« 2015年だるま市・前橋初市まつりを見る | トップページ | ASUS Z87-PRO・自作パソコンの後始末 »

2015年1月12日 (月)

MFC-J6710CDWが繋がらない(更新)・ASUS Z87-PRO・自作パソコンで分かったことなど

Newpc5


ASUS Z87-PROのマザーボードを使った自作は完成した。
その後にUSB2.0とUSB3.0(インターフェイスカード)を追加して、ケースを閉め実戦投入することになった。
近年のマザーボードの背面USBは、基本的にUSB3.0だけになっている場合が多い。それでUSB2.0でないと動かないもの(USB-DACなど)のためにUSB2.0の端子を出しておく必要がある。またUSB3.0のインターフェイスカードは、USB3.0同士で転送するときに都合が良かったりする。
従来「USB3.0のインターフェイスカード」は、専用ドライバーが必要なところWindows8からOSがサポートすることになっているので、取り付けるだけで良いのが楽であった。
これもWindows8にした利点である。

Newpc6


*********************************************
ブラザーインクジェット プリンター・複合機(MFC-J6710CDW)
Windows8以降ネットワーク接続でスキャナーが使えない
*********************************************

★2015/01/16更新<<<<<<<<<<<<<<

今回、USB3.0のインターフェイスカードなどを取り付けたためにデバイスマネージャーで確認した。
すると「プリンター複合機MFC-J6710CDW」のスキャナーが「!」印だった。
それで今まで導入してあったプリンタードライバーをアンインストールして入れ直そうと思ったら、ネットワーク接続のプリンターを検出できなくなった。
それでおかしいと思って調べて見た。
「サポート&ダウンロード・Windows8(Windows8.1含む)対応状況(インクジェット製品)」
http://support.brother.co.jp/j/s/support/os/windows8/mfc-ink_index.html
ここを見るとMFC-J6710CDWなどの旧型製品はネットワーク接続のスキャナーは使えないことが書いてあった。
そのほかPCファックスも使えない。
従って、インストールされていたプリンタードライバーは正常であった。
しかし、アンインストールしたらプリンターと通信できなくなったので、「ネットワーク接続」はあきらめることにした。
USB接続ならば、スキャナーまでは使える。(PCファックスは不可)

現行製品の「MFC-J6570CDW」だとスキャナーまでは使えるとある。
ブラザー製品なので何があっても不思議はないが、対応には驚いたとしか言いようがない。

考えてみれば、Windows8まではネットワークにつなげると直ぐに「MFC-J6570CDW」のプリンタードライバーがインストールされて直ぐに使えた。

ところがWindows8.1になると、ブラザーはプリンタードライバーが入るということはなくなったような気がする。

★インストールは、自動的にブラザーのLANプリンターが使えるように待つ必要があるようだ。

ブラザーのプリンターを削除して、数日そのままにしていたらプリンターが登録されていた。

ここで、ネットからダウンロードしておいたプリンタードライバーを適応すると(1コピー)のアイコンが出る。

元のアイコンは制限付きプリンタードライバーだが、このアイコンを削除しても問題ないが、これを元にしているので後で面倒になることもある。(Windows8の場合問題なし)




******************
その一方でエプソンのEP805Aなどは、Windows8.1になっても自動的にプリンタードライバーがインストールされる。
これは削除しても直ぐにインストールされるのでうるさいくらいである。
この時点でMFC-J6710CDWなどの旧型製品はUSB接続が基本となりそうである。

Newpc4


********************
PCが壊れて、PCオーディオの完全見直し
********************

Newpc1


今までONKYO WAVIO (PCIオーディオボード)SE-200PCI LTDというPCIスロットを使ったサウンドカードを使っていた。
しかし、最近の自作用マザーボードにはPCIスロットがない。
それで「KORG  DS-DAC-10」をUSB2.0接続で音を出すことにした。
そして「プリメインアンプ(ONKYO A-973)」が壊れたために眠っていたコンポセットを繋いだ。
「コンポセット」と言っても「ONKYO A-973」+「ONKYO C-773」ONKYO CDプレーヤー シルバー C-773(S) +「D-112ELTD」の「ONKYO コンポ BASE-HF730(S)アンプセット A-973/C-773/D-112ELTD」というセット。

ONKYO コンポ BASE-HF730(S)アンプセット A-973/C-773/D-112ELTD

これは随分前に処分品だったので買ったもの。
スピーカーの音は付属のモンスターケーブルだと「ゴモゴモ」とうるさく、ビクターのケーブル(18番)と交換。
余り使っていないのでエージングがされていなくて、堅くてとても聞けたものではなかったのでそのままになっていた。

Newpc2



それを今までのPCオーディオの中に組み入れた。
ここではKENWOOD(LS-K703+サブウーハーSL-407)のスピーカーを使っているために、CDプレーヤーONKYO C-773の音だけが全く新しいものになった。
これで繋いでみるとなかなか繊細な音がする。
今まで聞こえてたいなかったこの繊細な音が聞こえるのには驚いた。
CDはWAVに変換して「KORG  DS-DAC-10」で聞けるので、試してみると繊細はCDプレーヤーが勝る。
多少音質が違うので、何とかDS-DAC-10が救われるところである。
実際は、KENWOOD LS-K703ではKORG  DS-DAC-10の音を表現できない。

Newpc3

★写真は、パソコンが起動していないときで「オレンジ点灯」になっている。
PCが起動すると、「44.1-グリーン点灯」になる。

感じとしては手持ちの「FOSTEX PA-2」との組み合わせが一番良かった。
特選街2月号(2015)では、FOSTEX PA-3との組み合わせを推奨していた。
小型のFOSTEX PA-3が出たためにFOSTEX PA-2の値段が暴落していたとは思わなかった。
考えてみれば消費税増税前の駆け込みで、昨年の3月に買ったDS-DAC-10やFOSTEX PA-2は、新型が出たために買ったときより暴落して慌てて買う必要もなかった。
その新型も値段が下がってきているので、いろいろと考えものである。



↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


|

« 2015年だるま市・前橋初市まつりを見る | トップページ | ASUS Z87-PRO・自作パソコンの後始末 »

06.自作パソコンを作る・問題点を探る?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MFC-J6710CDWが繋がらない(更新)・ASUS Z87-PRO・自作パソコンで分かったことなど:

« 2015年だるま市・前橋初市まつりを見る | トップページ | ASUS Z87-PRO・自作パソコンの後始末 »