« 2011年製GIGABYTE自作パソコンのメモリーエラー | トップページ | CoolerMaster Silencio 652S・PCケースを買ってみた »

2015年2月 7日 (土)

一太郎2015Premiumを買った

1ta11


年中行事と化している「一太郎シリーズ」の購入の時期が来た。正確には、1月中旬に予約して発売日に届いたということである。
ワープロソフト一太郎のファイル形式も公官庁Webページから消えて久しい。
今では、ワープロソフトといえばMicrosoftOfficeのWordというのが標準になってしまった。
だから、書式としてWordがないと困るが、その点一太郎ではワードを読み込めるので汎用ソフトともいえる。
そんなわけで最新のMicrosoftOfficeを買い、毎年「一太郎シリーズ」を買っているから思えば結構な出費である。
しかし、WordはHTMLなのでブログを書く上での下書きにならないから、一太郎は必須となっている。

一太郎2015Premiumは、2010年にはJUST Suiteと言っていた「花子などの統合ソフト」で、「詠太5」という音声読み上げソフトがついているので欠かせない。
その昔Shurikenというメールソフトは単独で買っていたこともあるが、今はセットなので便利にしている。
このShurikenの便利なところは、他のパソコンにメールその他の設定をクーロン出来ることである。これはパソコンの移行では必須である。

15


それで一太郎2015がどこが変わったのかというのは、起動してほとんどわからない。
これは使っていてわかるというものである。
しかし、30周年記念ソフト「はかどる!数式メーカー」などはどこから起動するのか、というよりそんなものがあるのかわからない。
Webページを見るかダイレクトメールの説明書に書いてあるくらいである。
起動するのは「アドイン」のところからで、数学の記号入力に使う。

icon icon

15_2

Just MyShop(ジャストシステム)

「花子」というソフトは、今や使っている人を見たことがないというソフトになった。
これはDTPソフトなので使いようによっては、非常に便利なソフトである。
以前は、これでキャプションを作っていたが最近はお絵かき程度になってしまっている。
それにしてもこの花子も2014「徹」から正確な寸法を出すのに便利になっていて2015ではどうなのかというところである。

1ta21


予約キャンペーンでは、コルクボードとピンズセット。
ピンズは、ジャストシステムの社員が欲しかったようなものでこんなものを使うことはあり得ないだろう。

おまけの商品は、時として「使えそう」というものもあれば最近の余り使えそうもないものということも多い。


icon icon


|

« 2011年製GIGABYTE自作パソコンのメモリーエラー | トップページ | CoolerMaster Silencio 652S・PCケースを買ってみた »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一太郎2015Premiumを買った:

« 2011年製GIGABYTE自作パソコンのメモリーエラー | トップページ | CoolerMaster Silencio 652S・PCケースを買ってみた »