« Inspiron 3646 スモールデスクトップ・機能・性能編レビュー | トップページ | 超高速SDHCカード・SUPER★TALENTを買ってみた »

2015年1月28日 (水)

RAVPower 10400mAh モバイルバッテリー・カーチャージャー・レビュー

Ravpower1


**************************************
RAVPower カーチャージャー
RAVPower 10400mAh モバイルバッテリー
レビューの概要
***************************************

RAVPower 10400mAh モバイルバッテリー、RAVPower カーチャージャー、RAVPower Apple認証済みライトニングUSBケーブルという三点セットについてレビューをしてみる。

このほど送られてきたのは
RAVPower カーチャージャー
RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリー
RAVPower Apple認証済みライトニングUSBケーブル
という大容量モバイルバッテリーに関するセットである。

この中で「ライトニングUSBケーブル」は、iPod、iPhone等を持っていないので今回はレビューしない。


それで今回のレビュー目的は、「RAVPower カーチャージャー」の使用感、「RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリー」の使用感とともに新しい使い方の提案とその使用感について考察する。

----------------------------------------------------
※当記事は販売店からレビュー機器の提供をうけ執筆している。
(景品表示法に基づき、ステルスマーケティングでないことを示す。)

尚、今回のレビューにおける写真の解説及び見解等は、筆者の感想である。

----------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
目次・
RAVPower カーチャージャー
RAVPower 10400mAh モバイルバッテリーレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
RAVPower カーチャージャー
RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリー
(仕様は、平成27年1月28日現在のものである。)
○外観・接続例等
○基本性能(充電など)
・充電ケーブルの質について
・RAVPower カーチャージャー
・RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリー

●RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリー
の新しい使い方。
○デジタルカメラのバッテリーに急速充電する
■デジカメ充電例
・SONY NEX-6
(SONY Aレンズデジタルカメラは非対応。)

・OLYMPUS STYLUS XZ-2
(OLYMPUS PENなどマイクロフォーサーズ規格ミラーレスカメラはUSB充電非対応)

・カシオ・EXILIM 10th Anniversary EX-ZR1000BSA
(カシオは、USB充電)
○RAVPower カーチャージャー
RAVPower 10400mAh モバイルバッテリーレビュー
を使ってみての感想

**************************************
RAVPower カーチャージャーの主要な仕様
**************************************

Ravpower4



- 型番:RP-CC02
- タイプ:チャージャー
- 入力:DC 12-24V
- 出力:DC 5V 2.4A/2.4A(各ポート毎に最大2.4A)
- 重量: 33.5g(実測)


**************************************
RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリー
の主要な仕様
**************************************

Ravpower2


- 型番 RP-PB07
- 容量:10400 mAh/38.4Wh
- 入力電圧/電流:DC 5V/
1.5A
- 出力電圧/電流1:DC 5V/
1A(1A 表示)
- 出力電圧/電流2:DC 5V/
2.1A(iSmart 表示)
- サイズ:約113 ×69×22mm(仕様書による)
- 重量: 約228g(実測227g。ポーチを含め235.5g)

○セット内容
・(平型・高速)USBケーブル×2・(25㎝、65㎝)
・USB変換コネクター×2(USBminiB端子、Apple iPod Dockコネクタ)
・メッシュポーチ
・日本語取扱説明書

Ravpower3


*****************************
外観、接続例等
*****************************

Ravpower31


Ravpower35


Ravpower36


●RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリー

大きさは、L版の写真より二回りくらい小さくスマホより一回り大きい位である。
重さは実測で、227g。メッシュケースを入れて235.5gであった。
本体を充電するには、センターのポートを使い「USB電源アダプター」などを使って急速充電する。
「取扱説明書」には、「PCのUSBポートの最大出力電流は0.5A」なので急速USB充電アダプターを推奨している。
モバイルバッテリーからスマホその他に充電する場合は、1A端子と「iSmart 表示」の端子がある。
iSmartの場合は、最大2.1Aまでの範囲で接続した機器の仕様に合わせた電流で充電できる。

Ravpower32


Ravpower7



RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリーを急速USB充電アダプターで充電した場合、仕様では入力1.5Aとなっていたが、急速充電時には約1.7A程度であった。
※充電満了になると定電圧充電なので電流は0に近くなる。

Ravpower33


Ravpower34




●RAVPower カーチャージャー

Ravpower5


Ravpower12


カーチャージャーは、カーショップなどで売られている市販の1ポートカーチャージャーに比べて2ポートある分一回り大きい。
その分作りはしっかりしていて安心感がある。

Ravpower13


Ravpower37


●RAVPower Apple認証済みライトニングUSBケーブル

Ravpower6


********************************
基本性能(充電など)
********************************

Ravpower30


●充電ケーブルの質について

充電microUSBケーブルには、(超)急速microUSBケーブルと低速なものなどがある。
この中でRAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリーに付属する平型充電microUSBケーブルは、(超)急速microUSBケーブルと遜色ないものであるようだ。

Ravpower8


●RAVPower カーチャージャー

カーチャージャーで「大容量モバイルバッテリー(仕様1.5A)」を充電した場合、5.09V-1.27Aで充電することが出来た。
仕様では2.4Aまで流せることになっているが、接続するものによって自動制御しているようである。
従い、急速USB充電アダプターをつないだとき(1.7A)よりも多少充電電流が抑え気味であった。

尚、この電圧、電流は市販の1ポートカーチャージャーでもほぼ同じであった。

Ravpower14


Ravpower15


※カーチャージャーを使う場合、最新の「充電制御システム搭載車」の場合エンジンを回していてもバッテリーに補充電されていない場合がある。従いカーチャージャーに2ポートあるからといって過度な充電は避けた方がよいかもしれない。

Ravpower16


●RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリー

スマホに1A表示の端子で充電した場合、写真の通り1.05Aであった。
又、iSmart 表示の最大2.1Aまで流せるポートでは、急速USB充電アダプターで充電した場合と同じく1.16Aであった。

Ravpower17


Ravpower18

*************************************************
●RAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリー
の新しい使い方。
○デジタルカメラのバッテリーに急速充電する
*************************************************

近年「USB電源アダプター」を使い、PCなどから充電できるデジタルカメラが増えてきている。
ミラーレスデジタルカメラでは、SONYが最新のαILCE-7までUSB電源充電に対応しているくらいである。


又、コンパクトデジタルカメラでは、一例としてSONY、OLYMPUSやカシオなど一部のカメラで確認できている。

Ravpower9


それで今回は、ミラーレスデジタルカメラの代表として、SONY NEX-6。
コンパクトデジタルカメラとしては、OLYMPUS STYLUS XZ-2、カシオ・EXILIM 10th Anniversary EX-ZR1000BSA(EX-ZR1000同等品)でその使い勝手を試してみたい。

Ravpower10

尚、充電にはカメラに同梱されている専用ケーブルを使う。

SONYの場合、microUSBケーブルと同等と思われるが、OLYMPUSやカシオでは違っているので注意が必要である。

Ravpower11


■デジカメ充電例
●SONY NEX-6
(SONY Aレンズデジタルカメラは非対応。)

Ravpower19


SONY NEX-6の場合、付属する「USB電源アダプター」SONY AC-UB10D(NEX-6、αILCE-7同梱品)では、5V-0.5Aの出力である。

Ravpower20


それで

★1Aの端子では、0.84Aであったが、iSmartの端子では1.41Aで充電出来た。
SONYの充電池NP-FW50は、従来のBC-VW1のバッテリーチャージャーに代わって、急速充電が出来るバッテリーチャージャーBC-TRWになっているので急速充電可能であった。
充電は、充電量97%でトリクル充電となり秒単位で充電を繰り返す仕様であった。

Ravpower26


Ravpower27

Ravpower29


Ravpower28

●OLYMPUS STYLUS XZ-2
(OLYMPUS PENなどマイクロフォーサーズ規格ミラーレスカメラはUSB充電非対応)

Ravpower21_2


STYLUS XZ-2に同梱のF-2AC「USB電源アダプター」も5V-0.5Aの出力である。

★1Aの端子では、0.91Aで、iSmartの端子では0.92Aであった。
仕様として最大1A程度の充電能力であると思う。

このOLYMPUS STYLUSも、大容量モバイルバッテリーを使うことによって高速充電出来ることがわかる。

Ravpower22


Ravpower25


 


●カシオ・EXILIM 10th Anniversary EX-ZR1000BSA

(カシオは、USB充電)

Ravpower23


カシオ・EXILIMに同梱の「USB電源アダプター」は、AD-C53Uという5V-0.65Aの仕様のものである。
実際に充電してみたところでは、1A、iSmartの端子ともに最大0.6Aであった。

カシオの場合、急速充電仕様になっていないようで、モバイルバッテリーを使った場合電源アダプター並といえる。

Ravpower24


******************************************
○RAVPower カーチャージャー
●RAVPower 10400mAh モバイルバッテリーレビュー
を使ってみての感想
*******************************************

●RAVPower カーチャージャーは、車のシガーライター端子に接続するとブルーLEDでUSB端子の位置がよくわかってきれいであった。
充電は、「独自技術iSmartの自動検知機能搭載」ということになっている。しかし狭いテスト範囲なので市販のカーチャージャーと区別はわからなかった。

  

●RAVPower 10400mAh モバイルバッテリーは、大容量という利点を生かしてスマホだけでなく、デジタルカメラなどにも超急速充電出来ることを確かめた。
特に、従来のLi-ionバッテリーが充電中に高温になって扱いづらいのに対して温度が上がるということもなかった。

 

まだUSB電源から充電出来るミラーレスデジタルカメラなどは少なく、現状SONYなどに限られるが急速充電バッテリーチャージャーBC-TRWなどを買う必要がない利点がある。

 

以上のようにRAVPower 10400mAh 大容量モバイルバッテリーの使用は、従来のLi-ionバッテリーとは違った用途を導き出すことが出来るということを示す新しい展開であろう。




|

« Inspiron 3646 スモールデスクトップ・機能・性能編レビュー | トップページ | 超高速SDHCカード・SUPER★TALENTを買ってみた »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RAVPower 10400mAh モバイルバッテリー・カーチャージャー・レビュー:

« Inspiron 3646 スモールデスクトップ・機能・性能編レビュー | トップページ | 超高速SDHCカード・SUPER★TALENTを買ってみた »