« AT9941のマイクで撮る2014前橋まつりマーチングパレード初日 | トップページ | SAMSUNG EVO microSDHC、USB充電器などのお買い物 »

2014年11月25日 (火)

HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTレビュー・性能編

Hp_envy_phoenix_810380h1


 

********************************************
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTレビューの(性能編)目的
********************************************

HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTは、他の「ハイエンドミニタワー」と水冷システムやケースの違いしか外見、スペックから違いは分からない。
それが単にそれだけなのかという疑問をこの性能編で解明したい。

ヒントは、マザーボードは「ハイエンドミニタワー」と同じなのにBIOSが違っているらしいことである。

従い、「ハイスペック・ゲーミングシリーズ」はどんなものなのかな?のである。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTのレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
メモリ仕様など
○外観・内観等
*電源、内部部品など
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*HDDスピード
○起動時間測定、Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*過去のレビュー機の起動時間とBIOS・Boot performance実測値

-------------------------------------------------------------------------
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTレビュー・性能・機能編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能(NVIDIA GeForce GTX770 )
*HeavenBenchmark4
*HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*DirectX 9.0cゲームベンチマーク
●モンスターハンター フロンティア
●バイオハザード6
○OCCTによるHP ENVY Phoenix 810-380jp/CT)
の3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/Linpack最大負荷テスト)
○メディアカードスロット速度測定
○HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)


**************************************
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTの主要な仕様(レビュー機)
●基本構成はHP ENVY Phoenix 810-380jp ベースユニットを「東京生産フリーアップグレードモデル2」(期間限定・特別仕様)又は「東京生産カスタムモデル」でカスタマイズしたものである。
http://h50146.www5.hp.com/directplus/personal/promotions/desktops/201411triplefree/ icon
*************************************************
仕様は、平成26年11月19日現在のものである。
*************************************************

●OS--Windows 8.1 Update  Pro 64ビット
■CPU--インテルCore i7-4790プロセッサー(3.60GHz-4.00GHz,インテル®スマート・キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
■マザーボード-:インテルZ87 Expressチップセット
●メモリ-16GB(8GB×2)(PC3-12800-1600Mhz- DDR3 SDRAM)(実機はSamsung製)
■HDD- 128GB SSD(実機Micron製・MTFDDAK128M)
●1TB(7200rpm)(実機Seagate ST1000DM003)×2
●ドライブ--ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)(実機は、BH40N)
●グラフィックカード-NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)
●カードリーダー : 15in1メディアスロット(UHS-I非対応)
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.0
■電源・500W電源 【ATX電源、Active PFC搭載】
●マカフィー® リブセーフ (1年版)
●HP Beats Audio、HP Support assistant、リカバリマネージャ (リカバリメディア作成)、CyberLink (DVDムービー再生ソフト)、速効!HPパソコンナビ特別版
その他
*************
●縦置き : 約175×412×415mm / 約10.3kg
*********************************************************

Hp_envy_phoenix_810380h2


*********************************************************

その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。
http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/envy_phoenix_810_380jp.pdf icon

HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTレビュー・性能・機能編**************

*****************************************
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CT
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)によるBenchmark
*****************************************



Hp_envy_phoenix_810380h5

******************************************
HeavenBenchmark4.0 FPS(当サイトでの測定結果)
******************************************

47



HP ENVY Phoenix 810-380jp/CT--(NVIDIA GeForce GTX770 (2GB))
の性能は、平均FPS 47.3(Score1,192)である。
これは今まで測定したグラフィックカードGTX770では、FPS46.2~46.8であることから一番高い数値を示している。
これから測定するベンチマークも全て従前のものより数値が高い。

(測定参考値)
*****************************************************
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-47.3(HP ENVY Phoenix 810-380jp)
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.8
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.8
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.2

・・・・NVIDIA GeForce GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※
↓     NVIDIAGeForce GTX760 (30.4)
25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)

15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)

10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M(10)

AMD Radeon HD 8570 グラフィックス(7.4)
↓・・・・内蔵AMD Radeon R7 Graphics(6.6)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)

Hp_envy_phoenix_810380h4


********************************************
ファイナルファンタジーXIV
新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
*********************************************

ファイナルファンタジーXIVはそこそこ重いソフトであるのでこれで快適ならば、他のほとんどのゲームでは同様に快適に使える。

Ff141980max11875


Ff141980hi12252



Ff141980st21646




------------------------------------------------------------------------
レビュー機
NVIDIA GeForce GTX770(HP ENVY Phoenix 810-380jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,875(非常に快適)
高品質・・・・12,252
標準品質・・・21,646

------------------------------------------------
数値としては7,000以上であれば「非常に快適」である。
ファイナルファンタジーXIVの数値を見てみると「HeavenBenchmark4.0」から予測がついたように、従前のGTX770より数値は高い。


Hp_envy_phoenix_810380h3



参考**************
キャラクター編Benchmark参考
NVIDIA GeForce  GTX770(HP ENVY Phoenix 810-290jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,530(非常に快適)
高品質・・・・11,901
標準品質・・・20,531
-------------------------------------------------------------------
NVIDIA GeForce GTX770(HP ENVY 700-360jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,761(非常に快適)
高品質・・・・12,067
標準品質・・・21,177
------------------------------------------------

NVIDIA GeForce GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・11,006
高品質・・・・11,469
標準品質・・・19,704
NVIDIA GeForce GTX760
最高品質・・・7,654
高品質・・・・7,876
*********************************************

NVIDIA GeForce GTX760(HP ENVY 700-460jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・7,862(非常に快適)
高品質・・・・8,137
標準品質・・・15,794
---------------------------------------------------------
内蔵AMD Radeon R7 Graphics・グラフィックカード性能
(1,980×1,080)
最高品質・・・(測定せず)
高品質・・・・1,526(設定変更を推奨)
標準品質・・・3,000(やや快適)

(1,280×720)
最高品質・・・2,851(やや快適)
高品質・・・・2,903(やや快適)
標準品質・・・5,614(とても快適)


************************************************
●モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
************************************************

Hp_envy_phoenix_810380h8

●(1,920×1080)----------18,805


Hp_envy_phoenix_810380h9


*****************************************
●バイオハザード6
DirectX 9.0cゲームベンチマーク(1,980×1,080)
*****************************************

Hp_envy_phoenix_810380h10


●バイオハザード6  ランクS 11731

********************************************
OCCTによるHP ENVY Phoenix 810-380jp/CTの筐体冷却性能など

●CPUの負荷テスト
●GPUの負荷テスト(GPU 3D)
●Linpack最大負荷テスト
(スーパーコンピュータの性能比較プロジェクト「TOP500 Supercomputer Sites」の標準ベンチマーク)
********************************************

Occtcpu01

Cpuz


●CPUの負荷テスト

OCCT・CPU負荷テストでは、CPUインテル Core i7-4790プロセッサーは、ハイエンドミニタワーと同じでCPUは同様な動作を示し定格の約3.6GHz付近で作動している。
又、グラフを見るとおりCPUの温度は大方58℃程度で、水冷CPUクーラーの真価を発揮して全く危なげもない。

2014111617h41temperaturecore0


Hp_envy_phoenix_810380h7


Gpuz


●GPUの負荷テスト(GPU 3D)・HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTの挙動

2014111618h41fpsfps


今回の問題点は、「GPU 3D」であって、FPSの最適化が起動から直ぐに最大値60まで上昇する。
今までHPのハイエンドモデルでCPUが関与してFPSが最大値までなったものはない。
同一のCPU、マザーボード、グラフィックスカードを使った「HP ENVY 700-460jp/CT」では「当サイトのレビュー記事のように」FPSは31であって、一定数値でベンチマークを終了している。

2014111618h41cpuusagecpuusage

2014111618h41frequencycpu0

2014111618h41temperaturecore0_2


それでこのHP ENVY Phoenix 810-380jpが、最後までFPS60をキープしていればゲーマーマシンに特化していると分かる。
しかし、現実にはベンチマークの途中で何らかのソフト又は、PCに対する「命令」があると突然CPUはそちらの動作を優先させることが分かる。

その動作とは、フリーソフトの立ち上げ、PC自体からの案内、右クリック、モニターの一時停止その他あらゆることであると思われる。

しかし、ゲームをしているときに他のソフトを作動させると言うこともないので実際は影響がないのではないかと推定する。
事実として、GPUの性能をCPUが支援することでグラフィックスのベンチマークが全体に多少上がっている。

2014111712h17fpsfps

2014111712h17cpuusagecpuusage

2014111712h17frequencycpu0

2014111712h17temperaturecore0


●Linpack最大負荷テスト

Occtlinpac


(スーパーコンピュータの性能比較プロジェクト「TOP500 Supercomputer Sites」の標準ベンチマーク)
CPUの温度も水冷クーラーの影響で最大59℃程度しか上がらず、従来通りの安定動作だった。

2014111714h08temperaturecore0

2014111714h08frequencycpu0


**************************************
★メディアカードスロット(15in1)
**************************************

「15in1メディアスロット」のケーブルがUSB2.0端子に繋がれているようにUSB2.0の速度になっている。それでも割合早いリーダーである。

Sdhc

Speccy01


Hp_envy_phoenix_810380h6


 

**********************************************
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTを使ってみての感想
**********************************************

「ハイスペック・ゲーミングシリーズ」のHP ENVY Phoenix 810-380jp/CTは、グラフィックス性能をCPUが支援するというゲーミングマシンの特徴を示している。

これも同種のCPU、マザーボード、グラフィックスカードを搭載する「HP ENVY 700-460jp・HP ENVY 700-360jp」のレビュー記事を書いていたので良く分かったわけである。
これはグラフィックスカードのベンチマークの数値が高いことから推定できるとは言え、OCCTのGPUの負荷テスト(GPU 3D)をしてみないと実証できなかった。

これでHPのゲーミングシリーズもやっとゲーミングマシンと言えるものになったと思われる。
但し、「CPUが支援する」といっても最優先するということでないところがミソである。


----------------------------------------------------------------------------------
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTレビュー・仕様編へ続く
-----------------------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/11/hp-envy-phoenix.html

icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon


icon icon icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTは、ゲーミングマシンというより高性能の水冷クーラーを搭載する「ハイエンドミニタワー」という印象が高かった。
しかし、これで本格的なゲーミングマシンになってきたと思う。

***********************************************

|

« AT9941のマイクで撮る2014前橋まつりマーチングパレード初日 | トップページ | SAMSUNG EVO microSDHC、USB充電器などのお買い物 »

01.HPパソコン実機レビュー・ノート・デスク他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTレビュー・性能編:

« AT9941のマイクで撮る2014前橋まつりマーチングパレード初日 | トップページ | SAMSUNG EVO microSDHC、USB充電器などのお買い物 »