« Dell Graphic Pro New Inspiron 17 5000実機レビュー・ローコストで高性能のデスクノート | トップページ | バッファローUSB3.0対応HDD 2TB HD-LB2.0TU3-BKDとDashDrive AHV620-2TU3-CBKを買う »

2014年7月15日 (火)

Nikon1専用Nikon スピードライト SB-N7BKを買う

Sb79

************************
SB-N7BKを買うまでの話
************************

久々にストロボを買った。近年のデジタルカメラは、非常に高感度に強くなった。
フィルムカメラ時代は、ネガだとISO(ASA)400が限度で800のフィルムは使わなかったものである。
それが今では、デジ一眼ではISO1600までは常用で(非常用は別として)3200まで普通に使えるカメラもある。そういうことからデジ一眼に簡易ストロボが付いていればそれだけで充分のことが多い。
そんなわけで今ではめっきりストロボを持ち出すと言うことが少なくなった。
それがどういうわけか最近では、カメラ付属のストロボが頼りなくなったか又は、付いていなかったりしてもう一度外付けストロボに注目した。

そして、ストロボも昔のオートストロボと違って今はメーカー専用でiTTLとかになり、ストロボが照射していないような表現が出来るようになった。

Sb712

Sb7102

実はこのiTTLなどがうまく効かないことがあって、10年前に発売されたPanasonicの汎用オートストロボPE-36Sを5-6年前に買って持っている。
それより古い「サンパックauto20SR」などはPSEの前の機械式カメラ時代のもので、発光電圧が高いので使うと今のデジタルカメラは壊れることも予想されるので使えない。

Sb714

Sb713

だからオートストロボ専用というのはこの機種が最後であろう。これを買ったのは、まだPanasonicがカメラをあまり作っていない頃であった。
今のPanasonicのストロボは、4/3共通でTTL動作の他、「通信機能のないカメラで撮影する」という項目にあるようにオートストロボで作用する。
それでPanasonicのDMW-FL360Lも保険のつもりで購入しておいた。(後日レビュー)


Sb711


Sb71

本来なら、緊急用に内蔵ストロボで間に合わないときにはPanasonicPE-36Sを使い、表題のNikon スピードライトSB-N7BKを買わなくても良いはずなのである。
しかしながら、カメラメーカーによってストロボの取り付け部や取り付けの端子が違っているために専用ストロボしか使えないというカメラも多い。(旧SONYも含めて)

Sb72

Sb73

Sb74
その典型がNikon1である。
これは一般のストロボが付くアダプターもX接点もないから専用ストロボになる。

 

実を言えば、Nikon1用のSB-N5(GN8.5(ISO100・m))をNikonV1と一緒に買ったので今までこれを使っている。
SB-N5は既にカタログ落ち製品になっていて、新しく買うにはNikonスピードライトSB300の姉妹品であるSB-N7(BK)(GN18(ISO100・m))になる。
そして当然ながらSB-N7(BK)は、Nikon1専用の取り付け部になっていて他のNikon製品に使えないというのが欠点。

Sb710


*************************************
Nikon1用スピードライトSB-N5、SB-N7
*************************************

スピードライトSB-N5は非常に小型でNikon1 V1によく似合う。
元々Nikon1 V1専用設計だからV1が生産終了となってしまったときに同時に生産終了になってしまった。
Nikon1 V1というのは、Nikonの一眼レフD810~D7000と同じ「Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15」を使うと言う共通性があり、このためにスピードライトSB-N5に電源を供給しても余裕があった。
ここで気軽に持ち出せるために室内撮影では、Nikon1 V1+スピードライトSB-N5を積極的に使った。
その結果はかなり良かった気がする。

Sb751

Sb77
その一方、Nikon1 J3、Nikon 1 J4、Nikon 1 V3の内蔵ストロボは「ガイドナンバー:約5(ISO 100・m)/ 約6.3(ISO 160・m)、20℃の場合」である。
だから高感度に弱いNikon1 J3はかなり使い勝手が悪い。
SB-N5は(GN8.5(ISO100・m))なので結果として不満はなかったのだが、多少暗いと力不足が露呈した。
それで無理して購入してみた。

Sb76

SB-N5、SB-N7とを使って室内で撮り比べてみると、SB-N7の場合SB-N5より早いシャッターが切れる。
単純に見れば、それだけ光量が多いわけで何とか使えそうである。

Sb78

大昔、外付けストロボはPanasonicのGN30というものを使っていた。しかし、大きいので「サンパックauto20SR」を買いGN20(ISO100)で充分と思ったものであった。
今は、ISO100で撮ることもないので取りあえずSB-N7(BK)(GN18(ISO100・m))で充分かもしれない。


|

« Dell Graphic Pro New Inspiron 17 5000実機レビュー・ローコストで高性能のデスクノート | トップページ | バッファローUSB3.0対応HDD 2TB HD-LB2.0TU3-BKDとDashDrive AHV620-2TU3-CBKを買う »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nikon1専用Nikon スピードライト SB-N7BKを買う:

« Dell Graphic Pro New Inspiron 17 5000実機レビュー・ローコストで高性能のデスクノート | トップページ | バッファローUSB3.0対応HDD 2TB HD-LB2.0TU3-BKDとDashDrive AHV620-2TU3-CBKを買う »