« ムラウチで「バッファロー USB3.0対応外付けHDD 2TB HD-LB2.0TU3-BKD 13日まで限定特価!」 | トップページ | 第64回前橋七夕まつり始まる »

2014年7月10日 (木)

何十年ぶりで合う前橋市立第一中学校学年合同同窓会と幹事の一員として思う

1chub2

平成26年6月、7年ぶりとなる前橋市立第一中学校同窓会が開催された。前回の同窓会は、中学校主催の同窓会でいわゆる幹事学年であった。
このときは、卒業生530人くらいの内200人くらい集まったから大変なものだったが、今回は106名だった。
前回は挨拶する主催者側の中学の同窓会役員などは見たり聞いたりしたこともない人達で、卒業生の方が新聞に載っていたりする有名人だっだという笑える話があった。


******************
同窓会開催の経緯
******************

最初の学年合同同窓会から7年、平成25年年末に同窓生のT先生が突然電話をかけてきて「同窓会をやる」という話になった。
それからなにも音沙汰なしで、突然5月の連休に同窓会をするという噂が聞こえてきた。
その話も実は流れたらしく、4月中旬突然に6月におこなうという同窓会の通知が来た。
この同窓会といってもクラスでするのではなく学年で行うから、各クラス12組の幹事代表を集める必要があった。
そして、同窓会通知等はホテル側が行うとして、詳細はクラス単位で出席者を掌握する。
この辺が面倒なので幹事会が開かれているのである。

それで同窓会の内容はどうなっているのかという印象だった。
5月になってT先生から幹事会が5月17日にあるから・・・と開催されるホテルに行くことになった。
そこで幹事会に出席してみるとO社長が幹事会の主導をしていて、当日の進行表まで作られていた。
その中には、ビンゴゲームやら100円総取りとか、幹事賞とか業界の忘年会の様相。
書道のレセプションは、入賞者が一言ということもあるのだがそういうことは進行表に入っていない。
その中で、集合写真は小生Syuunが撮ることになり、撮影場所はホテル側からのアドバイスでホテルの教会堂になった。
それでこの集合写真を小生が撮らないということになったらどうもホテル側で撮るらしいことが後で推察された。(事前にはホテル側から、出席者のカメラで撮るということになっていた。)

1112

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON D700
レンズ: 17.0-35.0 mm f/2.8
撮影日時: 2014-06-14 18:17:06 +0000
焦点距離: 25mm (35mm 換算焦点距離: 25mm)
絞り値: f/2.8
露出時間: 0.050 秒 (1/20)
ISO 感度: 800
露出補正値: +0.67 EV
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
画像方向: 標準
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Elements 12.0 Windows


多少、話は逸れるが同窓会当日はホテル側でスナップ写真を撮っていた。
このホテル側で使っているカメラがNikonD700というフルサイズながら2008年の1287万画素のカメラ。
これで100人を超す集合写真を撮るにはかなり力不足である。


1chub1


カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2014-06-14
焦点距離: 31mm (35mm 換算焦点距離: 31mm)
絞り値: f/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.5 (Windows) 


そんなこんなで、当日は小生はカメラマンで各組の集合写真を撮っていたからあまり同窓生とは話さなかった。


1chub3

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
撮影日時: 2014-06-14
焦点距離: 16mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.020 秒 (1/50)
ISO 感度: 800
露出補正値: -0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.5 (Windows)

**********************
終わっての感想
**********************

こういう同窓会をやっての問題点は、誰が出席しているかと言うことと、その本人が分からないことである。
なぜなら、昔のままの若々しさを残しているのならまだしも、とてもお爺さん、お婆さんになってしまった人とまだもういっぺん再婚でも出来そうな若々しい女性なと・・・

わかりやすく言えば、同窓生なのに老若男女の集団なのである。
それであとから指摘されて、「あの人も参加していた」ということを聴かされる。

それにしても、同窓生だというのに知らない人が多すぎる。
高校が同じだと、高校の幹事学年の時に逢っている場合があるのでかなり分かる場合が多い。
その一方そのときに撮った写真を改めて見てみれば、たとえ話してみても共通の話題というのがないと気がつく。
事実、自分のクラスの同窓生とは「今何してる」というところで終わってしまっている。
なぜなら、皆「後ろに長い過去という尻尾」を持っていて触れられてはまずいことでもありそうだからである。

この7年間に亡くなってしまった人も結構多い。
次はいつ頃、誰が幹事になってやるのかは分からない。
いずれにせよ、何か怖いもの見たさと言うことかもしれない。

|

« ムラウチで「バッファロー USB3.0対応外付けHDD 2TB HD-LB2.0TU3-BKD 13日まで限定特価!」 | トップページ | 第64回前橋七夕まつり始まる »

消え去った郷土歴史・閨閥の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何十年ぶりで合う前橋市立第一中学校学年合同同窓会と幹事の一員として思う:

« ムラウチで「バッファロー USB3.0対応外付けHDD 2TB HD-LB2.0TU3-BKD 13日まで限定特価!」 | トップページ | 第64回前橋七夕まつり始まる »