« 第66回毎日書道展作品完成・あとは会費の支払いのみ | トップページ | 第5回記念・聖筆代表作家展・同祝賀会に観覧参加する »

2014年6月 4日 (水)

高負荷にも耐える・XPS 13 Ultrabook・Dellコードレスパソコンの実力は?

Xps137
*****************************************
XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネル
の概要とレビューの目的
*****************************************

XPS 13 Ultrabookは、Dellがコードレスパソコンと称してモバイル用に使えるとしている製品である。
このモバイルパソコンの中で実務で使えそうと言うのがこのクラスである。Inspironになると1.5kgを超えるので毎日もって歩くモバイルとしては遠のく。

今回は、この高性能を表すXPS Ultrabookの本当の意味での高性能とはどんなものかを探ってみた。
コードレスパソコンと称しているからどのくらいバッテリーが持つのかも検証した。
そしてモバイルパソコンとしては意外な面も発見するに至っている。

(尚、レビュー機は販売店からの貸出品である。)

Xps1313


**********************************************
XPS 13Ultrabookプレミアム・タッチパネルの仕様
**********************************************

●OS--Windows 8.1 (64ビット)
■CPU--第4世代インテル® Core™ i5-4200U プロセッサー
(3M キャッシュ,動作周波数1.6 GHz ターボ・ブースト利用時の最大周波数2.6 GHz・ 2コア/4スレッド)(Launched)Haswell(最大メモリーサイズ16GB)

(新製品は----------------第4世代インテル® Core™ i5-4210U プロセッサー (3M キャッシュ, 最大 2.7 GHzまで可能)-------------------にアップグレードしている。)

■マザーボード-:Dell 0D13CK
●メモリ-8GB デュアルチャネル DDR3L-RS メモリ1600MHz (On Board)
■119GB SSD(実機はLITEONIT LMT-128M6M・mSATA)
●ドライブ--なし
●グラフィックカード;内蔵・インテル® HD グラフィックス 4400
■ディスプレイ;13.3インチ TrueLife™ フルHD タッチパネル ディスプレイ (LEDバックライト採用、1920 x 1080)
●ポート、スロット :USB 3.0 PowerShare対応 x 2、Mini DisplayPort x 1、ヘッドセットジャック x 1
●LAN;インテル®デュアルバンドワイヤレス-AC 7260 @ 5GHz + Bluetooth 4.0
■電源;55WHr 6 セルバッテリ (内蔵)
■デュアルアレイデジタルマイク付きワイドスクリーンHD Webカメラ
マカフィー® リブセーフ (12ケ月間更新サービス)

*************
■削り出しアルミ素材(シルバー)
カーボンファイバ複合材ベース
エッジツーエッジのCorning® Gorilla® Glass NBT™
マグネシウム製パームレスト(ソフトタッチペイント仕上げ)

●寸法(仕様書による)316×6~18×205mm
 最小重量(1.37kg)

*********************************************************
この「XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネル」の仕様は、平成26年5月現在のもので、「NEW XPS 13」とは多少仕様が異なっているものもある。

その他の詳しい情報はメーカーサイトを参照。

Hwinfo64001


Xps136
**********************************************
XPS 13Ultrabookプレミアム・タッチパネルの外観
**********************************************

XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネルは、タッチパネルであって非常に輝度が高く綺麗な液晶である。
又、筐体(きょうたい)もアルミ素材と「カーボンファイバ複合材ベース」使用した結構強靱そうなものである。

Xps139 Xps1319

Xps138

筐体の厚みは、カタログデーターだと18mmとある。突起物がない部分を計ったところ写真の通り約15mmであった。この差はゴム足であるかもしれない。

Xps1315 Xps1318

キーボードは、XPSシリーズ共通と思われる仕様でバックライトにもなっている。
以前のInspironシリーズでも述べたように英語版から日本語キーボードになったために、右端の「Enter」「Back space」が多少小さい。しかし、Inspironシリーズのようにテンキーボードがないので、かえって使いやすい。

Xps135 Xps1316
Xps1317

このXPS 13 Ultrabookでは、HDMIポートではなくMini DisplayPortになっている。最近の液晶ディスプレイにはHDMIでなく、DisplayPortになっているものもあり拡張性を狙ったものかもしれない。
又、ノート型パソコンには必ずあるSDカードスロットが付いていない。

その他、大きさは以前にレビューした「XPS 11 プレミアム・タッチパネル」とさほど大きく変わっていない。

Xps133

Xps134
Xps1310
[コードレスパソコンページ]

[今週のお買得ノート]

[今週のお買得デスク]

[ALIENWAREシリーズTOP]

[お買得周辺機器]

[在庫一掃モデル]


Xps1311
Xps1312



*******************************************
XPS 13Ultrabookプレミアム・タッチパネルの
基本性能
*******************************************
System Winscoreshar001 Winscoreshar002
Ssd119 Ssdlifepro Ssdspeedcys

デル株式会社 デル株式会社


*************************************
XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネル
起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*************************************

Xps131
Stetup3ys

Boot performance(Fast Startup)は、測定の結果2.644秒で正にUltrabookの様相を呈している。
そして、SSDを搭載していることから約9.45秒という驚異的な速さで起動する。
これはSSD、オンボードグラフィックスが大きく貢献しているのかもしれない。
又、サスペンド継続時間も1.410秒で即座に復帰して、Ultrabookの面目躍如である。

002




**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
( エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************

Photo_2

Dellの仕様説明では「優れたバッテリ持続時間により、さらに長い時間作業を行うことができます。」としか書かれていない。

しかし、このXPS13はコードレスパソコン(モバイル)に類するものなのでどのくらいバッテリー駆動するかを検証する。
Microsoft Assessment Console・Battery run down with energy efficiency diagnosticsのテストでは、動画再生などを含めたテストを行っている。

そのテストは、バッテリの満充電状態になっていることをソフトが自動的に確認した上で、バッテリー残量が5%に減少するところで測定終了する設定である。

Battyrundown001_2

Battery run down with energy efficiency diagnosticsの結果では、671.2分でバッテリー残量が「残量5%」になり終了している。
「予想シャットダウン時間」が674分になっている。

これは、バッテリーが11時間14分連続で使えることを示している。

 

消費電力効率も95%で良好。

 


**********************************************
XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネル
グラフィックカード性能
**********************************************

Gpuz_2

グラフィックカードは、オンボードのインテル® HD グラフィックス 4400である。
こういうテストは余り意味がないように思えるがBenchmarkを取ってみた。

■ファイナルファンタジーXIV:
新生エオルゼアベンチマーク キャラクター編」のBenchmark
フルハイビジョン・1920 x 1080ではさすが「設定変更」を要求されるが、ハイビジョンまで落とせば何とかベンチマークが取れる範囲になる。

Ff12807203603

Ffstdnote19801080

Speccygrah


Xps1320


*****************************************************
OCCTによるXPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネル
筐体冷却性能とインテル® Core™ i5-4200U プロセッサーの動作
*****************************************************

Occt


こういう薄型のUltrabookでは過度の負荷が掛かった場合、放熱が悪く熱暴走して止まってしまうか、又は定格までCPUのクロックを大幅に下げて完走すると言うのが一般的である。

今回は、余り期待していなかったところが「動作周波数1.6GHz」からターボブーストして2.2~2.3GHzの動作で1時間のテストを完走した。

2014052414h38frequencycpu0


又、CPUの温度は凡そ80℃付近で収まって安定動作になっている。

2014052414h38temperaturecore0

要するに、インテル® Core™ i5-4200Uという省エネ型にかかわらず、過度の負荷が掛かった場合でも性能を落とさずに動作することが分かる。

2014052414h38memoryusagememoryused

Speccyall


Xps132

************************************************************
XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネルを使ってみての感想
************************************************************

XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネルは、起動が早くストレスを全く感じないUltrabookである。当然サスペンド状態からの復帰も早い。
それだけでなく驚いたのは、バッテリーが11時間14分連続に使えたと言うことであった。
それでいて、OCCTの負荷テストで分かるように過度の負荷においても、性能を余り落とさずに完走したという筐体冷却性能の高さであった。

こういう風に高性能の部分の一方、ポート、スロットが少なくSDカードスロットも省略されている。
又、見た目は軽そうだが結構密な感じで、実測で1376gとモバイルノートとしては重い。
ポート、スロットが少ない分、時としてカードリーダーやUSBハブなどを持ち運ぶことを考えると1500gを超えてしまうという危惧もある。

いずれにせよ、満員電車に揺られても筐体がゆがむということはなく、又起動を含めてストレスない強靱さを秘めたXPS 13 Ultrabookは使い心地が良かろうと思われる。

問題は、見た目に比べて1376gもあると言うことだけであろう。


Xps1314

****************************
XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネルは、現行「NEW XPS 13」になっているものの基本性能は変わっていないと思われる。


デル株式会社

デル株式会社

|

« 第66回毎日書道展作品完成・あとは会費の支払いのみ | トップページ | 第5回記念・聖筆代表作家展・同祝賀会に観覧参加する »

03.Dellパソコン実機レビュー・ノート他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高負荷にも耐える・XPS 13 Ultrabook・Dellコードレスパソコンの実力は?:

« 第66回毎日書道展作品完成・あとは会費の支払いのみ | トップページ | 第5回記念・聖筆代表作家展・同祝賀会に観覧参加する »