« CoolerMaster Silencio 652S・PCケースを買ってみた | トップページ | 第18回 群馬書道大賞・奨励賞展を観覧する »

2015年2月11日 (水)

第49回前橋市民展・書道部門開催される・前橋市民文化会館

Shimin1


平成27年2月12日より標記の前橋市民展・書道部門が前橋市民文化会館でオープン。
前橋市民展も絵画、写真部門が先行展示され2月10日に授賞式、祝賀会が開催された。
11日は、文化会館での陳列作業で展示室全館の大展示ホール、小展示ホール、その他ロビーの一部も展示スペースとして13時より始まり15時30分頃までに終了した。

前橋市民展も出品者の減少や、出品料の精査による減額によって予算が減り種々の部分での経費削減になった。
こういう出品者の減少は、こういう公募展に限らず東京の全国展ではかなり深刻な状況になっている。
こういう傾向というのが書道展に限らず、業界団体や学会なども似たようなもので大方組織防衛に入っているところが多い。

Shimin4

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX7
撮影日時: 2015-02-11 14:41:35 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 4.7mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.4
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Shimin5


Shimin6


**********************************

Shimin3

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-02-10 17:52:24 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

2月10日前橋マーキュリーホテルで行われた授賞式、祝賀会では、山本前橋市長、佐藤教育長などが参列。
祝賀会で、前橋市長、教育長などの祝辞があるかと期待したが行われなかった。司会担当は美術部門だったのかもしれないが、それという紹介もなかったので分からない。
こういう祝賀会、レセプションというのは書道関係では非常に慣れていてそれなりの受賞者の紹介があったりするのが恒例である。
ところが、今回は祝賀会冒頭に来賓挨拶や乾杯などは行われたもののそれ以降は何もなく、お開きは「これで終了」で終わりだった。
何もなくて静かで良かったという話もあったが、市長、教育長なども中盤で帰ってしまうなど何か盛り上がらなかった祝賀会だった。

Shimin2

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-10 17:50:55 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

その他驚いたのは、今年から副賞の盾が出なかったことである。
今まで30年以上市民展に関わったが、これは初めてである。その昔は、上位賞はトロフィーでその後は盾になった。
この副賞の盾やトロフィというのも、毎日書道展や書道芸術院展ではない。
しかし、副賞というものはしっかりあって、毎日展では時期によって違うが日展作家の作品や人間国宝の陶芸家の作などが贈られる。
その一方、書道芸術院展では金一封である。
その書道芸術院展では、香川峰雲先生を記念した「峰雲賞」という賞が以前にあったことがある。このときは峰雲先生の作品などが贈られていた。

そういうわけで副賞が全くないというのは初めてであった。
それでこの副賞のトロフィや盾はどうしているかと言えば、もらったときはうれしいが後で置き場に困ると言うのが本当でもある。
トロフィの赤白のリボンは古くなるとさめてみすぼらしくなるから尚更である。

Shimin7

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX7
撮影日時: 2015-02-11 14:55:33 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 13.7mm (35mm 換算焦点距離: 70mm)
絞り値: ƒ/2.2
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


前橋市民展では、運営委員・審査員をやっているから種々の情報に接することがある。
それで来年の第50回記念前橋市民展では会場をアーツ前橋に移して開催される。
祝賀会では、来年度では予算が増額されるというアナウンスが聞こえた。
それでより豪華になるのかどうかは来年になってみないと分からないと言うのが現状でもある。


デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


|

« CoolerMaster Silencio 652S・PCケースを買ってみた | トップページ | 第18回 群馬書道大賞・奨励賞展を観覧する »

書道家のお仕事・書論など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第49回前橋市民展・書道部門開催される・前橋市民文化会館:

« CoolerMaster Silencio 652S・PCケースを買ってみた | トップページ | 第18回 群馬書道大賞・奨励賞展を観覧する »