« SOLAR BA7(CCAバッテリーテスター)でBatteryを点検 | トップページ | 2015年だるま市・前橋初市まつりを見る »

2015年1月 9日 (金)

ASUS Z87-PRO(UEFIネイティブモード)で作る自作パソコン・完成

Asus022

****************************
組み終わっての反省点
****************************

過去の記事を見たらこの自作パソコンを組み立てたのが「2013年9月下旬」とあった。
その後にいろいろなことがあったというのは、以前のエントリー通りである。
2015年になって、やっとUEFIネイティブモードでOSをインストールして完成となった。
しかし、反省点としてはWindows8.1Proのインストールディスクを作っておくべきだった。あとから8.1にしたために456MBのWindows8.1Proの「回復パーティション」が出来てしまった。
その他はWindows8Proだと起こらなかったであろうことが幾つか起こったことである。
それは、検証ソフト「Microsoft Assessment Console」がまともに動かなくなったこともある。
メーカー製のWindows8.1だと問題がなかったから個別の問題かもしれない。
単純に言えば、「Startup and Shutdown Experience」で5-6回起動させるとシャットダウンしてしまうことであった。
これは、SSDを使っていることなども影響があるのかもしれない。

ほかはASUS Z87-PROの装備である「無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)」の起動が微妙に遅く、起動時にネットワークが一端切れてしまうことである。
これはパソコンの起動が速すぎて、LAN接続が遅れると言うことだろう。
必要とあれば「有線」にしてしまえば良いことである。


*******************************************
自作パソコンの構成・ ASUS  Z87-PROの仕様
*******************************************

●OS--Windows8.1  Pro 64ビット
●CPU--Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz 8Mキャッシュ LGA1150 Haswell UnLocked BX80646I74770K 【BOX】
●マザーボード;ASUS  Z87-PRO(UEFI BIOS 2103)
●メモリ-8GB (4GB×2) W3U1600HQ-4G (PC3-12800-4GBx2)
●HDD/SSD;シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 512GB CSSD-S6T512NHG5Q
★データー用・TOSHIBA DT01ACA300(3GB)
●CPUクーラー:クーラーマスターHyper 412 RR-H412+Arctic Cooling 絶縁タイプ熱伝導グリース
●ドライブ--SonyOptiarc  DVDドライブ AD-7280S+S
●グラフィックカード-GIGABYTE Geforce GTX660 2GB PCI-E GV-N660OC-2GD/A
●電源--オウルテック 【80PLUS SILVER取得】電源ユニット FSP RAIDER 750W RA-750認証取得電源
●PCケース・CoolerMaster・CM Storm Scout 2 Gun Metal
●その他、追加ケースファン、
■フロント★120mm赤色LEDファン追加。(AeroCool Shark120)
■上部★120mm赤色LEDファンx1追加(AeroCool Shark120)・120mmファン
■左側面★120mm赤色LEDファンx1追加(ENERMAX PCケースファン TBアポリッシュ) マザーボード用スピーカー
■ファンコントローラ・風マスターPRO

**********************************************

System

Hwifo021

Ssdspeed001


ASUS  Z87-PROの仕様を見ると1年以上前に購入した部品であるために、マザーボードを筆頭にして、PCケース、DVDドライブ、CPUクーラー、LEDファン、SSD~など今では販売していないものばかりである。
何とか手に入りそうなのは、電源とメモリーくらいなものであるとはパソコンの移り変わりが早いことがわかる。
それでいて、今のパソコンに比べて性能が落ちるかと言えばOSが「Windows8.1  Pro」であることから遜色がない。
メーカー製のパソコンなどは、マザーボードはなかなか変わらず中のBIOSの変更で対応しているということも多い。
また、今回の自作では「ファンコントローラ」を使いたかったためにわざわざ「風マスターPRO」を使っている。

Win


このASUS  Z87-PROに不足するのは、USB2.0端子と別系統USB3.0、そしてマルチメディアカードリーダーである。
「USB2.0端子と別系統USB3.0」は、部品在庫があるので早晩取り付けるつもりである。
問題は、追加USB3.0がOS標準ドライバーで動くのかである。
その他後日追加する「マルチメディアカードリーダー」は、上手くUSB3.0で動くのかと言う点もやってみないと分からない。

また、今回はSSDを使っているために最後に「SSD最適化設定」のソフトを入れた。
Windows8にした理由は、SSDに対応しているからでもありこういうソフトも便利なものである。


Ssd


*****************************************
PCケース
CoolerMaster・CM Storm Scout 2 Gun Metal
******************************************

PCケースは、CoolerMaster製なのでそれなりの特徴があり組み立てにくくはない。しかし、何となくチャチなところがあったりする。
便利だったのは、「とって」がついていて移動させるのに簡単だったこと。
次回のケースは、在庫のCorsair Carbide 500Rにする予定なのでケース選びの面白みは半減してしまっている。


Asus024


***********************************
グラフィックカードの性能
***********************************

Asus021

Ff2max8427


Ff1280max14297

参考**************
キャラクター編Benchmark参考
NVIDIA GeForce  GTX770
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,530(非常に快適)
高品質・・・・11,901
標準品質・・・20,531
-------------------------------------------------------------------
NVIDIA GeForce GTX770
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,761(非常に快適)
高品質・・・・12,067
標準品質・・・21,177
------------------------------------------------

NVIDIA GeForce GTX680
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,006
高品質・・・・11,469
標準品質・・・19,704
NVIDIA GeForce GTX760
最高品質・・・7,654
高品質・・・・7,876
*********************************************

NVIDIA GeForce GTX760
(1,980×1,080)
最高品質・・・7,862(非常に快適)
高品質・・・・8,137
標準品質・・・15,794
---------------------------------------------------------

GIGABYTE Geforce GTX660は、オーバークロックモデルである。
それで「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のいつものBenchmarkを取ってみた。
結果は昨年正月のBenchmarkより良くなっていて、多少動かしてこなれてきたのか気温が高かったのかの原因は不明。

Asus023


Heaven Benchmarkは、GIGABYTE Geforce GTX660がどのくらいの位置にあるのかを見たものでオーバークロックモデルに恥じない性能であった。
現状のゲームをするにあたりこれ以上の性能は必要ないと思われる。

Heaven33


**************************

NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-47.3
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.8
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.8
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.2

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************

・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

(神の世界??????)
40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

Speecy


Cpuz


****************************************
ASUS Z87-PRO(UEFIネイティブモード)で作る
自作パソコンの感想
****************************************

今回のパソコンは、1年前の部品で作られているとは前に述べた。
しかも、実験用に高額なSSDなどを使っているなど今だったら使わないかもしれないと言う部分もある。
しかし、新たに部品を買いそろえると言うことでなく、修理部品も手持ちのものが使えると言うのが多少自作パソコンを作っている利点でもある。
--とはいえ、精密部品などは時代に合わないものの組み合わせは故障の元であることは間違いない。
それともう一つ思い起こされるものは、自作パソコンの場合はメーカー製のように「コスト」を考えないために定評のある良い部品を使うことが多い。
そのために初期不良は別として、故障が少ない。
そして、そのケースを含めて部品がどこか壊れたときは、パソコン全体が寿命ということがよく分かった。
実際に、年末に壊れた「ASUS P5Q-E」を使ったパソコンは、グラフィックカードを初めとして、PCケースのファンを取り替えている。
しかし、その時点であとの寿命は2年程度だったわけで、延命は不要だった。

******************************
秋葉原に行くと、自作パソコンの部品を売っている店が何となく景気が悪そうである。
これは自作パソコン離れが激しくなっている現れともいえるし、パソコン自体の需要が少なくなってきているようである。
タブレットもスマホが大型したために、いずれ淘汰される時代が近づいていると言われる。
いずれにせよ蓋を開けてみないと分からない。

そうとは言え、ハードにパソコンを使うには自作パソコンがやはり最適である。
Windows8のOSのインストールは、Windows7ほど単純ではなくなったが失敗も経験である。


ケーズデンキオンラインショップ


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


エディー・バウアー・ジャパン

|

« SOLAR BA7(CCAバッテリーテスター)でBatteryを点検 | トップページ | 2015年だるま市・前橋初市まつりを見る »

06.自作パソコンを作る・問題点を探る?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASUS Z87-PRO(UEFIネイティブモード)で作る自作パソコン・完成:

« SOLAR BA7(CCAバッテリーテスター)でBatteryを点検 | トップページ | 2015年だるま市・前橋初市まつりを見る »