« バッファローUSB3.0対応HDD 2TB HD-LB2.0TU3-BKDとDashDrive AHV620-2TU3-CBKを買う | トップページ | 第66回毎日書道展表彰式・祝賀会に参加する。 »

2014年7月21日 (月)

HP ENVY 700-360jp実機レビュー・Linpackもクリアする強靱パソコン

R2014hp2

********************************************
HP ENVY 700-360jp/CT実機レビューの目的と概要
********************************************


HP ENVY 700-360jp/CTは、「東京生産ハイエンドミニタワーPC」とHPのウェブサイトには書かれている。これは最新CPUのHaswell Refreshタイプの高性能デスクトップパソコンである。
その中で今回はゲーマーズモデルと位置づけられている、「ハイエンド・グラボ」のNVIDIA® GeForce® GTX770 、「高速SSD」のSanDisk SD6SB1M-128G搭載のパソコンをレビューしてみる。
レビューの目的は、上位機の「HP ENVY Phoenix」シリーズとの差異と差別化のために簡易的になっているCPUクーラーの影響。その他最大負荷テストによる動作確認と各種のアップグレートした部分を確かめてみたい。


尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

Hpenvy700360jpct141

**************************************
Hpenvy700360jpct41


*********************************************************
HP ENVY 700-360jp/CTによる実機の構成概略
2014/07/14現在
(使われている部品品番などは、生産時に変更のこともある。)
*********************************************************

●OS--Windows 8.1 Update  Pro 64ビット
■CPU--インテル® Core™ i7-4790プロセッサー(3.60GHz-4.00GHz,インテル®スマート・キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
■マザーボード-:インテル® Z87 Expressチップセット
●メモリ-8GB(4GB×2)(PC3-12800-1600Mhz- DDR3 SDRAM)(実機はHynix製)
■HDD- 128GB SSD(SanDisk SD6SB1M-128G )
●1TB(7200rpm)(実機Seagate ST1000DM003)×2
●ドライブ--、DVDスーパーマルチドライブ(実機は、SH-216DB)
●グラフィックカード-NVIDIA® GeForce® GTX770 (2GB)
●カードリーダー : 15in1メディアスロット(UHS-I非対応)
●デジタルTVチューナーボード(OP)
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.0
■電源・500W電源 【ATX電源、Active PFC搭載】
●マカフィー® リブセーフ (1年版・発売開始記念無償アップグレード)
●HP Beats Audio、HP Support assistant、リカバリマネージャ (リカバリメディア作成)、CyberLink (DVDムービー再生ソフト)、速効!HPパソコンナビ特別版
その他
*************
■ワイヤレス日本語(109A)キーボード & ワイヤレス光学スクロールマウス(OP)
●縦置き : 約175×412×415mm / 約10.2kg
*********************************************************


その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。
http://h50146.www5.hp.com/lib/products/desktops/personal/spec_pdf/envy_700-360jp_dp.pdf icon

System Hwinfo64summary
Hpenvy700360jpct111



Winscoresher

Winscoresherpro

Photo
Ssdlifepro

Ssdspeed
Hddinfo

Hddspeed001



*******************************
HP ENVY 700-360jp/CT外観
*******************************

★HP ENVY 700-360jp/CTの外観は、HP ENVYシリーズの共有で以前のエントリー「実機レビュー記事」などと同等である。
オプションの「デジタルTVチューナーボード」と同時に使用するワイヤレスキーボード、マウスなどは今回も改めて検証していない。
又、外観とは違って15in1メディアスロットなどは最新なものに更新されていてこの辺も注目である。

Hpenvy700360jpct71
Hpenvy700360jpct131

Hpenvy700360jpct8
Hpenvy700360jpct9

Hpenvy700360jpct101


*****************************************
HP ENVY 700-360jp/CT
NVIDIA® GeForce® GTX770(2GB)によるBenchmark
*****************************************

NVIDIA® GeForce® GTX770(2GB)は、前エントリーのHP ENVY Phoenixシリーズと同じグラフィックスカードである。
従って、微妙なBenchmarkの差異はあっても変わりはない。(全般的に数値は上がっている)
結果は、以前と同じように「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」では、写真のとおりである。

Hpenvy700360jpca1
Ffmax117611980
Ff120571980

Ffstd211771980

又、数値としては7,000以上であれば「非常に快適」である。
ファイナルファンタジーXIVはかなり重いソフトであるのでこれで快適ならば、他のほとんどのゲームでは同様に快適に使える。
それで他のゲームのBenchmarkは省いた。

実機のNVIDIA® GeForce® GTX770の性能が高いために安心して使える。

Hpenvy700360jpca2

------------------------------------------------------------------------

NVIDIA® GeForce® GTX770・グラフィックカード性能
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,761(非常に快適)
高品質・・・・12,067
標準品質・・・21,177

------------------------------------------------

参考**************
キャラクター編Benchmark参考
NVIDIA® GeForce® GTX770(HP ENVY Phoenix 810-290jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,530(非常に快適)
高品質・・・・11,901
標準品質・・・20,531

NVIDIA® GeForce®GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・11,006
高品質・・・・11,469
標準品質・・・19,704
NVIDIA® GeForce® GTX760
最高品質・・・7,654
高品質・・・・7,876


******************************************
HeavenBenchmark4.0 FPS(当サイトでの測定結果)
******************************************

NVIDIA® GeForce® GTX770 (2GB)の性能は、FPS46.8で以前に測定した数値と変わらない。

Heavenbenchmark

*****************************************************

NVIDIA® GeForce® GTX770 (2GB)-46.8(レビュー機)
NVIDIA® GeForce® GTX770 (2GB)-46.8
NVIDIA® GeForce® GTX770 (2GB)-46.2

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)

15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)

10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M(10)

AMD Radeon™ HD 8570 グラフィックス(7.4)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)



********************************************
OCCTによるHP ENVY 700-360jp/CTの筐体冷却性能
●CPUの負荷テスト
●GPUの負荷テスト(GPU 3D)
●Linpack最大負荷テスト
(スーパーコンピュータの性能比較プロジェクト「TOP500 Supercomputer Sites」の標準ベンチマーク)
********************************************


●CPUの負荷テスト
OCCT・CPU負荷テストでは、CPUインテル® Core™ i7-4790プロセッサーは、プロセッサーの定格の約3.6GHz付近で作動している。
CPUの温度は大方68℃~70℃で、水冷CPUクーラーに比べて多少発熱の多いが問題はない。

Heavenbenchmarktemp

Cpuz

リテールクーラータイプのCPUクーラーには、マザーボードクーラーの必要なくGPU・NVIDIA® GeForce® GTX770の温度が80℃(Heaven Benchmarkソフト時)で収まっている。

Occt

2014071019h50temperaturecore0
2014071019h50frequencycpu0
2014071019h50memoryusagememoryused

Hpenvy700360jpct51_2




●GPUの負荷テスト(GPU 3D)とHP ENVY 700-360jp/CTの挙動

GPUの負荷テストでは、GPUの負荷が高まると共に断続的にCPUがターボ・ブーストで高速動作(4.0GHz)している。
しかし、CPUの最大負荷は、稼働して20分(アイドル時間1分を含む)までと思われるが、水冷システムを持つわけではないのでCPUの電圧(CPU VCORE)に変化はない。

Occtgpu3d
2014071112h36frequencycpu0 2014071112h36temperaturecore0 2014071112h36cpuusagecpuusage
2014071112h36voltagecpuvcore
2014071112h36memoryusagememoryused

Gpuz

***************************************

2014071112h36fpsfps
GPUの負荷テストFPSについて****

OCCTの3D描画のFPSは、NVIDIA® GeForce® GTX770などのGPUがOCCTに最適化されていないので大方FPS16~20の数値を表すことが多い。

又、3Dの場合CPUは10%程度で、ほとんど動作していないことがCPUの発熱状況と共によく分かる。
これは、ゲーマーパソコンであまりCPUをOC(オーバークロック)してもBenchmarkの数値があまり上がらないことを示している。




●Linpack最大負荷テスト


(スーパーコンピュータの性能比較プロジェクト「TOP500 Supercomputer Sites」の標準ベンチマーク)
この最大負荷テストでは、CPUが3.8GHzで最大稼働すると共に、CPUの温度が最大76℃くらいまで上昇している。
このテストでは、使われている8GBのメモリーをほぼ使い切るという過酷さで、このテストに合格すると言うことはこのパソコンが相当過酷に使われてもビクともしないことを表している。
又、過酷さはCPU VCORE電圧が約10%下がるという電圧降下が起きているが、現状問題はない。

2014071114h55temperaturecore0
2014071114h55frequencycpu0
2014071114h55cpuusagecpuusage 2014071114h55memoryusagememoryused
2014071114h55voltagecpuvcore




*******************************************************
起動時間・BIOSの検証・HP ENVY 700-360jp/CT版
Microsoft Assessment Consoleによる・BIOSの検証
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
*******************************************************


Windowsassessmentconsolestart

起動時間・未測定
「Boot performance--8.238秒Fast Startup・Microsoft Assessment Console」

「Startup and Shutdown Experience」のBoot performanceがHP ENVY Phoenix 810-290jp/CTよりも早くなっている。
又、Suspend継続期間もデスクトップ機としては早くなっている。

**********************

***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで購入したPC又は、レビュー機での実測値
****************************************

(全て初期状態)            Boot performance
HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・起動時間15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・起動時間16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動時間25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動時間11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動時間12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動時間29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動時間17.8~29.5秒

********************************************
デスクトップ機
HP ENVY h8-1560jp・・・・・14.79秒・起動時間22.4秒(SSD)
HP ENVY Phoenix h9-1490jp・・・11.327秒・起動時間20.3秒(SSD)
HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT・12.074秒・起動時間18.4秒(HDD+キャッシュドライブ)
HP ENVY Phoenix 800-090jp・ ・・6.036秒・起動時間14.7秒
HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT・・9.014秒・起動時間13.6秒(SSD)
HP Pavilion 500-340jp/CT・・・・・3.592秒・起動時間15.42秒(HDD)
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT・・8.678秒・起動時間10.58秒(SSD)


************(レビュー機)
HP ENVY 700-360jp/CT・・8.238秒・起動時間 未検証(SSD)




**************************************
★メディアカードスロット(15in1)
**************************************

「15in1メディアスロット」は、従来の低速(USB2.0相当)からSDHC UHS-Iに対応していないとは言うものUSB3.0相当の高速なものになっている。

Hpenvy700360jpct121_2

Sdhcusb30


Hpenvy700360jpct61
Speccy001summary



**********************************************
HP ENVY 700-360jp/CTを使ってみての感想
**********************************************

HP ENVY 700-360jp/CTは、最新Haswell Refreshタイプの高性能デスクトップパソコンである。これは新型CPUに上位機のHP ENVY Phoenix 810-290jp/CTに使われてる各種の変更や、新CPUに併せてBIOSの性能アップなどをしたものであろう。
従い、メディアカードスロットも新しくなっているし、NVIDIA® GeForce® GTX770(2GB)も載せられる。

従って、なぜか上位機HP ENVY Phoenix810-290jp/CTよりも誤差範囲としても良いBenchmarkが出ている。
こういうわけで、システムとしてのHP ENVY 700-360jp/CTは、どれだけの負荷に耐えうるのかとOCCTによるLinpack最大負荷テストを行っている。

 

結果は、OCCT検証のところで示したとおりかなりの強靱性をしめしている。


その他OCCTのFPSとCPUの関係から、CPUも多用する特殊なゲーム以外はCPUのオーバークロックは有用でないように思える。


こんなわけで、HP ENVY 700-360jp/CTはかなり丈夫に作られたパソコンであって、「HP ENVY 700-360jp/CT 東京生産ゲーマーズモデル」で「3年出張修理サービスつきモデル」として設定されている理由もわかる。

 

以上のようにPCとしては、文句は付けようがないがCPUクーラーやケースファンに「赤LED」付きのものを使ってくれるとより良いように思われる。

    


HP Directplus -HP公式オンラインストア-
HP Directplus オンラインストア


icon icon

icon icon


リンクシェア レビュー・アフィリエイト

|

« バッファローUSB3.0対応HDD 2TB HD-LB2.0TU3-BKDとDashDrive AHV620-2TU3-CBKを買う | トップページ | 第66回毎日書道展表彰式・祝賀会に参加する。 »

01.HPパソコン実機レビュー・ノート・デスク他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP ENVY 700-360jp実機レビュー・Linpackもクリアする強靱パソコン:

« バッファローUSB3.0対応HDD 2TB HD-LB2.0TU3-BKDとDashDrive AHV620-2TU3-CBKを買う | トップページ | 第66回毎日書道展表彰式・祝賀会に参加する。 »