« SONYカメラレンズE50mm F1.8 OSS SEL50F18を買う | トップページ | お買い物・秋葉原探訪も得るところなくただ見ているだけの日々 »

2014年9月 5日 (金)

HP Pavilion 15-p000実機レビュー・高性能に変身したスタンダードノートPC

Hppavilion15p00012

***************************************
HP Pavilion 15-p000(パフォーマンスモデル(ブルー))
のレビュー概要と目的
***************************************

HPのPavilionという普及型ノート型パソコンであるHP Pavilion 15-p000は、パフォーマンスモデルでは画面解像度がフルハイビジョン(1920×1080)になった。
それと併せて、NVIDIA GeForce GT 840Mを搭載することにより、より安定した高性能を発揮していると思われる。
以前のエントリでHP Pavilion 15-n200(インテルモデル)を実機レビューしている。
このときの欠点と思われた部分をどのように解消して、上位機のENVYシリーズに迫るのかと種々検証することにした。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

**************************************
HP Pavilion 15-p000の主要な仕様
●レビュー機は(パフォーマンスモデル(ブルー))
**************************************
仕様は、平成26年9月5日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

System

■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■インテル Core i7-4510U プロセッサー/2コア4スレッド(2GHz-3.1GHz, インテルスマート・キャッシュ 4MB/ インテルターボ・ブースト最大周波数3.1GHz)
●アクアブルー/チャコールブラック
■15.6インチワイドフルHD非光沢・ディスプレイ (1920×1080)
■メモリ8GB  PC3-12800 (1600MHz)(●実機はElpida製)
■1TB  (8GBフラッシュメモリ内蔵 / 5400回転)
(●実機はSeagate ST1000LM014)
■NVIDIA GeForce GT 840Mグラフィックス(2 GB)
■DVDスーパーマルチドライブ
■BeatsAudio、Realtek High Definition Audio、デュアルスピーカー、内蔵マイク
■LAN 内蔵LAN(10/100)、IEEE802.11b/g/n + Bluetooth4.0、機内モードオン/オフボタン付き
■SDカードスロット(SDHC・SDXCメモリカードの高速転送規格「UHS-I」に対応しておりません。)(実機・高速UHS-I対応)
HDMI出力端子×1、USB3.0×2、USB2.0×1ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)
■リチウムイオンバッテリ(4セル)バッテリ駆動時間 約4 時間30分
(実機の場合-39782mWh)
■ACアダプター/65WスマートACアダプター
■マカフィーリブセーフ (30日版)
■速効!HPパソコンナビ特別版
■Cyberlink PowerDVD12、 YouCam 等
■パソコン保証1年間引き取り修理サービス
■約385×261×24(最薄部)-27.5(最厚部)mm約2.27kg
*****************************************
詳細は、HPのリンク先へ

http://h50146.www5.hp.com/lib/products/portables/personal/spec_pdf/pavilion_15-p000_dp.pdf icon


Hwinfo64

**************************************
HP Pavilion 15-p000の外観
**************************************

Hppavilion15p0006

HP Pavilion 15-p000は、従来Pavilionシリーズの特徴であるHP Imprint仕様から樹脂製の一体ボディ形状に変わった。
この水色のHP Pavilion 15-p000を常時外に持ち出すと言うこともないから、買ってしまえば部屋の中のインテリアと合うかどうか、好みかどうかになってくる。

Hppavilion15p00011

Hppavilion15p00013

出力端子などは、HP Pavilion 15-n200(インテルモデル)と同等でフル装備である。

但し、HP Pavilion 15-n200の画面解像度が1366×768しか選べなかったのに、HP Pavilion 15-p000パフォーマンスモデルでは、1920×1080になり、動画や画像編集が非常にやりやすくなった。

<参考>>>>>HP Pavilion 15-n200(インテルモデル)実機レビュー・高速処理で軽快操作のスタンダードノートPC

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/03/hp-pavilion-15-.html

Hppavilion15p0009

Hppavilion15p0007

keyboardの配列は、従来のENVYシリーズなどと共通のHP特有なもので変わったところはない。

Hppavilion15p0005

****************************************
HP Pavilion 15-p000)の基本性能
****************************************


Winscore001

-------------------------------
Winscore002

WIN SCORE SHAREによるスコアでは、平均以下になっている。これは、ノート型パソコンの場合NVIDIA GeForce GT 840Mグラフィックスが認識できないためである。
その部分を除いて「プロファイル画面」を見てみると、パソコンの性能としては平均的なバランスの取れたものだと言うことが分かる。
但し、ハイブリッド・ハードドライブがやはりソフトの想定外で全体の数値を落としている。

St1000cystalinfo

Disk

Hddspeed

*******************************************************
起動時間・BIOSの検証・HP Pavilion 15-p000
Microsoft Assessment Consoleによる・BIOSの検証
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
*******************************************************

HP Pavilion 15-p000のコールドスタートでの起動時間は・17.77秒(初期状態)。

Hppavilion15p0002

起動時間は、インストールされるソフトが増えれば遅くなるために、あくまでも参考値である。
Boot performance(Fast Startup)は、3.851秒で春モデルよりも早くなっている。
従い起動時間は15秒くらいでも良いはずだが、ハイブリッドHDDの4Kの数値(クリスタルディスクマーク)が遅いために起動に時間がかかっている様である。

Windowsassessmentconsolestartand

その他、■Suspend継続時間は、3.032秒でUltrabook並みとは言えないがストレスはない。


***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで借用した又は購入したPC・レビュー機での実測値
****************************************

HP Pavilion 15-p000・・・・3.851秒・起動17.77秒

************(レビュー機)

(全て初期状態)
HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動17.8~29.5秒
HP ENVY 15-j100・・・・・3.159秒・起動14.94秒
HP Pavilion 15-n200・・・・4.156秒・起動16.70秒

Hppavilion15p00010

**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************

Battery run down with energy efficiency diagnosticsは、ソフトが満充電になったのを確認してから実行される。
そして、電池残量が5%になったところで終了する。

Battrund

今回は、4セルバッテリ(実機の場合-39782mWh)が使われている。
予測連続起動時間は、4時間55分(295分)でカタログデーターの4時間30分と同等となった。

又、エネルギー効率は、95%で全く問題はなかった。

Windowsassessmentconsolebatteryrund

****************************************
HP Pavilion 15-p000(パフォーマンスモデル)の
NVIDIA GeForce GT 840M
グラフィックカード性能
*****************************************

グラフィックカードを搭載しているので、Benchmarkをとってみた。

Heaven

■HeavenBenchmark
FPS 8.3
Score 209

★HeavenBenchmarkの通常設定が1,600X900になっている。(Extreme設定)

NVIDIA GeForce GTX 840M は、筆者が以前に測定したNVIDIA GeForce GTX 740Mに比べて上位機の750Mに近い数値をだしている。
これは、Windows8.1とNVIDIAの新しいオプティマス技術の影響だと思われる。
この点は、OCCTで検証する。
**************************

NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.4)

NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7)
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(10)
NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)--------------HP Pavilion 15-p000-
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)



*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)
*************************************************************

■「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」

192010801655
192010802087
192010803762stdpc

------------------------------------------------------------------------
NVIDIA GeForce GTX 840M (2GB・DDR3)・グラフィックカード性能
(1,980×1,080)
最高品質・・・1,655(設定変更を推奨)
高品質・・・・2,087(普通)
標準品質・・・3,762(快適)

(数値としては7,000以上(FPS60相当)であれば「非常に快適」である。)
------------------------------------------------
参考(当サイト、2014年2月23日エントリー記事)
HP ENVY 15-j100
NVIDIA GeForce GT 750M
(1,980×1,080)
最高品質・・・2,438(普通)
高品質・・・・3,147(やや快適)
標準品質・・・5,201(とても快適)

参考(当サイト、2013年7月 9日エントリー記事)
HP ENVY TouchSmart 15-j000(j007TX)
NVIDIA GeForce GT 740M グラフィックス
標準品質・・・2,483(普通)

****************************************
●モンスターハンター フロンティア
●バイオハザード6
DirectX 9.0ゲームベンチマーク(1,980×1,080)
****************************************

Hppavilion15p0003

●モンスターハンター フロンティアでは、2,370
●バイオハザード6  ランクC 2,858                                           
----------------------------------------------
参考(当サイト、2013年7月 9日エントリー記事)
HP ENVY TouchSmart 15-j000(j007TX)
NVIDIA GeForce GT 740M グラフィックス
●モンスターハンター フロンティアでは、1,819

Hp_pavilion_15p00050

Hppavilion15p0001
********************************************
OCCTによるHP Pavilion 15-p000(パフォーマンスモデル)
の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
DirectX 11
********************************************


Cpuz

●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)

Occt
2014082419h45frequencycpu0

OCCT・CPU負荷テストでは、インテル Core i7-4510U プロセッサーが約2.4GHzを中心に作動している。
省エネ型のCPU(動作周波数2GHz)なので、ターボ・ブースト利用時の最大周波数(3.1GHz)までターボ・ブーストしていない。
動作は2.294GHzを中心にして2.6GHzあたりまでである。

2014082419h45temperaturecore0

又、CPUの温度は62℃くらいで推移してBenchmarkを終了している。
従って、フルハイビジョン動画の書き出しも安心して使える性能だといえる。

2014082419h45memoryusagememoryused

●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)とHP Pavilion 15-p000の挙動

Gpuz002

Occt3d
2014082610h37fpsfps

HP Pavilion 15-p000は、未知のベンチマークソフトに対してGPUの最適化が即座に実行され、FPSの値は初期状態から最高値60に達している。

2014082610h37frequencycpu0

このときにCPUは、約2.8GHzあたりを下限にして3.1GHzまでターボ・ブーストしている。
CPUは約55%の使用率で、しかもCPUの温度がかなり上昇しているとおり事実上フル稼働している。

2014082610h37cpuusagecpuusage

このことからゲームなどをするときには、NVIDIA GeForce GTX 840Mの性能が最大限引き出されていると予想される。

又、グラフィックカードの性能を引き出すのにCPUの性能が大きく関係することから、より高性能のCPUを使うとグラフィックカードの性能が上がると予想される。

2014082610h37memoryusagememoryused

****************************************
GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察***
****************************************

2014082610h37temperaturecore0_2

HP Pavilion 15-p000(パフォーマンスモデル)は、Windows8.1とNVIDIA の組み合わせで発揮できる、最新Optimus(オプティマス)技術に対応したPCであると思われる。

従って、余り性能が高くないNVIDIA GeForce GT 840MもCPUの性能に依存するとはいえ、最大限に性能を引き出せていると考えられる。
こういうことから、HP Pavilion 15-p000以降のパソコンは、従前のものとは別物という感じがする。

*****************************************
SDカードスロット(実機・高速UHS-I対応??)
*****************************************

Sdhcspeed

★「SDHC・SDXCメモリカードの高速転送規格「UHS-I」に対応しておりません。」とHPの仕様書には書かれている。
しかしながら、高速転送規格「UHS-I」に対応しているような速度は出ている部分は今までと同じ。

Hppavilion15p0004


Soft

Speccy001

***************************************
HP Pavilion 15-p000(パフォーマンスモデル)
を使ってみての感想
***************************************

HP Pavilion 15-p000(パフォーマンスモデル)は、Windows8.1とNVIDIA GeForce GT 840Mの組み合わせでNVIDIAの最新Optimus(オプティマス)技術が有効に使え、従前のモデルに比べて驚くほどグラフィックス性能が上がっている。

又、OCCT/CPUのベンチマークが完走したように筐体の放熱性能も良く、かなりハードに使ってもビクともしないモデルである。

このHP Pavilion 15-p000(パフォーマンスモデル)の最大の特徴の一つは、画面解像度が「1920×1080」であることである。
この画面解像度であることにより、動画編集から写真のRAW現像まで幅広い用途に使用できると思われる。(高度なフルハイビジョン動画編集の読み出しには多少時間がかかるかもしれない)
特に外部モニターを繋げて、デスクトップPCの様に使うという用途にも適している。

もう少し性能が良いもの、ゲームも多少出来るものとなると上位機のENVYシリーズになる。
しかし、通常に使用するのならばコストパフォーマンスが非常に高くお買い得ではないだろうか。

***********************************************


-------------------------------------------------------------------
パソコンレビューのSyuunの記事の見方・視点
-------------------------------------------------------------------

○目的・概要
この部分は、レビューするパソコンの主要なポイントの説明。

○起動時間・BIOSの検証
パソコンメーカーが最新の技術を導入しているかの目安。
近年は、Boot performanceが目標の2秒に近いものも出てきている。
但し、ベアボーン(bare bone) やOEMマザーボードを使って、組み立てているメーカーでは、一番安定しているBIOSを使用することもある。

○HeavenBenchmark4 FPS(DirectX 11)
これはグラフィックカードの性能ランク付けの目安である。
ゲームはDirectX 9で動くことが多いが普通DirectX 11に対応している。

○ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
(DirectX 9)
ある程度重いソフトであるFF14ベンチマークは、グラフィックカードベンチマーク測定の基本となっている。
CPUの影響が大きい数少ないソフト。
*(数値としては7,000以上(FPS60相当)であれば「非常に快適」である。)

○OCCTによる3Dゲームの動作・ベンチマーク
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D・DirectX 11)

OCCTは、本来自作デスクトップパソコンがうまく組み上げられたかを調べるソフトである。
これを市販のメーカー品で使っている。

OCCT CPUは、CPUクーラーの放熱具合を調べるもので、現実にはこういう動作はソフトウエアでのFHD動画の長時間、書き出し、レンダリング(rendering)ぐらいにしか使わない。
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
ノート型パソコンの場合、一般に省エネ型のCPUはターボ・ブースト利用時の最大周波数まで高くならないのでベンチマークは完走することが多い。
その一方、ノート型パソコン、デスクトップ型パソコンの内で高性能のCPUの場合、CPUクーラーの性能が追いつかず、ベンチマークが完走しないことがある。
そうであっても、一般には全く影響がない。

●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D・DirectX 11)
グラフィックカードとCPUがどういう働きをして、FPS(上限60に設定)を上げる動作をするかを検証する。
(FPS. Frames Per Secondの略。フレームレートを表す単位。)
又、ゲームをするようなハードにパソコンを使う場合、どの様にパソコンが動作をするかを見てみる。

★ここで、OCCT CPUでベンチマークが完走しても、OCCT/GPU 3Dで測定停止になることも多い。
これは低価格帯のCPU内蔵オンボードグラフィックカード搭載のパソコンに多い。

一般には、OCCT/GPU 3Dのベンチマークが完走(約一時間)する場合は、ハードな使い方でもパソコンが正常に動くことを示している。
特に、ゲーマーパソコンの特化した製品は、このOCCT/GPU 3Dには見るべきものがある。

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。

icon icon


HP Directplus -HP公式オンラインストア-

|

« SONYカメラレンズE50mm F1.8 OSS SEL50F18を買う | トップページ | お買い物・秋葉原探訪も得るところなくただ見ているだけの日々 »

01.HPパソコン実機レビュー・ノート・デスク他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP Pavilion 15-p000実機レビュー・高性能に変身したスタンダードノートPC:

« SONYカメラレンズE50mm F1.8 OSS SEL50F18を買う | トップページ | お買い物・秋葉原探訪も得るところなくただ見ているだけの日々 »