« 傳田舟蘭先生個展・舟蘭書作展を写真に撮る | トップページ | 淡墨の作り方と宿墨のいろいろ »

2014年10月 4日 (土)

デルInspiron 3847・レビュー

Inspiron_384714
***************************************
Inspiron 3847 reviewデスクトップパソコン
の概要及びレビューの目的
***************************************

レビューをするInspiron 3847は、8万円台で買えるデスクトップ型パソコンである。
しかも、デジタルデリバリーソフトウェアとして、Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 12も添付されている。

一見して見劣りするグラフィックカードは目障りなものの、上位機と共通のようなケースの冷却性能は良く、長く使えると思わせるものである。

それで、このコストパフォーマンスはどんなものなのかを種々調べていくことにする。

尚、Inspiron 3847は販売店からの借用品である。

又、記事の図表その他の解釈は筆者個人の見解である。

--------------------------------------------------------------------
目次・デルInspiron 3847のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的

○主な仕様
○外観

*Inspiron 3847キーボード
*Inspiron 3847メモリースロット
*Inspiron 3847のコスモスクリア
*Inspiron 3847のUSB2.0
*Inspiron 3847の電源

*Inspiron 3847のグラフィックカード

○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*HDDスピード

○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値

○Inspiron 3847グラフィックカード性能
*HeavenBenchmark
*HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*DirectX 9.0ゲームベンチマーク
●モンスターハンター フロンティア
●バイオハザード6

○OCCTによるInspiron 3847の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察(省略)

○メディアカードスロット速度測定
○Inspiron 3847のデスクトップパソコンを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)


デルInspiron 3847シリーズ・レビュー

**************************************
Inspiron 3847の仕様

Inspiron_384713
***********************************************
仕様は、平成26年10月4日現在のもので変更もありうる。
***********************************************

●OS--Windows 8.1 64ビット (日本語版)
■CPU--第4世代インテル Core i5-4460 プロセッサー (動作周波数3.2GHz・4コア、4スレッド6M キャッシュ, 最大 3.4 GHzまで可能)  (ターボ・ブースト利用時の最大周波数3.4GHz)
■マザーボード-DELL 088DTI(インテルH81 PCH)
●メモリ-8GB ダブルチャネルDDR3 1600MHz (4GB×2)(実機はSAMSUNG製)
■HDD-1TB SATA 6Gb/s HDD(7200 回転)(実機はWDC WD10EZEX)
●ドライブ--DVDスーパーマルチドライブ(5.25インチ内蔵型ドライブ)
(Webカタログの「トレイロード式」は間違い。)
●グラフィックカード:NVIDIA GeForce 705 1GB DDR3
●カードリーダー : 内蔵8-in-1メディアカードリーダー
●LAN-デルワイヤレス-N 1705 @2.4GHz+ Bluetooth 4.0
■電源・300 W電源
●マカフィーリブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
■前面・USB 2.0 x 2、8-in-1メディアカードリーダー、マイク/ヘッドフォンジャック
■背面・USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 4、HDMI、VGA、RJ-45(10/100/1,000 Ethernet)、3極オーディオジャック(5.1サラウンドサウンドをサポート)
■Dell  MS111 USBオプティカルマウス(2ボタン、ホイール付き)、USB エントリキーボード
■デジタルデリバリーソフトウェア
Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 12・デジタルデリバリー
*************
●寸法および重量(カタログデータ)
高さ: 14.5インチ(368.3 mm)・幅: 7インチ(177.8 mm)・奥行き: 17インチ(431.8 mm)
最小重量: 17.5ポンド(7.93 kg)

*********************************************************

Hwinfo64

System


*********************************************
Inspiron 3847の外観
*********************************************

Inspiron_384715

Inspiron 3847の外観はいつものDellデスクトップパソコンの形状をしている。
フロント部は、簡単に外せるカバーを取り除くと5.25インチ内蔵型ドライブが見え、下部にもう一台ドライブを取り付けることが出来ることが分かる。

Inspiron_384719


Inspiron_384712


Inspiron_384725

*Inspiron 3847のUSB2.0
*Inspiron 3847の電源

Inspiron_384711


*Inspiron 3847のグラフィックカード

Inspiron_384726

又、フロント部の配線は全てUSB2.0端子に繋がれている。USB3.0の端子は、背面のマザーボード直づけのものになる。

Inspiron_384727
Inspiron_384724

SATA端子は2つ余っていて、データー用のHDDを追加することが出来るが、オプション設定はされていない。

Inspiron_384720


グラフィックカードは、NVIDIA GeForce 705 1GB DDR3という低性能のものが装着されている。これを市販のもう少し上級カードに取り替えることは保証外になるが可能である。
しかしながら、電源が300Wなので限界がある。

*Inspiron 3847メモリースロット
*Inspiron 3847のコスモスクリア

Inspiron_384723

Inspiron_384716

マザーボードには、CPUなどの熱源に近い部分には個体コンデンサーが使われていて安定性が増している。又、メモリースロットは2で、8GBダブルチャネルDDR3 1600MHz (4GB×2)(実機はSAMSUNG製)であった。
その右にUSB2.0端子、さらにコスモスクリアのソケットがある。市販のパソコンでコスモスクリアなどをほとんど使うことはなくて、あるということだけである。

*Inspiron 3847キーボード

キーボードは、一般的なもので市販のキーボードと比べても大きさ等大差はない。

Inspiron_384717

Inspiron_384718

****************************************
Inspiron 3847の基本性能
****************************************


Winscore001


*WIN SCORE SHAREによるスコア
WIN SCORE SHAREの数値は、5である。
これはグラフィックカードNVIDIA GeForce705 1GB DDR3が足を引っ張っている状態で、プロファイル画面を見るとその状態がよく分かる。

Winscoreprofile

*HDDスピードも平均的なもので特質するものはない。

Hddtxbench01
Hddtxbench01_2
Hddspeed
Cystaldiskinfo

Hdd

*************************************
Inspiron 3847の起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*************************************

Inspiron_38475

Inspiron 3847の起動時間は、コールドスタートでおよそ18.09秒だった。
デスクトップパソコンの起動時間は、一般にノート型パソコンに比べて遅い。
又、最近のノート型パソコンは、新しいBIOSになっているらしく過去のレビュー機に見るように早くなっている。

★★「起動時間は、インストールされるソフトが増えれば遅くなるために、あくまでも参考値である」

Assessmentconsolestart001

又、Boot performance(Fast Startup)では、14.113秒であり、このこともデスクトップパソコンならではである。
★デスクトップパソコンではグラフィックカード等の読み込みが多くなるので、より遅くなる。

■Suspend継続時間は3.641秒で問題はなかった。

***********************************************
過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance
***********************************************


■Inspiron 3847
●起動時間18.09秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、14.113秒

----------------------------------------------------------------
■Inspiron 14 3000 シリーズ(ベーシック)
●起動時間13.92秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.330秒

■Inspiron 15 5000 ・Graphic Proシリーズ(プラチナ)
●起動時間13.5秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.127秒

■Dell Graphic Pro Inspiron 17 5000シリーズ
●起動時間11.92秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、3.794秒

■Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
●起動時間18.581秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、5.289秒

■Inspiron 14 7000シリーズベーシックモデル
●起動時間21秒(HDD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、8.979秒

■XPS 11 プレミアム・タッチパネル
●起動時間11.188秒(SSD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、2.245秒

■XPS 13 Ultrabookプレミアム・タッチパネル
●起動時間9.45秒(SSD・コールドスタート)
●Boot performance(Fast Startup)では、2.644秒

■Dell Venue 11 Proタブレット
●起動時間19.65秒(コールドスタート)

Inspiron_384722
********************************************
Inspiron 3847のグラフィックカード性能
********************************************


グラフィックカードNVIDIA GeForce 705は、1GB DDR3であることから分かるように外付けグラフィックカードの性能は期待出来ない。
ベンチマークの数値を見ると、最近性能向上が著しいCPUの内蔵グラフィックカードと同等であることが分かる。

(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、通常1600 x 900で測定)

Inspiron_38476

■HeavenBenchmark(1600 x 900)

FPS 3.0
Score 75

Heavenbenchmark

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************


・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)



○NVIDIA GeForce 705・1GB DDR3(3.0)
○Intel HD Graphics 4400(3.0)
*******************************

Inspiron_38472

NVIDIA GeForce 705 1GB DDR3(3.0)
■ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のBenchmark

Ff141280720

Ff1412807201811

標準品質(デスクトップPC・1280×720)・3759・・・快適
高品質(デスクトップPC・1280×720)・1181・・ 設定変更を推奨


Ff14198010801977

Ff14198010801091

Ff14198010801038

標準品質(デスクトップPC・1920×1080)・1977・・・設定変更を推奨
高品質(デスクトップPC・1920×1080)・1091・・ 設定変更が必要
最高品質(1920×1080)・・・・・・・・1038・・設定変更が必要

FF14のベンチマークで見るとおり、1280×720(標準品質)で使えばそれなりに遊べる。


Inspiron_38471

*****************************************
●モンスターハンター フロンティア
バイオハザード6
DirectX 9.0ゲームベンチマーク
*****************************************

Inspiron_38478
Inspiron_38479



●モンスターハンター フロンティア第三弾(大討伐)では、

(1280×720)・・・・・・・・・・2278
(1920×1080)・・・・・・・・1156                                        
----------------------------------------------
バイオハザード6
RANK D (829)

Inspiron_384710

********************************************
OCCTによるInspiron 3847
の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
DirectX 11
********************************************

Inspiron_38473
Speccycpu
Cpuzzzzz

●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
Occt001cpu

2014092116h35temperaturecore0 2014092116h35frequencycpu0

(■OCCT・CPUによる検証は、1時間オートで測定)
第4世代インテルインテル Core i5-4460 プロセッサーは高負荷時にはターボブーストせず定格の動作周波数3.2GHzで動作している。
従い、CPUの温度は65℃前後で推移してBenchmarkを終了している。
このことから、Inspiron 3847の筐体冷却性能、CPUクーラーも問題ないことが分かる。


Inspiron_38474

●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)とInspiron 3847の挙動

Occtgpu
GpuzzzOcctgpu_2

Inspiron 3847のグラフィックカードは、内蔵グラフィックカードに比べて多少性能が良いようで、FPSは32程度まで上がっている。
(最大値FPS60に設定)
しかし、CPUは周波数の変動が激しくかなり稼働しているように見える。しかし、グラフで分かるようにCPUは、ほとんど稼働していない。
このことから、従来のグラフィックカード同様にGPUの最適化はされていない。

2014092117h39fpsfps
2014092117h39temperaturecore0

2014092117h39frequencycpu0
2014092117h39cpuusagecpuusage
2014092117h39memoryusagememoryused

****************************************
GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察***
****************************************
省略

**************************************
★メディアカードスロット
**************************************

メディアカードスロットは、内部の写真を見るとおりUSB2.0のソケットに接続していて当然スピードもUSB2.0の速度である。

Sdhcspeed
Sdhcdystalpeed

Speccy001

******************************************
Inspiron 3847デスクトップパソコンを使ってみての感想
******************************************

Inspiron 3847は、概要にも書いたとおり8万円台で買えるデスクトップパソコンである。
この製品に関して往々にして、デジタルデリバリーソフトウェアのAdobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 12を引き合いに出すことが多い。
しかし、Adobe製品を使い慣れた人はともかく、Elementsという簡易版とはいえ、かなり高度な部類のソフトであることを理解しておく必要がある。

デスクトップ機の特徴としてメディアカードスロットは、USB3.0に対応するものはほとんどない。
それだけでなく最近のノート型パソコンの進歩、性能の向上は著しくデスクトップパソコンの方が後塵を拝している場合が多い。

それでこのInspiron 3847の価格とコストパフォーマンス以外のメリットとは何かと言えば、長く使えることではないかと思う。
パソコンの欠点は熱に弱いことで、この点ノート型パソコンよりもデスクトップパソコンは優れている。
しかもInspiron 3847の場合、OCCTの●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)、●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)でケースの冷却性能が良く熱がこもることもない。
又、マザーボードにも個体コンデンサーが多用されて安定性が増している。

そして、ある程度使ったらドライブの追加、交換も可能であるし、ストレージとしてHDDの追加も容易である。
これも長く使えると言う要因になるとおもわれる。

Inspiron 3847は、長く使えるパソコンが欲しい場合には、狙い目であろう。


Inspiron_384721

***********************************************

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。

Inspiron 3847 プレミアム(モニタなし) -------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点・下部のリンクから
--------------------------------------------------------------------


http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html


*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

Inspiron 3847は、やはりBTOでグラフィックカードの上位機が欲しい。

デル株式会社


デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社

|

« 傳田舟蘭先生個展・舟蘭書作展を写真に撮る | トップページ | 淡墨の作り方と宿墨のいろいろ »

03.Dellパソコン実機レビュー・ノート他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デルInspiron 3847・レビュー:

« 傳田舟蘭先生個展・舟蘭書作展を写真に撮る | トップページ | 淡墨の作り方と宿墨のいろいろ »