« 第66回毎日書道展・荒井柊雲作品公開 | トップページ | m-Book V シリーズMB-V700S-SH実機レビュー・NVIDIA Maxwell技術を実感 »

2014年7月26日 (土)

Panasonic DMW-FL360LとNikon SB-N7BKを毎日書道展で使ってみた

Flas6

久々に買ったPanasonic DMW-FL360Lというストロボ。
この7月になって、NikonとPanasonicのストロボを2台買ってしまった。近年のデジカメは、高感度になったためにストロボを使わないということが多くなった。少なくともデジタル一眼レフにオマケのように付いているポップアップフラッシュで間に合うことが多い。
たとえば、SONYα77には、「12(ISO100・m)」(PENTAX K-3・ガイドナンバー約13(ISO100・m))程度のフラッシュがつきISO800ならばそれなりの威力を発揮する。
しかし、Nikon1 V1やSONYα7にはポップアップフラッシュは付いていない。
それでNikon1 V1では、専用の「NikonスピードライトSB-N5」を買って使っていた。
このSB-N5を今までストロボを使わないシーンで発光することによって、良い結果が出ていたことは以前に述べたかもしれない。

Flas3

Flas1

Flas21

又、SONYα7は、ミノルタ時代のストロボを使うことによって解決している。ところがコンパクトカメラ1台分以上にもなるストロボを持って行くとこはかなり面倒でもある。
それが今回新規にストロボを購入した理由というのは、同窓会での会場が暗かったためにNikon1 V1に付けたSB-N5が力不足だったと言う点。
これでNikon スピードライト SB-N7BK(GN18(ISO 100・m))を購入している。

その他、FUJIFILM X-A1の内蔵ストロボが貧弱だった。

Flas81

Flas71

LUMIX DMC-G6のポップアップフラッシュも「TTL調光内蔵フラッシュGN10.5相当(ISO160・m),GN8.3相当(ISO100・m)」で事実上GN8.3でコンデジ並だった。

それでFUJIFILM X-A1にはオートストロボとして使い、マイクロ4/3系全体に使えるPanasonic DMW-FL360Lを買うことにした。
ほぼ同等品がOLYMPUS FL-600Rがあるところ、値段が安い方のPanasonic DMW-FL360L にした。

Flas4

このストロボは、実を言えばOLYMPUSのコンデジOLYMPUS STYLUS XZ-2やLUMIX LX5などにも使え、前述のオートストロボにもつかえるのでなかなか汎用性がある。

Flas5

そんなわけでPanasonic DMW-FL360Lを使ってみるのだが、使用感としてはいわゆる一般的なストロボの域を出ていない。
しかも何となくPanasonicのオートストロボに似た感じとはいえ、Panasonic(外光式)オートストロボPE-36Sの強力な感じとも違うのがTTLらしい。

Flas121

Flas141

Flas13

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G VARIO PZ 14-42/F3.5-5.6
撮影日時: 2014-07-20
焦点距離: 14mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.5 (Windows)

Flas151jpg

Flas11

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G VARIO PZ 14-42/F3.5-5.6
撮影日時: 2014-07-20
焦点距離: 14mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
光源: フラッシュ
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.5 (Windows)

今回第66回毎日書道展の表彰式等に使ってみると、やはりNikon1 V1+スピードライト SB-N7BKの組み合わせが何となく良かった。
DMW-FL360Lをバウンズしてみたところ、天井が高くて失敗であったし何となく昔のストロボそのままだったので、多少使うに当たっては慣れが必要かもしれない。

Flas18

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 V1
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2014-07-20
焦点距離: 11mm (35mm 換算焦点距離: 29mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.5 (Windows)

Flas171

Mai20145

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 V1
レンズ: 1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
撮影日時: 2014-07-20
焦点距離: 11mm (35mm 換算焦点距離: 29mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.5 (Windows)




|

« 第66回毎日書道展・荒井柊雲作品公開 | トップページ | m-Book V シリーズMB-V700S-SH実機レビュー・NVIDIA Maxwell技術を実感 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic DMW-FL360LとNikon SB-N7BKを毎日書道展で使ってみた:

« 第66回毎日書道展・荒井柊雲作品公開 | トップページ | m-Book V シリーズMB-V700S-SH実機レビュー・NVIDIA Maxwell技術を実感 »