« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

秋葉原探訪・GALLERIA・G-Tune

Happo1


平成27年2月26日雨の降りしきる中、上京した。
それでお昼を食べるついでに秋葉原の電気街を探訪してみた。
平日の昼頃では、パソコン部品を売っているソフマップやその他周辺の店を覗いてみると客はまばらで活気がない。
それで気がついたのは、昔々若松通商が入っていた店舗にドスパラの「GALLERIA Lounge」が出来ていた。
この26日にプレオープンセレモニーが開かれていたようだが、招待状をもらっているわけではないから外から見ただけ。(27日から)
ドスパラの店舗(本店)は、ベルサール秋葉原の少し裏の方にあるから一般には知られていないかもしれない。その向かいに「BUY MORE」の後あたりにマウスコンピューターの G-Tuneの店舗が出来ていた。

そのドスパラのBTOパソコンの内部をドスパラの本店でよく見てみると、PCケースの内側がツールレスでないところがある。
しかし、このケースを使って自作パソコンを組むわけではないから多少組み立てにくくても関係ないところがミソでもある。

icon icon

そもそもこの2-3月というのは、新しいCPUが出るわけでもなく新製品と言っても従来品の焼き直し。
それならばもうすぐ旧型になって廃番になるものを安く売るかと思えば何も変わっていない。
それでも自作のパソコンに使える部品で何か出物(ワゴンセールの見切り品)があるかと思えば、そんなものは見当たらない。
それどころか今持っている部品などが大幅値上がりしているものもあり、一時期秋葉原価格も「ネット価格」に近づいたかと思ったら元に戻った感がある。
かといって、生BDやDVDメディアなどは重さが重いので送料が高く実店舗の方で買った方が安い。

ヨドバシカメラ秋葉は、いつも混んでいるところである。
しかし、売れ筋でないものは店頭に置かないから、カメラのコンデジコーナーはなくなって何やら殺風景。
この春にリニューアルした新型カメラもどういうわけか目新しさはなく、そろそろデジタル一眼レフカメラも踊り場に入った感がある。
思えば昨年の2-3月は、カメラの生産終了品や売れ残り在庫品が山のように通販サイトから出品されてついつい買ってしまったものが多い。
生産終了品は、そのときしかないからその後に出回ると言うこともない。その一方でオーディオ関係は消費税値上げ後も思いっきり値下げされたので駆け込み購入は余り良くなかった。
それだからと言って、カメラもUSB DACもその後に大幅に進化したとは思えない。

Happo2

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX7
撮影日時: 2015-02-26 18:44:03 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 4.7mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.4
露出時間: 0.067 秒 (1/15)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Happo3

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX7
撮影日時: 2015-02-26 18:45:14 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 4.7mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.4
露出時間: 0.067 秒 (1/15)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Happo4

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX7
撮影日時: 2015-02-26 18:46:09 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 4.7mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.4
露出時間: 0.067 秒 (1/15)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Happo5


Happo6

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX7
撮影日時: 2015-02-26 19:30:17 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 4.7mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.4
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)




icon icon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

HP OMEN 15-5000レビュー(機能・性能編)

Omen26


***************************************
HP OMEN 15-5000の機能・性能編レビュー概要と目的
***************************************

最近のゲーミングパソコンらしい形のHP OMEN 15-5000。
このゲーミングパソコンの本来の特質を機能・性能編レビューで確かめてみる。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

Omen6


Omen14


--------------------------------------------------------------------
目次・HP OMEN 15-5000 のレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*256GB SSD (PCI Express, M.2接続)のスピード
-------------------------------------------------------------------------
HP OMEN 15-5000 レビュー・機能・性能編
-------------------------------------------------------------------------

○グラフィックカード性能(NVIDIA GeForce GTX 860M)
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティア(1,980×1,080)DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark

●OCCTによるHP OMEN 15-5000筐体冷却性能と
インテル Core i7-4710HQ プロセッサーの動作
○OCCTによるHP OMEN 15-5000 の3Dゲームの動作

●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○HP OMEN 15-5000 を使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)


HP OMEN 15-5000 ・レビュー

**************************************
HP OMEN 15-5000 の主要な仕様
(15-5006TX)スタンダードモデル
**************************************
仕様は、平成27年2月23日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■インテル Core i7-4710HQ プロセッサー(2.50GHz/TB時最大3.50GHz)Launched
4コア、8スレッド(Intel HD Graphics 4600)(インテルターボ・ブースト・テクノロジー2)
■モバイルインテルHM87チップセット(HP2332)
■15.6インチワイドフルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
(1920×1080/最大1677万色)・外部・最大3840×2160 /最大1677万色
■ 16GBオンボード(1600MHz,DDR3L SDRAM) (Micron)
■256GB SSD (PCI Express, M.2接続)(●実機はSunDisk SD6PP4M-256G-1006-256GB)
■NVIDIA GeForce GTX 860Mグラフィックス(4GB (GDDR5))
■BeatsAudioデュアルスピーカー、IDT HighDefinition Audio準拠、内蔵マイク
■LAN 外付けUSB Ethernetアダプター(10/100)
■IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0、オン/オフボタン付き
■HDMI出力端子×1、USB3.0×4(電源オフUSBチャージ機能対応)、Mini DisplayPort×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
■SDカードスロット(SDHC・SDXCメモリカードの高速転送規格「UHS-I」非対応)
■約 4 時間 30分
■約383×251×15.5-19.9mm(最厚部、ゴム足含まず)、22.6mm(最厚部、ゴム足含む)
■120WスマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)
■リチウムイオンポリマーバッテリ(4セル)
■マカフィーリブセーフ (30日版)
■HP USB Ethernetアダプター、速効!HPパソコンナビ特別版・ACアダプター、電源コード、保証書 等
■1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)
*****************************************
詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/products/portables/personal/spec_pdf/omen_15_5000.pdf


Omen24

Omenblockdiagram

 

Omen11

**********************************************

HP OMEN 15-5000のグラフィックス性能

**********************************************

Omen1

HP OMEN 15-5000グラフィックス(NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5)性能のBenchmark。
HP OMEN 15-5000には、「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」というベンチマークソフトがプリインストールされている。
特に、「Valley Benchmark 1.0」は、最新のベンチマークソフトなのでより実情を表しているかもしれない。
それでValley Benchmarkでは、デスクトップ用のグラフィックスで測定した値を参考値として示した。
***************************************
■HeavenBenchmark4 (1600x900)
***************************************

Omen25


Heavenbenchmark41600900



(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)

FPS -22.4

Score 564/7.7~47.7

HeavenBenchmarkでは、GeForce-GTX560程度の数値が出ている。
デスクトップ機のグラフィックスのカードとして考えると何となく物足りないというところである。

**************************
NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5(HP)(22.4)---レビュー機

NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.4)
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7)
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(10)
NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************
・・・・NVIDIA® GeForce®GTX680(44.3~46.7)

40*****

30****重いゲームでも快適
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※

25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GeForce-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 840M・DDR3(8.3)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)

****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

Omen27_2



Omen28


Omen29



★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD

NVIDIA GeForce GTX 860M(HP)---(18.8/786/9.0~34.3)
(レビュー機)

Valley Benchmark 1.0は、1920×1080 fullscreenで測定するためにグラフィックスのカードの性能の違いがハッキリする。
これによると、HeavenBenchmark4の時の数値が下位だった、玄人志向・RD-HD6870/OC(自作機で筆者が所有)の方が多少よい値を示している。
これはHP OMEN 15-5000では、NVIDIA GeForce GTX 860Mが力不足という感じが強くなる。

--------------------Valley Benchmark 1.0参考測定値----------------------------------------

NVIDIA GeForce GTX 770(HP)---(44.5/1863/4.7~86.5)

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

*****************************************************************
■「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」
*****************************************************************

Omen2



Omen3

Ffstd107801


Ffb7590

Ffmax22225643



NVIDIA GeForce GTX 860M・DDR5性能
(1,920×1080)
最高品質・・・5,643(とても快適)
高品質・・・・7,590(非常に快適)
標準品質・・ 10,780(非常に快適)

(数値としては7,000以上(FPS60相当)であれば「非常に快適」である。)

ゲームをする上では問題ないとしても、ゲーミングパソコンとしては物足りない。

------------------------------------------------------------------------
参考(当サイト、2014年2月23日エントリー記事)
HP ENVY 15-j100
NVIDIA GeForce GT 750M
(1,980×1,080)
最高品質・・・2,438(普通)
高品質・・・・3,147(やや快適)
標準品質・・・5,201(とても快適)

参考(当サイト、2013年7月 9日エントリー記事)
HP ENVY TouchSmart 15-j000(j007TX)
NVIDIA GeForce GT 740M グラフィックス
標準品質・・・2,483(普通)

*****************************************
●モンスターハンター フロンティア(1,980×1,080)
DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*****************************************

Omen30

Omen31


(1,980×1,080)
●モンスターハンター フロンティアでは、7,592

----------------------------------------------
参考(当サイト、2013年7月 9日エントリー記事)
HP ENVY TouchSmart 15-j000(j007TX)
NVIDIA GeForce GT 740M グラフィックス
●モンスターハンター フロンティアでは、1,819
(1,980×1,080)
*************************
バイオハザード6
*************************

Omen32


Rank A  Score5,379

*****************************************************
OCCTによるHP OMEN 15-5000筐体冷却性能と
インテル Core i7-4710HQ プロセッサーの動作
*****************************************************

Omen4


●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察


**************************************
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
**************************************

Occtcpuxxxxx

Cpuz



(■OCCT・CPUによる検証は、1時間オートで測定)

OCCT・CPU負荷テストでは、インテル Core i7-4710HQ プロセッサーは約3.2GHz付近までブーストして作動している。
高性能型CPUのためにCPUのクロック数を下げてCPUの温度を下げると言うことはなく、約1分33秒でCPUの温度が90℃に達してBenchmarkを停止している。
こういう動作はゲーミングパソコンの特徴で、高性能CPUを搭載していてもCPUを高負荷で連続起動できない傾向を示している。

2015021417h48temperaturecore01



**************************************
●GPUの負荷テスト(OCCT/GPU 3D)
**************************************

Omen5

2015021418h49fpsfps1

2015021418h49temperaturecore01

2015021418h49cpuusagecpuusage1



OCCT/GPU 3Dでは、ベンチマーク開始後即座にCPUが約3.4GHzまでの稼働して、稼働率は一貫して約30%を示している。
それと同時にFPSの値は設定上限のFPS60に張り付いたままでCPUの動作が3D描写に大きく関わっていることがわかる。
そしてCPUの温度も65~70℃とかなり上昇しているものの許容範囲である。

2015021418h49frequencycpu01

Gpuz


**********************************************
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察
**********************************************

初期の第四世代のNVIDIA Optimus技術のゲーミングPCでは、CPUの稼働率やFPSの最適化なとが安定しない場合が多かった。
しかし、CPUが最新になりBIOSのグレートアップ、SSDによる高速処理のたまものか立ち上がりが早く、安定した動作になった。
(Windows8.1特有の第四世代のNVIDIA Optimus技術で、ルーティングレイヤーがOSに変わるもの)

その一方で、ベンチマークによってその最適化の度合いが違うようで、CPUにある程度依存する「ファイナルファンタジーXIV」ベンチマークではBenchmarkの数値は高いようだ。
また、「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」などDirectX 11のゲームにはかなり最適化している様である。
従い、DirectX 9.0cゲームベンチマークである「バイオハザード6」などではそれほど高い数値は出していない。


*****************************************
SDカードスロット
*****************************************

Omen19


Sdhcspeeed




メディアカードスロットは、Benchmarkのとおり高速なものでストレスがない。

Speecy001


***************************************
HP OMEN 15-5000を使ってみての感想
***************************************

HP OMEN 15-5000は、今風のゲーミングパソコンにありがちなデザインに凝ったノート型パソコンである。
これはゲームをするという何やら楽しいことに繋がるもので、遊びたくなる。
そのパソコンの形の反して、ゲームをする上に支障がないとしても、グラフィックカードNVIDIA GeForce GTX860Mというノート型ゲーミングパソコンとしては下位のものを使っている。
その性能は、HP OMEN 15-5000にプリインストールされているベンチマークソフト「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」によれは、デスクトップ型パソコンのグラフィックカードに換算すると3、4世代前の「GeForce-GTX560」か「RD-HD6870」に相当する。
ゲーミングパソコンは、ゲームをするということに最適化されているために、CPUの負荷テスト(OCCT CPU)を見るようにHD動画の編集などには適していない。

スリムでスタイリッシュなゲーミングパソコンが欲しい人、デスクトップ型のゲーミングパソコンを置けないと言う人におすすめだが、現在仕様変更はオンボードのメモリしか出来ない。

Omen22


Omen23


***********************************************

icon icon icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

ゲーミングパソコンは、形から入ると言う人にお勧め!!!

----------------------------------------------------------------------------------
HP OMEN 15-5000仕様編へ続く
-----------------------------------------------------------------------------------

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

HP OMEN 15-5000 レビュー(仕様編)

Omen12


***************************************
HP OMEN 15-5000 のレビュー概要と目的
***************************************

HP OMEN 15-5000は、各社でゲーミング用ノート型パソコンが発売されている中、満を持して2014年末に発売したものである。
その筐体は、ゲーミングパソコンとしてはスタイリッシュな形をして多少デザインに凝ったような感じがある。
このHP OMEN 15-5000のゲーミングパソコンとしての性能は、赤を基調としたデザインにしては多少おとなしめである。
価格は、セールをしているときもあるので常にチェックが必要である。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

 

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP OMEN 15-5000 のレビュー
---------------------------------------------------------------------


○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
○基本性能
*WIN SCORE SHAREによるスコア
*256GB SSD (PCI Express, M.2接続)のスピード

-------------------------------------------------------------------------
HP OMEN 15-5000 レビュー・性能編
-------------------------------------------------------------------------

Omen8


○グラフィックカード性能(NVIDIA GeForce GTX 860M)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
○メディアカードスロット速度測定
○HP OMEN 15-5000 を使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

HP OMEN 15-5000 ・レビュー

**************************************
HP OMEN 15-5000 の主要な仕様
(15-5006TX)スタンダードモデル
**************************************
仕様は、平成27年2月23日現在のもので変更もありうる。
*************************************************


■オペレーティングシステムWindows 8.1 Update (64bit)
■インテル Core i7-4710HQ プロセッサー(2.50GHz/TB時最大3.50GHz)
インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
■モバイルインテルHM87チップセット(HP2332)
■15.6インチワイドフルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
(1920×1080/最大1677万色)・外部・最大3840×2160 /最大1677万色
■ 16GBオンボード(1600MHz,DDR3L SDRAM) (Micron)

■256GB SSD (PCI Express, M.2接続)(●実機はSunDisk SD6PP4M-256G-1006-256GB)

■NVIDIA GeForce GTX 860Mグラフィックス(4GB (GDDR5))

■BeatsAudioデュアルスピーカー、IDT HighDefinition Audio準拠、内蔵マイク
■LAN 外付けUSB Ethernetアダプター(10/100)
■IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0、オン/オフボタン付き
■HDMI出力端子×1、USB3.0×4(電源オフUSBチャージ機能対応)、Mini DisplayPort×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
■SDカードスロット(SDHC・SDXCメモリカードの高速転送規格「UHS-I」非対応)
■約 4 時間 30分
■約383×251×15.5-19.9mm(最厚部、ゴム足含まず)、22.6mm(最厚部、ゴム足含む)
■120WスマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)
■リチウムイオンポリマーバッテリ(4セル)
■マカフィーリブセーフ (30日版)
■HP USB Ethernetアダプター、速効!HPパソコンナビ特別版・ACアダプター、電源コード、保証書 等
■1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)
*****************************************

詳細は以下HPのPDFへ

http://h50146.www5.hp.com/lib/products/portables/personal/spec_pdf/omen_15_5000.pdf icon

System

Hwinfo64

Omen21


**************************************
HP OMEN 15-5000の外観
**************************************

HP OMEN 15-5000は、ゲーミングパソコンの基本となる「赤」を基調とする非常にデザイン性の高いケースに入れられて販売されている。
ゲーミングパソコンというのは、高価でスタイリッシュだったりするので、こういうところにもゲーム心がある。
HP OMEN 15-5000自体は、黒と赤を基調とする「高精度なアルミ切削処理を施したブラックのボディ」でスリムでデザイン製に優れている。
キーボードのキーも大きめで、使い易いがゲーミングパソコンに特化しているために一般的な実用パソコンとしては、ブラインドタッチの位置が違うので慣れが必要である。
そして、ゲーミングパソコンのお約束である色彩の変更が出来る「イルミネーション」は健在である。

Omen13


Omen9


Omencontrolchomei


Omencontrolchosai


Omencontrolp


Photo

また、従来のHPのノート型パソコンではBIOSによってしか変更できなかったFキーの割り当ても、「HP OMEN Control」によって容易に変更できることは喜ばしい。
その他、従来システム内容を表示させるにはフリーソフトが多く使われるところ、HP OMEN 15-5000では「HP Performance Advisor」というソフトがあって分かりやすい。

Omenindex02


Omenindex01


Omenindex03

-------------------------------------------------------

[HP Performance Advisor]の設定レポート
システム
モデル:    HP OMEN Notebook PC 15
コンピューターの種類:Gaming
製造元:    Hewlett-Packard
ベースボードID:    2332
シリアル番号:
BIOSバージョン:    F.07
プロセッサ:Intel(R) Core(TM) i7-4710HQ CPU @ 2.50GHz
有効なプロセッサ数:8
メモリの合計:16 GB
ローカル ストレージ:238.47 GB(1個のドライブ)
グラフィックス カードおよびドライバー 1:    Intel(R) HD Graphics 4600 -- 10.18.10.3910
グラフィックス カードおよびドライバー 2:    GeForce GTX 860M -- 333.55
使用中のスロット:None
オペレーティング システム:Windows 8.1 (64-bit)
現在のカルチャー:ja-JP
現在のアクティブ電力スキーム:HP推奨 (GUID {381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e})
HP Performance Advisor:1.7.7125.0 (データベースのタイムスタンプ:2015/02/13 18:03:42)

---------------------------------------------------------

音に関しては、「Beats Audioデュアルスピーカーを左右に配置。迫力あふれるサウンドでゲームの世界に没入できます。」とHPのWebサイトでは紹介されている。
しかし、個別の問題かもしれないがスピーカーの音は多少小さく、Beats Audioのヘットフォンを使うのを基調としていると思われる。

Omen16


Omen17


いずれにせよ、OMEN 15-5000はデザインに凝っているためにSDカードスロットは底面になっている。
又、インターフェイスは、ノート型ゲーミングパソコンでは当然の用に背面に集中している。

****************************************
HP OMEN 15-5000の基本性能
****************************************

Winscore001

Winscore002


WIN SCORE SHAREによるスコアでは、Optimus(オプティマス)技術対応なのでIntel(R) HD Graphics 4600の数値しか表示されないので低い数値になっている。
このNVIDIA GeForce GTX 860Mグラフィックスの性能に関しては、性能編で検証する。

★256GB SSD (PCI Express, M.2接続)のスピード

Ssdlife

 

Txbench001

PCI Express接続のSSDを使うことで、SerialATA3.0の最大速度600MB/sを超える性能を実現している。このために種々の動作は速く機敏であった。
その一方個体差と思われるBenchmarkへのエラーがあった。

Ssdnakami

*******************************************************
起動時間・BIOSの検証・HP OMEN 15-5000
Microsoft Assessment Consoleによる・BIOSの検証
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
*******************************************************

Omen10


Windowsassessmentconsolestart001


HP OMEN 15-5000(15-5006TX)のコールドスタートでの起動時間は約10秒(初期状態)という高速だった。
SSDであるために、気温に影響されることはないメリットが大きい。
SSDの性能編で紹介したとおり、PCI Express接続のSSDであるために、SerialATA3.0の最大速度600MB/sを超える性能を実現していることも大きい。

その他、起動時間は、インストールされるソフトが増えれば遅くなるために、あくまでも参考値である。

Windowsassessmentconsolestart002

Boot performance(Fast Startup)は4.989秒であり、又、Suspend継続時間は、2.869秒で数値的には凡庸だが、実測ではUltrabook並に高速であった。

***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで借用した又は購入したPC・レビュー機での実測値
****************************************


HP OMEN 15-5000(15-5006TX)・・・・4.989秒・10秒
************(レビュー機)


(全て初期状態)
HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動17.8~29.5秒
HP ENVY 15-j100・・・・・3.159秒・起動14.94秒
HP Pavilion 15-n200・・・・4.156秒・起動16.70秒
HP Pavilion 15-p000・・・・3.851秒・起動17.77秒
(パフォーマンスモデル・ハイブリッドHDD)
HP Pavilion 15-p000・・・・2.555秒・起動33.49秒
(エントリーモデル)
HP 15-g000・・・・5.723秒・起動35.99.秒
(冬起動)・・・通常23.46秒
HP Stream 14-z000・・・・2.510秒・10.82秒(二回目以降起動)

**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
(エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************

Batt


Battery run down with energy efficiency diagnosticsは、ソフトが満充電になったのを確認してから実行される。
そして、電池残量が5%になったところで終了する。

Li Ion 57486mWhのバッテリ(リチウムイオンポリマーバッテリ(4セル))が使われている。
予測連続起動時間は、2時間34分(145分)でカタログデーターの約4時間30分に比べて短くなっている。
これはkeyboardの照明が消えなかった影響である。
又、エネルギー効率は、95%で全く問題はなかった。

Windowsassessmentconsolebatt

icon icon icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

性能・機能編 で紹介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

ENERMAX・T.B.APOLLISH UCTA18A-BL中古品とSTOPエラー: 0x0000004E

Fan_8

CoolerMaster Silencio 652Sを買ったので、サイド用の18cmファンをAmazonで買った。その買ったのが「ENERMAX・T.B.APOLLISH UCTA18A-BL」の中古品。
箱破損品で「限りなく新品」と言うことだったが、開封品の上に電源ケーブルの巻がなく当然通電したと思われるふしがある。

Fan21


Fan_3


Fan_4


Fan_5


Fan6


Fan7


何かに取り付けたという感じはなく、通電してかなり使われたという印象もない。
それで取りあえず動作テストでは、正常に動いたがどのくらい使われたのかは全く不明で要するに完全な中古品だった。
その中古品で1,480円は高い。

それで返品するかどうかは現在検討中で、1週間以内で結論を出そうと思っている。

製品をよく見たら、新品に比べかなりファンに汚れが有り完全な中古品だった。

これは、Amazonに電話して返品の手続きをした。

Fan_12


ケースファンを買って回らなかったと言うのが初めて1基あった。だから、少し動作テストをしてみた。
購入して暫くたつから動かなくても保証というものはないので気休めである。
しかし、回してみたことがないものもあったから、面白半分でもある。

Fan_9


Fan_10


Fan_11


********************************
STOPエラー: 0x0000004E
PFN_LIST_CORRUPT (4E)
********************************

平成27年2月19日にWindows7の自作機(GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3)を起動させたところ再起動を繰り返して漸く起動した。
「予期せぬシャットダウン」の表示が出て普通に使えていたが、安定性が悪い。
これで再起動させるとシャットダウンしてしまった。
20日には起動させても再起動を繰り返す状態になり、やっとブルースクリーンを確認して、「STOPエラー: 0x0000004E」であることがわかった。

Fan_1


これは、ネット検索したらこんなものであった。
---------------------------------------------------------------------------------------
STOP: 0x0000004E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
PFN_LIST_CORRUPT (4E)
メモリ管理のページ フレーム番号 (PFN) 一覧が破損していることを示しています。
This indicates that the page frame number (PFN) list is corrupted.

 

(原因・通常、このエラーは不良メモリ記述子リストを渡すドライバによって引き起こされます。)
-----------------------------------------------------------------------------------------
これは、ハード的にはメモリー異常というケースがあると言われる。しかし先日、全メモリーを点検済みなのでメモリーの異常は取りあえずパス。

それでよく考えてみたら起動しなくなった前日の18日に、Windows アップデートで更新プログラムがダウンロードされていた。
パソコンによっては、この「Windowsアップデート」でエラーになり、起動しなくなることがあってWindows8でも実際にあった。

*******************************
解決・セーフモードで・・・
*******************************

それでこの「Windowsアップデート」のプログラムを一端削除することにした。
起動しないから、セーフモードで立ち上げて取りあえず18日以前の復元ポイントを適応した。
この復元も「成功しませんでした」と表示されるが、「Windowsアップデート」は完全に消えているはずである。

単純には、それで問題なく起動してその後自動で2回ほど「Windowsアップデート」を繰り返したが全く正常になった。
*******************

GIGABYTEの自作機も、以前は全く問題を起こさなかった。
しかし、3年も経つと先のメモリーの不良などが起きて徐々に劣化してきていることが分かる。
それだから少なくともあと2年のうちに代替え機を組まないとならないと言うことになる。
取りあえずの予備機というのもあるが、SSD240GBなので考えものである。







Silencio 652S (ミドルタワーPCケース) SIL-652-KKN2-JP



↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバーリンク「最大30%オフセール」

30

サイバーリンクでは、2 月 23 日(月)まで「本メルマガ限定、3 日間限定セール」を開催している。
30%OFFになるのは、
「PowerDVD 14 Ultra 」「PowerDirector 13 Ultra 」、「PhotoDirector 6 Ultra」、「Power2Go 10 」である。
現状25日まで25%セールを開催しているから多少お得と思いたいが、微妙なところで注意が必要である。

それは、アップグレード版の対象製品の場合。
(※対象製品をお持ちでない場合はフルバージョン版をお買う必要がある。)   
      

PowerDVD 14 Ultra アップグレード版対象製品:
PowerDVD 12/13、

フルバージョン版 icon

アップグレード版 icon

PowerDirector 13 Ultra アップグレード対象製品:
PowerDirector 11/12、

フルバージョン版 icon

アップグレード版

PhotoDirector 6 Ultra アップグレード対象製品:
PhotoDirector 4/5 、

フルバージョン版

アップグレード版

Power2Go 10 アップグレード対象製品:
Power2Go 8/9

フルバージョン版 icon

アップグレード版 icon

という記載がある。

HPなどのパソコンにハンドルされているものは、比較的新しいものが多くPower2GoだとVer 8だったりする。
しかし、ドライブにハンドルされているOEMソフトは、バージョンが低くアップグレード対象製品でない場合が多い。

ここで「CyberLink Media Suite」(OEM)を持っている場合、このMedia Suiteからアップグレードすると使っているパソコンに最適なバージョンが安く買えるというプログラムがある。

たとえばこんなところ

http://jp.cyberlink.com/stat/oem/cyberlink/powerdvd/14/D/30p_PEOL/jpn/index_BD.jsp?PRODUCTNAME=POWERDVD&PRODUCTVERSION=10.0&VERSIONTYPE=BD+-+OEM+3D+6ch%2B6ch&CHANNEL=OEM&LANGUAGE=JPN&OSREGION=0x7a&SYSTEMLOCALE=0x0411&BU=CLT&MAJORVER=10&MINORVER=0&BUILDNO=5606.r41018&VENDORNAME=7642&SR=DVD130925-01&DEVICE=BD3D&PATTERNID=1196027&BB_ID=40362&HWID=None&Model=None&APREGID=aa13bfb97059ddf2156817ac7c7a370c&UUID=S-1-5-21-201882675-1307967091-116294692-1001&SuiteName=None&SuiteVer=None&SuiteVtype=None&RENEWALTYPEID=-1&RATEPLANID=-1&STORAGEPLAN=-1&AB=1&HWSN=None&HWPN=None&HWMFN=None&CPRM=None&AAC=None&CDKEY=None&affiliate=7642_720_572_DVD130925-01_40362_1196027_1-1_None_aa13bfb97059ddf2156817ac7c7a370c_S-1-5-21-201882675-1307967091-116294692-1001_0_54&utm_campaign=BB_POWERDVD_AlwaysUpgrade&utm_source=BB_OEM&utm_medium=BB icon

Power2Go はVer9になるが、アップグレード版ではないところがミソ。
但し、「CyberLink Media Suite」(OEM)版が必要かどうかは不明。


購入した!!!!!!

購入画面を見るとおり、全てアップグレード版ではなくフルバージョン。

PowerDVD 14 Ultra は、他のPCにインストールしてある「PowerDVD 14 Ultra 」より安定性が良く、ビデオカードがへたっている可能性もある。

Power2Go 9は、最新版ではないものの充分過ぎるもの。結構良くなっているのには驚き。


Uppdvd142


Uppdvd1434


Uppdvd1452




サイバーリンク Media Suite

サイバーリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

第68回書道芸術院展・作品鑑賞会・表彰式・参加記

Shodogei1


公益財団法人・書道芸術院主催の「第68回書道芸術院展」の作品鑑賞会・表彰式が東京都美術館、帝国ホテルで平成27年2月21日に行われ、同日閉幕した。
展覧会の会期は平成27年2月17日~21日までという美術館の日程によって、日曜日が入らないという変則的なもので、最終日の土曜日に標記の式が行われた。
東京都美術館の改装前は、建国記念日11日を含んでいたので都合が良かったものだが、暦によれば来年からは最終日が日曜日になる筈である。
今年は久々陳列に参加したため、第1室の1辺が4mにならんとする作品群を予(あらかじ)め見ていた。それで作品鑑賞会で驚くと言うことはなかったが、初めて見たら圧倒されたかもしれない。

Shodogei2


Shodogei3

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E 10-18mm F4 OSS
撮影日時: 2015-02-21 10:41:18 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 10mm (35mm 換算焦点距離: 15mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 125
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Shodogei4


その一方の弊害は財団役員の大作が普通の大きさに見え、従来の規格の作品が「半紙作品」のように見えてしまったことだろう。
それで第1室2室にあった役員以外の作品は、大作に圧倒されてかなりかわいそうな感じであった。
こういう展覧会を見ると会場が広い関係から、大作やかなりあくの強い作品でないと貧弱に見えてしまうことである。
展覧会作品を書く上での心構えの再構築は必要だろう。

Shodogei5

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-21 11:28:09 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 29mm (35mm 換算焦点距離: 29mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.70 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Shodogei6

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-21 11:29:17 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 250
露出補正値: +0.70 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

昨年は、大雪で表彰式なども参加できなかったから何やら久々の表彰式という感じである。使用したカメラも毎年違うから撮影場所によって露出オーバー気味になったりして、美術館の撮影はやはり難しいものがある。


Shodogei7

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-21 14:57:59 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1250
露出補正値: +0.70 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Shodogei8


Shodogei9


Shodogei10


Shodogei13

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-02-21 15:16:56 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 1250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


Shodogei11


Shodogei12

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G VARIO PZ 45-175/F4.0-5.6
撮影日時: 2015-02-21 16:25:29 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 45mm (35mm 換算焦点距離: 90mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 1250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

星野聖山・席上揮毫PowerDirector 13 で編集する

Hoshino2015


Director Suite3を買ったので、PowerDirector13を使って編集をして「お試し」をしてみた。
今回の動画は、平成27年1月10日の展覧会のアトラクションで行われた席上揮毫を編集した。揮毫者は、名人と名高い星野聖山先生。

PowerDirector13を初めて使ってみた印象は、動作が多少軽くなったという感じがあった。
特に、YouTubeにアップロードするに当たっての書き出し、エンコードがVer12に比べてかなり軽くなった。
その一方で、書き出しの画面になぜ初期設定はこんな設定になっているのかという部分もあった。
編集は、余り妙なことをせず新機能の部分は使っていない。
元々マルチカムで撮っているわけでもなく、撮影に使っているSONY NEX-6は同時に静止画を撮ることも出来ないので写真も少ない。(動画から切り出ししないので・・・・)
単純に言えば、使える材料が少ないだけの話である。

Ver13での印象は、今まで使われていた「直読」のカタカナ文字が日本語に翻訳されたことで逆に分かりにくくなったことがある。
このことは、他にも言えて「優しくわかりやすく」表現する目的なのか設定項目が長々とした文字列になっていて、惑うことがある。

以前のバージョンで作成した「キャプション」のテンプレートを使う場合、Ver11ぐらいまで頻発したソフトが突然落ちる(クラッシュ)と言うことも再発している。
それで徐々にこれからソフトをカスタマイズするとして、エンディングクレジットはテンプレートを使わずに作成した。


サイバーリンク Media Suite


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


マカフィー・ストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

SUPERTALENT UHS-I SDHCメモリーカードハズレ品

Supertxxxx11


平成27年2月の第二週(正確には15日まで)は、書道展に明け暮れている。
受賞式が2回、陳列、撤回を併せて4回。そして会場当番とくれば毎日どこかへ出かけている。
それで毎年2月は仕事にならないのか!!!と今更気づいたりしている。
今日は、15日書道芸術院展の陳列の帰りに少し立ち寄ってきたことなどを考えて書いてみたい。
-------------------------------------
最近のAmazonの価格推移を見ているとAmazonの直売は、12月頃に最安値になり1月末から2月の今では大分値上がりをした。
それでUSB DACが安くなったらもう一台購入しようと思っていたところ、値段は上がる一方。(コルグ1bit USB DAC)
そうこうしているうちにコルグのDS-DAC-10は、パソコンから取り外してしまったから追加で買う必要もなくなった。
そもそもDS-DAC-10をパソコンのPCスピーカー並みの出口にするには、いささか不便だった。
12月末にSUPERTALENT UHS-I SDHCをNTT-Xで購入して、「あたり」(性能が良かった)だったことは、以前にエントリーで上げた。
NTT-Xでは1月に製品が再入荷したようで、また売られていたので買ってみたのだが・・
届いた製品のパッケージを通して見た様子は「ハズレ品」(性能の良くない屑)だったので今回確かめてみた。
測定結果は購入価格以下の「屑」で、今ではコンデジ程度しか使い物にならない種類の物。
何だか知らないが、性能が良かったのは初期ロットだけだったようで新しい製品は「屑」だった。

Supertaent1

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
   Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :    43.753 MB/s
          Sequential Write :    13.413 MB/s
         Random Read 512KB :    36.822 MB/s
        Random Write 512KB :     0.665 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     3.241 MB/s [   791.3 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     1.121 MB/s [   273.6 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     3.238 MB/s [   790.5 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     0.908 MB/s [   221.8 IOPS]

  Test : 1000 MB [L: 0.0% (0.0/28.9 GB)] (x5)
  Date : 2015/02/16 18:58:25
    OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
    Super Talent 32Gb No.2 はずれ 低速SDHC

このSuper Talentは、今では秋葉の実店舗(お店の店頭)でも売られていてNTT-Xより消費税分多少高い程度。

NTT-Xだと、この「ハズレ品」は、不良品対応で返品、交換になる。
(返品、交換の場合、全て性能をテストして報告しないと交換など出来ないので注意。)


------------------------------------------

Hpprinter46301

Sd21


そんなわけで自作パソコンを作る関係上、安そうな物があったら購入しておくことにしている。
但し、それは進歩が止まっているようなドライブとかPCケーズに関する物で、SSDやHDDなど進歩や値動きが激しい物は自作直前に買うことにしている。

Sd61


それで1月下旬購入したのがパイオニアDVR-S21L。


DVR-S21L (BOX品 ソフト無し) 海外パッケージ品

ドライブを購入したのはSonyOptiarcがDVDドライブから撤退する時に、「SonyOptiarc  DVDドライブAD-7280S+S」のバルク品を買っておいた物に問題があったからである。
ロット違い品は全く問題なかったから、個別の問題である。
問題点はバルク品の方が、トレイが勝手にしまってしまうという不良である。
性能自体は、問題ないので既に組み込んだドライブは壊れるまで使うことにしている。
だから、新規にパソコンを組んだときにはパイオニアDVR-S21Lにするつもりである。

Sd4


Sd51



 

---------------------------------------------------
DVDドライブというのは、完全な消耗品でDVDを200~300枚くらい焼くと書き込みエラーが目立ってくるというもの。
だからノート型パソコンの遅いDVDドライブで、DVDを焼くことはもったいないのでほとんどしない。
その一方で、デスクトップ用の5inchベイのドライブは、撮った写真をDVDに150枚も焼くともあるのであっという間に寿命が来てしまう。

但し、これだけでDVDドライブを潰してしまうのは勿体ないので、ヘットが違うCDで何とかならないかということもよく考えている。(CDだと100~150枚で寿命)
そんなことで、パソコンが寿命を迎えるうちにDVDドライブは何台か交換する。



↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

第18回 群馬書道大賞・奨励賞展を観覧する

Gunmatt5


平成27年2月12日~4月24日まで、標記の展覧会が高崎市の高崎信用金庫本店ギャラリーで開催されている。
それで本日2月12日14時から本店3階で授賞式が開催された。
受賞者は8先生だが、この表彰式には楽々100人以上の参列者があった。
この表彰式に関しては、今まで表彰式開催の情報が入ってこなかったので参加したことはなかった。
そして、この表彰式の風景というのも余り見ることもないと思うので参考のために写真を掲載しておく。

Gunmatt3

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-12 14:08:58 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 47mm (35mm 換算焦点距離: 47mm)
絞り値: ƒ/4.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Gunmatt12


カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-12 14:04:51 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 70mm (35mm 換算焦点距離: 70mm)
絞り値: ƒ/5.6
露出時間: 0.013 秒 (1/80)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Gunmatt4


Gunmatt6

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-02-12 14:36:09 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 27mm (35mm 換算焦点距離: 40mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Gunmatt13

群馬書道大賞・奨励賞展は、高崎信用金庫本店の限界正面にあるギャラリーで、地下になっている。
それで、広さはそれほど広くない。
展示に関する問題点は、平日の9時30分~16時までという信金の営業時間内のみの観覧と言うことである。
それでも、展示期間が2か月くらいと長いので観覧できる機会もあるかもしれない。
しかし、やはり観覧するとしたらこういう表彰式の時が一番ふさわしいように思う。

Gunmatt7

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-02-12 14:51:57 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

************************

Gunmatt8


Gunmatt10

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-12 14:55:31 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Gunmatt1


カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-12 13:49:19 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Gunmatt9


Imgd0041


Gunmatt11


右手の部屋が「群馬書道大賞」の大川先生の展示スペースで、左手は群馬書道奨励賞の先生の展示。
奨励賞の方は一人3~5点ほどの出品であったので、多分決められたスペースを埋めるということであろう。


Gunmatt2

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-12 13:51:25 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)



↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

第49回前橋市民展・書道部門開催される・前橋市民文化会館

Shimin1


平成27年2月12日より標記の前橋市民展・書道部門が前橋市民文化会館でオープン。
前橋市民展も絵画、写真部門が先行展示され2月10日に授賞式、祝賀会が開催された。
11日は、文化会館での陳列作業で展示室全館の大展示ホール、小展示ホール、その他ロビーの一部も展示スペースとして13時より始まり15時30分頃までに終了した。

前橋市民展も出品者の減少や、出品料の精査による減額によって予算が減り種々の部分での経費削減になった。
こういう出品者の減少は、こういう公募展に限らず東京の全国展ではかなり深刻な状況になっている。
こういう傾向というのが書道展に限らず、業界団体や学会なども似たようなもので大方組織防衛に入っているところが多い。

Shimin4

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX7
撮影日時: 2015-02-11 14:41:35 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 4.7mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/1.4
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 160
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Shimin5


Shimin6


**********************************

Shimin3

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-02-10 17:52:24 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

2月10日前橋マーキュリーホテルで行われた授賞式、祝賀会では、山本前橋市長、佐藤教育長などが参列。
祝賀会で、前橋市長、教育長などの祝辞があるかと期待したが行われなかった。司会担当は美術部門だったのかもしれないが、それという紹介もなかったので分からない。
こういう祝賀会、レセプションというのは書道関係では非常に慣れていてそれなりの受賞者の紹介があったりするのが恒例である。
ところが、今回は祝賀会冒頭に来賓挨拶や乾杯などは行われたもののそれ以降は何もなく、お開きは「これで終了」で終わりだった。
何もなくて静かで良かったという話もあったが、市長、教育長なども中盤で帰ってしまうなど何か盛り上がらなかった祝賀会だった。

Shimin2

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-02-10 17:50:55 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

その他驚いたのは、今年から副賞の盾が出なかったことである。
今まで30年以上市民展に関わったが、これは初めてである。その昔は、上位賞はトロフィーでその後は盾になった。
この副賞の盾やトロフィというのも、毎日書道展や書道芸術院展ではない。
しかし、副賞というものはしっかりあって、毎日展では時期によって違うが日展作家の作品や人間国宝の陶芸家の作などが贈られる。
その一方、書道芸術院展では金一封である。
その書道芸術院展では、香川峰雲先生を記念した「峰雲賞」という賞が以前にあったことがある。このときは峰雲先生の作品などが贈られていた。

そういうわけで副賞が全くないというのは初めてであった。
それでこの副賞のトロフィや盾はどうしているかと言えば、もらったときはうれしいが後で置き場に困ると言うのが本当でもある。
トロフィの赤白のリボンは古くなるとさめてみすぼらしくなるから尚更である。

Shimin7

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-LX7
撮影日時: 2015-02-11 14:55:33 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 13.7mm (35mm 換算焦点距離: 70mm)
絞り値: ƒ/2.2
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


前橋市民展では、運営委員・審査員をやっているから種々の情報に接することがある。
それで来年の第50回記念前橋市民展では会場をアーツ前橋に移して開催される。
祝賀会では、来年度では予算が増額されるというアナウンスが聞こえた。
それでより豪華になるのかどうかは来年になってみないと分からないと言うのが現状でもある。


デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

CoolerMaster Silencio 652S・PCケースを買ってみた

Coolermaster15


平成27年もあっという間に節分を過ぎて直ぐに建国記念日になる。今年はどんな年になるのかは、1月の中旬に何となくその兆候が見られることが多い。
昨年は、正月からカメラを買ったりしたことから見ても「散財」の一年だった。
それで今年はどんな年なのかと言えば、余りはっきりとは分からない。
1月の状況から見れば、今までエラーが出ていたパソコンを完全に使えるようにしたりしていたことが多い。
それだからと言って、今年は自作パソコンを何台も作ると言うこともあり得ない。
ただ、テスト用に作っておいたSSD搭載のパソコンを事務用にしてしまったためにオーバースペックとしてもかなり使い勝手が良い。
そんなことを考えていると、ついついパソコン部品を買ってみたりする。それで今はマザーボードとCPU、ストレージさえあればいつでももう一台完成できる部品がある。
こういう買い置きの部品、使わなくなった部品というのが、結果として修理用部品となっているわけでメーカーのサポートみたいである。

Coolermaster10


*************************************
パソコンのケースについて
*************************************

PCケースというのは、パソコンを組んだ場合に毎日見る顔のようなもので「安物」のケースは何となく貧相な感じになる。
しかしながら、自作PCのケースというのは5,000円程度の安い物でも見た目は立派にみえることが多くて、市販品のパソコンと比べると別世界である。
メーカー製のデスクトップパソコンのケースがみすぼらしいのは、コストや性能面から何年も形を変えていないことが多くて時代に合っていない。

「かっこいいケースのパソコンが欲しいなら自作代行のサイコムなどがある。」

その一方で、自作用PCのケースは基本的に1年限り。その中で人気が出たものは継続して売られていたり、多少バージョンアップしたりしている。
逆に言えば、古くからあるPCケースが延々と作られている製品というのは、CPが高く優秀な製品と言うことが多い。
それだからと言って「ない袖は振れない」ので価格の安い物は、PCケースを分解するときにやたらと面倒だったりすることが多い。

市販のデスクトップ型パソコンのケースをバラすと言うことは、余りないし必要もない。安物の製品によっては、Acer・Aspire M5802 ASM5802-A48のようにそもそも分解できない物さえある。

そういうわけで、PCケースというのはなかなか選ぶのが難しいことが多いし、パソコン部品の中で高額な部品になることも多い。
だから、PCケースがどういうわけか安く売っていたりすると買い込んでパソコンを買った気分になる。
それで今回のCoolerMaster Silencio 652Sを買ってしまったので、買い置きのケースがまた4台になってしまった。
ASUS Z87-PROを使って組んで今実用化しているPCケースは、「CoolerMaster・CM Storm Scout 2 Gun Metal」で1年で終わってしまったもの。
要するに人気が出なくて定番にならなかった製品である。
組んでみて感じたことは、価格もそれなりだったので作りは悪くなかったが、外観などを重視しすぎたための弊害が多い。
多少ケースの厚みが薄く、持ち運びを考慮して内部が多少狭い問題点があった。
CPUクーラーを設置するときに便利な「メンテナンスホール」も従来の設計から変わっていないもので、今から見れば古さを感じる。

その一方で長く使われた「HAF 912 Advanced」は、フロント部だけ変わっている「CM 690」シリーズとして続いている。
但し、主要な部分は昔のママなので部品の使い回しが出来る利点(?)がある。
その「CM 690」シリーズでは、予備のPCケースとして、「CM690 II Plus NVIDIA edition rev2」を持っている。これもデザインに凝ったためにサイドパネルにファンがつかない。


CM 690 III (スタンダードPCケース) CMS-693-KKN1-JP

Coolermaster12

******************************
CoolerMaster Silencio 652S
というPCケース
******************************

CoolerMaster Silencio 652Sはもともと20,000円位したもので価格が高くて不人気製品だった。しかし、ここに来て8,000円程度で買えるようになって結構人気が出てきた。
それで当然購入したわけである。
買ってからDOS/V POWER REPORT3月号を見たら「10年使えるATXケースを買う」という特集があり取り上げられていた。
このSilencio 652Sは静音ケースと言う設定になっていて、雑誌の特集では密閉型の静音ケースとしては、冷却性能が悪いと言う評価である。

Coolermaster2



Coolermaster9


Coolermaster16


Coolermaster3



Coolermaster13


Coolermaster1



見てみれば、フロント部の吸気がフロントドア・サイドの吸気口からで埃の侵入と共に空気の流れが良くないようである。

しかし、サイドパネルと天板のカバーを外してファンを追加すればそこそこ冷却性能を強化できる。12cm角のファンは腐るほど買ってあるが、18cm角、20㎝径のファンは買っていないと思ったりもしている。

このケースは、2013年モデルのマイナーチェンジ版であるために、新世代の構造になっている部分と古いままになっているところが見受けられる。


Coolermaster14


Coolermaster5

Coolermaster7


**********************
問題点は????
**********************

古い部分は、2012年モデルの「CM Storm Scout 2 Gun Metal」に見られる裏面配線用のスペースが多少狭いこと。
それと「メンテナンスホール」が14.2□で小さいことである。

Coolermaster11_2


Coolermaster8


新しくなっている部分の一つは、ツールレスですべて分解できることである。
次は、ドライブケージが新しくなったことである。
これでより容易にSSDを着装できる。

Coolermaster6


PCケースというのは、10,000円を超すかどうかで大きく変わりこのCoolerMaster Silencio 652Sは、元々20,000円近くの価格だったのでかなり作りが良い。

Coolermaster4


そうとは言えCM HAF 912 Advancedの頃のようにケースファンがすべて設置済みというものと違い、追加のケースファンで結構高価なものになってしまうと言う感じがある。


ここで長々とPCケースについて書いてきた。

しかし、今や自作パソコンを作ると言うのは勧めない

 

なぜなら、OSのインストールはWindows7の頃と違い複雑化し、Windows7から削除されたアプリもあるからである。

特にWindows8からOSは、SSDに最適化してもいる。

パソコンを組むというのは難しくないとしても、始めるならばマュアルのあるキットから始めると言う必要がある。

但し、ろくな性能ではないし、ケースもおすすめでないものが多く出来上がって???かもしれない。


それでも組みたいというのならそれこそ自己責任で組み立てて欲しい。

パソコンキット販売店だと、ギブアップ券もあったりして無駄にならないこともある。





Silencio 652S (ミドルタワーPCケース) SIL-652-KKN2-JP


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

一太郎2015Premiumを買った

1ta11


年中行事と化している「一太郎シリーズ」の購入の時期が来た。正確には、1月中旬に予約して発売日に届いたということである。
ワープロソフト一太郎のファイル形式も公官庁Webページから消えて久しい。
今では、ワープロソフトといえばMicrosoftOfficeのWordというのが標準になってしまった。
だから、書式としてWordがないと困るが、その点一太郎ではワードを読み込めるので汎用ソフトともいえる。
そんなわけで最新のMicrosoftOfficeを買い、毎年「一太郎シリーズ」を買っているから思えば結構な出費である。
しかし、WordはHTMLなのでブログを書く上での下書きにならないから、一太郎は必須となっている。

一太郎2015Premiumは、2010年にはJUST Suiteと言っていた「花子などの統合ソフト」で、「詠太5」という音声読み上げソフトがついているので欠かせない。
その昔Shurikenというメールソフトは単独で買っていたこともあるが、今はセットなので便利にしている。
このShurikenの便利なところは、他のパソコンにメールその他の設定をクーロン出来ることである。これはパソコンの移行では必須である。

15


それで一太郎2015がどこが変わったのかというのは、起動してほとんどわからない。
これは使っていてわかるというものである。
しかし、30周年記念ソフト「はかどる!数式メーカー」などはどこから起動するのか、というよりそんなものがあるのかわからない。
Webページを見るかダイレクトメールの説明書に書いてあるくらいである。
起動するのは「アドイン」のところからで、数学の記号入力に使う。

icon icon

15_2

Just MyShop(ジャストシステム)

「花子」というソフトは、今や使っている人を見たことがないというソフトになった。
これはDTPソフトなので使いようによっては、非常に便利なソフトである。
以前は、これでキャプションを作っていたが最近はお絵かき程度になってしまっている。
それにしてもこの花子も2014「徹」から正確な寸法を出すのに便利になっていて2015ではどうなのかというところである。

1ta21


予約キャンペーンでは、コルクボードとピンズセット。
ピンズは、ジャストシステムの社員が欲しかったようなものでこんなものを使うことはあり得ないだろう。

おまけの商品は、時として「使えそう」というものもあれば最近の余り使えそうもないものということも多い。


icon icon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

2011年製GIGABYTE自作パソコンのメモリーエラー

Memory9


*********************
概要と経緯
*********************

2011年に組み立てた「GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組んだ自作PC」も何となく不安になってきている。
それは2014年12月にメインのPCとして使っていた「ASUS P5Q-E・機」が突然壊れたからでもある。
そのために旧PCで使っていた「データー用HDD」や、不良になっていたDVDドライブなどを入れ替えたりしたことは以前のエントリーで述べている。
しかし、半年前ぐらいから突然ブルースクリーンになったり、PowerDirector12で編集していると突然落ちたりするという妙なことが時々あった。

それでも頻繁になるわけではなかったから、そのままにしていた。
ところが1月末に「CyberLink Director Suite3」を買ってしまったから、動画編集中にPCがブルースクリーンになったりすると困るのでメモリーを点検することにした。

Memory1


M2


メモリー不良(A-DATA AX3U1600GC4G9-2G (DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組) )と分かっていたので、16GB(4GB×4)全メモリーを点検するという結構時間の掛かることになった。
PCのメモリーも完全にダメになると起動しないので、時として接触不良で入れ替えるだけで直ったこともある。

Memory2


しかし、安物のマザーボードを使っている激安メーカー品とは違い、自作のマザーボードはかなり高級品なので今では余り考えられない話。
それで2本ずつ取り外して、起動してWindowsの「メモリー診断」ツールを使用することにした。

*********************************
Windowsの「メモリー診断」ツール
*********************************

M


A-DATA AX3U1600GC4G9-2G の点検

診断は、(4GBのメモリー1枚を1本と表現)

1、全体を一端取り外して、ランダムに再着装して「メモリー診断」
結果・「メモリに問題あり」

2、2本取り出して「メモリー診断」
結果・「正常」

Memory7


3、3本にして
結果・「正常」

Memory6



4、4本にして(残りの1本を追加)
結果・「メモリに問題あり」

Memory5


5、不良と思われるメモリーを外して、3本でメモリースロットを変え、マザーボードの異常かどうかの診断
結果・「正常」--マザーボード正常

Memory10



6、Corsairに交換
結果・「起動せず」

Memory13



オーバークロックメモリー(1.65V)とCorsairメモリー(1.5V)とは混在出来ず、不良なメモリーのみ取り外すことで決着。

★2011年にBIOSを出して電圧を1.65Vから1.5Vにしてもメモリーは動いていたと思ったものの、BIOSを設定しても問題が残ると思いそのままとした。

Memory11


7,最終チェック

結果・「正常」

Memory14


Memory12


**********************************************
KORG 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10
とONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード
SE-200PCI LTDの交換
**********************************************

Memory3


                           

1月のメンテナンスでは、故障したPCからサウンドカードのSE-200PCI LTDを取り外さずUSB-DACのKORG DS-DAC-10を使うことにした。
しかし、ONKYOの「ONKYO C-773」というCDプレーヤーと音を比べて見るとKORG DS-DAC-10は、ONKYOのアンプ、KENWOODのスピーカーとの相性が悪い。
単純には、「CDプレーヤー」より音の質が落ちる。
それで元のサウンドカードSE-200PCI LTDを取り外して付け替えることにした。
ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボードSE-200PCI LTDもWindows VISTAの時代のもので、なんとかWindows7にも対応になっている代物。
Windows8だと使えるかどうか分からないが、Windows7なら問題なし。
認識は、最初ネットワークに繋ぐのを忘れたのでデバイスマネージャーを出してドライバーの更新でネットから自動的にドライバーを更新。
このSE-200PCI LTDもWindows7 32bitの時は音が出なかったりという妙なことがあったりした。それがWindows7Pro 64bitだと妙なことが起こらない。

************************************
2011年製GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3
で組んだ自作PCのメンテ終了の感想
*************************************

Memory4

【15%割引クーポン】HDビデオ編集ソフトPowerDirector/更に快速、かんたん操作

パソコンも4年くらい経つとどことなく不良な部分が出てくることがある。
それが何かと言うのは使っている部品によるので全く分からない。
その昔では、ビデオカードが新時代のモニターに対応していなかったり、安物のビデオカードを買ったので壊れたと言うことがあった。
マザーボードが壊れるというのは、元々設計ミスなどの不良品だったことが多く、最近は自作用の高級品では余り壊れない。
10年前のハードディスクが2年で壊れたのは、元々欠陥品。(撤退した富士通製)
2014年12月に壊れたパソコンは、今まで書いたように結構故障が酷かった。
ビデオカードは、2回交換。
メモリーは、4GBに交換。
DVDドライブは、性能向上と故障のために3-4台交換。
PCケーズの冷却ファンが折れたので、3個交換、1個追加。
最後は、HDDが壊れて使用終了。
但し、マザーボードASUS P5Q-Eは健在。

*******************

過去のことはそれまでにして、「GIGABYTE GA-Z68X-UD3H-B3で組んだ自作PC」はDVDドライブを交換したぐらいで今回のメモリー不良が初めて。
このADATAのメモリーは永久保証かと思ったら、3年保証(販売店保証)だった。
値段も大して変わらないのでADATAのメモリー(実機はA-DATA AX3U1600GC4G9-2G )は、今後使わない方が良いかもしれない。


デル株式会社


デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

Director Suite 3 (ディレクタースイート 3)を買った

Powerdirector13


********************************
CyberLink Director Suite3購入経緯
********************************

CyberLink Director Suiteは、PowerDirectorシリーズの最上位版で、PowerDirector 13、ColorDirector 3 、AudioDirector 5、PhotoDirector 6がセットになったソフトである。
このDirector Suite 3 の特徴は、すべてのソフトがPowerDirectorと連携していることである。
このDirector Suiteは1-2と持っていて、「1」はCyberLinkMVPになったときにもらったしモニターにもなった。

それでモニターのDirector Suite2を使い続けてきたのだが、CyberLinkMVPなのに古いバージョンというのもどうかと思って今回買ってみた。
特に昨年暮れからの高価なDirector Suite 3のバージョンアップ版が激安になっていた。それでその後にもう一回チャンスがあったのである。
これから年度末まで何回かチャンスがあるかもしれないし、今でも割引セールをやっている。

大決算セール!25%オフ!パッケージ版送料無料!2月26日まで icon

それでこれからDirector Suite 3のうちのPowerDirector 13を中心にして、レビューを書いてゆくことにした。

発売されて5か月目なので、今から多少Tutorialをするというのもかなり出遅れた感じもある。

しかし、敢えてやっておくというのは、後から編集ソフトの使い方がどうだったのかを自分のサイトで確認できるというのが便利だったからでもある。

今回CyberLink Director Suite3を購入したついでに、Director Suite 1~2を一挙にアンインストールしてしまった。
それで旧版(Director Suite2)で作った、PowerDirector編集動画を再編集出来なくなってしまった。
しかし、今まで旧PowerDirectorで編集したものを再編集する必要は一回もなかった。
又、新バージョンでは、古い「編集動画」を開くとエラーが出て開けなかった。

********************************
Director Suite3を購入
********************************

Photo


購入画面では、期間限定特価で9,000円で買えることになっている。(1月26日終了)
しかし、「拡張ダウンロードサービス(1年間40回までダウンロード可能)」が699円で、
9,699円だった。
この拡張ダウンロードサービスは保険というものである。

大決算セール!25%オフ!パッケージ版送料無料!2月26日まで icon

しかし、今までこれを使ったことがほとんどない。
(古いパソコンでうまくダウンロードできなかった場合などは必須。)


02



その他
------------------------------------------------------------------
「お客様の取消権/ キャンセルポリシー

 

消費者は、原則として制定法上14日以内であれば取消すことができる権利を持ちます。ここで『消費者』とは、営利目的にも職務活動目的にもよらない取引関係を結ぶ自然人を指します。」
------------------------------------------------------------------------
(もろに翻訳調なので----)
という「キャンセル条項」があるので不具合の場合はキャンセルが可能である。
*******************

実際は、ダウンロードしたものをDVD-DLで焼くか8GBのUSBメモリーに保存しておけばよい。(容量は5GB以上ある。)
それで3つのrarファイルとMac用のpkgファイルをダウンロード。
実際には、ダウンロードに2時間くらいかかった。
それからインストールと古いバージョンを削除したりで半日くらいと結構面倒。

03



その後には、
CyberLink 製品及びサービスをご利用のお客様へ

 

このメールは CyberLink 公式サイトにて、合計 10,001 円以上の製品をお買い上げいただお客様へお届けしております。本日よりお客様は CyberLink プラチナメンバー として、さまざまな特典が受けられます。

http://jp.cyberlink.com/stat/members/jpn/member-rules.jsp#1

というプログラムがあって、表示価格より例えば10%引きで買えることになった。
(参考画像)
実は、このプログラムを忘れていて今まで適応していなかった。

2


********************************    
Director Suite3・PowerDirector 13
について
********************************

PowerDirector 13を起動しての画面は、今までのカタカナ表示が「日本語表示」になっていて戸惑ったことである。
基本的にこういうソフトの操作性というのは、バージョンが変わっても変わらないのが普通である。
そうでないとAdobe Premiere Elementsなどのように、「簡単ビデオ」を優先して操作性が変わってしまって使いにくくなったものもある。

そんなわけで、Adobe Premiere Elements10から乗り換えてしまっている。
それでもAdobe Premiere Elements12(セットで)までは買ったが使っていない。

今回から自費で買ったので、PowerDirector 13で今までのように「ステマ(ステルスマーケティング (Stealth Marketing) )」に気をつける必要もなく、PowerDirector 13で編集したということも書かないこともある。
いずれにせよ、少しずつ、「操作性の覚え」としてレビューを書いてゆくことにする。

PowerDirectorに興味があるひとは、下のリンクを参照。

サイバーリンク


サイバーリンク Media Suite


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


マカフィー・ストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »