« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

岡田琇韻先生・席上揮毫・多胡碑 第12回群馬書作家展・PowerDirector13で編集

Photo



多胡碑 第12回群馬書作家展席上揮毫第3弾として、前衛の岡田琇韻先生の揮毫風景になった。
外部マイクを使っていないので、音声が鮮明でない。また、カメラが一台でズーム域も狭いのでなかなか思ったような撮影になっていない。

それを何とか編集で見られるようにするというのが、編集ソフトの醍醐味。近年、編集も難しいことも出来るようになってきている。
しかし、あまり凝った編集をするとオリジナル映像から離れすぎるので使わないことが多い。


サイバーリンク Media Suite


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


マカフィー・ストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

天田研石先生・群馬県功労者賞・高崎市文化賞受賞記念祝賀会

Amada1


平成27年3月29日17時より、高崎書道会主催の標記の受賞記念祝賀会が開催された。
場所は、高崎ビューホテルの3階あかぎの間。
天田研石先生は、一般社団法人群馬県書道協会元会長で、高崎書道会第4代会長という群馬県の書道界の重鎮である。現在83歳。
参加者は、名簿に載っている人だけで見ると279人となっている。

Amada2


祝賀会は、17時前より舞踊が始まり18時半くらいから「乾杯」で宴会になった。
その中では、祝賀の漢詩のプレゼントもあって従来の書道関係の祝賀会では見られない光景も多い。
宴会後半では、詩吟や尺八、手品まで披露されて高崎書道会の幅の広さを思わせる。
記念祝賀会は、20時前にお開きになり散会。


Amada3


Amada4


Amada5

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-03-29 17:08:57 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 32mm (35mm 換算焦点距離: 48mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Amada6


Amada7


Amada8


Amada9


Amada10


Amada11

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-03-29 18:05:11 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 37mm (35mm 換算焦点距離: 55mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


Amada12

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-03-29 19:50:49 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 26mm (35mm 換算焦点距離: 39mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

第12回上毛書人会展・開催される

Jomo20154


平成27年3月27日より4月1日まで、標記の「第12回上毛書人会展」が高崎シティギャラリーで開催されている。
また、展覧会では
●故 大澤雅休先生の作品、関口虚想米寿記念作品が展示されている。
上毛書人会とは、パンフレット冒頭で以下のように紹介している。

「『上毛書人会』は、先師大澤雅休先生の命名による旧平原社にゆかり深い同志の会です。大澤雅休先生は郷土群馬が産んだ現代書の先達、墨象(前衛書)の先駆者として偉大な書業を遺されました。その先生の偉業を継承し、その顕彰に心合わせる書人の集まりであります。」

出品者は、大澤雅休ゆかりの書団体、前衛、近代詩文書の分野のうち、群馬県展(審査)委員、委嘱作家合わせて130人の作品他、会長の関口虚想先生作品が展示されている。


Jomo20155

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-03-28 13:03:33 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Jomo20159

Jomo20158_2


Jomo201510


Jomo201511


Jomo201512


Jomo201513


Jomo20151

Jomo201514

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-03-28 13:13:04 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Jomo20153



Jomo20156

Jomo20157



Jomo20152


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

小池朴堂席上揮毫・多胡碑 第12回群馬書作家展・PowerDirector13で編集

Photo


第12回群馬書作家展の席上揮毫は、群馬県書道展(審査)委員の小池朴堂先生(墨宣会)の揮毫を編集した。
揮毫の順番では、実は一番最後でメモリーカードが一杯になったところである。
撮影としては、多少遠目のレンズを使っているために小さくなっているが全体が分かる。
こういうところがカメラ一台の悲しさである。
編集は、あまり細かい編集をせずに「音」を入れた程度になった。
限られた映像なので、編集しがいがないのは仕方が無いところである。


サイバーリンク Media Suite



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

HP ENVY Phoenix 810-480jp機能・性能編・詳細レビュー

Hp_envy_phoenix_810480jp19


********************************************
HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT機能性能編・詳細レビューの目的と概要
********************************************

HP ENVY Phoenixは、レッドイルミネーションとケースに水冷CPUクーラーを搭載したシリーズであることが特徴である。
このPhoenixシリーズも最新のインテル Z97 Expressチップセット搭載モデルとなり、NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)を搭載してどういう動作をするかを検証する。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTのレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
*電源、内部部品など
○基本性能
*SSDスピードなど

○グラフィックカード性能
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティア(1,980×1,080)DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark

-------------------------------------------------------------------------
HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTレビュー・機能・性能詳細編
-------------------------------------------------------------------------

○OCCTによるHP ENVY Phoenix 810-480jp/CTの3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)


HP ENVY Phoenix 810-480jp・レビュー

**************************************
HP ENVY Phoenix 810-480jpの主要な仕様
●水冷CPUクーラーを搭載した最高峰のハイスペック・ゲーミングシリーズ
東京生産フルカスタマイズ版。
**************************************
仕様は、平成27年3月17日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

●OS--Windows 8.1 Update (64bit)
■CPU--インテルCore i7-4790Kプロセッサー(3.60GHz-4.00GHz,インテル®スマート・キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
■マザーボード-:インテル Z97 Expressチップセット
●メモリ-16GB(8GB×2)(PC3-12800-1600Mhz- DDR3 SDRAM)(実機はMicron製)
■SSD- 512GB SSD(SanDisk製  SD7SB2Q-512G-1006)
●データ用1TB(7200rpm)(実機Seagate製)
●データ用1TB(7200rpm)(実機Seagate製)
●ドライブ--、ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)(hp)
●グラフィックスカード-NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)
●カードリーダー : 15in1メディアスロット(USB2.0)
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.0(レビュー機はなし)
■電源・500W電源 【ATX電源・Active PFC搭載・80PLUS BRONZE】
●マカフィーリブセーフ (30日版)
●HP Beats Audio、HP Support assistant、リカバリマネージャ (リカバリメディア作成)、CyberLink (DVDムービー再生ソフト)、速効!HPパソコンナビ特別版
その他
■【15倍W録画対応】地上・BS・110度CS対応ダブルチューナー(専用リモコン)OP
*************
■ワイヤレス日本語(109A)キーボード & ワイヤレス光学スクロールマウス(OP)
●縦置き : 約175×412×415mm / 約10.3kg
*********************************************************

その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/phoenix_810_480.pdf icon


Hp_envy_phoenix_810480jp14


********************************************
○OCCTによるHP ENVY Phoenix 810-480jp/CTの3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察
********************************************


●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)

Cpuz

Hp_envy_phoenix_810480jp4


2015031319h37frequencycpu0


OCCT・CPU負荷テストでは、CPUインテル Core i7-4790Kプロセッサーは、定格の約4.0GHz(3.9905)付近で作動している。

CPUの動作温度は大方55℃~59℃付近である。
水冷CPUクーラーを使わないHP ENVY 700-570jpのCPUの動作温度が大方69℃~70℃付近であったことから、「水冷CPUクーラー」の効果が絶大であることがわかる。

2015031319h37temperaturecore0



●GPUの負荷テスト(GPU 3D)とHP ENVY Phoenix 810-480jpの挙動

Gpuz

Hp_envy_phoenix_810480jp8

2015031412h58fpsfps


CPUは、ゲーミングパソコン並に、3D動画の最適化に積極的に関与している。
「Z87チップセット」(BOIS 80.21)を使ったHP ENVY Phoenix 810-380jp/CTでも同様な動作をする。(理由は不明)
(参考)
この動作をしないHP ENVY 700-460jpのBIOSはVersion 80.21(05/29/2014)。
****************************             
                 HP ENVY Phoenix 810-380jのBIOSはVersion 80.21(05/29/2014)
                 HP ENVY 700-570jpのBIOSはVersion 80.04(11/06/2014)。
レビュー機・・・HP ENVY Phoenix 810-480jpのBIOSはVersion 80.04(11/06/2014)。
(参考)
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTレビュー・性能編(平成26年11月19日仕様)
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/11/hp-envy-phoen-1.html
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/11/hp-envy-phoenix.html
----------------------------------------------------------------

★FPSは当然のように設定最大値のFPS60に張り付いたままになっている。
HP ENVY Phoenix 810-480jpの場合、液晶モニターの消灯、HPの管理ソフトの起動が行われないように設定したので綺麗な線になっている。
このときにCPUの稼働率は同じマザーボードを使うHP ENVY 700-570jpと同じ28%程度であった。
CPUが4GHz程度まで稼働すると共にCPUの温度が35℃前後であることから、「水冷CPUクーラー」を使わないときと比べて約10℃低い。

2015031412h58temperaturecore0



●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

最新のパソコンであるために、GPU 3Dの動作にCPUが積極的に関与してGPU 3DのFPSの上昇に寄与している。
しかし、使われているNVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)の性能が高く、GPUのメモリー使用度から見てもCPUの支援はあまり大きくないとみられる。
従ってこの「HP ENVY Phoenix 810-480jp」で使われている「インテルCore i7-4790Kプロセッサー」で、CPUを「オーバークロック」してもゲームのBenchmarkは大して上がらないことが予想される。

2015031412h58cpuusagecpuusage

2015031412h58frequencygpu0mem


2015031412h58memoryusagememoryused


***************************************************
ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア
ベンチマーク キャラクター編Benchmark参考
------------------------------------------------------------------------

(レビュー機)
★NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)
(HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT)
(1,980×1,080)
最高品質・・・15,863(非常に快適)
高品質・・・・16,655(非常に快適)
標準品質・・・25,923(非常に快適)

★NVIDIA GeForce GTX770・グラフィックカード性能
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,808(非常に快適)
高品質・・・・12,116(非常に快適)
標準品質・・・21,886(非常に快適)

HP ENVY Phoenix 810-380jp/CT
最高品質・・・11,875(非常に快適)
高品質・・・・12,252(非常に快適)
標準品質・・・21,646(非常に快適)

***********************************************
CPUの支援無しの場合
***********************************************

NVIDIA® GeForce® GTX770・
(HP ENVY 700-360jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,761(非常に快適)
高品質・・・・12,067(非常に快適)
標準品質・・・21,177(非常に快適)

NVIDIA® GeForce® GTX770
(HP ENVY Phoenix 810-290jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,530(非常に快適)
高品質・・・・11,901(非常に快適)
標準品質・・・20,531(非常に快適)

**************************************
★メディアカードスロット(15in1)
**************************************

Sdhcspeed


更新されたと思われる「15in1メディアスロット」は、HP ENVY 700-570jp/CTと同じ速度が出ている。
尚、同様にケーブルがUSB2.0端子に繋がれている。

Speccy

**********************************************
HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTを使ってみての感想
**********************************************

HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTは、「レッドイルミネーションとケースに水冷CPUクーラーを搭載した」という部分に特徴がある。
このレビュー機では、「NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)」を使っているために、ゲームなどのBenchmarkは圧巻である。

この水冷CPUクーラーの効果は高く、OCCTの負荷テストではHP ENVY 700-570jpなどに使われている空冷CPUクーラーに対して温度は約10℃も低い。

又、この現状のテストでは、下位モデルのHP ENVY 700-570jpでも充分に性能が高くHP ENVY Phoenixシリーズを選択するのは、デザイン性と安心感というところであろうか。


icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

HP ENVY Phoenix 810-480jpの存在意義が薄れるほど、下位モデルの性能が高くなってきている。

***********************************************

HP ENVY Phoenix 810-480jpレビュー へ・・・・・・

 



http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/03/hp-envy-phoenix.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

HP ENVY Phoenix 810-480jpレビュー

Hp_envy_phoenix_810480jp1


********************************************
HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTレビューの目的と概要
********************************************

ゲーミングシリーズと名乗っているHP ENVY Phoenixは、ケースに水冷CPUクーラーを搭載したものである。
使われているPCケースには、ゲーミングマシンお決まりの「レッドイルミネーション」を使っていることでもお馴染みでもある。
このHP ENVY Phoenix 810-480jpは、基本的にハイエンドの設定になっている。
レビュー機は、フルカスタマイズ版で正にハイエンドである。
今回は、新しいNVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)について特に検討してみたい。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTのレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
*電源、内部部品など
○基本性能
*SSDスピードなど

Hp_envy_phoenix_810480jp2



○グラフィックカード性能
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティア(1,980×1,080)DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark

-------------------------------------------------------------------------
HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTレビュー・機能・性能詳細編
-------------------------------------------------------------------------

○OCCTによるHP ENVY Phoenix 810-480jp/CTの3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)


HP ENVY Phoenix 810-480jp・レビュー



**************************************
HP ENVY Phoenix 810-480jpの主要な仕様
●水冷CPUクーラーを搭載した最高峰のハイスペック・ゲーミングシリーズ
東京生産フルカスタマイズ版。
**************************************
仕様は、平成27年3月17日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

●OS--Windows 8.1 Update (64bit)
■CPU--インテルCore i7-4790Kプロセッサー(3.60GHz-4.00GHz,インテル®スマート・キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
■マザーボード-:インテル Z97 Expressチップセット
●メモリ-16GB(8GB×2)(PC3-12800-1600Mhz- DDR3 SDRAM)(実機はMicron製)
■SSD- 512GB SSD(SanDisk製  SD7SB2Q-512G-1006)
●データ用1TB(7200rpm)(実機Seagate製)
●データ用1TB(7200rpm)(実機Seagate製)
●ドライブ--、ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)(hp)
●グラフィックスカード-NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)
●カードリーダー : 15in1メディアスロット(USB2.0)
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.0(レビュー機はなし)
■電源・500W電源 【ATX電源・Active PFC搭載・80PLUS BRONZE】
●マカフィーリブセーフ (30日版)
●HP Beats Audio、HP Support assistant、リカバリマネージャ (リカバリメディア作成)、CyberLink (DVDムービー再生ソフト)、速効!HPパソコンナビ特別版
その他
■【15倍W録画対応】地上・BS・110度CS対応ダブルチューナー(専用リモコン)OP
*************
■ワイヤレス日本語(109A)キーボード & ワイヤレス光学スクロールマウス(OP)
●縦置き : 約175×412×415mm / 約10.3kg
*********************************************************


その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/phoenix_810_480.pdf icon

System

Hwinfo

Winscore001

Winscore00pro



 

*******************************
HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT外観、内観
*******************************

Hp_envy_phoenix_810480jp12


HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTの外観は、従来のHP ENVY Phoenixシリーズのものと変わっていない。
従って、以前のレビューのHP ENVY Phoenix 810-380jpやHP ENVY Phoenix 810-290jpと見た目は変わらない。
変更点は、以前のレビュー「HP ENVY 700-570jp」で書いたとおり、マザーボードのチップセットが「Z97 Expressチップセット」に代わり、内部のカスタマイズなど取り外し方などのガイドがある。

Hp_envy_phoenix_810480jp15


Hp_envy_phoenix_810480jp16


Hp_envy_phoenix_810480jp17



マザーボードは、「HP ENVY 700-570jp」と変更ないので内部のUSBのコネクター部のUSB3.0ポートの使われ方も同じ。
カードリーダーの速度も同様に向上している。
従って、「HP ENVY 700-570jp」シリーズとの違いは、パソコンケースと水冷CPUクーラーを使っているかどうかになる。

Hp_envy_phoenix_810480jp13


-------------------------
*電源
*****************

電源は、従来のモデルと同じ500W80PLUS BRONZEの電源になっている。


Hp_envy_phoenix_810480jp18



*******************************************************
起動時間・BIOSの検証・HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT版
Microsoft Assessment Consoleによる・BIOSの検証
Startup and Shutdown Experience・Boot performance(Fast Startup)
*******************************************************

起動時間・14秒(コールドスタート)
「Boot performance--7.525秒Fast Startup・Microsoft Assessment Console」


Hp_envy_phoenix_810480jp5


Boot performanceは、旧モデルのHP ENVY Phoenix 810-380jpより誤差範囲程度であるが遅くなっている。
その一方、起動時間は最新のSSD搭載のパソコン同様の速度を出している。

※尚、当サイトで測定した起動時間は、インストールされるソフトが増えれば遅くなるために、あくまでも参考値である

Stratandassessmentconsoleall



Suspend継続期間は3.032秒であった、旧モデルのHP ENVY Phoenix 810-380jpの5.995秒より早くなっている。
これによって、BIOSの改善がかなりなされていることが分かる。

(比較は、以下の当サイトの実測値を参照)

**********************
***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで購入したPC又は、レビュー機での実測値
****************************************

(全て初期状態)            Boot performance
HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・起動時間15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・起動時間16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動時間25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動時間11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動時間12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動時間29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動時間17.8~29.5秒

********************************************
デスクトップ機
HP ENVY h8-1560jp・・・・・14.79秒・起動時間22.4秒(SSD)
HP ENVY Phoenix h9-1490jp・・・11.327秒・起動時間20.3秒(SSD)
HP ENVY Phoenix 810-180jp/CT・12.074秒・起動時間18.4秒(HDD+キャッシュドライブ)
HP ENVY Phoenix 800-090jp・ ・・6.036秒・起動時間14.7秒
HP ENVY Phoenix 810-190jp/CT・・9.014秒・起動時間13.6秒(SSD)7.022秒
HP Pavilion 500-340jp/CT・・・・・3.592秒・起動時間15.42秒(HDD)4.359秒
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT・・8.678秒・起動時間10.58秒(SSD)5.822秒
HP ENVY 700-360jp/CT・・・・・・8.238秒・起動時間 未検証(SSD)4.718秒
HP ENVY 700-460jp/CT・・・・・・4.735秒・起動時間25秒(SSD)6.634秒
HP Pavilion 500-430jp/CT(AMD)・・5.757秒・起動時間22秒(HDD)5.757秒
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CT・・7.165秒・起動時間26秒(SSD)5.995秒

************(レビュー機)

HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT・・7.525秒・起動時間14秒(SSD)3.032秒


********************************************
基本性能*SSDスピード
********************************************

Ssdlife_2

Txbenchssd_2

Disk_2



HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTでは、フルカスタマイズ版でHP ENVY 700-570jpのフルカスタマイズ版のモデルと同じ512GBのSSDを使っている。
そのため快適な操作になり、この快適さを味わうとHDD起動のPCに戻れない気がする。

Hddtxspeed_2



 

*****************************************
HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT
NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)による
グラフィックスカードBenchmark
*****************************************

HP ENVY 810シリーズでは、HP ENVY Phoenix 810-380jpやHP ENVY Phoenix 810-290jpのレビュー記事を書いている。

HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTレビュー・仕様編

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/11/hp-envy-phoenix.html

HP ENVY Phoenix 810-290jp実機レビュー・新機能・変更点・電源・BIOS検証

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/07/hp-envy-phoenix.html

この2機種はグラフィックスカードに旧世代の「NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)」を使用している。
今回注目するのは、NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)の性能のBenchmarkの値である。

******************************************
HeavenBenchmark4.0 FPS(当サイトでの測定結果)
******************************************

Heavenbenchmark




NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5) の性能

(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)

FPS -76.7

Score 1931/8.8~176.0

HeavenBenchmark4.0では、今まで見たことがないような高い数値であった。

それでHeavenBenchmark4.0では力不足であると思われ、最新のValley Benchmark 1.0を取っている。

*****************************************************
NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)-76.7(レビュー機)

NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.8
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.8
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.2
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-44.6

・・・・NVIDIA GeForce GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****

30****重いゲームでも快適
    GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC(33.1)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)
↓     NVIDIAGeForce GTX760(1.5GB) (30.4)
25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)

15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)

10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M(10)

AMD Radeon HD 8570 グラフィックス(7.4)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)

Hp_envy_phoenix_810480jp6


****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************



★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD

NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)---(66.2/2768/25.4~126.5)
(レビュー機)

Valley Benchmark 1.0は、1920×1080 fullscreenで測定するためにグラフィックスのカードの性能の違いがハッキリする。

Hp_envy_phoenix_810480jp7



--------------------Valley Benchmark 1.0参考測定値----------------------------------------
NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)---(66.2/2768/25.4~126.5)(レビュー機)
NVIDIA GeForce GTX 770(HP)---(44.5/1863/4.7~86.5)

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)

********************************************
ファイナルファンタジーXIV
新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
********************************************

Hp_envy_phoenix_810480jp3



ファイナルファンタジーXIVはそこそこ重いソフトであるのでこれで快適ならば、他のほとんどのゲームでは同様に快適に使える。

------------------------------------------------------------------------
NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)・グラフィックカード性能
(1,980×1,080)
最高品質・・・15,863(非常に快適)
高品質・・・・16,655(非常に快適)
標準品質・・・25,923(非常に快適)
------------------------------------------------

Ffmax198015863


Ffhi198016655


Ffstd198025923


NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)ぐらいになるとファイナルファンタジーXIVのBenchmarkでは、過剰と言ってよいくらいである。
旧版のNVIDIA GeForce GTX770でも不必要なくらい高い数値であったが、こういう数値はBenchmarkマニア向けかもしれない。

参考**************
キャラクター編Benchmark参考
(レビュー機)
NVIDIA GeForce GTX 980(4GB / GDDR5)
(HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT)
(1,980×1,080)
最高品質・・・15,863(非常に快適)
高品質・・・・16,655(非常に快適)
標準品質・・・25,923(非常に快適)

NVIDIA GeForce  GTX770(HP ENVY Phoenix 810-290jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,530(非常に快適)
高品質・・・・11,901
標準品質・・・20,531

NVIDIA GeForce GTX770(HP ENVY 700-360jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,761(非常に快適)
高品質・・・・12,067
標準品質・・・21,177
------------------------------------------------
*******************************************************
NVIDIA GeForce GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・11,006
高品質・・・・11,469
標準品質・・・19,704
NVIDIA GeForce GTX760
最高品質・・・7,654
高品質・・・・7,876
*********************************************
NVIDIA GeForce GTX760(HP ENVY 700-460jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・7,862(非常に快適)
高品質・・・・8,137
標準品質・・・15,794

************************************************
●モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
************************************************

Hp_envy_phoenix_810480jp9


●(1,920×1080)----------28,258


Hp_envy_phoenix_810480jp10



******************************************
●バイオハザード6
DirectX 9.0cゲームベンチマーク(1,980×1,080)
*****************************************

Hp_envy_phoenix_810480jp11



●バイオハザード6  ランクS 17,439


icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

HP ENVY Phoenix 810-480jp/CTレビュー・機能・性能詳細編で 

http://syuun.way-nifty.com/blog/2015/03/hp-envy-phoen-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

第65回記念県書道展受賞作家作品展を観覧

65shodom4


標記の「第65回記念県書道展受賞作家作品展」が妙義山麓美術館で開催されている。
期間は、平成27年3月19日~29日まで(火、水曜日休館)。
この展覧会は第65回記念群馬県書道展において特別賞をもらった受賞者が出品している企画展である。
中央展で行われる「書壇受賞に輝く作家展」という展覧会に似ている。
群馬県書道展では3期に分かれ。展示される場所も部門別であるのでこの作品が同一の会場で展示されることはない。
従って、県書道展で見ているはずなのに別の印象を持ったり、初めて見たりしたものが多かった。

65shodom1

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
撮影日時: 2015-03-19 13:28:19 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 16.7mm (35mm 換算焦点距離: 25mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.050 秒 (1/20)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

65shodom2


****************
妙義山麓美術館には、毎年行くのだが今年は何かぼけていて前橋インターで乗ったのにカーナビの指示で高崎インターで降りてしまったりした。
挙句の果てに、設定しなおしたはずが上信越道の「松井田・妙義インター」で降りるはずが2つ手前の「富岡インター」で降りてしまった。
それでもあまり時間が変わらなかったのは、道が混まなければ時間的には大差ないという理由なのかもしれない。

65shodom3


カメラメーカー: SONY
カメラモデル: ILCE-7
レンズ: FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
撮影日時: 2015-03-19 13:30:49 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 28mm (35mm 換算焦点距離: 28mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 200
露出補正値: +0.70 EV
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

65shodom5


65shodom7


65shodom11


65shodom12

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-A1
レンズ: XC16-50mmF3.5-5.6 OIS
撮影日時: 2015-03-19 14:30:17 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 16mm (35mm 換算焦点距離: 24mm)
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.029 秒 (1/35)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

65shodom8


65shodom9


65shodom10



65shodom13


65shodom14


icon icon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

石原春香 先生席上揮毫をPowerDirector13で編集

Photo


「多胡碑・第12回群馬書作家展」のハイライトと言えば、オープニングセレモニーの開会式。そして、第二会場の作品説明会と同日午後より行われるこの席上揮毫会である。
この席上揮毫会には何故か準備の都合が悪く、最適なカメラを持って行けなかったりメモリーの不都合など満足した撮影は出来ていない。
揮毫会などは、Multiカムと言うことで2台のカメラを使うべきなのだが撮影スペースの関係から出来ないのが現状である。
その上最近では、ない袖は振れない状況であったり歩きすぎで足を又痛くして接骨院に通う始末。
動画編集の方は、PowerDirector13になったために動作が軽く編集がかなり楽になった。
かなり多機能で、一台のカメラ映像を二台で撮ったように編集出来る。

*******************************

しかし、今回久々「著作権詐欺団体」に出くわした。
それが今度は、日本らしいというのは驚きである。
今回は「Aiba Yukiko & Shinozaki Daiki-Aitenokimochi 043」という音源を売っているところ。
しかし、株式会社サイバーフロントでは、今でも「音辞典セレクションパック」というプロ用音源を売っていて、この団体が「Aiba Yukiko & Shinozaki Daiki-Aitenokimochi 043」文句を付けるというのもおかしなものであり初めてでもある。

 

調べてみたら、匿名で「iTunes」の音源を売っているところらしく詳細が分からないというものだった。

株式会社サイバーフロントに問い合わせた文面を忘れないように再度掲載しよう。


Photo_2


***************

8 Mar 2012

荒井  様

はじめまして。
サイバーフロントの平野と申します。

この度は「音辞典セレクションパック」をお買い上げいただき
誠にありがとうございます。

またご返答が遅くなりまして誠に申し訳ございません。

早速ですが、お問い合わせの件につきまして回答いたします。

【回答】

本製品に収録されている音データに関して、
楽曲の著作権は、すでに消滅しているか、当社または当社に提供した第三者が有しています。

また、著作隣接権は、当社または当社に提供した第三者が有しています。

今回お問い合わせの楽曲はすでに著作権が消滅しており、
著作隣接権は当社または当社に提供した第三者が有しています。

当社は、当該音データの使用を許諾する権利を有しており、
ユーザーは使用許諾契約に基づいてご使用いただけます。

Youtubeでの表示は、GoDigital MG For a Third Partyによるものと考えられますが、

当該音データに関し、GoDigital MG For a Third Party が著作権、著作隣接権
および使用許諾権を有していることはありません。

以上になりますので、
安心してご使用ください。

何卒よろしくお願い申し上げます。

************************************
株式会社サイバーフロント
ビジネスコンテンツ事業部 平野淳史
〒140-0014
東京都品川区大井4-6-1 サクラビル4F
TEL: 03-5718-6370
FAX: 03-5718-6371
************************************

これで「Aiba Yukiko & Shinozaki Daiki-Aitenokimochi 043」が何と行ってくるのか待ってみよう。


「The Orchard Music」を検索すると-----------------------

これは「The Orchard Music」という***

「いわゆる「幽霊会社」に近い、何の権限も著作権も所有されてないと、断言してもいい会社です(調べた限り、間違いないです)」

米国の架空音楽企業です

その国との関連性は確認されていません。
ただ、ハッキリしているのは、youtubeとリンクしている事です。

と書かれていた。

*************************************
株式会社サイバーフロント(英: CYBERFRONT Corporation)は、2013年12月19日に 解散した」のでその音源を窃用したのではないかと言う疑惑もある。

----------------------------------------
2015年4月2日

Photo


柊雲荒井 様

異議申し立ての確認が 30 日以内に行われなかったため、お客様の YouTube 動画に対する著作権侵害の申し立ては The Orchard Music さんにより撤回されました。
動画のタイトル: "石原春香・席上揮毫 多胡碑 第12回群馬書作家展"



- YouTube チーム



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

第12回群馬書作家展・席上揮毫会開催

Tago3


平成27年3月15日14時から16時まで、吉井文化会館2階ホールにおいて、席上揮毫会が開催された。
記号順は、第2部の石原春香先生から始まり
第3部 岡田琇韻、第4部 江原垂穂、第1部 小池朴堂 各先生で2時間。
例年観覧者が多く、駐車場の確保もままならないので多少早く会場に到着したつもりだった。しかし、遠くの駐車場から歩いてくる人が多く「何事か」と思うような騒ぎだった。
結局観覧者は、400人を超えたとの発表が主催者からあった。

Tago4


今年も席上揮毫の動画を撮りに行ったのだが、観覧者の多さからカメラは1台とした。
使用したカメラはPanasonic LUMIX DMC-G6。これが、動画の一時終了時にフリーズを繰り返した。それで電池を抜いてResetすること数回。その部分で動画が撮影できていない部分がある。
それで今回の静止画は、フリーズから復帰した当たりになっている。
結局、小池朴堂先生の最後の揮毫はメモリーカードの関係から収録できなかった。
これはカメラの故障かと思って保証書を探してみたりしたところ、64GBのメモリーカードが満杯(空き容量0)になっていた。
これならフリーズすると納得した次第。
その後新しいメモリーカードで試し撮りを数回してみたところ、正常に動いていたのでパナソニックの修理サービスを使うことはなかった。

今回の撮影では、外付けマイクも持って行くのを忘れたために音の明瞭さは多少落ちてしまっている。

この席上揮毫の後、17時30分より「ホテルメトロポリタン高崎」で出品者懇親会がおこなわれた。

Tago5

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G VARIO PZ 45-175/F4.0-5.6
撮影日時: 2015-03-15 14:47:52 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 45mm (35mm 換算焦点距離: 90mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.010 秒 (1/100)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Tago6


Tago7_2

カメラメーカー: Panasonic
カメラモデル: DMC-G6
レンズ: LUMIX G VARIO PZ 14-42/F3.5-5.6
撮影日時: 2015-03-15 15:48:24 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 22mm (35mm 換算焦点距離: 44mm)
絞り値: ƒ/4.7
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Tago8


Tago9


Tago1

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E 35mm F1.8 OSS
撮影日時: 2015-03-15 17:37:29 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 35mm (35mm 換算焦点距離: 52mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 125
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Tago2

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E 35mm F1.8 OSS
撮影日時: 2015-03-15 17:48:39 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 35mm (35mm 換算焦点距離: 52mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)



サイバーリンク Media Suite



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

PowerDirector13で編集「多胡碑・第12回群馬書作家展」

2015


平成27年3月7日に行われた標記の開会式の動画をCyberLink PowerDirector13で編集した。思えば平成16年の第1回群馬書作家展に出品して席上揮毫も行った。
それは第1回ではなく「新春」とポスターにある。
従い、それから12年も経ってしまったと言うことである。その間に書道環境は激変してと言うより、世の中がかなり変わってしまった。
当然席上揮毫した年は、まだ吉井町が高崎市に合併される前のことである。
その後に香川峰雲先生の生誕100周年記念展があり、そのときの「羊」の印影をもらって多胡碑記念館に納めたがどうなったのか分からない。本来ならどこかに展示されていても不思議はない。
単純に言えば、そのときの館長は亡くなり館員もパートだったから引き継がれていなければ誰も知らない。
官庁組織というのは大方そんなものでというのは、その昔経験したものである。

群馬書作家展の来賓挨拶の中に、「上野三碑(こうずけさんぴ)」を世界記憶遺産登録推進と言うことが出てくる。
設立趣意書には「朝鮮半島の諸国とつながる上野三碑」という記述がある。
確かに群馬は任那日本府と大いに関係がある。
(日本書紀・任那には、10国・加羅国、安羅国、斯二岐国、多羅国、卒麻国、古瑳国、子他国、散半下国、乞湌国、稔礼国を含む・「知っていますか・任那日本府」を参照)
ここは書きかけの
日本の歴史の闇を解く・古代・近世戦国時代を中心にして・序」に譲る。


サイバーリンク Media Suite

************************************
そんなわけで、いつもいつも不思議に思っている多胡碑でもある。
CyberLink PowerDirector13の編集では、余りお遊びの部分は少ない。
カメラも1台であるし、公式な開会式なので妙なトリミングもしていない。
それで退屈な部分もあるが、早送りしてくれればそれで済むと言うことである。


サイバーリンク

サンワダイレクト売れ筋ランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

CyberLink PowerDirector13で編集する「第68回書道芸術院展・表彰式」

Multi20153


第68回書道芸術院展の表彰式は、平成27年2月21日15時30分から帝国ホテルで行われた。
編集した動画は、表彰前までである。
従って表彰式のメインの表彰は、第二部で再編集する。
それで今回は作品鑑賞会の映像を少し入れておいた。
しかし、これは手持ちの上、カメラ内蔵マイクなので音声が良く聞き取れない。
表彰式の方は、SONYとaudio-technicaのマイクを使っている。
動画編集ではこのSONYとaudio-technicaの部分があるものの、そうと思わないと気がつかないかもしれない。

PowerDirector12から「マルチカム編集」という、複数のカメラで撮った動画を一本にする編集が出来るようになっている。
このマルチカム編集にはまると撮影では、これでなくてはという感じて平成26年10月くらいからは良く行っている。
それで今年の表彰式には、三脚2台、カメラ三台、マイクロフォン二台その他交換レンズなど大荷物で撮影しに行った。
動画撮影には二台のカメラを使うが、二台使うと言うことは一台で失敗してももう一台が補完になる。
単純には、二台のカメラに同時に不都合な映像は映らないことである。
それで今年からPowerDirector13になったために「マルチカム編集」の細かい操作ができるようになった。

Multi2015


特にCyberLinkでは「無料オンラインセミナー」を月一で開催(無料会員登録が必要)していて、細かい使い方が分かることがある。
なぜかというと、筆者はタイムラインでいじってしまうために便利な機能を使わないことが多い。
タイムライン編集というのは、動画編集の基本で大方の動画編集ソフトは共通して使えることが多い。

サイバーリンク

Multi20152

それで今回は、「マルチカム編集」した部分に「トランジション」を入れてみた。
それをできあがった動画で確認すると、かえってうるさい印象になった。
その他「マルチカムオーディオ同期機能編集」では、動画の続きがどこか分からなかったのでこれは便利だった。
しかし、実際はその部分も動画が二本あったから「マルチカム編集」に移行して実際は使わなかったということがある。


サイバーリンク Media Suite


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ


サンワダイレクト売れ筋ランキング

マカフィー・ストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

Venue 8 7000(Android 4.4 ・WIFi)レビュー

Venue85



***************************************
Venue 8 7000(Android 4.4 ・WIFi)のレビュー概要と目的
***************************************

Dell Venue 8 7000は、CPUに「インテルAtomプロセッサー Z3580」を使い厚み6mmのAndroid 4.4タブレットである。
手にしてみると、かなりソリッド感が強く重厚である。簡単に言えば300gと少しの鉄の板の様な感じがある。
Android のタブレットと言えば、大方できることは決まっているのでデザインや特別の何かがある。
このVenue 8 7000は、その特別な何かとは「インテル RealSenseデプスカメラ」と言うことになる。
それでカメラなどを少し使ってみると共に、写真では分からない部分を動画にしてみた。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

Venue89


--------------------------------------------------------------------
目次・Venue 8 7000(Android 4.4 ・WIFi)レビューのレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
○Dell Venue 8 7000を使ってみての感想


Venue810



Dell Venue 8 7000・レビュー


*****************************************
Dell Venue 8 7000(Android 4.4 ・WIFi)の仕様
*****************************************

●OS--Android 4.4 (キット カット) Wifi
■CPU--インテルAtomプロセッサー Z3580 (2M キャッシュ, 最大 2.3 GHzまで可能))
●メモリ-2GB LP DDR3 メモリ
■16GB eMMCストレージ
●グラフィックカード;インテル® HD グラフィックス (Imagination PowerVR G6430)
■ディスプレイ;8.4 インチ OLED WQXGA タッチ インフィニティベゼルedge-to-edge ディスプレイ付き
●Micro-B USB2.0 x 1 ヘッドフォン / マイクロフォンコンボジャック x 1
■Micro-SDカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、最大512 GBまでサポート)
●LAN;デルワイヤレスインテル 7260 1x1ac 802.11 ac + Bluetooth 4.0
■カメラ・内蔵のインテル RealSenseデプスカメラ
■電源アダプタ 21WHr/5900mAh バッテリ、10 W ACアダプタ
■0.24インチ(6 mm)x 4.88インチ(124.4 mm)x 8.50インチ(215.8 mm)
■重さ(実測)308g

*********************************************************
その他の詳しい情報はメーカーサイトを参照。



****************************************
Dell Venue 8 7000(Android 4.4 ・WIFi)の外観
****************************************

Venue83


Venue87


Venue814


Venue815


Venue84


Venue811


Venue88


Venue81_2

 

Venue813


外観は、先に述べたようにソリッド感があり、インテル RealSenseデプスカメラの3個のレンズが特徴的でもある。
RealSenseデプスカメラは、写真メニューから選んで設定する。
編集にはDell Galleryを使わなければならないが今回は試していない。

このカメラに関して、液晶ではかなりよく見えるが実際に撮してみると、低輝度の室内だと写真が手振れしたりして結構難しい。
従って、液晶の画面で綺麗に映っているからと言ってよく撮れているとは限らない。

Venue82

そのほか、Dell Venueシリーズ特有なMicroSDカードスロットの脱着には、クリップなどを使う必要がある。

Venue86


Venue816

又、「臨場感あふれるオーディオ」を特徴としている。感じは動画で説明している。
従い、動画などの音も結構大音量でも鳴る。
しかし、最大だと多少音が割れる感じがある。

Venue812_2




*************************************************
Dell Venue 8 7000(Android 4.4 ・WIFi)を使ってみての感想
*************************************************

Dell Venue 8 7000(Android 4.4 ・WIFi)は、308gのタブレットである。
薄く剛性感のある筐体で、RealSenseデプスカメラや、オーディオを特徴とする。
Android型という誰でも使える仕様で、敷居は高くない。
従って、今までとは多少違ったタブレットが欲しいという人向き。

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


デル株式会社


デル株式会社 デル株式会社 デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

第12回群馬書作展・開催される多胡碑記念館

Togohi1


平成27年3月7日~4月5日まで、多胡碑記念館で群馬県展委員(審査会員)の作品展示が始まった。(第一会場)
第1部14名
第2部11名
第3部9名
第4部6名
第5部1名
(合計41名)

Togohi4

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-03-07 09:34:57 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Togohi5

Togohi15

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
撮影日時: 2015-03-07 09:43:41 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 11mm
絞り値: ƒ/11.0
露出時間: 0.040 秒 (1/25)
ISO 感度: 6400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Togohi2_2

カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-03-07 09:34:36 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


Togohi7_2

県展委嘱作家は、3月12日~3月19日まで吉井文化会館で展示される。(第2会場)

3月7日10時よりオープニングセレモニーが多胡碑記念館1階ホールで開催され、10時45分から第一会場出品者による作品解説が行われた。

席上揮毫は、3月15日14時から吉井文化会館2階小ホールで、4人の揮毫者によって行われる。

Togohi8


Togohi9


Togohi10


Togohi11


荒井柊雲作・「聖」 2015/02


Togohi12


カメラメーカー: SONY
カメラモデル: NEX-6
レンズ: E PZ 18-105mm F4 G OSS
撮影日時: 2015-03-07 11:52:35 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 30mm (35mm 換算焦点距離: 45mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: はい (オート, リターン検出)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)


多胡碑記念館

Togohi13


Togohi16


Togohi17

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M2
レンズ: EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
撮影日時: 2015-03-07 10:27:59 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 22mm
絞り値: ƒ/11.0
露出時間: 0.025 秒 (1/40)
ISO 感度: 6400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7 (Windows)

Togohi6


Togohi14



↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓


人気ブログランキングへ




icon icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

HP ENVY 700-570jpレビュー機能性能編

Hp_envy_700570jp11


********************************************
HP ENVY 700-570jp/CT機能性能編詳細レビューの目的と概要
********************************************

HP ENVY 700-570jpは、OSがWindows 7 Professional(64bit)のダウングレード版である。
しかし、従来のWindows 7 Professionalを搭載したパソコンとは異なりWindows 8.1と同様な快適な動作をする。
それは最新のインテル Z97 Expressチップセットを使ったマザーボードを使っているからでもあり、当然BIOSも違ってくる。
今回の機能性能編詳細では、OCCTの負荷テストから多少なりともグラフィックカード性能の違いなどを読み取ってゆこうと考えている。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。


--------------------------------------------------------------------
目次・HP ENVY 700-570jp/CTのレビュー
---------------------------------------------------------------------


○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
*電源、内部部品など
○基本性能
*SSDスピードなど

○グラフィックカード性能
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティア(1,980×1,080)DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark

-------------------------------------------------------------------------
HP ENVY 700-570jp/C レビュー・機能・性能詳細編
-------------------------------------------------------------------------

○OCCTによるHP ENVY 700-570jpの3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○HP ENVY 700-570jpを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

 

HP ENVY 700-570jp・レビュー

**************************************
HP ENVY 700-570jp/CTの主要な仕様
●レビュー機は(東京生産ハイエンドミニタワーPC)
東京生産フルカスタマイズ版。
**************************************
仕様は、平成27年3月4日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

●OS--Windows 7 Professional (64bit)
(Windows 8.1 Proからのダウングレード権を利用)
■CPU--インテルCore i7-4790プロセッサー(3.60GHz-4.00GHz,インテル®スマート・キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
■マザーボード-:インテル Z97 Expressチップセット(BIOS 80.04)
●メモリ-16GB(8GB×2)(PC3-12800-1600Mhz- DDR3 SDRAM)(実機はHynix製)
■SSD- 512GB SSD(SanDisk製  SD7SB2Q-512G-1006)
●1TB(7200rpm)(実機WesternDIGITAL製)
●ドライブ--、DVDスーパーマルチドライブ(hp)
●グラフィックスカード-NVIDIA GeForce GTX770 (2GB・DDR5)
●カードリーダー : 15in1メディアスロット(USB2.0)
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.0(レビュー機はなし)
■電源・500W電源 【ATX電源・Active PFC搭載・80PLUS BRONZE】
●マカフィーリブセーフ (30日版)
■ DVDリカバリメディアキット(Windows 7 Professional)用Windows 8.1 Pro インストールメディア
●HP Beats Audio、HP Support assistant、リカバリマネージャ (リカバリメディア作成)、CyberLink (DVDムービー再生ソフト)、速効!HPパソコンナビ特別版
その他
*************
■ワイヤレス日本語(109A)キーボード & ワイヤレス光学スクロールマウス(OP)
●縦置き : 約175×412×415mm / 約9.0kg
*********************************************************

その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/envy_700_570.pdf icon


Hp_envy_700570jp17


Hp_envy_700570jp23


Hp_envy_700570jp13


 

********************************************
○OCCTによるHP ENVY 700-570jpの3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察
********************************************

Hp_envy_700570jp4


●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)

Occt001


2015022711h49temperaturecore0


OCCT・CPU負荷テストでは、CPUインテル Core i7-4790プロセッサーは、定格の約3.6GHz付近で作動している。

CPUの動作温度は大方69℃~70℃付近である。
多少CPUの温度は高いがそれ以上上昇することなく正常に終了している。

Cpuz


Gpuz

Occtgpu



●GPUの負荷テスト(GPU 3D)とHP ENVY 700-570jpの挙動

2015022712h57fpsfps


2015022712h57cpuusagecpuusage



CPUは、ゲーミングパソコン並に、3D動画の最適化に積極的に関与している。
「Z87チップセット」(BOIS 80.21)を使ったHP ENVY Phoenix 810-380jp/CTでも同様な動作をするが理由は不明。

(参考)
この動作をしないHP ENVY 700-460jpのBIOSはVersion 80.21(05/29/2014)。
レビュー機   HP ENVY 700-570jpのBIOSはVersion 80.04(11/06/2014)。

(参考)
HP ENVY Phoenix 810-380jp/CTレビュー・性能編(平成26年11月19日仕様)

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/11/hp-envy-phoen-1.html

----------------------------------------------------------------
★FPSは設定最大値のFPS60に張り付いてたままになっている。
この場合、液晶モニターの消灯、HPの管理ソフトの起動などによってこのCPUの支援はHP ENVY Phoenix 810-380jpの場合と同じように停止している。
このときにCPUは28%程度の稼働率で、CPUが4GHz程度まで稼働すると共に、CPUの温度が45℃を中心として大きな負担はかかっていない。

2015022712h57frequencycpu0


2015022712h57temperaturecore0



Hp_envy_700570jp12



●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

従来の3D描写の時にはCPUはほとんど稼働せず、GPU 3DのFPSの上昇には関与していない。
しかし、HP ENVY 700-570jpでは最新のパソコンに特有なCPUの支援がある。
この結果は、微妙な差であるが同じくCPUの支援がある「HP ENVY Phoenix 810-380jp」と本機(HP ENVY 700-570jp)の数値は似かよっている。

その一方で、過去のCPU支援無しの場合では、誤差範囲に近いといえども多少低い値が出ているような気がする。

------------------------------------------------------------------------
★NVIDIA GeForce GTX770・グラフィックカード性能
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,808(非常に快適)
高品質・・・・12,116(非常に快適)
標準品質・・・21,886(非常に快適)

HP ENVY Phoenix 810-380jp/CT
最高品質・・・11,875(非常に快適)
高品質・・・・12,252(非常に快適)
標準品質・・・21,646(非常に快適)

***********************************************
CPUの支援無しの場合
***********************************************

NVIDIA GeForce GTX770・
(HP ENVY 700-360jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,761(非常に快適)
高品質・・・・12,067(非常に快適)
標準品質・・・21,177(非常に快適)

NVIDIA GeForce GTX770
(HP ENVY Phoenix 810-290jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,530(非常に快適)
高品質・・・・11,901(非常に快適)
標準品質・・・20,531(非常に快適)

**************************************
★メディアカードスロット(15in1)
**************************************

Sdhc


「15in1メディアスロット」のケーブルがUSB2.0端子に繋がれているが、従来のモデルに比べて誤差とは言えないほど比較的速いスピードがでている。

Speccy


Hp_envy_700570jp22


 

**********************************************
HP ENVY 700-570jp/CTを使ってみての感想
**********************************************

HP ENVY 700-570jp/CTはWindows 7 Proのダウングレード版である。
近年は、Windows8.1のパソコンを標準として使っているからか、動作だけ見ているとWindows7 Proには見えない。

最新の機能で、Windows7 ProをWindows8.1並に使いたい人にお勧め。
Windows10の話もささやかれている中、今後Windows7、Windows8もどういうことになるかどうか分からない。

しかし、Windows8では動かないソフトや機具ある現状ではWindows7の選択も必要だろう。

Windows 7でありながら最新のPCと遜色ない性能を示すというのは、ゲーミングパソコン並のグラフィックスカード動作、
USB2.0接続ながら、高速になったカードリーダーなどにみられる。


icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

HP ENVY 700-570jp/CT(SSD)というWindows 7 Proのダウングレード版は、余りに早くてWindows8.1ではないかと錯覚した。

***********************************************

HP ENVY 700-570jpレビュー(仕様、機能編)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

HP ENVY 700-570jpレビュー

Hp_envy_700570jp1


 

********************************************
HP ENVY 700-570jp/CTレビューの目的と概要
********************************************

Windows 7 Professional(64bit)(Windows 8.1 Proからのダウングレード権を利用)を利用したHP ENVY 700-570jp/CTは、「Windows 7 搭載の最新シリーズ」とある。
この「最新シリーズ」と言うのが、Windows 7、Windows 8の頃のパソコンとは違うと言うことである。
レビュー機は、CPUにHaswell Refreshタイプの上位CPUを使ったカスタムメイド仕様となっている。
これは以前のレビュー機と同じグレードのものであって標準仕様とは大きく違っている。

今回はWindows 7仕様とは言いながら、Windows 8.1と同様な快適な動作をするHP ENVY 700-570jp/CTについて、従来のモデルとどう違うかなどを検討する。

----------------------------------------------------
尚、今回のレビューにおける図の解説及び見解は、筆者の感想である。

※当記事は販売店からレビュー機を借用して執筆している。

--------------------------------------------------------------------
目次・HP ENVY 700-570jp/CTのレビュー
---------------------------------------------------------------------

○概要及びレビューの目的
○主な仕様
○外観・内観等
*電源、内部部品など
○基本性能
*SSDスピードなど

○グラフィックカード性能
*「HeavenBenchmark4.0」と「Valley Benchmark 1.0」
*HeavenBenchmark4、Valley Benchmark 1.0 FPS(当サイトでの参考測定結果)
*ファイナルファンタジーXIV新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編Benchmark
*モンスターハンター フロンティア(1,980×1,080)DirectX 9.0cゲームベンチマーク
*バイオハザード6 Benchmark

-------------------------------------------------------------------------
HP ENVY 700-570jp/C レビュー・機能・性能詳細編
-------------------------------------------------------------------------

○OCCTによるHP ENVY 700-570jpの3Dゲームの動作
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●CPUの負荷テスト(OCCT CPU)
●GPU 3Dの負荷テストFPSについての考察

○メディアカードスロット速度測定
○HP ENVY 700-570jpを使ってみての感想
○パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)

HP ENVY 700-570jp・レビュー

**************************************
HP ENVY 700-570jp/CTの主要な仕様
●レビュー機は(東京生産ハイエンドミニタワーPC)
東京生産フルカスタマイズ版。
**************************************
仕様は、平成27年3月4日現在のもので変更もありうる。
*************************************************

System



●OS--Windows 7 Professional (64bit)
(Windows 8.1 Proからのダウングレード権を利用)
■CPU--インテルCore i7-4790プロセッサー(3.60GHz-4.00GHz,インテル®スマート・キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0
■マザーボード-:インテル Z97 Expressチップセット
●メモリ-16GB(8GB×2)(PC3-12800-1600Mhz- DDR3 SDRAM)(実機はHynix製)
■SSD- 512GB SSD(SanDisk製  SD7SB2Q-512G-1006)
●1TB(7200rpm)(実機WesternDIGITAL製)
●ドライブ--、DVDスーパーマルチドライブ(hp)
●グラフィックスカード-NVIDIA GeForce GTX770 (2GB・DDR5)
●カードリーダー : 15in1メディアスロット(USB2.0)
●有線LAN:10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
●無線LAN:IEEE 802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.0(レビュー機はなし)
■電源・500W電源 【ATX電源・Active PFC搭載・80PLUS BRONZE】
●マカフィーリブセーフ (30日版)
■ DVDリカバリメディアキット(Windows 7 Professional)用Windows 8.1 Pro インストールメディア
●HP Beats Audio、HP Support assistant、リカバリマネージャ (リカバリメディア作成)、CyberLink (DVDムービー再生ソフト)、速効!HPパソコンナビ特別版
その他
*************
■ワイヤレス日本語(109A)キーボード & ワイヤレス光学スクロールマウス(OP)
●縦置き : 約175×412×415mm / 約9.0kg

*********************************************************

その他の詳しい情報はこちらりPDF(HP Webサイト)を参照。

http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/desktops/personal/spec_pdf/envy_700_570.pdf icon

Hwinfo001


Photo


*******************************
HP ENVY 700-570jp/CT外観、内観
*******************************

Hp_envy_700570jp15


HP ENVY 700-570jpの外観は、HP ENVY 700シリーズの一貫したものが使われている。
従って、以前のレビューのHP ENVY 700-460jpや700-360jpと見た目は変わらない。
それでパソコンの内部にアクセスすると言うことも以前のモデル同様に簡易である。
その上に、なぜか内部を変更するのを推奨するかのように取り外し方などのガイドがある。

Hp_envy_700570jp16


内部の変更点は、HP ENVY 700-570jpからマザーボードのチップセットが「Z97 Expressチップセット」に代わっていて種々の性能が上がっているように思える。

Hp_envy_700570jp19


Hp_envy_700570jp24


Hp_envy_700570jp25


内部のUSBのコネクター部は、従前通り「フロント部のUSB端子、カードリーダーがUSB2.0」であり、USB3.0ポートのコネクター端子一つが使われていない。
将来的には、カードリーダーがUSB3.0ポートを使う可能性が残っている。
(USB3.0ポートは、フロント後部のある。)
実際のカードリーダーの速度測定は次回に示すとして、Z87 Expressチップセットを使ったHP ENVY 700-460jpに比べて大幅に速度が上がっている。

Hp_envy_700570jp20


Hp_envy_700570jp21


Hp_envy_700570jp27

Windows 8.1 Proからのダウングレード権を利用のために、Windows 8.1 ProのRecoveryディスクが添付されている。

しかし、このディスクを使うとWindows7に戻せなくなる。



Hp_envy_700570jp26


Hp_envy_700570jp28


付属するキーボードはWindows8のものとは違い、従来の一般的なものとなる。


-------------------------
*電源
*****************

Hp_envy_700570jp18


電源は、従来のモデルと同じ500W80PLUS BRONZEの電源になっている。

********************************************
基本性能*SSDスピード
********************************************

Ssdlifepro


Txbench


HP ENVY 700-570jpのフルカスタマイズ版のモデルでは、512GBのSSDを使っている。
近年512GBのSSDも手の届く価格になり、今起動ディスクにはSSDを使う時代になった。
それでこの高速なSSDによって、あまり起動が速くないといわれるWindows 7のパソコンが、SSD搭載のWindows 8並の高速起動をする。
これが最新BIOSを載せた「Windows 8.1 Proからのダウングレード」版の特徴かもしれない。

Disk


*****************************************
HP ENVY 700-570jp/CT
NVIDIA GeForce GTX770(2GB)による
グラフィックスカードBenchmark
*****************************************

Hp_envy_700570jp5



HP ENVY 700シリーズでは、「HP ENVY 700-360jp」、「HP ENVY 700-460jp」と今までレビュー記事を書いている。

HP ENVY 700-360jp実機レビュー・Linpackもクリアする強靱パソコン
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/07/hp-envy-700-360.html

HP ENVY 700-460jpレビュー
http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/10/hp-envy-700-460.html

この以前の二機種のOSは、Windows 8.1 Updateである。
しかし、前に書いたようにHP ENVY 700-570jp/CTのマザーボードのチップセットが、従前の「Z87 Expressチップセット」から最新の「Z97 Expressチップセット」に代わっている。
このことからグラフィックスカードのパフォーマンスが違うことを注目する。
HP ENVY 700-360jpなどはで同じNVIDIA GeForce GTX770(2GB)を使っている。
このBenchmarkの値が違うことを注目する。

Hp_envy_700570jp10



******************************************
HeavenBenchmark4.0 FPS(当サイトでの測定結果)
******************************************

NVIDIAGeForce GTX770 の性能

(HeavenBenchmark(DirectX 11)は、EXTREME設定、1600 x 900で測定)

FPS -44.6

Score 1123/7.9~104.7

Photo_2


HeavenBenchmark4.0では、従来の値が46.8程度であったのに対して多少数値が落ちている。
近年見るところでは、HeavenBenchmarkの値が低い場合があってBenchmarkそのものが合っていないのかもしれない。
それで最新のValley Benchmark 1.0を取っている。

*****************************************************
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.8
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.8
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-46.2
NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)-44.6(レビュー機)

・・・・NVIDIA GeForce GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****

30****重いゲームでも快適
    GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC(33.1)
↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)
↓     NVIDIAGeForce GTX760(1.5GB) (30.4)
25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)

20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)

15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)

10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M(10)

AMD Radeon HD 8570 グラフィックス(7.4)
↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)

Hp_envy_700570jp2


****************************************
Valley Benchmark 1.0 FPS測定結果
****************************************

★Direct3D11
★1920×1080 fullscreen
★Extreme HD

Hp_envy_700570jp3



NVIDIA GeForce GTX770 (2GB)(HP)---(44.5/1863/4.7~86.5)
(レビュー機)

Valley Benchmark 1.0は、1920×1080 fullscreenで測定するためにグラフィックスのカードの性能の違いがハッキリする。

--------------------Valley Benchmark 1.0参考測定値----------------------------------------

NVIDIA GeForce GTX 770(HP)---(44.5/1863/4.7~86.5)(レビュー機)

以下、自作機で筆者が所有************
GIGABYTE Geforce GTX660 2GB GV-N660OC-2GD/A---(33.4/1314/16.5~57.7)
ELSA (GeForce)GLADIAC GTX 560 Ti mini---(24/1004/11.3~79.2)
玄人志向・RD-HD6870/OC---(21.7/908/6.0~39.4)


********************************************
ファイナルファンタジーXIV
新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編
********************************************

Hp_envy_700570jp6



ファイナルファンタジーXIVはそこそこ重いソフトであるのでこれで快適ならば、他のほとんどのゲームでは同様に快適に使える。

Ff1411808


Ff1412116


Ff1421886



------------------------------------------------------------------------
NVIDIA GeForce GTX770・グラフィックカード性能
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,808(非常に快適)
高品質・・・・12,116(非常に快適)
標準品質・・・21,886(非常に快適)

------------------------------------------------
以下に過去のNVIDIA GeForce GTX770・Benchmarkの測定値を示すとおり、ファイナルファンタジーXIVの数値が上がっている。
数値は誤差範囲と見ることもできるが、CPUの性能などが影響するこのベンチマークソフトでは、そうとも言い切れないと思われるふしがある。
この理由は、OCCTのBenchmarkから推測する。

参考**************
キャラクター編Benchmark参考
NVIDIA GeForce  GTX770(HP ENVY Phoenix 810-290jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,530(非常に快適)
高品質・・・・11,901
標準品質・・・20,531

NVIDIA GeForce GTX770(HP ENVY 700-360jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・11,761(非常に快適)
高品質・・・・12,067
標準品質・・・21,177
------------------------------------------------
*******************************************************
NVIDIA GeForce GTX680(1,980×1,080)
最高品質・・・11,006
高品質・・・・11,469
標準品質・・・19,704
NVIDIA GeForce GTX760
最高品質・・・7,654
高品質・・・・7,876
*********************************************
NVIDIA GeForce GTX760(HP ENVY 700-460jp)
(1,980×1,080)
最高品質・・・7,862(非常に快適)
高品質・・・・8,137
標準品質・・・15,794

************************************************
●モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
************************************************

Hp_envy_700570jp8


●(1,920×1080)----------18,066

Hp_envy_700570jp9


******************************************
●バイオハザード6
DirectX 9.0cゲームベンチマーク(1,980×1,080)
*****************************************

Hp_envy_700570jp7


●バイオハザード6  ランクS 11,896

icon icon

-------------------------------------------------------------------
パソコンreviewのSyuunの記事の見方・視点は、★リンク先にて!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------

http://syuun.way-nifty.com/blog/2014/09/reviewsyuun-ae0.html

↓↓↓↓以上のことは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。


icon icon




icon icon

*******************************
○筆者Syuunの目(ひとこと視点)
*******************************

性能・機能編 で紹介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

PowerDirector 13でDell Venue 8 の説明ビデオをつくる

Venue87000android1


3月の予定表を見ると最低でも1週間ばかりは書道関係の搬入搬出、陳列、オープニング、席上揮毫、会場当番、祝賀会と予定が入ってしまっている。
これは例年になく2展覧会が重なり、その他祝賀会などか入っているためである。
今頃になって、年賀状の住所から住所録の訂正をしていたら「『習字』の方は・・・」と言う文言が書かれていたのには、のけ反った。
最近では、「習字」すなわち「文字を書くのを習う」というのは、「書写」と言う言葉を使って、創作文字である「書道」とは区別している。
・・・と言うことで書道展を見てみると、できあがった作品に当然動きなどはない。
動くのは席上揮毫だけだからなんとか、多少動画編集をしていてYouYubeにアップロードしている。

こういう風にYouYubeに動画をアップロードしている人を「YouTuberユーチューバー」というらしい。このユーチューバーはつい最近YouYubeで「これだけ儲かった」という人物がテレビなどで報道されたことがある。
ネットの世界では、「これで儲かる」とか「こうすれば儲かる」という「金の話」が出た時点でその事柄は終わっている。
誰だって儲かる話というのは他人にはしないものである。
当然それはユーチューバーにも言えることで、YouYubeから入る広告料というのは激減して、今や「YouTubeパートナープログラム」で広告料を得るというのは無意味なことが多い。
***********************
しかし、時々「広告」を入れておくことが多くなっているのは、動画に対する防御である。以前に10,000回以上閲覧された動画があって、これには広告が入っていなかった。
ところが、そういう無防備な動画に突然に「音楽著作権」を主張する外国の団体があらわれた。

それは著作権が切れているクラシックのプロ用市販音源で著作権は販売者にある。
その使用許可権を行使しているから関係のない団体から影響を受けない。

こういうインチキ著作権団体は、勝手に著作権を主張してたまに引き下がらない時がある。
YouYubeでは、裁判になることがあると脅して、面倒なので動画そのものを幾つか削除したことがある。
***************************


そのYouYubeに動画をアップロードして生活しているというYouTuberの人達は、今や「UUUM」などのYouYube専用プロダクションに入って広告宣伝をしている。
いわばYouYubeを使ったCM動画を作っているわけである。

取りあえず前置きが長くなったが、Dell Venue 8というタブレットの説明動画を作ってみた。
説明ビデオを撮影してみて、改めて滑舌の悪さを実感するものであった。
それにしてもPowerDirector 13の書き出しは早い。


サイバーリンク Media Suite

サイバーリンク

デル株式会社 デル株式会社


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »