快適



参考
キャラクター編Benchmark参考

NVIDIA® GeForce®GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・11,006
高品質・・・・11,469
標準品質・・・19,704
NVIDIA® GeForce® GTX760・グラフィックカード性能
最高品質・・・7,654
高品質・・・・7,876

Gpuz


******************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
******************************************


Heavenbenchmark


*****************************************************
NVIDIA® GeForce® GTX770 (2GB)-46.8

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)

15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)

10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M(10)

NVIDIA® GeForce® GTX640 (8.5)***********実機

AMD Radeon™ HD 8570 グラフィックス(7.4)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)


Hp50013
*******************************************************
起動時間・BIOSの検証・HP Pavilion 500-340jp/CT
Microsoft Assessment Consoleによる・BIOSの検証
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
*******************************************************

Hp5001

起動時間・15.42秒~
起動時間は、15.42秒ぐらいで従来のデスクトップ型パソコンと比べて大幅に早い。
なぜ早いのかとBIOSのBoot performanceを見てみると
「Boot performance--3.592秒Fast Startup・Microsoft Assessment Console」
今までのHPデスクトップ型パソコンの中で最速であった。

Assessmentconsolestart


***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで購入したPC又は、レビュー機での実測値
****************************************


(全て初期状態)            Boot performance
HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動17.8~29.5秒

********************************************
デスクトップ機
HP ENVY h8-1560jp・・・・・14.79秒・22.4秒(SSD)
HP ENVY Phoenix h9-1490jp・・・11.327秒・20.3秒(SSD)
HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT・・12.074秒・18.4秒(HDD+キャッシュドライブ)
HP ENVY Phoenix 800-090jp・・・・6.036秒  起動時間14.7秒
HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT・・・9.014秒  起動時間13.6秒(SSD)

************(レビュー機)
HP Pavilion 500-340jp/CT・・・・・・3.592秒 起動時間15.42秒


Hp50010
**************************************
★メディアカードスロット(15in1)
**************************************


従来と変わらず低速(USB2.0相当以下)でSDHC UHS-1にも対応していないようである。

Sdhcspeed

Hp5007


Hp5003

*********************************
★高負荷テストの結果検証
OCCT-4・4・0
*********************************

Occtst

2014060816h17frequencycpu0 2014060816h17temperaturecore0

負荷テストでは、CPU:インテル® Core™ i7-4790プロセッサーの定格3.6GHzで作動している。
又、CPUの温度は大方62℃で、空冷が効いて非常に安定している。
このことから、動画編集のソフトウェアエンコードを長時間しても全く問題ないレベルである。

2014060816h17memoryusagememoryused


Hp5002 Spccy
Speccycpu001
**********************************************
HP Pavilion 500-340jp/CTを使ってみての感想
**********************************************

HP Pavilion 500-340jp/CTはシンプルな構成で、非常に安定した動作をするPCである。高負荷をかけても筐体性能の良さから、CPUは高温にならない。
このことは、経験上かなり長持ちをするパソコンであるとおもわれる。
CPUもインテル® Core™ i7-4790プロセッサーを使うと4コア/8スレッドであるためにフルハイビジョン動画編集にも対応する。

ゲーマーパソコンには拒否反応がある人でも、このパソコンならば普通の高性能パソコンとしてつかえる。
その一方、ゲームもしたいというのなら、より高性能で高温、高負荷対応の上位機ENVYシリーズを使うと良い。

それでこのパソコンの構成で、強いて言えば、電源がもう少し大きいと(過剰かもしれないが)電源の負荷が少なくてより長持ちするような気がする。



icon icon

icon icon

|

« KENWOOD Kseries R-K711 CDレシーバー未だ現役衰えず | トップページ | BRANDS for FRIENDSでお買い物・ペティチューリップ ペアマグなど »

01.HPパソコン実機レビュー・ノート・デスク他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP Pavilion 500-340jp/CT実機レビュー・動画編集も出来るコストパフォーマンスマシン:

« KENWOOD Kseries R-K711 CDレシーバー未だ現役衰えず | トップページ | BRANDS for FRIENDSでお買い物・ペティチューリップ ペアマグなど »