« Windows更新プログラム(8月13日)「KB2982791」「KB2970228」をアンインストール | トップページ | 2014年、自作パソコンとメーカー製パソコンの傾向 syuun流 »

2014年8月21日 (木)

SONYレンズ・E 35mm F1.8 OSS SEL35F18を買った

Sal183

近年コンパクトデジタルカメラに、カメラメーカーは力を入れなくなった。
それはこのコンデジは値下がりが早く、スマホカメラとの区別化もハッキリしない上に、利益が出ないからだという。その一方でミラーレスデジタルカメラにメーカー、消費者ともに移ってきているようだ。
今では、コンデジと大きさも大して変わらず、写りの方はやはりスマホやコンデジより多様性がある。
そんなわけで小生の手元にも新旧取り混ぜて、ミラーレスカメラばかりになっている。
ここで困るのがカメラマウンドの多様性である。

 
Canon、Nikon、SONYのミラーレスカメラは、今までのデジ一眼レフカメラと違うマウンドのカメラになっている。要するに、ミラーレスカメラには新しいレンズを買わないと使えないのである。
確かにマウンドアダプターというのがあって、メーカー製だとAFも使えると言えども全体として大きくなる。その上、マウントアダプターだと手ぶれ補正は使えないから、望遠系は結構使い物にならないことがある。

このうちのミラーレスのCanonはEOSMレンズキットであるし、元のレンズの数が少ないので当面見送り。

NikonV1もレンズキットを二世代に渡って買ったから、取りあえず必要にだけはある。

Sal181
カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J3
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 160
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.6 (Windows)

**********************************************

そしてSONYは、Eレンズ、FEレンズ(その他デジ一眼レフカメラ用のAレンズ・旧ミノルタ兼用)とまたまた複雑になってしまった。
このうち、FEレンズは「Vario-Tessar T*」とか「Sonnar T*」で安くても「G」レンズなので手が出ない。
それで、SONY NEX-6用にE 35mm F1.8 OSS SEL35F18を買ってみた。
買ってみたら、FEレンズの「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z」にもう少しで届きそうだったが、こちらには手ぶれ補正のOSSはなし。
やはりSONYα7には、キットレンズかマウントアダプター経由のAレンズしかないかもしれない。

Sal182
カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J3
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 160
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.6 (Windows)


***********
E 35mm F1.8 OSS SEL35F18を使ってみると、マウントアダプター経由Aレンズ単焦点レンズに比べて、画像転送に遅延がない。
遅延と行っても、ほとんど分からないか撮影した画像が液晶に映し出されるとき、時としてカメラ側で行う画像編集の前の映像が映ることがある。
これがEレンズだと全く感じられないし、Aレンズほど画像の線が太くない。
さすが最新のミラーレス専用のレンズである。

カメラのズームレンズで大体どのあたりの焦点距離を使うかと言うと、フルサイズで40mm~50mm位である。
だからAPS-Cサイズだと、24mm~35mm(36mm~52mm相当)になる。

あとは50mm--E 50mm F1.8 OSS SEL50F18 (B) を買うとE 10-18mm F4 OSS SEL1018は買ってあるので、フルサイズで15mm~27mm、52mm、75mmが使えることになる。
これなら、あとは必要ないと言う感じである。

写真雑誌では、E 50mm F1.8 OSS SEL50F18の評価が非常に高いのだが、75mmなど何に使うのかと思っている。

Aレンズでは、
SONY 50mm F2.8 Macro SAL50M28、
SONY 50mm F1.4 SAL50F14、
があって、マウントアダプター経由で使ってみたことがある。


写りはほとんど同じで、SONYα7なら使えそうだが、E 50mm F1.8 OSS SEL50F18だと自動でAPS-Cサイズでの記録画素数は約1,000万画素(クロップ撮影)となってどうだろうかと思う。

Sal1831

カメラメーカー: NIKON CORPORATION
カメラモデル: NIKON 1 J3
レンズ: 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: f/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 400
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.6 (Windows)




|

« Windows更新プログラム(8月13日)「KB2982791」「KB2970228」をアンインストール | トップページ | 2014年、自作パソコンとメーカー製パソコンの傾向 syuun流 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONYレンズ・E 35mm F1.8 OSS SEL35F18を買った:

« Windows更新プログラム(8月13日)「KB2982791」「KB2970228」をアンインストール | トップページ | 2014年、自作パソコンとメーカー製パソコンの傾向 syuun流 »