« 小説Syuun の不思議な少年時代 その34【昭和39年、1964年春 その4】 | トップページ | 席上揮毫会・第65回記念群馬県書道展覧会 »

2014年12月 7日 (日)

この一年の締めくくりとして「フォトブック」を作る。

Photobooknew3


 

************************************
FUJIFILM モールで作るフォトブック
************************************

 


■フォトブックを作る意義と経緯

近年フィルムカメラからデジカメになって久しい。このデジカメになって顕著なのは、印刷して紙で残さないと言うことである。
印刷しないから当然アルバムも作らなくなった他方、撮った写真を探すと言うことがかなり面倒になった。
そこで近年、今年はどうしても残しておきたいという写真を選んで、フォトブックを作ることにしている。
それで忘れないうちにと昨年分のフォトブックを作ってみた。
それで作ってみたらなぜこんな写真を選んだのかとか、作り方の問題があったのでいろいろと検討することにした。

Hp_pavilion_15p000se1



○目次

■フォトブックを作る意義と経緯
■フォトブックを作る・準備編
■Webソフト(簡単派)を使う
■FUJIFILM PhotoBook Designer 5(こだわり派・編集ソフト)を使う
■使い方のポイント
■作ってみたことの反省点など

*********************************

Photobooknew1



Photobooknew2


Photobook02

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

■フォトブックを作る・準備編

フォトブックを作るには、写真をあらかじる選んでおくと非常に作業がはかどるのと元の写真をダメにしたりするということがない。
フォトブックには、ソフトによって元の写真から加工したりする不都合なものもあって、フォトブックにしたい写真をUSBメモリーなどにまとめておくと便利である。
フォトブックには、1ページに一枚というのもあれば3枚程度配置するものもある。


Pbookl


フジフィルムモールのフォトブック作成ソフトの場合、1ページに複数枚配置する場合があるので、「作成するページ数」の3倍強の写真を選んでおくと都合が良い。
これは不都合なものの場合、削除すれば済むことだからである。

ここでフォトブックに表示される順番を決めて、画像の名称をその順番通りにしておくとあとの作業が楽である。
そして取り込むときは、一枚一枚ではなく「Ctrl+A」で全選択をして一気に取り込むのがよい。

Photobook03


■Webソフト(簡単派)を使う

Photobook06


Photobook07


フォトブックを作るソフトには、Web版とFUJIFILM PhotoBook Designer 5を使う場合がある。
Web版は簡単派とあるように難しい操作は少ないが、ある程度制限がある。
単純には、写真を選んでお任せのレイアウトになり、複数枚が見開きページになった場合に大きい写真をどれにするか程度は選択ができる。
しかし、他のページの写真と入れ替えるなどはできず、順番は撮影順と言うことが多い。
従い、順番の1~5枚程度の写真がメインのものになって大きくなったりする。

写真のようにどうでも良いような写真が最初に来てしまう場合は、FUJIFILM PhotoBook Designer 5を使うと細かいレイアウトができる。


Photobooknew7


 


■FUJIFILM PhotoBook Designer 5(こだわり派・編集ソフト) を使う

Photobook05


Photobook08



FUJIFILM PhotoBook Designer 5は、フリーソフトでフジフィルムモールの専用サイトから入手できる。
これを起動すると必ず最新バージョンかの確認とバージョンアップが行われるという多少煩(うるさ)いものでもある。

基本的には、Web版と同じ傾向にあるが「お薦め画像」が選択される。
全部取り込んだときには、「選択済み画像」の並べ替え「ダイアログ」が表示されて予定通りの順番にすることができる。

この順番と1ページに何枚表示するかなどの細かい部分は試行錯誤してやってゆくことになる。

Photobook04



 

■使い方のポイント

いずれにせよフォトブックの作る作業はかなり時間がかかる。
それである程度の下準備をして、時間がかかったら作業を保存して一旦停止するということが必要である。
それで写真のように多少変なレイアウトになってしまっても、それは写真に何かの意味があるというものでご愛敬である。


Photobooknew5


Photobooknew6


■作ってみたことの反省点など

フォトブックを作らないで必要な写真を印刷してアルバムに貼るという昔ながらの方法がある。最近のプリンターのインクは色あせしないという耐候性の良いものもあるし、お店プリントなら100年プリントである。
しかし、昔からやっていた方法というのはやはり面倒で、アルバムも大きなものになってしまうことは否めない。

Photobooknew4


Photobooknew8


ここのところ何年かフォトブックを年に1~2冊作っている。
実を言えば、どうしても取っておきたいという写真がこの年になると余りない。
しかし、過去のフォトブック写真を見ると本当に手軽に昔を思い出せるというのは便利であった。

反省点は、写真整理が面倒と言うことと共にフォトブックを作るのも適当にやってしまい妙なものになってしまうことでもある。
よくよく写真を選ぶことが大事と考えさせられたものであった。


FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)  FUJIFILM X-T1 FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

|

« 小説Syuun の不思議な少年時代 その34【昭和39年、1964年春 その4】 | トップページ | 席上揮毫会・第65回記念群馬県書道展覧会 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この一年の締めくくりとして「フォトブック」を作る。:

« 小説Syuun の不思議な少年時代 その34【昭和39年、1964年春 その4】 | トップページ | 席上揮毫会・第65回記念群馬県書道展覧会 »