« HP OMEN 15-5000 レビュー(仕様編) | トップページ | 秋葉原探訪・GALLERIA・G-Tune »

2015年2月27日 (金)

HP OMEN 15-5000レビュー(機能・性能編)

Omen26


***************************************
HP OMEN 15-5000の機能・性能編レビュー概要と目的
***************************************

最近のゲーミングパソコンらしい形のHP OMEN 15-5000。
このゲーミングパソコンの本来の特質を機能・性能編レビューで確かめてみる。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

Omen6


Omen14


--------------------------------------------------------------------
目次・HP OMEN 15-5000 のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*256GB SSD (PCI Express, M.2接続)のスピード
-------------------------------------------------------------------------
HP OMEN 15-5000 レビュー・機能・性能編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能(NVIDIA GeForce GTX 860M)
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティア(1,980×1,080)DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark

●OCCTによるHP OMEN 15-5000筐体冷却性能と
インテル Core i7-4710HQ プロセッサーの動作
○OCCTによるHP OMEN 15-5000 の3Dゲームの動作

●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○HP OMEN 15-5000 を使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)


HP OMEN 15-5000 ・レビュー

**************************************
HP OMEN 15-5000 の主要な仕様
(15-5006TX)スタンダードモデル
**************************************
仕様は、平成27年2月23日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■インテル Core i7-4710HQ プロセッサー(2.50GHz/TB時最大3.50GHz)Launched
4コア、8スレッド(Intel HD Graphics 4600)(インテルターボ・ブースト・テクノロジー2)
■モバイルインテルHM87チップセット(HP2332)
■15.6インチワイドフルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
(1920×1080/最大1677万色)・外部・最大3840×2160 /最大1677万色
■ 16GBオンボード(1600MHz,DDR3L SDRAM) (Micron)
■256GB SSD (PCI Express, M.2接続)(●実機はSunDisk SD6PP4M-256G-1006-256GB)
■NVIDIA GeForce GTX 860Mグラフィックス(4GB (GDDR5))
■BeatsAudioデュアルスピーカー、IDT HighDefinition Audio準拠、内蔵マイク
■LAN 外付けUSB Ethernetアダプター(10/100)
■IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0、オン/オフボタン付き
■HDMI出力端子×1、USB3.0×4(電源オフUSBチャージ機能対応)、Mini DisplayPort×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
■SDカードスロット(SDHC・SDXCメモリカードの高速転送規格「UHS-I」非対応)
■約 4 時間 30分
■約383×251×15.5-19.9mm(最厚部、ゴム足含まず)、22.6mm(最厚部、ゴム足含む)
■120WスマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)
■リチウムイオンポリマーバッテリ(4セル)
■マカフィーリブセーフ (30日版)
■HP USB Ethernetアダプター、速効!HPパソコンナビ特別版・ACアダプター、電源コード、保証書 等
■1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)
*****************************************
詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/products/portables/personal/spec_pdf/omen_15_5000.pdf


Omen24

Omenblockdiagram

 

Omen11

**********************************************

HP OMEN 15-5000のグラフィックス性能

**********************************************

Omen1

HP OMEN 15-5000グラフィックス(NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5)性能のBenchmark。
HP OMEN 15-5000には、「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」というベンチマークソフトがプリインストールされている。
特に、「Valley Benchmark 1.0」は、最新のベンチマークソフトなのでより実情を表しているかもしれない。
それでValley Benchmarkでは、デスクトップ用のグラフィックスで測定した値を参考値として示した。
***************************************
■HeavenBenchmark4 (1600x900)
***************************************

Omen25


Heavenbenchmark41600900



(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)

FPS -22.4

Score 564/7.7~47.7

HeavenBenchmarkでは、GeForce-GTX560程度の数値が出ている。
デスクトップ機のグラフィックスのカードとして考えると何となく物足りないというところである。

**************************
NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5(HP)(22.4)---レビュー機

NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.4)
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7)
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(10)
NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************
・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GeForce-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

Omen27_2



Omen28


Omen29



★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD

NVIDIA GeForce GTX 860M(HP)---(18.8/786/9.0~34.3)
(レビュー機)

Valley Benchmark 1.0は、1920×1080 fullscreenで測定するためにグラフィックスのカードの性能の違いがハッキリする。
これによると、HeavenBenchmark4の時の数値が下位だった、玄人志向・RD-HD6870/OC(自作機で筆者が所有)の方が多少よい値を示している。
これはHP OMEN 15-5000では、NVIDIA GeForce GTX 860Mが力不足という感じが強くなる。

--------------------Valley Benchmark 1.0参考測定値----------------------------------------

NVIDIA GeForce GTX 770(HP)---(44.5/1863/4.7~86.5)

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

*****************************************************************
■「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」
*****************************************************************

Omen2



Omen3

Ffstd107801


Ffb7590

Ffmax22225643



NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5性能
(1,920×1080)
最高品質・・・5,643(とても快適)
高品質・・・・7,590(非常に快適)
標準品質・・ 10,780(非常に快適)

(数値としては7,000以上(FPS60相当)であれば「非常に快適」である。)

ゲームをする上では問題ないとしても、ゲーミングパソコンとしては物足りない。

------------------------------------------------------------------------
参考(当サイト、2014年2月23日エントリー記事)
HP ENVY 15-j100
NVIDIA GeForce GT 750M
(1,980×1,080)
最高品質・・・2,438(普通)
高品質・・・・3,147(やや快適)
標準品質・・・5,201(とても快適)

参考(当サイト、2013年7月 9日エントリー記事)
HP ENVY TouchSmart 15-j000(j007TX)
NVIDIA GeForce GT 740M グラフィックス
標準品質・・・2,483(普通)

*****************************************
●モンスターハンター フロンティア(1,980×1,080)
DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*****************************************

Omen30

Omen31


(1,980×1,080)
●モンスターハンター フロンティアでは、7,592

----------------------------------------------
参考(当サイト、2013年7月 9日エントリー記事)
HP ENVY TouchSmart 15-j000(j007TX)
NVIDIA GeForce GT 740M グラフィックス
●モンスターハンター フロンティアでは、1,819
(1,980×1,080)
*************************
バイオハザード6
*************************

Omen32


Rank A  Score5,379

*****************************************************
OCCTによるHP OMEN 15-5000筐体冷却性能と
インテル Core i7-4710HQ プロセッサーの動作
*****************************************************

Omen4


●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察


**************************************
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
**************************************

Occtcpuxxxxx

Cpuz



(■OCCT・CPUによる検証は、1時間オートで測定)

OCCT・CPU負荷テストでは、インテル Core i7-4710HQ プロセッサーは約3.2GHz付近までブーストして作動している。
高性能型CPUのためにCPUのクロック数を下げてCPUの温度を下げると言うことはなく、約1分33秒でCPUの温度が90℃に達してBenchmarkを停止している。
こういう動作はゲーミングパソコンの特徴で、高性能CPUを搭載していてもCPUを高負荷で連続起動できない傾向を示している。

2015021417h48temperaturecore01



**************************************
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
**************************************

Omen5

2015021418h49fpsfps1

2015021418h49temperaturecore01

2015021418h49cpuusagecpuusage1



OCCT/GPU 3Dでは、ベンチマーク開始後即座にCPUが約3.4GHzまでの稼働して、稼働率は一貫して約30%を示している。
それと同時にFPSの値は設定上限のFPS60に張り付いたままでCPUの動作が3D描写に大きく関わっていることがわかる。
そしてCPUの温度も65~70℃とかなり上昇しているものの許容範囲である。

2015021418h49frequencycpu01

Gpuz


**********************************************
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察
**********************************************

初期の第四世代のNVIDIA Optimus技術のゲーミングPCでは、CPUの稼働率やFPSの最適化なとが安定しない場合が多かった。
しかし、CPUが最新になりBIOSのグレートアップ、SSDによる高速処理のたまものか立ち上がりが早く、安定した動作になった。
(Windows8.1特有の第四世代のNVIDIA Optimus技術で、ルーティングレイヤーがOSに変わるもの)

その一方で、ベンチマークによってその最適化の度合いが違うようで、CPUにある程度依存する「ファイナルファンタジーXIV」ベンチマークではBenchmarkの数値は高いようだ。
また、「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」などDirectX 11のゲームにはかなり最適化している様である。
従い、DirectX 9.0cゲームベンチマークである「バイオハザード6」などではそれほど高い数値は出していない。


*****************************************
SDカードスロット
*****************************************

Omen19


Sdhcspeeed




メディアカードスロットは、Benchmarkのとおり高速なものでストレスがない。

Speecy001


***************************************
HP OMEN 15-5000を使ってみての感想
***************************************

HP OMEN 15-5000は、今風のゲーミングパソコンにありがちなデザインに凝ったノート型パソコンである。
これはゲームをするという何やら楽しいことに繋がるもので、遊びたくなる。
そのパソコンの形の反して、ゲームをする上に支障がないとしても、グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX860Mというノート型ゲーミングパソコンとしては下位のものを使っている。
その性能は、HP OMEN 15-5000にプリインストールされているベンチマークソフト「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」によれは、デスクトップ型パソコンのグラフィックカードに換算すると3、4世代前の「GeForce-GTX560」か「RD-HD6870」に相当する。
ゲーミングパソコンは、ゲームをするということに最適化されているために、CPUの負荷テスト(OCCT CPU)を見るようにHD動画の編集などには適していない。

スリムでスタイリッシュなゲーミングパソコンが欲しい人、デスクトップ型のゲーミングパソコンを置けないと言う人におすすめだが、現在仕様変更はオンボードのメモリしか出来ない。

Omen22


Omen23


***********************************************

icon icon icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

ゲーミングパソコンは、形から入ると言う人にお勧め!!!

----------------------------------------------------------------------------------
HP OMEN 15-5000仕様編へ続く
-----------------------------------------------------------------------------------

 

|

« HP OMEN 15-5000 レビュー(仕様編) | トップページ | 秋葉原探訪・GALLERIA・G-Tune »

01.HPパソコン実機レビュー・ノート・デスク他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP OMEN 15-5000レビュー(機能・性能編):

« HP OMEN 15-5000 レビュー(仕様編) | トップページ | 秋葉原探訪・GALLERIA・G-Tune »